新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000018-minkei-l14
 スポーツボランティアの育成・研修を行う「ファイナルスタジアム・スポーツボランティア・アカデミー(FSVA)」が4月6日、日産スタジアム(横浜市港北区小机町)で開講される。(港北経済新聞)
 2002年のFIFAワールドカップの決勝の地「ファイナルスタジアム」として知られる日産スタジアムでは、Jリーグをはじめ各種スポーツイベントで活動するボランティアチームを有している。
 同アカデミーは、スポーツボランティアとして活動するためのノウハウと活動実習を提供するもの。講義と実習を経て、所定の評価で合格すると、同スタジアムからスポーツボランティアの初級Aライセンスが進呈される。2018年度は3回の講座から、161人の修了生が生まれた。
 2019年度1回目の開講となる今回は、同スタジアムのボランティア活動の実例紹介を交えた講義とワークショップを行う。併せて、4月13日・28日に活動実習(同スタジアムで開催の横浜F・マリノスホームゲーム)も予定する(いずれか1日のみ)。
 初級Aライセンスを取得後は同スタジアムや新横浜公園などで行われるスポーツイベントへのボランティア参加が可能。学んだ知識や経験を生かすことができる。
 来年度以降は初級Aライセンスに加えて、ステップアップクラスも予定。サッカーやラグビー、マラソンなど各種目に特化したより高度なプログラムになるという。
 講義時間は14時~17時。参加費は3,000円。申込みは2月26日まで。

“新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

迫力・華々しさ表現 ラグビーW杯PR懸垂幕 300日前、デザイン刷新【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 迫力・華々しさ表現 ラグビーW杯PR懸垂幕 300日前、デザイン刷新【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00010003-iwanichi-l03
 ラグビーワールドカップ(W杯)2019釜石開催実行委員会は29日、釜石会場での開催300日前に合わせ、県庁前の懸垂幕をリニューアルした。試合日程のほか、前大会の迫力の試合などをデザインし、世界が注目する大会本番への期待感を高めている。「かまリン」がキック! ボディーシールで応援 懸垂幕は、釜石開催1000日前の16年12月に初めて設置。釜石会場での対戦カードや試合日程が記載されたシンプルなものだったが、大会300日前のタイミングで全ての出場国が出そろったことから、リニューアルした。
 サイズは高さ約9・5メートル、幅約2・0メートル。富士山のイラストをバックにフィジー、ウルグアイ、ナミビア、カナダの各出場国の国旗をデザインした物と、日本代表が南アフリカを下し、「世紀の番狂わせ」と称された15年イングランド大会の一場面をあしらったものの計2枚。盛岡市内丸の県議会棟前の広告塔に取り付けられ、道行く人の目を引いている。
 釜石会場では「フィジー-ウルグアイ」(9月25日)と「ナミビア-カナダ」(10月13日)の2試合が行われる。県ラグビーW杯2019推進室の菊池太介主任は「懸垂幕は大会の華々しさとラグビーの力強さを表現したデザイン。大会本番の盛り上がりへ期待を高めてもらえれば」と話していた。

“迫力・華々しさ表現 ラグビーW杯PR懸垂幕 300日前、デザイン刷新【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

義足外して熱戦 障害者サッカー 17・18日に川崎で大会(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 義足外して熱戦 障害者サッカー 17・18日に川崎で大会(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00031034-kana-l14
 事故や病気で手や足を失った人たちがプレーするアンプティサッカーの第8回日本選手権が17、18の両日、川崎市川崎区の富士通スタジアム川崎で開かれる。入場無料。スピード感あふれるドリブルや接触プレーの激しさなど、競技の魅力を体感できる。
 アンプティサッカーは7人制で、片足を失った人が杖(つえ)を使ってフィールドプレーヤーを、手を失った人がゴールキーパーを務める。日本代表も組織され、今月上旬までメキシコで行われたワールドカップでは過去最高の10位になるなど、近年普及が進んでいる。
 大会は日本アンプティサッカー協会の主催で、全国の7チームが出場。17日にリーグ戦を行い、18日に順位決定トーナメントが行われる。チアリーディングによるパフォーマンスも予定、練習ピッチでは選手や指導者による体験会も開かれる。
 共催する市は「義足を外して戦う選手たちの華麗で激しいプレーをぜひ見てもらいたい」と来場を呼び掛けている。
 17日は午前10時半~午後7時20分。18日は午前9時半~午後5時。体験会は17日午後1時半~午後2時、18日午後0時半~午後1時。問い合わせは、市市民スポーツ室電話044(200)3544。

“義足外して熱戦 障害者サッカー 17・18日に川崎で大会(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

子どもらウインドサーフィン体験 葉山・森戸海岸、プロが手ほどき(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 子どもらウインドサーフィン体験 葉山・森戸海岸、プロが手ほどき(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00027967-kana-l14
 小学生にウインドサーフィンの楽しさを体感してもらう講座が24日、森戸海岸(葉山町堀内)で開かれた。5、6年生32人が、プロ選手らに教わりながら、風を受けて海上を進む気持ち良さを満喫した。
 講師役を務めたのは、5月に津久井浜海岸(横須賀市)で開催されたワールドカップにも出場した地元在住のプロ選手・国枝信哉さん(47)ら5人。全日本学生選手権での優勝経験を持つ山梨崇仁町長も加わった。
 「ボードの真ん中に立ってバランスを保とう」「帆が倒れたら、背筋を伸ばして引き上げて」。子どもたちは5人から正しい姿勢や立て直し方を教わり、水上競技に奮闘。徐々にこつをつかみ、風に乗り始めると、児童からは「楽しい」「思ったより速く進むよ」などと歓声が上がった。
 小学6年の児童2人は「バランスを取るのが難しかったけど、風に乗れて楽しかった。また挑戦したい」と笑顔で話した。
 講座は、2020年の東京五輪・パラリンピックを前に競技に親しんでもらおうと、町教育委員会と町体育協会が共催した。

“子どもらウインドサーフィン体験 葉山・森戸海岸、プロが手ほどき(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

サッカー国際副審の相楽亨さんW杯を報告(矢板市)(18-07-21)(とちぎテレビ)

情報元 : サッカー国際副審の相楽亨さんW杯を報告(矢板市)(18-07-21)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010006-tochitelev-l09
サッカーの国際副審として2018FIFAワールドカップロシア大会に参加した矢板市在住の相楽亨さんが20日、矢板市の齋藤淳一郎市長を表敬訪問した。相楽さんはソチで行われた1次リーグの副審の控えとして4試合を担当。実際にピッチに立つことはなかったものの、すばらしい試合を間近で見られた経験は何ものにも代えがたいと話した。相楽さんは2018年いっぱいで国際副審を退くと決めていて、W杯での経験を後進の育成に生かしたいと考えている。

“サッカー国際副審の相楽亨さんW杯を報告(矢板市)(18-07-21)(とちぎテレビ)” の続きを読む

華麗なボールさばき随所に イニエスタがヴィッセルでJデビュー/兵庫県(サンテレビ)

情報元 : 華麗なボールさばき随所に イニエスタがヴィッセルでJデビュー/兵庫県(サンテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010003-suntvv-l28
サッカーのワールドカップロシア大会のスペイン代表で、J1ヴィッセル神戸に加入したイニエスタが22日の試合で途中出場し、Jリーグデビューを果たしました。22日、ヴィッセル神戸の本拠地・ノエビアスタジアム神戸で行われた湘南ベルマーレ戦。スペイン1部リーグの強豪バルセロナから移籍したアンドレス・イニエスタの世界的プレーを見ようと、2万6000人を超えるサポーターが訪れました。
イニエスタはベンチスタート。試合は前半10分、ベルマーレの坂に頭で決められ、ヴィッセルは先制を許します。1点ビハインドで迎えた後半。イニエスタがアップを始めます。しかし、後半3分、ベルマーレの齋藤に追加点を奪われます。この後、その時が訪れます。後半14分、ついにイニエスタがJリーグのピッチに立ちます。そしてファーストタッチ。ディフェンダーをかわし、スルーパス。さらに1点を追加されたヴィッセル。イニエスタがその後も、チャンスを演出して見せ場を作ります。後半44分には、コーナーキックからボレーシュート。
しかし、ここで試合終了。ヴィッセル神戸は湘南ベルマーレに0対3で敗れ、イニエスタ出場の初戦を勝利で飾ることはできませんでした。ヴィッセル神戸は次節、28日にノエビアスタジアム神戸で柏レイソルと対戦します。

“華麗なボールさばき随所に イニエスタがヴィッセルでJデビュー/兵庫県(サンテレビ)” の続きを読む

東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール(福島民友新聞)

情報元 : 東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010013-minyu-l07
 2020年東京五輪・パラリンピックを契機とした福島県産農林水産物の消費や販路の拡大に向け、県は19日、東京都のホテルで試食商談会を開き、選手村への料理提供が有力視される首都圏のケータリング会社などのバイヤーらに県産食材の高い品質をアピールした。
 商談会は、県や県内市町村、JA福島中央会、全農県本部、県漁連などが6月に発表した新たなプロジェクト「ふくしまプライド。フードアクション宣言」の第1弾となる事業。流通業者や小売店、総菜・弁当の製造販売業者、ホテル関係者ら参加した約400人に、県内30の生産団体や事業者が県産食材を売り込んだ。
 サッカー日本代表の専属シェフとしてワールドカップ(W杯)ロシア大会に帯同した西芳照さん(広野町在住)が会場でライブキッチンを披露し、県産食材のPRに一役買った。

“東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール(福島民友新聞)” の続きを読む

サンフレッチェ広島 リーグ戦再開へ「広島に元気を!」(テレビ新広島)

情報元 : サンフレッチェ広島 リーグ戦再開へ「広島に元気を!」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000010-tssv-l34
世界中が熱狂したワールドカップが終了し、18日からリーグ戦が再開。
サンフレッチェ広島はホームでガンバ大阪戦に臨みます。
18日のガンバ大阪との試合を前に、試合が行われるホームエディオンスタジアムで最終調整を行ったサンフレッチェ。
リーグ再開初戦を望むにあたり、練習は冒頭15分のみの公開となりました。
この中断期間で積み上げたトレーニングでさらに勝ち点を上積みできるか、再開初戦の勝敗が大きなカギを握ります。
【柏選手】
「走りの練習だったり、戦術を多くできた。中断前よりワンランクあがった。それをピッチの中でサポーターの皆さんの前で表現したい」
後半戦に弾みをつけるためにも広島に元気を届けるためにも、選手たちは勝ち点3、絶対勝利を誓います。
【柏選手】
「僕たちができることはピッチの中で表現すること。勝って広島の皆さんに勝利を届けることが全て。90分の中でしっかり勝ち切って広島のみなさんに勝利を届けたい」
あすエディオンスタジアムで、よる7時からガンバ大阪と対戦します。
スタジアムでは豪雨災害への募金活動も行われます。

“サンフレッチェ広島 リーグ戦再開へ「広島に元気を!」(テレビ新広島)” の続きを読む

29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)

情報元 : 29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00001038-fminpo-l07
 Jヴィレッジ(福島県楢葉・広野町)で一部再開翌日の二十九日に催される再始動イベントに参加するサッカー元日本代表選手らが固まった。運営会社Jヴィレッジが十三日、発表した。 
 新たに参加が決まった元日本代表は秋田豊さん、加地亮さん、鈴木啓太さん、福田正博さん、小島伸幸さん。タレントでは三瓶さん(本宮市出身)、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん、Jリーグ女子マネジャーを務めた佐藤美希さんらが来場する。 
 午前十時四十分から開会式を行う。正午からのトークショーでは鈴木さんと佐藤さん、永島昭浩さん、お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさんとワッキーさんがJヴィレッジの歩みやワールドカップの歴史を語り合う。午後一時半からは元日本代表とタレントの混成チームが「ドリームマッチ」として各年代の来場者と対戦する。 
 センター棟前のピッチでは小島さんと加地さん、元日本代表の平山相太さんらが指導する小中学生・高校生向けサッカー教室、ラグビー元日本代表の守屋篤さんによる全世代対象のラグビー教室を開く。午前十時半から参加者を受け付ける。お笑いステージやサッカークイズも催す。 
 各イベントは男女とも参加可能。隣接する二ツ沼総合公園を駐車場とし、無料シャトルバスを運行する。

“29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)” の続きを読む

柴崎選手がふるさとに凱旋 応援に感謝、W杯使用のスパイク寄贈/青森・野辺地(デーリー東北新聞社)

情報元 : 柴崎選手がふるさとに凱旋 応援に感謝、W杯使用のスパイク寄贈/青森・野辺地(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010001-dtohoku-l02
 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表として活躍した柴崎岳選手(26)=ヘタフェ=が13日、ふるさとの青森県野辺地町に凱旋し、河島靖岳教育長らに地元の応援への感謝を伝えた。小さい頃からの夢の舞台で戦えたことについては「楽しかった。力を出し切った」と充実した笑顔で振り返り、「課題に向き合い、さらに上を目指していきたい」と4年後のW杯に意欲を示した。
 柴崎選手は帰国後、空港以外で公の場に姿を見せていなかったが、マネジャーによると「応援してくれた地元に自分で思いを伝えたい」と、柴崎選手の希望で今回の表敬訪問が実現した。
 柴崎選手は同日午前、大勢の町民が集まる中、町中央公民館に到着。中谷純逸町長が公務出張中のため、河島教育長と松山英樹副町長が出迎えた。
 柴崎選手は決勝トーナメントで、強豪・ベルギーをあと一歩のところまで追い詰めながら、ベスト8に進めなかった今大会を振り返り、「悔しさもあったが、楽しかった」と充実した表情を見せた。河島教育長は大会期間中の町内の盛り上がりなどを紹介し、「4年後に向けてエールを送り続けるので、子どもたちの目標でいてほしい」と激励。町民栄誉賞を新設し、贈ることも伝えた。
 柴崎選手は試合で使ったシューズにサインし、河島教育長にプレゼント。町からは、母校の町立野辺地小児童らが「日本を背負ってくれてありがとう」「これからも頑張って」などとメッセージを寄せた色紙が贈られた。
 その後、館内で開かれた会見には大勢のメディアが詰め掛けた。
 柴崎選手は「緊張もあったがピッチに入ると気にならなかった。力を出し切れた」と達成感をにじませ、「町を挙げた応援に感謝したい。身近に感じていた」と地元への思いを語った。
 今後の展望については、「W杯での盛り上がりを継続できるよう努力を続けたい」と、自らが活躍することでサッカー界を盛り上げていく決意を示した。

“柴崎選手がふるさとに凱旋 応援に感謝、W杯使用のスパイク寄贈/青森・野辺地(デーリー東北新聞社)” の続きを読む