「薄氷」の10票差 現職が自民推薦の新人を退ける 佐賀・鳥栖市長選 (佐賀新聞)

情報元 : 「薄氷」の10票差 現職が自民推薦の新人を退ける 佐賀・鳥栖市長選 (佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-03338913-saga-l41
 任期満了に伴う鳥栖市長選は17日に投開票され、無所属で現職の橋本康志氏(63)=本町=が、12744票を獲得、新人で元市市民環境部次長の槙原聖二氏(54)=自民党推薦・萱方町=を10票差で破り、4回目の当選を果たした。投票率は44・58%で、過去最低だった1999年の44・67%を0・09ポイント下回って最低を更新した。
 橋本氏は17日夜、鎗田町の事務所で支持者と抱き合い喜びをかみしめた。僅差での勝利を「これまでの市民への説明、市政の進め方に改善の余地があるということ」と受け止めていた。
 選挙戦は3期12年間の橋本市政や、昨年末の計画発表直後に白紙撤回した鳥栖駅周辺整備事業の評価、今後のまちづくりなどが争点だった。橋本氏は過去3回の選挙戦と同様に、自民が推薦する候補者を破った。任期は3月15日から4年。
 橋本氏は、鳥栖駅周辺整備の事業費が想定の倍に膨らんだため「いったん仕切り直して計画を見直す」と説明して理解を求めた。一方、九州国際重粒子線がん治療センター誘致の実績や国道3号の拡幅着工などを挙げて、「手掛けている事業を着実に進めることが責務」と続投を訴えた。
 知名度が低かった槙原氏は、選挙戦に入って自民などの組織戦で浸透を図った。「市政が停滞し、鳥栖の高いポテンシャルを生かし切れていない」と批判し、トップ交代を主張した。公明党市議らの支援も受けて猛追したが、あと一歩届かなかった。
 当日有権者数は5万7621人(男性2万7412人、女性3万209人)。16日までの期日前投票者数は6835人だった。
【鳥栖市長選 開票結果】
当 橋本康志 12744
 槙原聖二 12734
 ※午後10時10分、選管最終
 ※無効211票

“「薄氷」の10票差 現職が自民推薦の新人を退ける 佐賀・鳥栖市長選 (佐賀新聞)” の続きを読む

「カメ止め」出演俳優がOB 甲南大「映研」が廃部状態から復活(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「カメ止め」出演俳優がOB 甲南大「映研」が廃部状態から復活(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000008-kobenext-l28
 部員がいなくなり、10年以上廃部状態だった甲南大学(神戸市東灘区)の「映画研究部(映研)」が今年1月、「映画研究会」として復活した。古巣がないのは寂しい、というOBらの嘆き節に、映画好きの現役生が奮起。メンバーは現在9人で、今後は新入生勧誘などで仲間を増やし、かつてのような映画製作にも挑戦したいという。(黒川裕生)
 同大の映研は、数年間の自主活動を経て1956(昭和31)年、正式に創部。主に個人映画の製作や学内外での上映会、他大学の映研との交流などに取り組んできた。OBには、2018年に社会現象となった映画「カメラを止めるな!」に出演した俳優曽我真臣さん(05年卒)らがいる。
 同大の古いクラブ活動冊子などによると、過去、映研の部員数は安定して30人台を保っていたらしい。しかし、06年ごろ、何らかの理由で同好会に「格下げ」された後、そのまま消滅したとみられる。
 これに困ったのが、現在も頻繁に集まるOB、OGたちだ。現役とのパイプが消えたことを嘆く声は年々大きくなり、ついには「映研を復活させてくれたら、活動資金や機材はわれわれがなんとかしよう」とまで言いだした。
 折しも昨秋、同大で曽我さんを招いたキャリアデザインに関する講義が行われた。曽我さんと同期で、現役時代は俳優から監督、カメラマンまでこなした会社役員吉川智子さん(36)ら元映研の5人も駆け付け、受講していた学生約150人に部の復活を提案したところ、法学部1年の今崎光彩さん(19)ら数人が応じたという。
 同大文化会のOB、OGらでつくる組織「甲樽会」などのバックアップも得て、1月にはサークルとして大学に登録申請。5月に認定される見通しだ。代表には、元町映画館(同市中央区)のスタッフとしても働く今崎さんが就いた。
 今月7日には学内でランチミーティングを開き、今後の方針などについて意見を交わした。経済学部1年の男子学生(19)は「映画を作ることに興味がある。イラストが得意なので、アニメーションなんていいかも」。今崎さんも「映画を見て感想を言い合える仲間が増えれば」と期待している。

“「カメ止め」出演俳優がOB 甲南大「映研」が廃部状態から復活(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

岡山商工会議所の岡崎会頭が退任表明 後任候補は両備HDの松田久社長(山陽新聞デジタル)

情報元 : 岡山商工会議所の岡崎会頭が退任表明 後任候補は両備HDの松田久社長(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010005-sanyo-l33
 岡山商工会議所(岡山市北区厚生町)の岡崎彬会頭(75)=岡山ガス社長=は31日、3月末で会頭職を退く意向を明らかにした。歴代最多の7期目途中での退任。岡山財界を率いたトップが21年ぶりに交代する。
 この日、同会議所で開かれた定例記者会見で「体力、気力の衰えを感じるようになった。3月末をもって退任したい」と表明した。任期(10月末)途中で退くことについては「(今年は)会議所の140周年という節目で、一日も早く新しい人に引っ張ってもらいたいと考えた」と説明。後任候補として、両備ホールディングス社長の松田久氏(66)を挙げ、「岡山で有数の企業グループの代表。時代の変化にも対応できる」と理由を述べた。
 次期会頭は松田氏を軸に調整する方針。3月27日に予定される議員総会で選任する。岡崎氏は1998年4月、伊原木一衛前会頭の後を受け、会頭に就いた。

“岡山商工会議所の岡崎会頭が退任表明 後任候補は両備HDの松田久社長(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

シラウオ、国内唯一の通年展示 出雲「ゴビウス」に新水槽登場(産経新聞)

情報元 : シラウオ、国内唯一の通年展示 出雲「ゴビウス」に新水槽登場(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000006-san-l32
 宍道湖を代表する魚で、透き通った体が光に反射すると七色に輝き、ガラス細工のように美しい「シラウオ」。一年中、その姿を鑑賞できる新しい水槽が島根県出雲市園町の県立宍道湖自然館ゴビウスに今月から登場した。シラウオを通年展示する日本で唯一の施設として注目される。
 平成13年にオープンした同館は当初から、シラウオの繁殖に取り組んできた。最大10センチ程度まで成長するシラウオは、寿命が1年と短い上、半透明の体でウロコも少ないことから、傷つきやすく、飼育がかなり難しいとされている。
 様々な試みを積み重ねながら、平成18年に人工繁殖による飼育日数の最長記録(ふ化194日)を達成。翌年にはシラウオ2匹を1年間、生存させることに成功した。さらに平成28年から昨年までの3年間で、シラウオの通年展示、(同館生まれの)2世の展示、3世の展示を相次いで実現。多数繁殖させる技術が確立したことで、通年展示のための新たな水槽設置が可能になった。
 設置された水槽の大きさは幅2・6メートル、高さ1・2メートル、奥行き1・3メートル。水槽の横から照明を当て、シラウオが泳いでいる時に、赤や緑、黄色など様々な色に変化していく美しい姿を鑑賞できる。現在は、昨年3月から4月にかけて生まれた体長6-7センチの約300匹が展示されている。
 このほか、シラウオがエサとする微小生物を展示した「プランクトン水槽」やシラウオの成長過程をわかりやすく紹介した映像モニターも設置されている。
 シラウオ飼育の担当責任者でもある田久和剛史係長は「職員が交代でこまめに観察記録をつけるだけでなく、魚同士がぶつからないように水槽を大きくし、成長に合わせてエサを与えるなど、日々積み重ねてきた努力が報われた。網ですくっただけで弱ってしまうため、地元の島根県民でも生きている姿を目にする機会は少ないはず。展示をきっかけに『泳ぐガラス細工』と呼ばれるシラウオの美しさを知ってほしい」と話している。
 開館時間は午前9時半-午後5時。火曜休館。入館料は大人500円、小中高校生200円。問い合わせは同館(0853・63・7100)。

“シラウオ、国内唯一の通年展示 出雲「ゴビウス」に新水槽登場(産経新聞)” の続きを読む

「もう3期務めた」糸数慶子氏に党が勇退迫る 参院選沖縄に異変?(沖縄タイムス)

情報元 : 「もう3期務めた」糸数慶子氏に党が勇退迫る 参院選沖縄に異変?(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00361488-okinawat-oki
 来年夏の参院選に社大党前委員長で現職の糸数慶子氏(71)が出馬する意向を固めた。一般的には現職の意向が重視されるのが通例だが、社大党内を中心に「世代交代」を求める声も根強く、若手擁立を模索する動きもある。社大は年内の候補者決定を目指して作業を加速させており、議論の行方に注目が集まっている。(政経部・大野享恭)【石垣市長に当選した中山氏】「知事は中国には言わず、米には主張する」
 「もう3期務めた。勇退してはどうか」。17日、那覇市内にある社大党事務所で、委員長の大城一馬県議が糸数氏に迫った。党の6項目の選考基準が書かれた紙に目を落とした糸数氏はじっと聞き入り、面会は10分程度で終わった。
 社大党内や県政与党の一部からは「党の活動をしていない」「国会活動が低調」など糸数氏を厳しく評価し、今期限りで引退すべきだとの声がある。党内や支持者からは、いずれも社大党の比嘉京子県議(68)や平良識子那覇市議(39)らを擁立し、刷新を図るべきだとの意見も広がる。
 一方、3期務めた参院議員としての評価のほか、2007年は37万6千票、13年は29万4千票を集めた選挙の強さから、糸数氏への期待感も強い。
 同じ参院選比例代表に仲村未央県議(46)の擁立を決めた社民党からは「他党の選考に口を挟むつもりはない」と前置きしつつ、「知名度の高い糸数氏とセット戦術を組みたいのが本音だ」(社民関係者)との声も漏れる。
 糸数氏の後援会は20日に会合を開き、糸数氏の4選出馬の方針を決める構えだ。これを受け、糸数氏側は週内にも社大党へ立候補の意思を伝えるとみられ、党は執行委員会を開き、候補者選考の議論を進める。
 党内からは「一つ一つ手続きを進めている最中に報道が先行すれば混乱を招く」と戸惑いの声が上がる。ただ、県政与党幹部は一般論とした上で「現職が出ると言った以上、止められないのではないか」と語り、議論を見守る姿勢を示した。

“「もう3期務めた」糸数慶子氏に党が勇退迫る 参院選沖縄に異変?(沖縄タイムス)” の続きを読む

日本高野連 日本文理野球部に厳重注意(UX新潟テレビ21)

情報元 : 日本高野連 日本文理野球部に厳重注意(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010004-niigatatvv-l15
日本文理高校野球部の3年生が、寮で飲酒をしていた問題で、日本高校野球連盟は野球部を厳重注意としました。日本文理高校野球部では3年生5人が引退後の9月以降、一般生徒3人とともに、寮で飲酒と喫煙をしていたことが発覚しています。このうち1人は、夏の大会の登録メンバーでした。日本高野連は4日付けで、日本文理高校野球部を文書で厳重注意としています。対外試合の禁止などの処分は課されてなく、来年春の県大会にも出場できるということです。学校側は既に部員を退寮処分、自宅謹慎とし、後任人事が決まり次第、佐藤琢哉部長を交代することを決めています。

“日本高野連 日本文理野球部に厳重注意(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

事務処理怠り「還付請求」できず・3141万円損失 山形・寒河江市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 事務処理怠り「還付請求」できず・3141万円損失 山形・寒河江市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00010001-sakuranbo-l06
山形県寒河江市が福祉医療の医療費給付事業を行った際、高額療養費の還付請求事務を4年間にわたって怠り、3000万円を上回る損失が生じていたことが分かった。
寒河江市は、重度心身障害者やひとり親家庭などの医療費について、自己負担分を給付している。これに伴い、高額医療費の払い戻しに該当する場合の健康保険組合などへの請求は市が行っている。
しかし、この払い戻し請求が2013年2月から去年2月まで4年間にわたって行われず、うち2年分の333件・3141万円について、請求期限が切れて返還を受けられない事態となった。原因は、担当の女性職員が処理を怠っていたためで、去年2月に長期休暇に入る際の引き継ぎで発覚した。
寒河江市は女性職員と上司の合わせて4人を減給処分とし、再発防止策として、事務処理マニュアルの整備、担当者を2年で交代させることを決めた。また市長と副市長も減給とした。

“事務処理怠り「還付請求」できず・3141万円損失 山形・寒河江市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

YCAMイベント人気、1万人突破 山口市(宇部日報)

情報元 : YCAMイベント人気、1万人突破 山口市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010001-ubenippo-l35
 山口情報芸術センター(YCAM)で開催中の子ども向けの遊び場「コロガル公園コモンズ」の来場者数が13日、1万人を突破し、山口市中園町の同所で記念セレモニーが開かれた。セレモニーでは、同センターの臨時職員からオリジナルバッグやノートなどの記念品が贈られた。コロガル公園コモンズは、YCAMが2012年から継続して実施しているコロガル公園シリーズの最新作。7月21日に開場した木造でできた波のような不定形な床面が特徴で、振動に反応して埋設されたLEDライトが光ったり、映像が流れたり、多種多様な仕掛けが施されている。30分間の交代制で1回に40人の入場が可能。10月28日まで。時間は午前10時~午後6時。火曜日休館。入場無料。

“YCAMイベント人気、1万人突破 山口市(宇部日報)” の続きを読む

ミス観光PR「日向ひまわりレディ」が交代 「ひょっとこ夏祭り」でお披露目 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ミス観光PR「日向ひまわりレディ」が交代 「ひょっとこ夏祭り」でお披露目 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-minkei-l45
 宮崎・日向の観光PRを担う「日向ひまわりレディ」の交代式が8月4日、日向市駅前広場で行われた。(日向経済新聞)西田史佳さんは19歳の専門学校生 日向市の夏の風物詩「ひょっとこ夏祭り」のイベントの一つとして行われた同式。日向市観光協会会長の松葉藤吉さんから、新しくひまわりレディになった西田史佳さん、松葉愛さんに委嘱状が交付された。
 西田さんは「道の駅などで地元の特産品が売られているが、もっと市内の人にも広く知ってもらいたい。日向市の観光に興味を持ってもらえるよう、市内外、県外でも積極的に活動していきたい。特にかんきつの『へべす』は私も大好きなので、PRしていきたいと思う」と笑顔を見せる。
 2人は2年間、日向市の観光PRのため、県内外のイベントなどに参加する。

“ミス観光PR「日向ひまわりレディ」が交代 「ひょっとこ夏祭り」でお披露目 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000024-at_s-l22
 ■飛龍、静岡の春夏阻む
 ▽4回戦(草薙第1試合)
 飛龍
 100003130―8
 011310000―6
 静岡
 ▽三塁打 木下、黒岩(静)
 ▽二塁打 五十嵐2、角田(飛)草薙、成瀬(静)
 ▽暴投 草薙(静)
 ▽試合時間 2時間50分
 【評】飛龍は六、七、八回に11安打の猛攻で5点差を逆転し、静岡を破った。
 飛龍は5点を追う六回、五十嵐の二塁打など長短4連打と2犠飛で3点を返し、八回に深谷の適時打で勝ち越した。五回途中に救援した岡田が4回⅓を3安打無失点に抑えた。
 静岡は五回までに長短11安打で6点を挙げたが、救援した投手陣が打ち込まれた。
 ■後半に猛打、5点差逆転 飛龍
 「ガンガン攻めるぞ」―。後半、長短14安打の猛打で一気に畳み掛けた飛龍が、県内公式戦無敗だった第1シードの静岡を撃破した。5点差をひっくり返しての勝利。その瞬間、飛龍ベンチは優勝を決めたかのように、喜びに沸き返った。
 八回、一打勝ち越しの場面で打席に立ったのは主将の深谷。「何を打ったか覚えていない」と無我夢中の殊勲打を振り返り、「今までやってきたことが正しいなら、結果は出るだろうと思っていた」と興奮気味に話した。小林監督代行も「100人以上の部員の思いを乗せて打ってくれた」と感慨深げだ。
 前半、静岡に長短11安打を浴びて6失点とリードを広げられた。だが、ナインは諦めなかった。深谷は「やっぱり静高は強い。でも、このくらいやってもらわなくちゃ」と、開き直った。
 チームは昨秋と今夏の大会開幕直後の2度、監督辞任を経験した。現在は就任したばかりの22歳の小林監督代行が指揮を執り、主力数人が先発や選手交代の決定に関わっている。非常事態にも「監督が変わっても甲子園に行きたい思いは変わらない」と深谷。「あと3試合。気を抜かずにこのままの勢いで攻めていく」と気持ちを高ぶらせた。
 ■静岡、投手交代流れ一変
 静岡ナインにあらがいようのない逆風が吹いた。前半は快勝ペースで得点を重ねた。だが後半、投手交代直後に流れは一変した。「負けは負け。相手打線がすごかったということ」と淡々と受け止めた黒岩主将も、「情けなくて、恥ずかしい」とやるかたない思いをつぶやいた。
 選抜後はけが人が相次いだ。5月上旬、不動のリードオフマンで遊撃手の村松が左足首に大けがを負った。開幕直前には二塁手の加茂が故障で離脱。右腕春も右肘痛からの回復途上で夏を迎えた。
 2点を追う九回1死一塁、代打に送られた村松は「ホームランを打って同点にしたかった」。出場への執念でリハビリに励み、驚異の回復力でたどり着いた打席。「まだ完璧に踏ん張ることができない。でもバットが振れるようになったのは奇跡。周囲の支えに感謝したい」と語った。
 村松が放った左翼への飛球は、スタンドまであとひと伸び届かなかった。「あれを運べないのは自分の実力。悔しいけれどこれをスタートラインに、もっと自分を高めていく」と前を向いた。
 ■島商、9回に勝ち越す
 ▽4回戦(草薙第2試合)
 島田商
 100200002―5
 000300000―3
 浜松大平台
 ▽三塁打 佐藤(浜)
 ▽二塁打 山本、菊地(島)鈴木裕、畑(浜)
 ▽捕逸 斎藤(島)
 ▽守備妨害 斎藤(島)
 ▽試合時間 2時間19分
 【評】島田商は小林の投打の活躍で浜松大平台に競り勝った。
 島田商は3―3の同点で迎えた九回、山本の死球と斎藤の右前打で2死二、三塁とし、小林の左前適時打で2点を勝ち越した。守っても五回に救援した小林が4回2/3を散発2安打無失点に抑えた。
 浜松大平台は、四回に佐藤の適時三塁打で同点としたが、島田商の小林に勢いを封じられた。
 ■決勝打の小林、投打活躍
 島田商は2年生エース小林の投打の活躍で、浜松大平台との競り合いをものにした。五回途中から救援した小林は4回2/3を2安打無失点に抑えて相手の勢いを止め、九回には決勝打を放って主役を独り占めした。
 「自分が決めてやる」と強気で臨んだ九回2死二、三塁の打席で狙っていた内角直球を思い切り引っ張った。再三、好機をつくりながらも残塁の山を築くなど、我慢の時間帯が続いていただけに、会心の一打にベンチも沸き返った。
 投げても「1点も与えない気持ちだった」と、切れのあるスライダーを効果的に使って相手打線を封じた。池田監督に「小林が登板すれば100%抑えてくれるというチームの信頼感がある」と言わしめた。

“全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む