板橋宿不動通りと江戸四宿の歴史展 「老舗銭湯の忘れ形見」公開も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 板橋宿不動通りと江戸四宿の歴史展 「老舗銭湯の忘れ形見」公開も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000066-minkei-l13
板橋区役所本庁舎(板橋区板橋2)1階区民スペースで2月18日、パネル展「平成30年度いたばし景観写真展~板橋宿不動通り商店街と江戸四宿~」が始まった。(板橋経済新聞)板橋宿不動通商店街での景観作りの取り組みも紹介 「江戸四宿(ししゅく)」と呼ばれた宿場町、品川宿・千住宿・内藤新宿・板橋宿それぞれの歴史や、板橋宿として名主(なぬし)が置かれた3宿場のうち仲宿から平尾宿をつないでいた板橋宿不動通り地区の街並みの変遷を写真で紹介する同展。
 展示スペース中央には、1910(明治43)年に創業し、2017年3月に惜しまれながら営業を終えた老舗銭湯「花の湯」で使われていた鬼瓦や破風(はふ)彫刻の「懸魚(げぎょ)」などの「忘れ形見」も特別展示する。鬼瓦と懸魚は「花の湯」の解体工事が始まった2017年7月ごろ、現在板橋宿不動通り商店街で新拠点の正式オープン準備を進める元・板橋3丁目食堂店主のながせけんぞうさんが「花の湯」の元経営者と工事関係者に頼み込んで譲り受けた物という。
 「『そんなもの、残してどうなるの?』と周囲に苦笑いされながらも、古き良き街の景色が少しずつ消えていく商店街の文化遺産として、いつか街のシンボルになる時が来るかもしれないと大切に保管していた」とながせさん。鬼瓦と懸魚の存在はいつしか商店街関係者や街作り関係者にも知られることとなり、板橋区の都市景観プロジェクトと連携した今回の展示企画に発展したという。
 板橋区では、2011年8月に策定した「板橋区景観計画」を基に、地域のより良い景観の実現に向けた総合的・複合的な景観形成施策を商店街や区民と連携しながら展開している。
 板橋区都市景観担当者の佐伯和宏さんは「板橋宿不動通り商店街では2015年の無電柱化工事完了後、景観計画の一環として2017年ころからまちづくりに関する勉強会やワークショップなどを行ってきた。2年間の取り組みの集大成として、これまでの活動や検討内容も展示している。江戸四宿間で新たな交流や連携が生まれて、かつてのにぎわいを取り戻すきっかけになれば」と話す。
 開催時間は8時30分~17時。入場無料。2月22日まで。

“板橋宿不動通りと江戸四宿の歴史展 「老舗銭湯の忘れ形見」公開も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

ごみ非常事態宣言から20年、名古屋市が記念式典(CBCテレビ)

情報元 : ごみ非常事態宣言から20年、名古屋市が記念式典(CBCテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010531-cbcv-l23
 名古屋市が藤前干潟にごみの埋め立て処分場建設を断念し、ごみ非常事態宣言を出してから20年を記念するイベントが16日行われています。
 記念式典では、ごみのリサイクルなどに取り組んできた3つの市民団体の活動が紹介され、感謝状が贈られました。
 名古屋市は1999年、藤前干潟にごみの埋め立て処分場を建設する計画を中止したことで、ごみの減量が急務となり、当時の松原武久市長が「ごみ非常事態宣言」を出しました。
 その後、リサイクルなどを進めた結果、ごみの量は20年前の年間およそ100万トンからおよそ61万トンまで減っています。
 市は、市民のごみ減量への意識をさらに高めたいとしています。

“ごみ非常事態宣言から20年、名古屋市が記念式典(CBCテレビ)” の続きを読む

火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010001-iwanichi-l03
 400年以上の歴史を持つ岩手県奥州市江刺伊手の熊野神社蘇民祭は、19日夜から20日未明にかけて同神社などで行われた。下帯姿の男たちが燃え盛る歳戸木に登り気勢を上げたほか、激しい蘇民袋争奪戦を繰り広げ、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願った。
 総代や保存会役員、厄年代表らが祭りの無事執行を祈る「ご膳上げ」で始まり、角灯を手に行列を組んで供物や祭り道具一切を神社に運ぶ「四角登り」、神社での例大祭が行われた。
 火たき登りでは、丸太を井桁積みした歳戸木に火が付けられると、下帯姿の厄男らが次々と登り、火の粉と煙を浴びながら角灯を高らかに掲げて掛け声を上げた。その後、男たちは歳戸木から燃え差しを引き出し、地面や神社の壁、床に力いっぱいたたき付け、飛び散る火の粉で邪気を払った。
 別当が行列を従えて蘇民袋を神社に奉納する別当・袋登り、鬼子登りに続き、蘇民袋争奪戦がスタート。蘇民袋の口前をめぐり、男たちが堂内、境内、参道、地区内でもみ合いながら激しい肉弾戦を展開した。
 2019年度江刺甚句まつり42歳年祝連燎仁(りょうじん)会からは吉田智哉会長(40)=同市江刺西大通り=ら19人が参加した。吉田会長は「蘇民祭で心を一つにして厄を落とし、(5月のまつりに向けて)団結して会員が一つになっていければ」と語っていた。

“火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む