コスプレイヤー「桃月なしこ」が一日警察署長 愛知の交通死ワースト脱却目指す 千種警察署(中京テレビNEWS)

情報元 : コスプレイヤー「桃月なしこ」が一日警察署長 愛知の交通死ワースト脱却目指す 千種警察署(中京テレビNEWS)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010003-ctv-l23
 愛知県内で交通事故が多発していることを受け14日、人気コスプレイヤーの桃月なしこさん(22)が、愛知県警千種警察署で一日警察署長をつとめ交通安全を呼びかけました。
 桃月さんは、愛知県豊橋市出身で、現役の看護師として働きながら、コスプレイヤーとしても活躍し、全国に多くのファンがいます。
 愛知県内の交通事故死亡者数は、99人(7月13日現在)と全国ワースト。中でも、自転車がからむ事故が多くなっていることから、桃月さんは、自転車のマナーアップを呼びかけました。
 また、桃月さんは、会場を訪れた人に、夜道で光る反射板を配るなどしました。

“コスプレイヤー「桃月なしこ」が一日警察署長 愛知の交通死ワースト脱却目指す 千種警察署(中京テレビNEWS)” の続きを読む

長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000031-minkei-l42
 長崎水辺の森公園・水の庭園エリアで「軍艦島のガンショーくん生誕1周年記念BIRTHDAYPARTY」が7月16日の海の日に開催される。(長崎経済新聞)担当の佐藤さん ガンショーくんは長崎県の世界遺産、軍艦島のマスコットキャラクターとして、2017年7月12日に「現実世界に誕生」したゆるキャラ。軍艦島へのクルーズ船を運航する「軍艦島コンシェルジュ」と、「軍艦島デジタルミュージアム」が制作しており、ユーチューブでは誕生秘話のアニメを見ることができる。担当の佐藤義太郎さんは「最初は知名度がなかったので、さまざまなイベントに参加し、次第に知名度が上がってきた。特に子どもからは人気で、よく話し掛けられたり、一緒に写真を撮影したりしている」と話す。
 今回のイベントは1歳を祝い、諫早市の「うないさん」、V・ファーレン長崎の「ヴィヴィくん」など、長崎のゆるキャラが駆け付けてお祝いをする。「ガンショーくんなりきりコンテスト」も開かれる予定。
 佐藤さんは「なりきりコンテストはガンショーくんがテーマであればどんなものでもOK。たとえ茶色のTシャツ一つでも本人がなり切っていただければ大丈夫。参加賞や優秀者には豪華景品を用意しているので、参加してほしい」と笑顔で話す。
 軍艦島上陸ツアーガイドの高橋佳子さんは「1年たって、ご存じというお客さまが増えていることを感じている。アンケートに『ガンショーくんかわいい』などと書かれていると、とてもうれしい。これからもっと知って、愛されるキャラクターなるよう応援していきたい」と、ほほ笑む。
 今年の7月5日にはオリジナルロールケーキ「ろっくんろーる」の売り上げの一部を長崎市に寄付するなど、地域にも貢献しているガンショーくん。佐藤さんは「もっと知っていただくためにイベントに呼ばれたら行くので呼んでほしい。今年は念願のゆるキャラグランプリにも出場する。もちろん優勝を目指しているので応援していただければ」と話す。
 開催時間は10時~11時。入場無料。雨天時は軍艦島デジタルミュージアムが会場になる。

“長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「このすば」大ヒットも暁なつめさん「実感湧かない」(福井新聞ONLINE)

情報元 : 「このすば」大ヒットも暁なつめさん「実感湧かない」(福井新聞ONLINE)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010001-fukui-l18
 シリーズ累計650万部という大ベストセラーのライトノベル「この素晴らしい世界に祝福を!」(略称このすば)。作者の暁なつめ(あかつき・なつめ)さんは福井県越前市出身だ。異世界に転生した少年が一癖ある仲間たちと繰り広げるコメディー要素たっぷりの冒険物語が、読書離れが指摘されている中高生ら若者らの絶大な支持を得ている。アニメや漫画、ゲームになり、映画化も決定。海外での人気も高く、現代の出版界が目指す最高峰のメディアミックスも達成した。
 暁さんは小中学生の頃からファンタジー小説に親しみ、2012年にライトノベルの新人賞で1次選考を通過したのを機に、小説投稿サイトに自作を掲載するようになった。12年末~13年秋に連載した「このすば」が大きな反響を呼び、13年に角川スニーカー文庫からデビューした。
 16年のアニメ化で知名度はさらにアップ。これまでに14巻とスピンオフ3作品を刊行した。「異世界コメディーの金字塔」と評され、「10年に1度あるかないか」(同文庫編集部)のメガヒットを記録している。
 主人公は、ショック死したゲームオタクの少年、カズマ。女神の力を借りて魔王の支配するファンタジー世界へ転生し、魔法使いや剣士ら複数の美少女とパーティーを組むものの、それぞれ珍妙な性格・性癖の持ち主。冒険は思うように進まず、物語は奇想天外な展開にもつれ込む。
 「キャラを作るときはギャップを必ず一つ入れている」と暁さん。例えば、主要キャラの女神アクアは、女神なのに細かいことを気にしない豪快な性格で生活能力がない。魔法使いのめぐみんは最強攻撃魔法「爆裂魔法」の使い手だが、1日1発しか撃てず、小回りのきく魔法は使えない。口調には誰の発言か区別できるように個性をつけており、テンポのよい会話と軽妙な筆致で読者を非日常の世界にいざなっていく。
 暁さんは、素顔や経歴を明かさない覆面作家だが、著者紹介欄には「福井県越前市出身」と入れており、古里への思い入れは強い。作中でカズマがトラクターに耕されそうになる場面は、実家近くの田んぼをイメージして書いたといい、登場人物の面々がカニを好んで食べる一こまもある。父は洋画家で菊人形師だった。「たけふ菊人形」の人形製作に携わった経験もあるそうだ。
 「執筆ペースには波があり、締め切りが迫って出版社の会議室にこもって書くこともある」と人気作家としての一面をのぞかせる一方で、国境を越えた大勢のファンに注目されていることに「いまだに実感が湧かない」とはにかむ。精力的な創作活動の傍ら、プロ作家の登竜門「第24回スニーカー大賞」などの選考委員を務め、後進の発掘も担っている。新作シリーズ「戦闘員、派遣します」も好調で、漫画原作にも乗り出すなど勢いは止まらない。「福井県や越前市の名を世界に広められたら」とぼくとつながら力強く語る。

“「このすば」大ヒットも暁なつめさん「実感湧かない」(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

ルパン三世と白河だるまがコラボ 東京・新宿で18日から限定発売(福島民友新聞)

情報元 : ルパン三世と白河だるまがコラボ 東京・新宿で18日から限定発売(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010014-minyu-l07
 白河だるま総本舗(白河市)が制作した、人気アニメ「ルパン三世」のキャラクターとのコラボ商品「白河だるま ルパン三世」が18日から、東京・伊勢丹新宿店本館で発売される。
 ルパン三世や次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部の5人が伝統工芸品の白河だるまに“変身“した。各種200個を限定販売する。同店で23日まで行われる企画展「ISETAN×ルパン三世#ルパンの夏祭り」に合わせて初めて企画。コラボ商品の高さは約8・5センチ。一つ一つ手作りで、税込み2592円。
 白河だるま総本舗14代目の渡辺高章さんは「ルパン三世と伝統の融合が実現した。世界に誇る商品になる」と話した。

“ルパン三世と白河だるまがコラボ 東京・新宿で18日から限定発売(福島民友新聞)” の続きを読む

愛くるしいニャン=^_^= 岩合さん「ねこの京都」展 8/26まで・青森県立郷土館(Web東奥)

情報元 : 愛くるしいニャン=^_^= 岩合さん「ねこの京都」展 8/26まで・青森県立郷土館(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000003-webtoo-l02
 ネコを被写体にした作品で人気の動物写真家・岩合光昭さんの写真展「ねこの京都」(東奥日報社などによるTTHAグループ主催)が14日から、青森市の県立郷土館で開かれる。ネコたちを通じて京都の春夏秋冬を切り取った作品とともに、青森県などで撮影された作品を含めた約190点を展示する。
 同展は東奥日報創刊130周年を記念して開催。岩合さんはライフワークとして40年以上ネコを撮り続けており、2012年からNHKBSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影をスタート。国内外のネコたちの愛くるしい姿を紹介している。
 会場には、夏に線香花火をする家族に寄り添うネコや、舞妓(まいこ)の所作を見守るネコなどの写真が並び、岩合さんが1年以上かけて撮影した京都のネコのさまざまな姿を見ることができる。
 13日の開幕式では、東奥日報社の塩越隆雄代表取締役社長の代理として池田俊介取締役事業担当・事業局長があいさつ。西谷寿彦県立郷土館館長が祝辞を述べた後、関係者がテープカットして開幕を祝った。
 式後の内覧会では、関係者ら26人が岩合さんの作品に見入った。招待された同市の蜆貝(しじみかい)保育園の松井樹里ちゃん(6)は「(寺の住職の)おじさんの肩に乗っていた白いネコがかわいかった」と話した。
 8月19日には、岩合さんのギャラリートークとサイン会を開く。時間は午前11時、午後2時の2回。トークには観覧券が、トーク後のサイン会には観覧券と整理券が必要。混雑の状況などにより入場を制限する場合もある。
 会期は8月26日まで(無休)。午前9時から午後6時まで開場。観覧料は一般800円、小学~高校生400円。未就学児は無料。
 問い合わせは、東奥日報社事業局事業部(電話017-739-1249)へ。

“愛くるしいニャン=^_^= 岩合さん「ねこの京都」展 8/26まで・青森県立郷土館(Web東奥)” の続きを読む

長さ3.6m! 『手延べそうめん』作りが最盛期 主に贈答用に全国から注文 愛知・安城市(東海テレビ)

情報元 : 長さ3.6m! 『手延べそうめん』作りが最盛期 主に贈答用に全国から注文 愛知・安城市(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00004033-tokaiv-l23
 愛知県安城市特産の手延べそうめん作りが最盛期を迎えています。
 手際よく延ばされるそうめん。長さは3.6メートルにもなります。
 江戸時代から作られてきた安城市和泉地区の手延べそうめんは、一度乾燥させた麺を半生の状態に戻す独特の製法で、そのコシとのど越しが人気です。
 6代続く製麺店では、ベテランの職人らが小指ほどの太さに延ばした麺をさらに竹の棒を使って手際よく伸ばしていました。
 この手延べそうめん、主に贈答用として全国から注文が来るということです。

“長さ3.6m! 『手延べそうめん』作りが最盛期 主に贈答用に全国から注文 愛知・安城市(東海テレビ)” の続きを読む

神戸・東遊園地にカフェ計画 三宮のにぎわいスポット目指す

情報元 : 神戸・東遊園地にカフェ計画 三宮のにぎわいスポット目指す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000012-kobenext-l28

 都心のオアシスの魅力向上へ-。神戸市役所南側の東遊園地(同市中央区加納町6)について、同市は19日午前、学識者らでつくる再整備検討委員会を開き、人を呼び込むカフェなどの新たな拠点施設を整備し、社会実験として行っている芝生化も本格的に継続する基本計画案を示した。歩行者中心のまちづくりを目指す三宮中心部と、ウオーターフロントの再開発を予定する神戸港の中間に位置することから、にぎわいを生み出すことで、観光客らの回遊性も高める狙い。(若林幹夫)【イメージ図】東遊園地の再整備 東遊園地では2015年度、市が「にぎわいづくり」の社会実験として、敷地のうち約200平方メートルを芝生化。16年度から約2500平方メートルに拡大して実験を続けている。土日曜を中心にさまざまなイベントが開かれ、市民らが芝生でくつろぐ姿が見られた。

 一方で、年末の神戸ルミナリエなど大型行事のたびに芝生が踏まれて消失したが、市は芝を張り替えずに、養生シートなどで回復が可能と判断。今後も芝生化を続けると決めた。物資を搬入する車両スペースだけ舗装する案なども示した。

 カフェなどの新たな拠点施設は、芝生スペースと隣接して整備する予定。芝生化の社会実験では、オープンカフェが人気を集め、市が実施したインターネットアンケートでも希望が多かった。ほかに書店や、子どもが遊べる施設などを望む声もあり、民間事業者の活用も含めて検討していく。

 現在、噴水広場がある同遊園地の南エリアにも集客機能を持たせ、道を挟んだ北エリアとの分断感も解消する。「慰霊と復興のモニュメント」は残す。

 整備時期は未定。市は今後、商業・文化機能を持った複合ビルに建て替える市役所2号館と合わせ、詳細な計画をつくる方針。

“神戸・東遊園地にカフェ計画 三宮のにぎわいスポット目指す” の続きを読む

ヤギ飼育 いきなり頭突き、引っ張られ けが しつけ必須 教本DVD作成 島根・出雲農林高

情報元 : ヤギ飼育 いきなり頭突き、引っ張られ けが しつけ必須 教本DVD作成 島根・出雲農林高日本農業新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00010001-agrinews-l32

 除草の助っ人としてヤギに注目が集まる中、生態を知らずに飼って頭突きをされたり、引っ張られたりしてけがをするなどのトラブルが起きている。島根県立出雲農林高校は、扱い切れない人から引き取りを依頼する電話が来ることなどから、生徒がヤギのしつけ方法をまとめたDVDを作成中だ。しつけ方を知ってもらい、人間とヤギの良好な関係づくりに一役買う。

 ヤギは群れの中で頭突きをするようにしてあいさつしたり、けんかをしたりする習性がある。時には立ち上がる。つながれていても、お構いなしに引っ張ることもある。

 こうした生態を知らずに飼い、同校に「どつかれた」「あんなに凶暴だとは思わなかった」「引き取ってほしい」と相談が来るようになった。

 「ヤギの問題行動で悩んでいる人は多い」と同校動物科学科の福間浩文学科主任。持て余して捨てられるヤギもいた。高齢化が進む農村では耕作放棄地の除草対策として、試しにヤギを飼ってみようという人も出てきたが、慣れない飼育に戸惑う人も多いという。

 ヤギ飼育者で組織するヤギネットワークひろしまも「頭突きをするなどのヤギの特性を知らないと事故になる」と、人間側の認識不足を指摘。「ペットではなく家畜という認識が必要」と言う。

 最近は住宅地の除草と動物との触れ合い体験を狙い、都市部でも飼育されるようになった。

 同校は2014年度からヤギ研究班を立ち上げ、しつけに取り組んできた。「問題行動をなくすことはできないが、抑えることはできる」と福間主任。生徒が課題研究として、しつけを手掛けてきた。

 最初はおとなしい雌、翌年は雄で、さらに他で育てられた大人のヤギでも調教できるかを試してきた。個体差はあるが、おおむねしつけができる手応えを得た。

 ヤギのしつけ方法を映像で残そうとしているのは、同校動物科学科の3年生、奥原葉月さん(17)、勝部菜緒さん(17)、小泉ゆずはさん(17)。動画の台本に当たる絵コンテを作り、試し撮りもし、年内をめどにDVDの作品に仕上げる計画だ。

 人を引っ張ることなく横に付いて一緒に歩き、台に乗って“待て”ができる。指示に合わせておじぎやジャンプをする。先輩たちのノウハウを、今の3年生が集大成としてDVDにまとめる。

 同校は、福祉施設や保育園に出向き移動動物園も開設している。来場者にヤギのショーを見せた前後でアンケートを取ると、「怖い」「凶暴」だった印象が「賢い」「かわいい」に変わった。「私たちの取り組みで、ヤギがこんなふうに思ってもらえてうれしい」と生徒たち。DVDで「ヤギの習性や調教方法を知ってほしい」と期待する。

 畜産技術協会によると、全国のヤギ飼養頭数は2万頭弱。休耕田の除草などで注目されるものの、それほど増えていない。原因は「人気で価格が高くなったこともあるが、飼育に失敗するから」。雌が妊娠していることを知らずに、子ヤギが生まれて事故が起きた例もある。

 同協会は都市部の人にもヤギの特性を知ってもらおうと来年1月、初めて東京都内で飼養管理の説明会を開く。既に住宅関連団体などから問い合わせがあるという。(山野恭伸)

“ヤギ飼育 いきなり頭突き、引っ張られ けが しつけ必須 教本DVD作成 島根・出雲農林高” の続きを読む