秋田でクリスマス向け「生け花」講座 草月流師範が企画 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田でクリスマス向け「生け花」講座 草月流師範が企画 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000034-minkei-l05
 クリスマス向けの生け花ワークショップが12月16日、セリオン(秋田市土崎港西1)で開かれる。(秋田経済新聞)
 アクセサリーなどハンドメード雑貨類の展示販売イベント「きらきら工房~クリスマスの巻」の一環として、秋田市内を拠点に生け花教室を開く草月流師範の鈴木晃里(こうり)さんが初心者向けに企画した。
 「クリスマスのミニいけばなワークショップ」と銘打ち、一般的な家庭のスペースでも無理なく飾れるように小さめの花器を使い、クリスマス向け作品に仕上げる。
 「クリスマスと生け花は意外に感じられるかもしれないが、さまざまなシーンで楽しむことができる当流派。自由で伸びやかな生け花のイメージを伝えられれば」と鈴木さん。
 開催時間は10時~15時30分。講座時間は30分程度。7回に分けて開く。参加費は2,000円(花材・花器代を含む)。定員14人。予約はホームページで受け付ける。
 秋田市中央市民サービスセンター・センタース(山王1)で12月26日、正月向けワークショップも予定する。

“秋田でクリスマス向け「生け花」講座 草月流師範が企画 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大分市の雑貨店に「亥年」コーナー 羊毛フェルトの置物やストラップなど /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の雑貨店に「亥年」コーナー 羊毛フェルトの置物やストラップなど /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000025-minkei-l44
 今年も残すところ20日となった12月12日、大分市の雑貨店「Mitsukilikeacharm(ミツキ・ライク・ア・チャーム)」(大分市中央町3、TEL097-538-1270)に、来年の干支(えと)亥(い)の関連グッズを集めたコーナーが登場した。(大分経済新聞)羊毛フェルトで作った「ウリ坊」 並んでいる「亥」グッズは、羊毛フェルトで作った「ウリ坊」の置物(1,000円)、ストラップ(800円)、お年玉袋(216円~)、タオル生地のハンカチ(540円)。このほか正月をモチーフとした箸やハンカチなども並ぶ。
 このうち、置物は、店主の森美月さん(44)が作るオリジナルキャラクター「ハリコ」の干支バージョン。2015年の未(ひつじ)年から毎年末に作っており、サルは鼻を赤く、イヌは耳を付けるなどして表現してきた。5代目のイノシシについては「ブタのような鼻や牙を付けるとかわいさがなくなった」とし、「イノシシらしく顔の横に線を付けたほか、頭に鏡餅やミカンを乗せて新年を祝う形にした」と言う。
 ストラップは森さんの創作仲間「yuca_b」さんの手作り品。駆け回る子イノシシをイメージしたデザインをピンク色の樹脂で包み、小さな鈴を付けた。
 森さんは「干支バージョンが並ぶと年末が近づいたと感じる。年明けも販売しているし、手作り品の予約も受け付ける。一度足を運んで見てほしい」と話す。
 営業時間は11時~19時30分。火曜・第3日曜定休。

“大分市の雑貨店に「亥年」コーナー 羊毛フェルトの置物やストラップなど /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000029-minkei-l44
 「第二回Beppuブルーバード映画祭」が11月23日、「別府ブルーバード劇場」(別府市北浜、TEL0977-21-1192)で始まる。小山明子さん、加藤雅也さん、津田寛治さん、真木よう子さんら豪華ゲストを迎え、3日間で「厳選」42本を上映する。(大分経済新聞)岡村さんは映画祭仕様のネイルで窓口に 1949(昭和24)年創業の老舗映画館を守り続ける館長の岡村照さん(87)を映画でたたえるイベントで、昨年に続いて2回目。アニメ、ドラマ、ホラー、ミュージカル、特撮などのジャンルで、新作や初公開作品を含めた42本を公開する。ゲストは小山さん、加藤さん、津田さん、真木さん、高野八誠さん、須賀貴匡さん、長濱慎さん、中原翔子さん、青柳尊哉さんほか多数。各回とも上映にはゲストのトークが盛り込まれる。
 23日10時30分からの「少年」で開幕。故大島渚監督の作品で、妻の小山さんがトークショーで当時を振り返る。14時からの「フラッシュバックメモリーズ」では同劇場初の3D上映を行う。23時30分からはミッドナイトシネマとして3本をオールナイトで上映する。
 24日10時からは真木さんをゲストに迎え、新作「焼肉ドラゴン」と「さよなら渓谷」を公開。19時30分からの新作「ココロ、オドル」では加藤さんがステージに登場する。
 最終日は10時30分から新作「名前」、13時から「イズ・エー」。ゲストは津田さん。16時30分からは初公開作品「デリバリー」をプレミア上映する。長濱さん、中原さんらが登壇するほか、スペシャルメッセージムービーも用意している。
 クロージングの「プリシラ」は入場無料。女装家「ドラァグクイーン」の3人旅を70年代の曲に乗せて映像化した作品で、ゲストはブルボンヌさん。観客参加型のショーも用意している。20時からの後夜祭にはTAK∴(坂口拓)さん主演の「TEBANASANKICHI」「RE:BORN」の2本を上映する。
 ショートフィルムセレクションは3日間で4枠を用意。1枠で3本を流す。幼児虐待事件を描いた「我が名は理玖」、タレント野沢直子さんの初監督作品「MonkfishDream」、レズビアンを題材とする「きみは海」など。
 25日は「Beppu特撮フェスティバル!」も同時開催する。9時30分から「劇場版ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!」などを上映するほか、「第13回全国自主怪獣映画選手権別府大会」を行う。全国の高校、大学、社会人のアマチュア監督が撮影したショートムービー8本を紹介。大分舞鶴高放送部の「大分怪獣ブゴン」などを上映する。入退場自由。
 映画祭を切り盛りする映画ライターの森田真帆さん(38)は「気軽に足を運んでもらえるようにジャンルも時間もバラバラで誰でも何かが楽しめるようにした。特に若い世代に見てほしいという思いも強く、学生価格はできるだけ下げた。『前売り』も事前に予約して当日受け取るいう形もセーフ。とにかく映画の面白さを伝えたい」とアピールする。
 岡村さんは「みんなに支えられて今年も開けるのでありがたい気持ちでいっぱい。個人的には同年代の小山明子さんと話せるのがうれしい」と笑顔で話す。イベントに合わせてネイルも映画祭仕様に整え「窓口でチケットをやりとりするときに指先を楽しんでもらえれば。皆さんに会うのを楽しみに待っている」と来場を呼び掛ける。
 チケットは、前売り=1,000円、当日=1,500円。学生は前売り・当日とも500円。新作は一律1,500円。4回券=3,000円、3日通し券=1万円。

“別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山形・相生町に総菜店「29 Deli Nakajima」 創業120年の食肉卸直営店 /山形(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 山形・相生町に総菜店「29 Deli Nakajima」 創業120年の食肉卸直営店 /山形(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000064-minkei-l06
総菜店「29DeliNakajima」(山形市相生町8、TEL023-631-5519)が移転リニューアルオープンして1カ月がたった。(山形経済新聞)「29DeliNakajima」外観 1898(明治31)年創業の食肉卸「中島商店」直営の総菜店として2010年にオープンした同店。中島商店の隣に移転し店舗を拡張した新店舗には、カウンターやテラス席を12席設け、イートインにも対応している。
 店頭では、ヒレカツ(97円)や豚メンチカツ(86円)、肉団子(48円)など、国産の牛肉や豚肉を使った自家製総菜を中心に提供。日替わり弁当(410円)をはじめ、牛丼(540円)、中華丼(540円)などの弁当も販売しているほか、事前予約でオードブルの注文にも対応する。
 中島商店専務の中島ちゑ子さんは「メニューは、『肉屋の手作りのおかず』を意識し、地元のみなさんが笑顔になる総菜を目指している。総菜や弁当の販売が地域活性化につながれば」と話す。
 営業時間は11時30分~19時。土曜・日曜・祝日定休。

“山形・相生町に総菜店「29 Deli Nakajima」 創業120年の食肉卸直営店 /山形(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

野外でブレスト? 渋谷キャストで「キャンピングオフィス」予約受け付け /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 野外でブレスト? 渋谷キャストで「キャンピングオフィス」予約受け付け /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000033-minkei-l13
 明治通り沿いの複合施設「渋谷キャスト」で8月24日、キャンプ用テントによるアウトドアオフィス「CAMPINGOFFICE(キャンピングオフィス)」の貸し出しサービスの予約受け付けが始まった。(シブヤ経済新聞)8~12人向けの大テント 東急電鉄がスノーピークビジネスソリューションズ(愛知県岡崎市)と手を組み始める同サービス。海や山に行かずとも都会の中にある野外スペースにキャンプ用テントを張り、アウトドアオフィスとして活用する新しい試み。現在、国内では「新しい働き方」を実現するための業務改善のさまざまなアイデアが取り入れられ始めているが、普段のオフィスとは異なる自然の中に執務環境を作ることで、「五感を刺激して今までにないアイデアやビジネスの誘発を目指す」という。
 6月から先行して実施してきたトライアル利用期間では計6社39人が利用。その約6割から「いつもより盛り上がる」「リラックスする」など好意的な感想が得られているという。渋谷は先進的な取り組みに積極的なIT企業やベンチャー企業が多く集積するエリアであるため、サービスの本格スタートで打ち合わせやブレーンストーミングの場として利用が期待される。
 貸し出すのは2~8人向けの小テント(約16平方メートル)または8~12人向けの大テント(約24平方メートル)と机、椅子、ホワイトボード、電源スタンド、プロジェクター(1,000円)。利用可能時間は毎週火曜の10~12時、13~15時、16~18時の時間帯から選択。料金は9,000円、延長料金は30分当たり1,500円。年内はオープニング特別価格として8,000円(以上、税別)で利用できる。
 9月4日のサービス開始に向け現在、専用サイトで予約を受け付けている。

“野外でブレスト? 渋谷キャストで「キャンピングオフィス」予約受け付け /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)

情報元 : 山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000006-tysv-l35
来月、山口市で始まる山口ゆめ花博を海外にもPRしようと、台湾の旅行会社の関係者らが会場に招かれました。山口ゆめ花博の会場を訪れたのは、台湾の旅行会社や観光プロモーターの5人です。きょう来日し、来月の開幕に向けて工事が進む会場を視察しました。担当の職員は、県産のユリや日本で初めて披露される花などを紹介しました。また、ガイドは日本語だけなので通訳が必要になることなどを説明しました。今回視察に訪れた旅行会社では、すでに山口ゆめ花博を含むツアーを4泊5日で組んでいて、予約も入っているということです。

“山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)” の続きを読む

地元米粉使ったパンが話題 アレルギー保持者も安心 小田原(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 地元米粉使ったパンが話題 アレルギー保持者も安心 小田原(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00028766-kana-l14
 地元産の米粉を使ったパンや菓子の製造・販売を手掛ける「come come co(こめこめこ)」(小田原市本町)で、米粉100%の食パンが完成し評判を呼んでいる。アレルギー保持者にも安心してパンを食べてもらおうと製造したといい、店主の山口陽子さん(42)=同市=は「米粉ならではの優しい味としっとりした食感を味わってほしい」と話している。
 山口さんは、主婦業の傍ら通っていた料理教室で米粉の存在を知り、勉強して一般財団法人「日本穀物検定協会」の米粉食品指導員に認定。昨年10月に米粉専門店として同店をオープンさせた。
 クッキーなどの菓子は米粉100%で製造していたものの、パン類に関しては成形に小麦粉などに含まれるタンパク質のグルテンを混ぜる必要があり、米粉8割に対し、グルテン2割を含むパンを作っていた。一方、山口さんが並行し開催する料理教室で、小麦粉アレルギーの生徒から「サンドイッチを食べたい」「子どもにパンを食べさせたい」などの声がたびたび聞かれたという。
 山口さんは「全国的に米粉のみを使ったパンは少なく、あっても小さくておいしくないものばかり」と感じており、「アレルギーがある人でもおいしく安心して食べられるパンが作りたい」と、米粉100%の食パン作りを模索。和歌山県内の業者の特殊な米粉を見つけて仕入れ、1カ月ほど試行錯誤しながら今年4月に完成させた。
 食パンには小田原市産と和歌山県産の米粉のほか、きび砂糖、塩、ドライイースト、米油が含まれる。食パンの購入客からは「何年もパンを食べることができなかった。今食べられていることがうれしい」といった声が聞かれ、市内だけでなく市外から購入に訪れる人もいるという。
 「おいしさと大きさにこだわった。作って良かった」と山口さん。苦労は吹き飛び、笑顔でお客さんを出迎えている。
 米粉の食パンは予約制で1斤950円。問い合わせは、同店電話070(5561)2860。

“地元米粉使ったパンが話題 アレルギー保持者も安心 小田原(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

究極の一枚板、展示販売 26日までRoots猪苗代(福島民報)

情報元 : 究極の一枚板、展示販売 26日までRoots猪苗代(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00001082-fminpo-l07
 福島県猪苗代町のRoots猪苗代は二十六日まで、企画展「究極の一枚板展」を開いている。 
 地中で千年以上の時を経た「神代木(じんだいぼく)」のニレやケヤキから切り出した一枚板を展示、販売している。樹齢千年以上の屋久杉や、白さと光沢が特徴的なトチなども並ぶ。価格は十五万円から。 
 十九日午前十時半と午後二時から、無垢(むく)材のオイルメンテナンス講習会を開く。参加無料。 
 営業時間は午前十時から午後五時まで。問い合わせや講習会の予約申し込みは同店 フリーダイヤル(0120)913969へ。 

“究極の一枚板、展示販売 26日までRoots猪苗代(福島民報)” の続きを読む

佐賀若手劇団さわげが舞台公演「百万年ピクニック」 ファンタジーとリアルが交錯するストーリー /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 佐賀若手劇団さわげが舞台公演「百万年ピクニック」 ファンタジーとリアルが交錯するストーリー /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000032-minkei-l41
 高木宿文化館(佐賀市高木瀬西1)で8月18日・19日、演劇ユニット「佐賀若手劇団さわげ」が「第4.5回公演~夏の陣~『百万年ピクニック』」を上演する。(佐賀経済新聞)第4回公演「大罪」の様子 「佐賀の演劇文化を若手の力でにぎやかに盛り上げたい」との思いから、2014年に地元で開催した演劇祭をきっかけに若手役者らで旗揚げした同劇団。4回の舞台公演や佐賀市主催の芸術祭出演などの活動を続けてきた。同劇団代表の鷹巣将弥さんによると、これまでは年1回冬か春に佐賀市内のホールなどで公演を行ってきたが、今回は夏に今年2回目となる公演を小さい会場で変則的に行うことから「ちょっとした遊び心で『第4.5回公演~夏の陣~』とした」という。
 演目の「百万年ピクニック」は東京の演劇集団「キャラメルボックス」の作品。これまでオリジナル台本で公演を行ってきた「さわげ」にとって既存台本での公演は今回が初めて。鷹巣さんは「人気劇団の作品を演じることにプレッシャーもあるが、僕らの若手らしい勢いやパワーをプラスすることでさらに面白い作品として見せることができたら」と話す。
 物語の始まりは「百万年ピクニック」と題する紙芝居の幕開けから。物語の作者「ミナミ」を探して旅をする主人公の少女「まりな」が訪れたとある天文台で出会った人たちと共に、南の国の魔女を倒す冒険に出掛けるというストーリー。
 劇団メンバーの片渕安由美さんは「ファンタジーとリアルが交錯するストーリーを楽しんでほしい」と話す。鷹巣さんは「まりなはどこから来たのか、ミナミは何者なのかなどの謎解き、人間ドラマ、笑いなどさまざまな要素が盛り込まれており、最後にはきっと感動を届けられると思う。役者たちが表現するそれぞれの感情にも注目してほしい」とも。
 主人公を演じる西江彩乃さんは「今年6月に入団しすぐ主役を任せられ驚いたが、台本を読んでいろいろなシーンやセリフに思い入れを感じ、まりなを演じられることがうれしい。心の強さと弱さを併せ持つ、人間味あふれる魅力的なキャラクターの完成度を本番に向けてどこまで高められるか、精いっぱい練習に励んでいる。多くの人に見に来てもらえたら」と笑顔を見せる。
 開演時間は、18日=13時・19時、19日=13時・19時。入場料は、23歳以上=前売り1,500円(当日2,000円)、22歳以下=同1,000円(同1,500円)。予約は同劇団チケット予約フォームで受け付ける。

“佐賀若手劇団さわげが舞台公演「百万年ピクニック」 ファンタジーとリアルが交錯するストーリー /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000000-minkei-l10
 群馬大学と漫画家の井田ヒロトさんによるコラボ動画「お前はまだグンダイを知らない編」が国立大学では異例の再生回数となっている。(高崎前橋経済新聞)【写真】オープンキャンパス「女子カフェ」とは 「お前はまだグンダイを知らない編」は6月20日、YouTubeで公開。再生回数は7月31日までで247万回を超えた。
 これに伴い、8月17日に開催されるオープンキャンパス「GU’DAY2018」の参加予約が4000人を超えた。例年は1回の開催で1000~1500人程度で、動画もオープンキャンパスも大盛況だ。
 群馬大学の担当者は「オープンキャンパスを昨年リニューアルしたこともあるが、それ以上にPR動画の効果が大きい」と話す。
 オープンキャンパスの対象は高校生、中学生、保護者などで教育学部、社会情報学部、医学部、理工学部を見学できる。8月16日まで予約を受け付ける。

“群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む