1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)

情報元 : 1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000004-kyt-l25
 滋賀県野洲市小篠原にあるレストラン「SPOON野洲本店」が、対象料理1食につき20円を発展途上国の子どもたちの給食費のために寄付する「TABLE FOR TWO」(TFT)の取り組みを始めた。店長の藤田裕真さん(37)は「自分の食事を見直すとともに、世界の貧困問題にも目を向けてほしい」と話す。
 SPOONでは以前から、環境に関する知識を広めようと、国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)に関する催しを系列店で開いている。環境に配慮した製品などを紹介するため、新聞紙風のメニューに説明書きを加え、持ち帰ってもらう取り組みも行う。
 「2人の食卓」を意味するTFTは、カロリー過多による肥満や生活習慣病が問題となる先進国から、飢餓や栄養失調に苦しむ発展途上国を支援するプログラム。800キロカロリー以下に抑えたヘルシーな料理の代金から、ケニアやエチオピアなどの子どもの給食1食分となる20円を寄付する。
 SPOONでは、県産野菜8~10種類と無農薬大豆を使った豆腐のサラダや、季節の野菜を煮込んだスープなど5品が対象。大皿いっぱいに盛り付けた「豆腐とかつお節のサラダ」(税別1800円)は、しょうゆをベースにタマネギとゴマを混ぜたドレッシングをかけ、低カロリーでも食べ応え十分にした。
 藤田さんは「レストランという気軽に足を運べる場所から、社会問題を考えるきっかけを提供したい」と話した。

“1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)” の続きを読む

「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)

情報元 : 「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00346927-sbcv-l20
県内のスキー場にある飲食店の料理コンテスト「ゲレ食バトル」で、阿智村のヘブンスそのはらのスタミナラーメンが1位に選ばれました。
チャンピオンとなったヘブンスそのはらが提供する「ヘブ二郎」は、豚骨しょうゆ味のラーメンに大量のもやしやニンニク、それに厚さ2センチ近いチャーシューが乗っています。
表彰式ではヘブンスそのはらを運営する阿智昼神観光局の白澤裕次社長に賞状などが贈られ、白澤社長は「スキー客は体力を使うので、とにかく満足してもらい体力回復に努められるように開発した」と話していました。
6回目を迎えた今シーズンは県内25のスキー場の合わせて46のメニューがエントリーし、「ヘブ二郎」がスキー客から最も高い評価を受けました。
きょうは試食会も行われ、食べた人は「力が湧き出る味」「チャーシューもやわらかく食べやすい」などと話していました。
「ヘブ二郎」は税込み1100円で、ヘブンスそのはらのレストランで来月下旬まで販売されます。

“「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)” の続きを読む

東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)

情報元 : 東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010007-chibatopi-l12
 昨年4月に始まった東京ディズニーリゾート35周年イベント「HappiestCelebration!」が、3月25日でフィナーレを迎える。パレードが特別バージョンになるなど、節目の最後を盛り上げるにふさわしい演出があちこちに盛り込まれている。
         ★         
 東京ディズニーランド(TDL)の35周年パレード「ドリーミング・アップ!」は、フロートが途中で停止し、ディズニーの仲間たちとゲストが一緒になって手拍子や手振りをするパートを追加。パレードを「見る」だけでなく「参加する」楽しみも加わり、フィナーレならではの特別感にあふれる。
 ワールドバザールで上演中の「セレブレーションストリート」は、夜限定でフィナーレバージョンに変更。映像に35周年のロゴやディズニーの仲間たちが登場したり、リボンテープが舞う演出を取り入れたりして、より華やかな音楽と光の世界を届けている。
 他にも、期間限定の飲食メニューやグッズもたくさん用意されている。35周年のフィナーレまであと1カ月と少し。名残惜しさを感じつつも、最後まで祝祭を楽しみ尽くそう。
(舞浜特派員・中島悠平)
 東京ディズニーシー(TDS)のレストラン「ケープコッド・クックオフ」で働き5年目を迎えた。レジ打ちや料理提供のほか、店内上演のショー「マイ・フレンド・ダッフィー」の客席案内など毎日が忙しい。
 そんな中、支えになるのがゲストからの言葉だ。「夫婦のゲストが手をこするしぐさをしていたので、おしぼりを差し出したら『今日一番うれしかった』と言っていただけた。小さなことでも喜んでもらえるんだと分かった」
 TDSでは3月25日まで「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」を開催中だ。レストランでも記念品付きのメニューが充実する。「どれにするかゲストが悩まれたら、私も一緒に迷ってご提案します」
TDL「スウィートハート・カフェ」で販売中のフィナーレ期間限定メニュー「ミッキーパン」の耳には35周年のロゴがあしらわれている。
◆泡がミッキー形に
「35周年ビオレu泡ハンドソープ」はミッキー形の泡が出てくる商品。パーク内にもミッキー形の泡が出る施設があり、その楽しみを自宅に持ち帰れる。
◆壁面彩るパネル
TDLのトゥモローランド大規模開発エリアの壁には、ディズニーの仲間たちのパネルがフィナーレ期間限定で掲示されている。
※東京ディズニーリゾートの今がわかる「舞浜タイムズ」は毎月第3火曜日に掲載します。

“東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)” の続きを読む

太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)

情報元 : 太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000046-san-l10
 私立常磐高校(太田市飯塚町)は14日、剣道部特別コーチを務める非常勤講師の男性(26)が部員に体罰や暴言を繰り返していたと明らかにした。男性は同日付で退職届を提出し、受理された。
 同校によると、男性は昨年9月ごろから、2年生の複数の男子部員を指導中に防具で覆われていない体の部分に竹刀を押し当てたり、「死ね」「きもい」といった暴言を浴びせたりしたという。
 今月7日には、男性と一対一の「掛かり稽古」を30分以上行っていた2年生の主将の男子部員が部活動終了後、体育館の2階踊り場で手すりをつかみ、下をのぞき込みながら「死にたい」とつぶやいているのを1年生の男子部員が発見。保護する騒ぎもあった。
 学校側は翌8日、2年生の学年主任から報告を受け、男性を指導から外した。
 関係部員は聞き取り調査に、3年生の引退後、男性の2年生への指導が厳しくなり、特に主将にきつく当たっていたと証言した。
 男性は体罰や暴言を認め、「強くしたいという一心だった」と説明。「追い詰めてしまった生徒には申し訳ない」と反省した様子を見せているという。
 高山幸索校長は「職員には、会議などで体罰は厳禁だと何度も言っている。これから再発防止策を練っていきたい」と話した。

“太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)” の続きを読む

神楽坂にイタリアンカフェ新店 自家製イタリア菓子や茶葉にこだわる紅茶も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 神楽坂にイタリアンカフェ新店 自家製イタリア菓子や茶葉にこだわる紅茶も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000036-minkei-l13
 イタリアン「アルベリーニ」が2月5日、同店隣に自家製イタリア菓子と茶葉にこだわるイタリアンカフェ「神楽坂プンティ」(新宿区袋町TEL03-5946-8228)をオープンした。(市ケ谷経済新聞)イタリアレストラン「アルベリーニ」脇の奥に開店 2013年から神楽坂で営業する「アルベリーニ」の店主中村鉄平さんは、イタリア菓子や世界の茶葉を得意とするスタッフたちとの出会いから、日本では珍しい南イタリア菓子やパニーノ、中国茶、ハーブティー、国産茶などを提供するイタリアンカフェをオープンした。席数はカウンター4席、テーブル席12席。全ての焼き菓子やパニーノなどはテークアウトにも対応する。
 お薦めの菓子は、ナポリの焼き菓子「スフォリアテッラ」(450円)や伊勢エビの尻尾という意味の「コーダディアラゴスタ」(レモンカスタード=500円、チョコレート530円)、「ババ」「デリッツィアアルリモーネ」」(以上600円)など。ドリンクはマイティーリーフ社のオーガニックティーをはじめ、こだわりの茶葉で提供する。
 他にも自家製コッペパンを使ったパニーノは「イタリア産生ハム」「トリュフクリーム」「プロシュートコットとエメンタールチーズ」「アンチョビとバター」(以上350円)を用意する。
 ランチメニューは、自家製ハーブチキンのサラダランチA、スモークサーモンのサラダランチB(以上1,300円)、牛肉のトマト煮込みなどのメインプレートランチ(1,400円)。ランチには全て日替わりスープ、自家製パン、ドリンクが付く。
 営業時間は11時30分~18時。月曜定休。

“神楽坂にイタリアンカフェ新店 自家製イタリア菓子や茶葉にこだわる紅茶も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

ダイワロイネットホテル和歌山でデザートビュッフェ イチゴとチョコレートテーマに /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ダイワロイネットホテル和歌山でデザートビュッフェ イチゴとチョコレートテーマに /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000072-minkei-l30
 「DessertBuffet~Strawberry&Chocolate~(デザートビュッフェストロベリーアンドチョコレート)」が2月11日、ダイワロイネットホテル和歌山のレストラン「サンクシェール」(和歌山市七番丁、TEL073-435-0390)で開催される。(和歌山経済新聞)サンクシェール併設の洋菓子店「LEPATISSERICHOUCHOU(パティスリーシュシュ)」に並ぶケーキ 年に2回、ゴールデン・ウィークとシルバー・ウィーク時期に3日間ずつ開催している同企画。2月開催は今回が初めてで、バレンタインデーにちなみチョコレートとイチゴをテーマに1日限定で開催する。
 イチゴは熊本産「ひのしずく」を使う。みずみずしい食感に、甘みが強く酸味がやや少ないのが特徴という。チョコレートはカカオ56%のフランス産と、カカオ70%のベネズエラ産を使う。
 パティシエの森謙太郎さんは「当店で一番人気のイチゴショートはもちろん、タルトやムースを中心に約25種類のケーキを用意する。和歌山では珍しい『ひのしずく』ふんだんに使うのでぜひ楽しんでほしい」と話す。「30代~40代の女性グループの来店が多いが、最近では男性グループでの来店も増えている。パスタやスープも用意するので、箸休めをしながら2時間たっぷり味わってほしい」とも。
 開催時間は15時~17時。料金は、大人=2,500円、小学生=1,200円、幼児(4歳以上)=500円。

“ダイワロイネットホテル和歌山でデザートビュッフェ イチゴとチョコレートテーマに /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

地元食材生かす料理指導 農家女性の起業を支援(紀伊民報)

情報元 : 地元食材生かす料理指導 農家女性の起業を支援(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00365179-agara-l30
 農家の女性らを対象にした起業支援の研修会が29日、和歌山県田辺市高雄1丁目の市民総合センターであった。ベーカリーレストラン「KOKAGE(こかげ)」(田辺市上万呂)の店長でフランス料理シェフの林拓郎さん(36)が、地元食材を生かした料理法を指導した。
 西牟婁振興局農業水産振興課が開催。同市や上富田町、白浜町から19人が参加した。
 林さんは「イサキのアクアパッツァ」「ファルファッレ(チョウ型パスタ)とアボカドの梅肉あえ」「季節の野菜の蒸し焼き」の3品の調理を実演。野菜の蒸し焼きには、温州ミカンを搾って作ったドレッシングを添えた。
 「野菜の切り方一つで、盛り付けした時の見栄えが全然違う」と話しながら、大きさをある程度そろえたり、彩りを考えながら切ったりといったこつを紹介。野菜のうま味を生かした味付けの方法や、おいしそうな盛り付けの工夫も具体的に説明した。

“地元食材生かす料理指導 農家女性の起業を支援(紀伊民報)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

高校生、和食の腕競う 金沢市がコンテストプレ大会(北國新聞社)

情報元 : 高校生、和食の腕競う 金沢市がコンテストプレ大会(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00693078-hokkoku-l17
 市が8月に初開催する高校生対象の和食料理コンテスト「全日本高校生WASHOKUグランプリ」のプレ大会は27日、金沢学院大で開かれ、県内外の5校6チームが「和食のまち・金沢」で腕を競った。次代を担う人材の発掘と育成を狙いとした大会で、グランプリには屋代南(長野)が輝いた。市はプレ大会を弾みに引き続き本大会のPR、出場の呼び掛けを行い、機運醸成を図る。
 チームは2人1組で、県内から金沢学院高料理部の1チーム、鵬学園の2チーム、県外から相可(三重)、屋代南、綾羽(滋賀)の各校1チームが参加した。
 テーマは「丼物と汁物」で、加賀野菜や松阪牛など各校の地元食材を生かした品が並んだ。グランプリ開催委員長である日本料理店「銭屋」主人の高木慎一朗氏、東京つきぢ田村の田村隆氏、金沢学院短大の原田澄子氏が審査員を務め、出来栄えやチームワーク、料理に込めた思い、工夫点を語るプレゼンテーションの内容を審査した。
 グランプリに選ばれた屋代南は、信州サーモンのなめろうにハスの花をイメージしてユリ根を飾り付けた丼と、彩り豊かな信州野菜の汁物を作り、見た目の良さなどが評価された。屋代南の2人には、市内料理店での研修や食事体験が副賞として贈られた。
 金沢学院高料理部は加賀れんこんや五郎島金時の素揚げを載せた丼と手まり麩を入れたみそ汁を作った。鵬学園の「ハッピー」チームは車麩の卵とじ丼と加賀れんこんのすり流し汁、「スマイル」チームは治部煮丼と干しくちこのすまし汁を仕上げた。県勢3チームを含む屋代南以外の5チームには審査員特別賞が贈られた。プレ大会の様子はインターネットで全国にライブ配信された。
 本大会は「だしを使った和食」をテーマに、書類審査を通過した8チームによる決勝大会が8月7日に行われる。パリの人気フレンチレストランのオーナーシェフであるドミニク・ブシェ氏などが審査員に加わる。グランプリのチームには副賞としてニューヨークでの研修が贈られる。

“高校生、和食の腕競う 金沢市がコンテストプレ大会(北國新聞社)” の続きを読む