渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000017-minkei-l13
 渋谷川沿いの遊歩道「渋谷リバーストリート」を活用した社会実験プロジェクト「WORKPARKPACK(ワークパークパック)」が3月1日、始まった。主催は一般社団法人「渋谷未来デザイン」(渋谷区神宮前6)。(シブヤ経済新聞)コンテナの内部 「渋谷南街区」の再開発伴い、昨年秋に「渋谷ストリーム」と共に、官民連携で渋谷川沿いに渋谷~代官山エリアをつなぐ約600メートルの遊歩道が整備された。昨年12月には、一般公募により名称が「渋谷リバーストリート」に決まり、今後、遊歩道を中心とした渋南エリアの「にぎわい」や「良好な水辺空間」の創出に期待が寄せられている
 「遊歩道の価値づくり」の一環として行う今回のプロジェクトは、八幡橋近くの遊歩道上に設置される「PARKPACK」と呼ばれる3つのコンテナを拠点として、渋谷川沿いの遊歩道ならではの「公共空間の利活用アイデア」を実験しながら検証していくもの。ライゾマティクス(東2)などを中心に組織されるULTRAPUBLICPROJECTが手掛ける「PARKPACK」は、昨年秋に開催されたデザインイベント「DESIGNTOUCH2018」(六本木ミッドタウン)に出展され、子どもたちの遊び場やギャラリー、屋外シネマなど、公共空間の可能性を引き出す「未来の公園」「動く公園」として注目を集めた。
 「PARKPACK」第2弾を渋谷で展開する理由について、ライゾマティクスの齋藤精一社長は「遊歩道は会社も近いため、再開発の状況をずっと見守ってきた。(渋谷未来デザインのフューチャーデザイナーのメンバーとして)渋谷川沿いの遊歩道を今後どうしていくか、という話し合いの中で、僕らが昨年実施したPARKPACKを提案した」のがきっかけだったと言う。
 今回、渋谷でのプロジェクト開始に当たり、新たに「WORK(ワーク)」という要素を加え「WORKPARKPACK」とプロジェクト名称を改めた。「現在、ストリームにもベンチがあるが、みんな座ってスマホを眺めているくらい。例えば、遊歩道で仕事をしてもらってもいいし、近所の幼稚園の子どもたちの遊び場になってもいい…。老若男女が活発に活動できる場として利用してほしい。そういう活動全般をワークと捉えている」(齋藤さん)と言い、単なる憩い空間だけではない公共空間の再構築を目指す。
 プロジェクトの活動期間は3月1日~5月6日。3月1日~31日の1カ月間は、渋谷未来デザインのスタッフがコンテナ内に常駐し、「渋谷リバーストリートで実現したいアイデア」を一般から募る窓口を設けるほか、「渋谷川」「WORKPARKPACK」などに関するパネル展示も行う。4月以降は、寄せられた公共空間の利活用アイデアを一つ一つ実現していくという。渋谷未来デザインの後藤太一さんは「(遊歩道の活用について)渋谷未来デザインが地ならしをしたい。その先でエリマネならエリマネ、地域なら地域が素晴らしい使い方をしていってほしい。まずはその入り口になりたい」と話し、「ワークショップでも鍋パーティでも…あそこで何かやりたい、公共空間だからと諦めていたことを相談してほしい。それをどう自走させるか、仕組みを含めて一緒に考えていくのが僕らの仕事」と同プロジェクトの位置付けを強調する。
 今月31日まで、活用アイデアや実験パートナーに関する相談をコンテナ内で受け付けている。対応時間は11~18時。

“渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大きく育ってね 児童らがクワの木を植樹 小山(19-02-25)(とちぎテレビ)

情報元 : 大きく育ってね 児童らがクワの木を植樹 小山(19-02-25)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00010000-tochitelev-l09
「ふるさと学習」として小山市に伝わる「結城紬」について学んでいる小山市の絹義務教育学校で、カイコのエサとして使われるクワの木が植樹された。この学習では結城紬の原料の糸をつくるカイコが飼育され、エサとなるクワの葉が大量に必要になる。そこでJAおやまがクワの苗木を絹義務教育学校に寄贈した。この日は2年生27人が参加し、校庭に木を植えていった。

“大きく育ってね 児童らがクワの木を植樹 小山(19-02-25)(とちぎテレビ)” の続きを読む

徳島・阿波市観光大使キャラ「あわみちゃん」 ラインスタンプ発売(徳島新聞)

情報元 : 徳島・阿波市観光大使キャラ「あわみちゃん」 ラインスタンプ発売(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-03166347-tokushimav-l36
 阿波市観光協会は、市観光大使のマスコットキャラクター「あわみちゃん」の知名度をアップさせようと、無料通信アプリLINE(ライン)用のスタンプを発売した。
 「通常版」と「敬語版」があり、デザインは各40種類。あわみちゃんのイラストに「こんにちは」「ありがとう」の文字を添えたほか、「どやっ」といった若者言葉を使ったデザインもある。
 観光協会の吉尾美咲さん(28)=吉野川市山川町堤内=が制作を手掛けた。全国どこでも入手可能で気軽に使えるため、キーホルダーなどのグッズより、PR効果が高いと考えた。吉尾さんは「市に興味を持つきっかけになってほしい」と話している。
 通常版、敬語版ともアプリのスタンプショップなどで120円で販売している。

“徳島・阿波市観光大使キャラ「あわみちゃん」 ラインスタンプ発売(徳島新聞)” の続きを読む

横手で体験型イベント「観光エキスパートEXPO」 伝統工芸制作体験など多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で体験型イベント「観光エキスパートEXPO」 伝統工芸制作体験など多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000062-minkei-l05
 「観光エキスパートEXPO」が2月15日・16日、横手市交流センター「Y2(わいわい)ぷらざ」(横手市駅前町)で開かれる。(横手経済新聞)「観光エキスパートEXPO 2018」販売ブース 横手市が、地元の魅力の再発見につなげようと、伝統文化や伝統工芸などの体験や案内に取り組む個人や団体を「観光エキスパート」に認定し、「横手の雪まつり」に合わせて2017年から「観光素材と人のふれあい」をテーマに開いている。
今年は、「十文字和紙」や「りんご染(草木染め)」などの制作に取り組む8組が出展を予定し、「組子製作」「十文字こけし絵付け」などの体験コーナーも設ける。「横手にまつわるアクセサリー」「横手縞」「浅舞絞り」「なすの花ずし」などの販売も。
 開催時間は10時~17時30分。入場無料。

“横手で体験型イベント「観光エキスパートEXPO」 伝統工芸制作体験など多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

<野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)

情報元 : <野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010006-chibatopi-l12
 心愛さんの父親、勇一郎容疑者の再逮捕は、暴行とみられる様子を撮影したデータがスマートフォンに残されており、容疑を裏付ける有力な証拠になった。再逮捕で、改めて心愛さんが父親から「執拗(しつよう)に暴行され、日常的に虐待されていた」(捜査関係者)実態が浮かび上がった。
 再逮捕容疑の暴行は、顔から胸にかけた部位にけがが集中していた。顔にあざが残り、司法解剖直後は救急隊の救命処置によるものとみられていた胸部の骨折も、暴行の痕である疑いが強まった。
 県警は認否を明らかにしていないが、「黙秘ではない」としており、否認しているとみられる。
 勇一郎容疑者の最初の逮捕容疑は、1月24日午前10時ごろから午後11時20分ごろまでの間、自宅マンションで心愛さんの髪の毛を引っ張り、両手で首付近をわしづかみにし、冷水シャワーを掛けるなどして首付近にけがを負わせた疑いが持たれている。
 心愛さんを起こし立たせて眠らせなかったり、食事を与えなかったりしていた虐待の様子が、これまでの捜査関係者への取材で判明している。県警によると、心愛さんが病院に行くなど外出した様子や、第三者が年末年始に心愛さん宅を訪れた状況は確認できていない。
 勇一郎容疑者のスマートフォンに保存されていた心愛さんを暴行しているとみられる動画や画像は、撮影日が複数にわたっていた。県警は日常的な虐待を裏付ける有力な客観的証拠としてさらに解析を進める。
 また、別の傷害容疑で逮捕された母親のなぎさ容疑者は、勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとみられる一方で、心愛さんの動向を無料通信アプリLINE(ライン)で報告していたことが分かっている。捜査関係者は「単純に従属的な立場だったとは言えないのでは」としており、母親の関与の度合いも捜査の焦点の一つだ。

“<野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)” の続きを読む

徳島県内児童虐待通告322人 県警から児相へ 01年以降最多(徳島新聞)

情報元 : 徳島県内児童虐待通告322人 県警から児相へ 01年以降最多(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-03160041-tokushimav-l36
 県警少年女性安全対策課によると、虐待の内容は、脅す、強く叱るといった「心理的虐待」が全体の70・1%に当たる226人(前年比94人増)。このうち、子どもの面前で家族に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」は199人(81人増)で88%を占めた。徳島県警が2018年に虐待を受けた疑いがあるとして児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは322人(暫定値)で前年から108人(50・4%)増え、県警が統計を取り始めた2001年以降で最多となった。県警は「児童虐待に対する社会的な関心の高まりや、関係機関との連携を密にしていることで通報が速やかにされている」と分析している。
 次いで、殴る蹴るなどの暴力を振るう「身体的虐待」が64人(17人増)、育児放棄などの「ネグレクト」が30人(5人減)、わいせつ行為などの「性的虐待」が2人(前年ゼロ)。
 18年に県警に寄せられた虐待に関する通報は177件(72件増)だった。ここ5年、増加傾向にある。
 県警は児相に通告した事例について明らかにしていない。18年に県内で子どもが親に危害を加えられた事件としては2月、県南部の自宅で長女(3)の首を絞めたとして、殺人未遂容疑で父親(25)が逮捕された。5月には、10代の長女の体を触るなどしたとして、50代の父親に監護者わいせつ容疑が初適用され、父親は12月に同罪で実刑判決を受けた。
 刑法犯全体の認知件数が減少傾向となっている一方、この10年間で児童虐待やDV、ストーカー事件の摘発件数が増加している。全国の警察は、これらを「人身安全関連事案」として扱い、各部門が連携して寄せられる情報を分析し、事案ごとに切迫性を見極められるよう取り組んでいる。
 県警少年女性安全対策課は、子どもの身を虐待から守るために児相や市町村などの関係機関と連携を強化していくとした上で「小さな異変があれば警察に通報や相談をしてほしい」としている。

“徳島県内児童虐待通告322人 県警から児相へ 01年以降最多(徳島新聞)” の続きを読む

県内生産者、不安と意欲 日欧EPA発効(宮崎日日新聞)

情報元 : 県内生産者、不安と意欲 日欧EPA発効(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00015476-miyazaki-l45
 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が1日、発効した。今後県内でも欧州産の豚肉やチーズ、ワイン、木材などがより安い価格で出回ることになり、生産者らは「価格競争ではかなわない」「小規模経営の生き残りは厳しい」と危機感を募らせる。一方、「品質の高い県産品の魅力をアピールして乗り切りたい」といった前向きな声も一部で上がっている。

“県内生産者、不安と意欲 日欧EPA発効(宮崎日日新聞)” の続きを読む

がっくり…「パパよりゲーム」(ミニ事件簿)

情報元 : がっくり…「パパよりゲーム」(ミニ事件簿)大分合同新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010000-mjikenbo-l44
 大分南署のベテラン署員のちょっと寂しい話。先日、署員の次男は祖母から人気テレビゲーム機を買ってもらった。それからは毎日のようにゲームをしている。「子どもは外で遊ぶもの。ゲームばかりすると目も悪くなる。1日30分まで」と署員は口うるさく注意。すると最近は次男から「いつ当直勤務なの?」と確認されるようになった。父親のいない隙にゲームを楽しんでいるらしい。「以前はいつ帰ってくるのと言っていたのに…」。今や帰ってこないことを喜ばれるようになり、がっくり。

“がっくり…「パパよりゲーム」(ミニ事件簿)” の続きを読む

冬型強まり津南町でこの冬一番の積雪(UX新潟テレビ21)

情報元 : 冬型強まり津南町でこの冬一番の積雪(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00010001-niigatatvv-l15
冬型の気圧配置が強まり、県内は上中越の山沿いで一晩で30センチ以上の積雪を観測し、津南町では2メートル30センチとこの冬のピークを更新しました。24日午前7時現在の各地の積雪は、津南町で2メートル30センチ、妙高市関山と湯沢町で1メートル44センチで、津南町ではこの冬で一番の積雪になりました。また午前9時までの24時間の降雪量は、妙高市関山で37センチ、津南町で33センチです。25日朝までの24時間の予想降雪量は、中越の山沿いで最大40センチ、上越で最大30センチとなっています。

“冬型強まり津南町でこの冬一番の積雪(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

博多港の死骸は「極東サソリ」か 専門業者「毒が強く危険」 2018年9月には外来種アリも 福岡市(TNCテレビ西日本)

情報元 : 博多港の死骸は「極東サソリ」か 専門業者「毒が強く危険」 2018年9月には外来種アリも 福岡市(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000008-tncv-l40
21日に福岡市のアイランドシティで目撃されたサソリが、22日に死骸で見つかりました。
専門業者は毒性が強い「極東サソリ」の一種ではないかと話しています。
22日夕方、福岡市東区のアイランドシティで発見された体長およそ7センチのサソリの死骸。
この写真を、タランチュラなども扱う専門業者に見てもらうと-。
【アーセナル 野村翔太さん】
「おそらく『極東サソリ』の一種ではないかと思います。体は細身でハサミが小さくて尾が長いのが特徴です」
極東サソリは地球上に広く生息し、日本では暖かい気候の石垣島や宮古島などにいるといういことです。
【アーセナル 野村翔太さん】
「地球上に幅広く生息していますが、冬の間は暖かいところで冬眠をしたり樹皮の裏に隠れたり越冬している種類が多いので、日本の気候では冬場を乗り越えるのは非常に難しいと思います」
このサソリの危険性について聞いてみると-。
【アーセナル 野村翔太さん】
「基本的にはペット用として流通している種類に比べると毒は強いので危険と言われています。刺されると痛いとか、子供や乳幼児、お年寄りなど抗体が少ないとひどく症状が出てしまったり。海外では死亡例もあります」
極東サソリは、商品として流通しているサソリと比べて毒性が強く、取扱いは規制されています。
アイランドシティでサソリが見つかったのは今回が初めてで、福岡市は専門機関にサソリの種類の特定を依頼しています。
また、2018年9月には博多港でヨーロッパ原産の外来種のアリ、「ブラウジングアント」が見つかりました。
体長は3ミリほどで色は黒っぽく、特定外来生物・ヒアリのような毒は無いと言うことですが、高い繁殖力と強い攻撃性が特徴ということです。
国内では2017年に名古屋港で初めて確認され、東京や大阪でも見つかっていますが、九州で確認されたのは今回が初めてということです。
福岡市は生態調査を進めている環境省と情報を共有していくことにしています。

“博多港の死骸は「極東サソリ」か 専門業者「毒が強く危険」 2018年9月には外来種アリも 福岡市(TNCテレビ西日本)” の続きを読む