意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰(埼玉新聞)

情報元 : 意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010004-saitama-l11
 車にはねられ、意識のなかった女性に心臓マッサージを施すなど適切な措置を行い、一命を取り留めたとして、埼玉県の朝霞署は、和光市に住むイムス富士見総合病院・救急外来の看護師酒井加奈子さん(40)に感謝状を贈呈した。走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は 同署と酒井さんによると、2月5日午後6時35分ごろ、志木市中宗岡3丁目の市道交差点で、犬の散歩中に横断歩道を渡っていた同市、女性(65)が乗用車にはねられ、道路中央付近にうつぶせに倒れた。
 直後に現場を買い物に向かう途中、乗用車で通り掛かった酒井さんは路上に女性が倒れているのを発見。近くに車を停車し、女性に駆け寄った。声をかけたところ、うめき声を上げるが、脈も感じにくく、意識がない状態だった。
 このため、心臓マッサージによる蘇生措置を敢行するとともに、カラーコーンを配置するなど通行人らとともに現場の安全確保を図った。数分後、救急車が到着した際、女性の意識は戻った。救急隊員は「蘇生措置がなかったら、救命率は下がった」と話していたという。
 感謝状を受け取った酒井さんは「命を救えたことは本当によかったと思う。救命は私一人だけのことではなく、周囲にいた協力者のおかげであり、その一次救命に対する意識の高さが非常にうれしかった。感謝状はこうした人たちの代表として受け取りたい」と話した。

“意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰(埼玉新聞)” の続きを読む

火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010001-iwanichi-l03
 400年以上の歴史を持つ岩手県奥州市江刺伊手の熊野神社蘇民祭は、19日夜から20日未明にかけて同神社などで行われた。下帯姿の男たちが燃え盛る歳戸木に登り気勢を上げたほか、激しい蘇民袋争奪戦を繰り広げ、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願った。
 総代や保存会役員、厄年代表らが祭りの無事執行を祈る「ご膳上げ」で始まり、角灯を手に行列を組んで供物や祭り道具一切を神社に運ぶ「四角登り」、神社での例大祭が行われた。
 火たき登りでは、丸太を井桁積みした歳戸木に火が付けられると、下帯姿の厄男らが次々と登り、火の粉と煙を浴びながら角灯を高らかに掲げて掛け声を上げた。その後、男たちは歳戸木から燃え差しを引き出し、地面や神社の壁、床に力いっぱいたたき付け、飛び散る火の粉で邪気を払った。
 別当が行列を従えて蘇民袋を神社に奉納する別当・袋登り、鬼子登りに続き、蘇民袋争奪戦がスタート。蘇民袋の口前をめぐり、男たちが堂内、境内、参道、地区内でもみ合いながら激しい肉弾戦を展開した。
 2019年度江刺甚句まつり42歳年祝連燎仁(りょうじん)会からは吉田智哉会長(40)=同市江刺西大通り=ら19人が参加した。吉田会長は「蘇民祭で心を一つにして厄を落とし、(5月のまつりに向けて)団結して会員が一つになっていければ」と語っていた。

“火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

山形レモン収穫始まる 二重のビニールハウスで栽培(産経新聞)

情報元 : 山形レモン収穫始まる 二重のビニールハウスで栽培(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000552-san-l06
 東北地方では生産の難しい南国産のレモンの収穫が13日、山形市南栄町で始まった。周囲に雪が残るなか、二重のビニールハウス内は無加温ながら20度ほどと暖かい。「今年は暖冬のおかげで早く実が育った」と、南国産くだものを生産する「ハンドレッドベリーズ」の石岡浩明代表(58)はほほ笑む。約1カ月早いレモンの収穫は年内いっぱい続く。
 「山形レモン」と名付けられたレモンは、オレンジとレモンの交雑種で耐寒性に優れた八丈島産の菊池レモン(マイヤーレモン)。鉢植えながら樹高約1・7メートルまで育った5~6年樹に多いもので30個近くの実がなり、今年は500個以上収穫が見込めるという。
 ガンで闘病する友人が、果物と野菜のミックスジュースの食事療法を続けていたことから、自宅に招いた際に無農薬でつくったリンゴとにんじん、レモンのミックスジュースを飲ませたら、「おいしい。僕は無農薬のリンゴを作るから、石岡さんは無農薬でレモンをつくって」と言われた。これがきっかけとなり、石岡代表は平成25年、雪国の山形ではめずらしいレモン栽培に挑戦した。
 雪国山形で南国の果実であるレモンを栽培するには、耐寒性に優れたレモンの樹、それに加えたレモンの生育環境となるビニールハウスにもひと工夫が必要だった。山形県山辺町のイチゴ農家が二重のビニールハウスで無加温ながらイチゴ栽培しているのを見たのをきっかけに、「レモン栽培には、もう少し厚めのビニールを二重にしたハウスでいこう」と決断。だが、すぐに成果は出ず、25、26年と収穫はゼロ。だが27年には20個、28年は100個と徐々に成果を出してきた。
 昨年は、山形大学東北創生研究所の協力で二重のビニールハウスにもう1枚、内側にビニールを増やして室温を上げ、約50個の山形レモンを収穫。今年はさらに増やそうと、隣接する大きなビニールハウスでレモン樹を約40本に増やし、大きいもので300グラムほどの山形レモンをならせた。
 無加温で二重のビニールハウスのみの生育環境で山形レモンが育つことに「雪は降りますが、降った雪は晴れると日光を照り返し、ビニールハウス内は40度近くになるんです」(石岡代表)。外気温は5~6度ながら、室温は20度を超える秘密はここにあるようだ。
 ハサミで丁寧に一個ずつ収穫した山形レモンを糖度計で計ると、「11・2」を示す。通常のレモンの糖度が7~8度なのに比べ、いかに山形レモンの糖度が高いかがわかる。酸味を抑えたマイルドな味はこの糖度の高さから生まれているようだ。
 もう1つの特徴は、皮が薄く丸ごと食べることができる点。皮には果汁の5~10倍のビタミンやカルシウムを含んでおり、生活習慣病の改善や美容効果もあるという。石岡代表は「無農薬でつくっているので、この山形レモンを皮ごと食べてほしいんです」。出荷は14日から始まり、今週末には山形市内の大沼山形本店やグリーンショップはらだなどで販売される。ハンドレッドベリーズ(023・631・0915)。

“山形レモン収穫始まる 二重のビニールハウスで栽培(産経新聞)” の続きを読む

災いをはらい福を招く破魔矢 巫女さん急ピッチ   三重・伊勢市(三重テレビ放送)

情報元 : 災いをはらい福を招く破魔矢 巫女さん急ピッチ   三重・伊勢市(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00010002-mietvv-l24
 今年も残すところあと20日を切りました。
 三重県伊勢市にある猿田彦神社では、年末年始の参拝客に授与される破魔矢づくりが行われています。
 破魔矢は「魔を破るめでたい矢」という意味で、年間の災いをはらい福を招く縁起物として、玄関や神棚などに飾られます。
 猿田彦神社では、12月に入ってから破魔矢作りが始まり、5人の巫女さんが鈴などが付けられた矢に来年の干支「亥」が描かれた絵馬を丁寧に取り付けていました。
 破魔矢は、長さ約90センチの朱塗りのものと約60センチの白木のものの2種類があります。
 また、縁起物とされる鉾や鏑矢と合わせて約5000本が用意されます。
 猿田彦神社では、12月中旬から参拝客への授与を始めるということです。

“災いをはらい福を招く破魔矢 巫女さん急ピッチ   三重・伊勢市(三重テレビ放送)” の続きを読む

英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)

情報元 : 英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000018-san-l10
 2020東京五輪・パラリンピックに向け、県文化振興課は英語版「上毛かるた」を初めて作成すると明らかにした。来年度中の発行、発売を目指す。
 オリパラの開催で外国人旅行客の増加が見込まれることに加え、県内では平成32年度から小学5、6年生で英語が「外国語科」として教科化されることから発行を決めたという。
 同課によると、英語版の絵札44枚には従来通りの絵柄を使用し、キーワードとなる英単語を記載する。読み札の翻訳・原案作成は、県立女子大の外国語教育研究所が行う。英語版の上毛かるたは、平成25年に解散した「群馬文化協会」が10年ごろに作成したが、現在は販売されていない。
 同課は「子供たちをはじめ、県民の皆さんに親しみ楽しんでもらえれば。外国人の方にも手にとってもらえるような英語版を目指して準備を進めていく」としている。

“英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)” の続きを読む

日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)

情報元 : 日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000011-san-l43
 日本プロ野球OBクラブ杯「中学生野球大会(軟式)」(全国野球振興会主催、日本中学校体育連盟、産経新聞社など後援)の熊本、宮崎両県の大会が8日、行われた。熊本、宮崎とも16チームが出場した。熊本では五霊、相良、長嶺、御船が、宮崎では西、延岡、西階、中郷が勝ち上がった。両県とも9日に準決勝と決勝が行われる。
 ≪熊本大会≫
 ▽1回戦
八代四 5-3 富合
五霊  1-0 牛深
三和 14-0 玉東・玉陵
相良 19-1 菊池北・七城
佐敷 12-1 米野岳
長嶺  2-1 維和
御船  5-0 飽田
三角  7-0 南阿蘇・高森
 ▽準々決勝
五霊 9-5 八代四
相良 6-4 三和
長嶺 9-0 佐敷
御船 7-3 三角
 ≪宮崎大会≫
 ▽1回戦
西   5-2 日向
高原  1-0 五ヶ瀬
延岡 10-3 新田
清武  2-1 串間
門川  8-1 油津
西階  3-0 飯野
加納  3-2 都農
中郷 13-2 西郷・諸塚
 ▽準々決勝
西   1-0 高原
延岡 12-0 清武
西階  5-2 門川
中郷  3-0 加納

“日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)” の続きを読む

星空の「甲子園」 高校生がプラネタリウム番組を制作(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 星空の「甲子園」 高校生がプラネタリウム番組を制作(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00031793-kana-l14
 横浜市内の公立高校の生徒たちによるプラネタリウムの祭典「青春☆プラネタリウム」が15日、はまぎんこども宇宙科学館(同市磯子区)で開かれる。星空の「甲子園」ともいえる祭典は10回目を迎え、天文部などで活動する6校の生徒がプラネタリウムの番組を制作し、一般来館者向けに投影する。
 祭典は同館の青少年育成事業の一環として、2009年に始まった。日頃は星空観察会などに励む生徒たちが同館職員の指導を受け、一から脚本や映像を作る。
 6月に準備を開始。各校オリジナルの台本を考案し、専用ソフトで映像を制作した。一般公開する以上、職員にも遠慮はない。生徒が作った台本を職員がチェックし、例えば「夏の設定でこの星座があるのはおかしい」などと細かく指摘し、学生が修正する。それを何度も繰り返した。
 初回から参加する横浜市立桜丘高校天文部(同市保土ケ谷区)の作品は「星の一生と星座の神話」。キャンプで星空を眺める父と娘の会話仕立てでストーリーが進む。10月中旬、会場を使った練習では「映像とナレーションが合っていない」などと職員から指摘があるたびに、生徒らは意見を交わした。
 1年生がメインで制作する同校の伝統を守り、部長で2年生の酒井洋子さん(17)は「1年生に主体性が出てきたのがうれしい。困ったら私たち2年生が助ける。そうやってみんなで良いものを作れたら」と本番に向け気を引き締める。
 OBが練習に駆けつける高校もあり、「歴史はまだ10年ですが、まるで甲子園のような縦のつながりを感じる」と同館広報担当の渡辺素子さん。「それぞれの思いが詰まった作品を多くの人に見に来てほしい」と呼び掛ける。
 申し込み不要。イベントは午前9時50分~午後4時20分。各校30分ごとの入れ替え制。定員は各回218人。無料(入館料別途、高校生以下は入館も無料)。問い合わせは同科学館電話045(832)1166。

“星空の「甲子園」 高校生がプラネタリウム番組を制作(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む