秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)CNA秋田ケーブルテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010000-cnaakitav-l05
秋田犬保護活動のONEFORAKITAプロジェクトが、第3回クールジャパン・マッチングアワードで、その活動内容が高く評価され2月19日、準グランプリを受賞しました。
クールジャパン・マッチングアワードとは、クールジャパン官民連携プラットフォームの主催で、業種の垣根を越えて連携し、日本の魅力を海外に展開する新たなサービスや商品などを生み出す先進的なプロジェクトに対して評価、表彰するものです。今回、全47件の応募プロジェクトから5つの団体が表彰されました。
ONEFORAKITAプロジェクトとは、公益社団法人秋田犬保存会と株式会社秋田ケーブルテレビが連携したプロジェクトで、秋田犬の飼育頭数拡大や殺処分ゼロという課題を解決するため、バッグやバンダナなどの商品開発・販売をし、その売り上げの一部を秋田犬の保護費用として寄付する展開をしているものです。
表彰式は東京ビッグサイトで行われ、一般社団法人ONEFORAKITAからは三浦廣巳理事長、遠藤敬秋田犬保存会会長ら関係者8人が出席しました。
このONEFORAKITAプロジェクトは、今後も秋田犬保護のため、活動を広く長く続けていくとのことです。

“秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

ひったくり容疑で逮捕の男 「50件以上やった」 名古屋の他の事件との関連を捜査(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : ひったくり容疑で逮捕の男 「50件以上やった」 名古屋の他の事件との関連を捜査(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00195129-nbnv-l23
 オートバイを盗んだとして逮捕された無職の男が、1月22日に名古屋市中村区の歩道で女性がバッグをひったくられた事件への関与が強まったとして再逮捕されました。
 警察によりますと、窃盗の疑いで再逮捕された住所不定・無職の宮田義典容疑者(40)は、1月22日夜、中村区名駅の歩道で会社員の女性(37)から現金約8万円などが入ったバッグをひったくった疑いがもたれています。
 警察の調べに対し、宮田容疑者は「去年11月下旬ごろから50件以上やった」と容疑を認め、「仕事を辞め、金が尽きたので犯行を決意した」と供述しているということです。
 宮田容疑者は、犯行に使ったとされるオートバイを盗んだとして1月25日に逮捕されていました。
 名古屋市内では、去年11月以降70件以上ひったくりが相次いでいて、警察が関連を調べています。

“ひったくり容疑で逮捕の男 「50件以上やった」 名古屋の他の事件との関連を捜査(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

下松・7月に英国向け高速鉄道車両の陸送見学イベント 市制80周年記念として /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 下松・7月に英国向け高速鉄道車両の陸送見学イベント 市制80周年記念として /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000057-minkei-l35
 下松市が2月4日、日立製作所笠戸事業所が製造する英国向け高速鉄道車両の陸送見学イベントを7月に開催することを発表した。(周南経済新聞)英国向け高速鉄道車両陸送イベントの様子 2019年に市制施行80周年を迎える同市が記念事業の一環として企画した。
 社内唯一の鉄道車両組立工場として、新幹線の新型車両や英国向け高速鉄道車両など国内外の鉄道車両を製造している同事業所から徳山下松港・下松第2埠頭まで陸送し、「鉄道産業のまち下松」をPRする。
 市では一昨年3月、同事業所と共同で、英国向け高速鉄道車両の日中陸送イベントを開催。英国運輸省の都市間高速鉄道計画(IEP)向け車両Class800シリーズを同事業所から下松市第2公共岸壁前まで約4キロの道のりを40分掛けて陸送した。市内外から3万人が集まり、にぎわいを見せた。
 今回の企画では運営形式を変え、官民協働による実行委員会組織を設立する予定。陸送する車両や日程、コースは今後同事業所と調整するという。
 市の記念事業担当者の藤本泰延総務部長は「英国に向けて出発する高速鉄道車両の陸上輸送の光景を子どもたちに見てもらい、世界的な郷土の産業をアピールしたい。全国の鉄道ファンの皆さんにも足を運んでほしい」と意気込む。

“下松・7月に英国向け高速鉄道車両の陸送見学イベント 市制80周年記念として /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)

情報元 : 英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000018-san-l10
 2020東京五輪・パラリンピックに向け、県文化振興課は英語版「上毛かるた」を初めて作成すると明らかにした。来年度中の発行、発売を目指す。
 オリパラの開催で外国人旅行客の増加が見込まれることに加え、県内では平成32年度から小学5、6年生で英語が「外国語科」として教科化されることから発行を決めたという。
 同課によると、英語版の絵札44枚には従来通りの絵柄を使用し、キーワードとなる英単語を記載する。読み札の翻訳・原案作成は、県立女子大の外国語教育研究所が行う。英語版の上毛かるたは、平成25年に解散した「群馬文化協会」が10年ごろに作成したが、現在は販売されていない。
 同課は「子供たちをはじめ、県民の皆さんに親しみ楽しんでもらえれば。外国人の方にも手にとってもらえるような英語版を目指して準備を進めていく」としている。

“英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)” の続きを読む