裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)

情報元 : 裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-17404003-kantelev-l25
【弁護士】
「警察官に合格したときの気持ちは?」
【元巡査の被告】
「受かったと聞いてとてもうれしかったし、自分に誇れるようなことができてよかった」
見た目にあどけなさが残る一方、しっかりとした口調で警察官になったときの気持ちを答えた元巡査。犯行当日、井本さんからの指導で「パニックになっていた」という状況をこう語っていました。
【元巡査の被告】
「(井本さんから)『なんで行方不明(の書類)ごときかけへんねん。お前がアホなんは親がアホやからちゃうんけ』と言われました。目から涙が止まりませんでした」
【元巡査の被告】
「この人死んだら楽になるんちゃうかなと。びくびくしながら仕事せんでいいんちゃうかなと」
また、「警察をやめようとは思わなかったのか?」と問われると…
【元巡査の被告】
「警察官を辞めると私は高卒で無職、なんの価値もない人間に成り下がると思った」
と、答えました。
これまでの裁判で元巡査は起訴内容を認め、弁護側は「井本さんに両親を侮辱されたこと」が引き金になったと主張、「心神耗弱の状態だった」として刑を軽くするよう求めました。
一方、「責任能力はある」とする検察側は懲役25年を求刑し、8日、判決の日を迎えました。
== 8日の裁判 ==
【裁判長】
「主文、被告人を懲役22年に処する」
元巡査は粛々と裁判長の言葉を聞きました。
争点になっていた責任能力について大津地裁は「当日、井本さんとの夕食中、平静を装っていたほか、犯行後、交番を施錠し、一般人に通常通り対応している」と指摘し、刑事責任能力はあったと認定しました。
また、犯行当時、被告が未成年だったことにも触れましたが、「19歳とはいえ、警察官だった被告が同僚を殺害したという空前絶後の事案である」と断罪。「警察官に対する国民の信頼を損なった責任は重い」として懲役22年を言い渡しました。
そして最後に…
【裁判長】
「残りの人生を社会への還元に果たすよう臨みます」
…と、元巡査に罪に向き合うよう告げ、閉廷しました。
判決が言い渡されたあと、裁判員が会見を開きました。
【裁判員・男性】
「事例が無い中で、責任能力や量刑について比較ができなかった」
「非常に判断が難しかった」
 
前代未聞の事件に関する今回の裁判。今後の被告の動向に注目が集まります。

“裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)” の続きを読む

津の魅力、陶芸で発信 東京・三重テラスで作品展(伊勢新聞)

情報元 : 津の魅力、陶芸で発信 東京・三重テラスで作品展(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000708-isenp-l24
 三重県津市の文化や観光などの魅力を発信する「つデイ」が25、26日の両日、東京・日本橋の三重テラスで開かれ約280人が来場した。
 「津市の陶芸家髙山大・田中小枝 二人展」と題して、同市白山町に窯を構える2人の陶芸家による陶芸展を通じ、同市をPRした。
 髙山さんは、もみ殻に埋めて炭化焼成し漆を施した黒陶作品、田中さんは自然な緋色や煤による景色を重視した作品を制作しており、2人とも野焼きに漆という原始的な方法にこだわって作品を制作している。
 陶器の展示のほか、同市美杉産のお茶を2氏が今回のイベントに向けて制作した湯呑みで試飲もでき、参加者を楽しませた。
 東京都台東区から来ていた60代の女性は、「つデイを毎回楽しみにしている。今回の作品展は素晴らしかった。また作品展が行われれば嬉しい」と語った。田中さんは、「津市にはたくさんの素晴らしい作家がいるので、今後も都内などで発信してほしい」と語った。

“津の魅力、陶芸で発信 東京・三重テラスで作品展(伊勢新聞)” の続きを読む

習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)

情報元 : 習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010001-chibatelev-l12
 3月23日に開幕する選抜高校野球大会の出場校が25日発表され、習志野高校が10年ぶりに出場を決めました。1月25日午後3時14分、第91回選抜高校野球大会の出場連絡が、習志野高校の小西薫校長に届きました。吉報はその後、グラウンドで練習をする野球部員たちに伝えられました。
 習志野高校野球部根本翔吾主将
「選抜に選んでいただいたからには、2か月間しっかり準備して頑張って行きましょう」 
 習志野高校野球部は去年10月に山梨県で行われた秋の関東大会で群馬県の桐生第一高校などの強豪に競り勝ち、ベスト4に進出。そして、1月25日、10年ぶり4度目のセンバツ甲子園出場を決めました。
 習志野高校野球部小林徹監督
「子どもたちの夢が一つかなってホッとしている。千葉県、関東、そして習志野市を代表して、皆さんに応援してもらえるような精一杯のプレーができる準備を2か月していきたい」
竹縄俊希主将
「自分たちの全力プレーや、吹奏楽部の応援など色んな部分に注目してほしい」
根本翔吾主将
「時間が少ない中で、自分たちができる完璧な準備をして大会に臨みたい」
 習志野高校が10年ぶりに出場する春の選抜高校野球大会は、3月23日から阪神甲子園球場で12日間に渡って開催されます。

“習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)” の続きを読む

天生の名水雪中酒に 飛騨市河合町で湧き水取り(岐阜新聞Web)

情報元 : 天生の名水雪中酒に 飛騨市河合町で湧き水取り(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00108280-gifuweb-l21
 岐阜県飛騨市河合町の特産品「飛騨かわい雪中酒」造りのための天生の湧き水取りが23日、同町元田地区で行われた。
 雪中酒は天生峠一帯の湧き水で仕込む日本酒。町内にある雪室に3月上旬から6月末まで保管し、夏の暑い時期に天然雪を詰めて出荷する。
 地元の北飛騨商工会が25年前から毎年、同市古川町の渡辺酒造店に醸造を依頼、今年は720ミリリットル入りで5千本の出荷を予定している。
 この日は、同酒造店の蔵人熊崎貴光さん(43)ら関係者4人が、雪深い同峠麓の採水地を訪れ、ポンプで約3600リットルをくみ上げた。熊崎さんは「口当たりがまろやかで、ミネラル分も豊富。この名水を使ってうまみのある酒を造りたい」と意気込んでいた。

“天生の名水雪中酒に 飛騨市河合町で湧き水取り(岐阜新聞Web)” の続きを読む

くし・鏡で「ししおどし」を表現・・・ 岐阜・高山市で新春飾り物展 (メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : くし・鏡で「ししおどし」を表現・・・ 岐阜・高山市で新春飾り物展 (メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00193364-nbnv-l21
 岐阜県高山市で道具や食器を使って決められたテーマを表現する「飾り物」の作品展が行われています。
 飾り物は祝い事があった時に遊び心を取り入れながら道具や食器などを使ってお題に沿った表現をする、江戸時代から高山市周辺で行われていた独特の文化です。
 こうした文化を後世に残そうと毎年テーマに沿った作品展が行われています。
 今年のテーマは干支の「亥」と歌会始のお題になった「光」です。くしや鏡で「ししおどし」を表現したものや、金と銀のさかずきで「金環食」を表した作品など、およそ80点が展示されています。この飾り物展は20日まで行われます。

“くし・鏡で「ししおどし」を表現・・・ 岐阜・高山市で新春飾り物展 (メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

リピーター続出の〈納豆ラーメン〉って!? 納豆専門店の大ヒット商品が、待望の通販再開/秋田(Webマガジン コロカル)

情報元 : リピーター続出の〈納豆ラーメン〉って!? 納豆専門店の大ヒット商品が、待望の通販再開/秋田(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-12004106-colocal-l05
■秋田の納豆専門店〈二代目福治郎〉の大人気商品
大人気の〈納豆ラーメン〉とは一体!? それは、秋田の納豆専門店〈二代目福治郎〉がつくる、すりつぶしの特製納豆付きの味噌ラーメン! 納豆と味噌のコクが相性良く、癖になっちゃうお味。【写真で見る】味噌スープを溶かすと納豆が浮いてきます。何とも美味しそう!〈納豆ラーメン〉は、2食入り864円(税込)。ラーメン専用にすりつぶしの特製納豆が付いており、みそ味のスープに溶かし、麺にからめながら食べる、生めんタイプのラーメンです。
■待ちに待った通販再開
そもそも、同店の常連客の間で密かに楽しまれていたものですが、好評のために発売を開始。テレビで紹介されたことから注文が殺到し一時販売を停止。それがこのたび、復活しました!
ポイントは、スープに浮いた「すりつぶし納豆」。麺に絡んだ納豆を一気にすすり上げれば、濃厚味噌と納豆の新しい感覚が味わえます! キムチを入れたり、ねぎをたっぷり入れるのもオススメ。
この納豆ラーメンを販売する二代目福治郎は、多品種少量生産をコンセプトにした高級納豆ブランド。商品に使用している生めんとみそ味スープは、秋田県横手市の製麺業者〈トヤマフーズ〉からアドバイスをもらい、およそ10年前に商品化しました。
販売は、2018年12月15日(金)より、秋田市の直営店のほか、Webからのお取り寄せにも対応されています。
information
納豆専門店〈二代目福治郎〉
住所:秋田県秋田市大町1-3-3
TEL:018-863-2926
営業時間:10:00~18:00
定休日:第3日曜・1月1日~4日
Web:二代目福治郎公式サイト
納豆ラーメンの通販詳細
価格:864円(税込)
セット内容:ラーメン(中太麺2食)、専用納豆2個、特製みそスープ2袋、白ごま2袋
賞味期限:発送日から12日間
保存方法:冷蔵庫にて保存
Web:納豆ラーメン通販ページ(公式サイト内)
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“リピーター続出の〈納豆ラーメン〉って!? 納豆専門店の大ヒット商品が、待望の通販再開/秋田(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

愛知から観光客続々 井波の欄間、名古屋城設置が効果(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 愛知から観光客続々 井波の欄間、名古屋城設置が効果(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000005-hokuriku-l16
 井波彫刻の欄間が設置された名古屋城本丸御殿の公開を機に、愛知県から南砺市井波地域を訪れる観光客が目立つようになった。観光施設関係者らは、話題性が豊富な名古屋城本丸御殿を発信源としたアピール効果を実感し、井波彫刻への関心拡大を期待している。
 江戸初期の姿に復元された名古屋城本丸御殿の彫刻欄間7枚は、南砺市の井波彫刻協同組合メンバーが作った。サイズは最大で幅324センチ、高さ140センチ、厚さ27センチ。鶴や松、竹、梅などが彫られ、京都の職人の手で極彩色に彩られている。本丸御殿の中で最も格式が高い「上洛(じょうらく)殿」に設置され、豪華な風情を漂わせる。6月から一般向けに公開された。
 同市井波地域に愛知県からの観光客が目立つようになったのは7月以降。瑞泉寺近くにある国登録有形文化財の町家を活用した観光拠点「やえもんや」では7月、少なくとも40人余りに上り、8月に入っても3~6人グループの来訪が相次いでいる。以前は別の目的地の途中に立ち寄るケースが多かったが、7月以降は井波を目的地としている人が目立つという。
 この施設を運営する「やえもんやプロジェクト」代表、春田孝さん(79)によると、愛知から訪れた人のほとんどが「名古屋城本丸御殿の欄間を見て、ここに来た」と話していた。瑞泉寺の彫刻や、工房が並ぶ町並みに感動していたという。
 春田さんは「リピーターになってくれる可能性が高い人たち。次回は知り合いを連れて来るかもしれない」と、口コミなどによる一層の集客効果を期待する。
 井波彫刻総合会館(同市北川)にも、本丸御殿の欄間に関して、メールでの問い合わせや感想が寄せられ、関心の高さがうかがえる。
 井波彫刻協同組合の藤崎秀平理事長(59)は「大変ありがたいこと。彫刻の技が今も息づき、いろんな作品があることを知ってほしい」と願っている。

“愛知から観光客続々 井波の欄間、名古屋城設置が効果(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

[鹿児島] 自然満喫! 南大隅町に来月 新スポット 空中テントに天空のレストラン(KKB鹿児島放送)

情報元 : [鹿児島] 自然満喫! 南大隅町に来月 新スポット 空中テントに天空のレストラン(KKB鹿児島放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00010000-kkbv-l46
 こちらは海外でも大人気の「空中テント」
 南大隅町で来月3日から期間限定で開催される体験プログラム「マジカルステイ」では、町内のみなと公園の松林に6つのテントが準備され、空中泊が楽しめます。
 地面に設置するタイプとは違い、木など3本の支柱に固定し、重さは400キロまで対応、大人3人まで宿泊できます。
(リポーター)
『楽しい。ハンモックみたいですよ』
 テントは3階建てで、どう使うかは自由。雨が降る場合やプライバシー保護の為、上から被せるシートも用意されています。
(リポーター)
『こちらが3段目の主に寝るところなんですけれども、眺めが良いんですよね。透けているので風も気持ち良いです』『皆さん、ここです。結構高いですよ。』
 普通のテントのように地面の硬さで背中が痛くなることはなく、高さがあるので人の目も気になりません。空中テントだけのテント村としては、日本初の試みです。
(南大隅町観光協会大村明雄会長)
『これを情報発信することで注目を浴びる、来てもらう、関心を持ってもらう。そして佐多岬、雄川の滝、我々の観光地を楽しんでもらいたい』
 キャンプで訪れる人にもっと南大隅の自然を感じてもらおうと、キャンプ場から車で20分ほど、標高およそ430メートルにある「パノラマパーク西原台」で、夕食を楽しむこともできます。
 メニューは地元産の野菜やカンパチなどの魚、特産の豚肉や鶏肉などをふんだんに使用しています。
(リポーター)
『こちらは南大隅産の豚肉の軟骨を使った煮込み料理ということで…いただきます。とろっとろで、デミグラスソースが染み込んでいて、とっても美味しいです』
 報道向けに公開された昨日は曇り空でしたが、天気の良い日には満天に広がる星空も楽しむことができます。
 空中テントに天空のレストランでの食事、地元の温泉などがセットになったプランもあり、町の観光協会は魅力を発信し、リピーターなどに繋がることを期待しています。

“[鹿児島] 自然満喫! 南大隅町に来月 新スポット 空中テントに天空のレストラン(KKB鹿児島放送)” の続きを読む

続く猛暑日、ウナギ求め行列 土用の丑(岐阜新聞Web)

情報元 : 続く猛暑日、ウナギ求め行列 土用の丑(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00059225-gifuweb-l21
 「土用の丑(うし)の日」の20日、岐阜県内各地の飲食店で、暑気払いにウナギを買い求める客が列をつくった。岐阜市茜部新所のウナギ持ち帰り専門店「ひゃくわ亭」では、店主の服部悦史さん(46)が、暑い日差しの下、三河一色産のウナギを手際よく焼き上げた。
 店の周囲に立ち込める、食欲をそそる香ばしい匂い。猛暑日が続き、夏バテ防止にと開店前から客が訪れる盛況ぶり。6月から急激に上がった仕入れ値が影響し、かば焼き1匹の値段は3千円と昨年より500円値上げしたが、今年のウナギは程よく脂がのり、肉厚だという。
 この日は通常の10倍の千匹を販売予定。服部さんは「暑い中、県内外から来るリピーターの期待に応えたい」と汗を拭った。

“続く猛暑日、ウナギ求め行列 土用の丑(岐阜新聞Web)” の続きを読む