クルーズ船、唐津誘致好調 来年は13回寄港(佐賀新聞)

情報元 : クルーズ船、唐津誘致好調 来年は13回寄港(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-03261323-saga-l41
■通訳、多言語対応が課題
 唐津港に立ち寄るクルーズ船の数が、好調に推移している。今年は既に前年の2倍近くになっており、来年はさらに倍増する見通し。外国船の日本人気で国内の寄港数が増えていることを追い風に、景観の良さなどを打ち出した唐津市や佐賀県の誘致活動が奏功した。一方で、通訳ガイドの確保や案内板の多言語対応など課題も見え始めている。
 唐津港全体の寄港数は2013年から17年まで、1~3回で推移していたが、外国船の入港が始まった18年は、予定も含めて6回に増加した。来年は既に13回を見込んでおり、うち12回は外国船が占めている。
 背景には外国船の日本人気がある。日本を巡るツアーが好評で、17年の国内のクルーズ船寄港回数は2765回と過去最高を記録した。18日に市内であったクルーズセミナーで、旅行代理店は「船会社は乗客に飽きられないよう新しい港を探しており、唐津は流れに乗った」と話した。
 唐津港東港は16年に耐震岸壁などを整備し、市と県は小型高級客船に絞って誘致活動を仕掛けてきた。船上からでも唐津城や虹の松原が一望できる景観や唐津焼などをアピールし、外国クルーズ船社との商談会に参加したり、旅行代理店を唐津に招いたりしてきた。
 一方で課題もある。唐津城の展示物の説明や市内の標識などは、多言語対応が十分ではない。外国人旅行者への対応は、市職員やボランティアの通訳ガイドなど約40人態勢で臨んでいるが、毎回人員を確保できる保障はないという。
 市みなと振興課は「入港を継続してもらうためにも失敗はできない。市民の提案を受けながら、一緒にもてなし方を考えていきたい」と意気込んでいる。

“クルーズ船、唐津誘致好調 来年は13回寄港(佐賀新聞)” の続きを読む

ヒョウのハチの物語 後世に(テレビ高知)

情報元 : ヒョウのハチの物語 後世に(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010002-kutvv-l39
きょうは終戦の日です。戦時中、高知出身の日本兵に愛されていたヒョウのハチ。このストーリーを知っている方も多いのではないでしょうか。戦争の悲惨さを伝えるべく、ハチの本がこのほど出版され、注目を集めています。
今年7月にオープンしたオーテピア。ここに、今にも動き出しそうなヒョウの剥製が展示されています。
ヒョウの名前は、ハチ。日中戦争で中国に滞在していた日本兵に育てられたというハチの物語が、児童書になりました。
「ハチは、おれたちの日常の風景になくてはならん存在になっちゅう」
隊員のひとりがハチの頭をなで、笑いながら話しかけていました。
「そうやのう。けんど、ハチは本当に猛獣やろうか。とても見えんわ。」
人と猛獣が心を通わせたというこの物語、奇跡のような実話です。ハチが最も懐いていたのが、物語の主人公、高知県出身の成岡正久さんです。
「ハチは、小隊長どのをお母さんと思っておるのでしょうか。」
「隊員たちとあまえ方が全く違いますからね。」
戦争という厳しい状況の中、ハチは、日本兵の心の癒やしとなっていました。
やがてハチは、東京・上野動物園に送られ園の人気者に。ですがその後、戦況が悪化。国から、毒殺の命令が下り、ハチを含む多くの動物の命が失われました。
人間と猛獣が心を通わせたという温かいストーリーのもと、人間も動物も犠牲になった戦争の悲惨さが伝わる作品です。
書店では、週間ランキングで1位になるなど、注目を集めています。
「命の大切さという根本的な部分を子どもも大人も学べる。家族で考えて欲しい」(金高堂本店 亥角理絵店長)
この本を書いた祓川学さんは、本を出版して、改めてハチに会いにきました。戦争の悲惨さを語り継ぐうえでハチの担う役割は大きいと話します。
「語り部が減る中、動物を通して戦争の悲惨さを子どもに伝えられる」
「厳しい状況の中温かい心を忘れなかった」(祓川学さん)
そういう人間の温かさを感じてヒョウのハチは時代を超えて愛され、語り継がれます。

“ヒョウのハチの物語 後世に(テレビ高知)” の続きを読む

大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000010-minkei-l44
 大分初お目見えの洋服や雑貨などを取り扱うセレクトショップ「asterisk(アスタリスク)」(大分市府内町3、TEL097-574-6462)が8月3日、大分市の中心街にオープンした。(大分経済新聞)老舗ブティックをイメージしたレディースフロア 店主は大分市出身の森島稚葉(わかば)さん(23)。福岡のファッションデザイン専門学校で店舗経営などについて学び、佐賀県の老舗アパレルショップでバイヤーとして腕を磨いた。国内外を飛び回る中で商品を見極める確かな目を養い、若くして店を任されるようになった。さまざまな商品と向き合う中で「感性が若いうちに地元に戻って自分の店を開きたい」と強く思うようになったという。
 店舗運営にはアパレル業界20年以上という風見耐治さん(44)もディレクターとして参加。東京をはじめ全国各地で培った知識と経験を生かし、商品構成や店内レイアウトについて森島さんをサポートする。
 店舗は約66平方メートル。テーマカラーのミント色でまとめた。入口側のレディースフロアは「パリのクールな老舗ブティックのイメージ」と森島さん。奥のメンズコーナーは「木の温もりを感じさせるアットホームな空間に仕上げた」。2つの空間に洋服、シューズ、アクセサリー、雑貨、インテリア、フレグランス、ソープ、ランジェリーなど2人の異なる視点で集めた多様な商品を並べる。店内ではスムージー(350円~)なども販売しており、テラスやカウンターで味わえる。
 取り扱うブランドは、日本の「CINOH(チノ)」「UNFIL(アンフィル)」「WESTOVERALLS(ウエストオーバーオールズ)」「SHINYAKOZUKA(シンヤ・コヅカ)」、イギリスブランドの「STUDIONICHOLSON(スタジオ・ニコルソン)」、フランス発の「DROLEDEMONSIEUR(ドロール・ド・ムッシュ)」など25種類以上。「背景があり、今、勢いのある新しいブランドを選んだ。ほとんどが大分初」と森島さん。
 このほか、「ファブリック」×「加賀美健」による「実家帰れ」シリーズのキャップやバッグ、映画「時計じかけのオレンジ」とのコラボ商品など遊び心が詰まった商品も並べている。風見さんは「こうした『抜け感』もコンセプトの1つ。方向性を偏らせないことで、気分、季節、TPOなど、さまざまな切り口に合わせられるようにした」と話す。
 オープン間もないが、口コミやSNSで開店を知った人がフレッシュな品ぞろえを楽しみに訪れるという。「WEST―」のデニムのパンツやジャケット(20,520円~)、オープニングに合わせてデザインしたオリジナルTシャツ(8,100円)のほか、「実家―」や「時計―」の商品も人気。一人一人の滞在時間も長めで、森島さんは「商品をじっくり見てくれるお客さんが多いので、本当にうれしい」と笑顔を見せる。風見さんも「どの商品についても細かく語ることができる。スムージーを飲みながらでも、冷やかしでもいいから聞いてほしい」と笑う。
 店名の語源には「小さな星」の意も。森島さんは「大分の街になじみながらささやかに輝いていきたい。商品を見に、話を聞きに足を運んでもらえれば」と来店を呼び掛ける。
 営業時間は11時~20時。休みは元旦のみ。

“大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)

情報元 : 青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000013-san-l31
 「名探偵コナン」などの作者・青山剛昌さんの作品世界を紹介している「青山剛昌ふるさと館」(鳥取県北栄町)の入館者が15日、100万人を突破し、記念セレモニーが行われた。
 100万人目は北九州市の小学3年、中村吏玖(りく)さん(8)。家族4人での鳥取旅行中に立ち寄った。
 松本昭夫・同町長からコナングッズなどの記念品を贈られ、「コナンと新一が好き。100万人目になってうれしい」と喜んでいた。
 同館は、同町出身で作品が国際的に人気がある青山さんの資料館として平成19年3月に開館。コナンを中心に原画・原稿やイラスト、フィギュアなどを展示して人気がある。近年では全入館者中、台湾、韓国などの海外客が15%程度を占めている。

“青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)” の続きを読む

有楽町で「滋賀 地酒の祭典」 33蔵が参加し東京初開催 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 有楽町で「滋賀 地酒の祭典」 33蔵が参加し東京初開催 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000041-minkei-l13
 「滋賀地酒の祭典in東京」が9月17日、東京交通会館(千代田区有楽町2)12階のカトレアサロンで開催される。主催は滋賀県酒造組合。(銀座経済新聞)
 「滋賀地酒の祭典」は滋賀県で毎年秋に行われ、今年で12回目を迎えるイベント。毎年、県内外から数千人を集める。
 初の東京開催となる今回は、滋賀県酒造組合に加盟する33の蔵元の300近くの地酒が出展され、各ブースで試飲や購入ができる。
 広報担当の竹岡真彦さんは「琵琶湖を有する滋賀県は伊吹山地、鈴鹿山地、比良山地、比叡山地に囲まれ、山々を源とする名水と肥沃(ひよく)な土壌に育まれた米を有する、酒造りに最適の地といわれている」と話す。
 「滋賀県には小さな酒蔵が多く独自性を追求した酒造りが特徴。多彩な味わいを持つ地酒として、ここ数年、日本酒愛好家を中心に人気が高まっている」とも。
 開催時間は酒販店や飲食店の人のみ入場可能な前半=13時~15時30分、一般向けの後半=15時30分~18時。入場料は前売り=3,000円、当日=3,500円。

“有楽町で「滋賀 地酒の祭典」 33蔵が参加し東京初開催 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

広島市のデパートで中元商品解体セール(RCC中国放送)

情報元 : 広島市のデパートで中元商品解体セール(RCC中国放送)RCCBROADCASTINGCO.,LTD.https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00178600-rccv-l34
お中元用のギフト商品などを割安価格で販売するセールが、広島市のデパートで始まりました。
広島市中区の福屋八丁堀本店です。
午前10時の開店から、箱に入ったお中元用ギフト商品や、単品で売っている格安の商品に、買い物客が詰め掛けました。
売り場には、そうめんや、ゼリーコーヒーや調味料といった、お中元の定番商品がおよそ300種類1万8千点並んでいます。
お中元用ギフトは定価のおよそ半額で販売されていて、日常的に使うオリーブオイルなどの食用油が、例年
人気を集めるそうです。
毎年来ている来店客)
「ワインです。ほとんどワイン。自分が飲んだりお友達にあげたり」
初めての来店客)
「はじめてきたんですけどすごいので驚きました。でもいろんなのがあったのでそれぞれ買いました。よかったです」
福屋・中村 真緒さん)
「半額商品、お買い得商品がまだまだあるのでこれを機に足を運んでいただければと思います」
福屋のギフト解体セールは、21日まで行われます。

“広島市のデパートで中元商品解体セール(RCC中国放送)” の続きを読む

神様祭る本殿でDJ 富士・富知六所浅間神社(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 神様祭る本殿でDJ 富士・富知六所浅間神社(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000031-at_s-l22
 富士市の富知六所浅間神社(通称・三日市浅間神社)で15日夜、奉納DJが行われた。信仰心が薄れている若年層に神社を身近に感じてもらおうと、同神社が初めて開催した夏祭りの目玉として企画した。カラフルな光に照らされた社殿からリズミカルな音楽が鳴り響き、境内は幻想的な雰囲気に包まれた。
 出演したのは「FPM」の名で世界的に活躍する人気DJ・プロデューサーの田中知之さん。本殿にDJブースを設置し、ジャンルに縛られないプレースタイルで会場を盛り上げた。光のショーは同市出身のアーティスト杉山良太さんが手掛け、次々と模様を変化させながら本殿をきらびやかに装飾した。
 時折雨が降る中、本殿前には若者を中心に大勢の市民が詰め掛け、体を揺らしながら伝統文化と現代文明の融合を楽しんだ。
 発案した禰宜(ねぎ)の桜井紀彦さん(34)は「批判はあるだろうが、若い人を引きつけるにはインパクトも必要」と手応えを口にし、「来年以降も音楽を活用した催しを続けたい」と語った。

“神様祭る本殿でDJ 富士・富知六所浅間神社(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

阿波おどり「総踊り」を強行 徳島市「中止」要請するも(MBSニュース)

情報元 : 阿波おどり「総踊り」を強行 徳島市「中止」要請するも(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00023920-mbsnewsv-l36
 徳島市の阿波おどりをめぐり実行委員会が名物の「総踊り」を今年から中止すると発表しましたが、これに反発する踊り子グループが13日夜、独自に総踊りを行いました。
 13日夜10時すぎ、総踊りを中止とした実行委員会に反発する踊り手側。
 「演舞場以外での大規模な踊りは非常に危険ですので」(実行委員会の市職員)
 「阿波おどり本来の姿というのは桟敷でやるだけのもんではあらへん。やります!」(阿波おどり振興協会 山田実理事長)
 阿波おどりはこれまで徳島市の観光協会などが主催してきましたが、多額の累積赤字を抱え今年から市が中心の「実行委員会」に代わりました。
 実行委員長を務める徳島市の遠藤市長は阿波おどりの名物となっていた総踊りにだけ人気が集まり、他の場所のチケット販売に悪影響が出るとして、総踊りの中止を宣言していました。しかし、踊り子グループがこれに反発して総踊りを強行。大きなトラブルにはなりませんでしたが、遠藤市長は「誠に遺憾で対応を協議したい」としています。

“阿波おどり「総踊り」を強行 徳島市「中止」要請するも(MBSニュース)” の続きを読む

YCAMイベント人気、1万人突破 山口市(宇部日報)

情報元 : YCAMイベント人気、1万人突破 山口市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010001-ubenippo-l35
 山口情報芸術センター(YCAM)で開催中の子ども向けの遊び場「コロガル公園コモンズ」の来場者数が13日、1万人を突破し、山口市中園町の同所で記念セレモニーが開かれた。セレモニーでは、同センターの臨時職員からオリジナルバッグやノートなどの記念品が贈られた。コロガル公園コモンズは、YCAMが2012年から継続して実施しているコロガル公園シリーズの最新作。7月21日に開場した木造でできた波のような不定形な床面が特徴で、振動に反応して埋設されたLEDライトが光ったり、映像が流れたり、多種多様な仕掛けが施されている。30分間の交代制で1回に40人の入場が可能。10月28日まで。時間は午前10時~午後6時。火曜日休館。入場無料。

“YCAMイベント人気、1万人突破 山口市(宇部日報)” の続きを読む

姉妹ユニット「ちえちひろ」(佐賀・嬉野市)が絵本「ポンチ」出版(佐賀新聞)

情報元 : 姉妹ユニット「ちえちひろ」(佐賀・嬉野市)が絵本「ポンチ」出版(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-03257531-saga-l41
 キュートなイラストやオブジェで人気を博す嬉野市の姉妹ユニット「ちえちひろ」が、幼児絵本「ポンチ」(パイインターナショナル刊)を出版した。二人は「絵本は身近で遠い存在。あこがれていた絵本作家への夢に一歩近づいた」と、喜びをかみしめている。
 「ちえちひろ」は、姉・宮崎千絵さん(31)と妹・福田千尋さん(27)の二人で2010年ごろから活動。地元の観光PRグッズをはじめ、高橋源一郎さんの小説「動物記」の表紙や山崎ナオコーラさんの新聞連載小説の挿絵など手掛けた。陶片を焼いて片岡メリヤスさんのぬいぐるみと組み合わせるなど、他分野で活躍するクリエーターとの共作にも積極的だ。
 絵本「ポンチ」は、千絵さんがロンドン芸術大学留学時の先輩だった織田(おりた)りねんさんの文章に二人がイラストを添えた。バナナやブドウなどの果物が「ポンチ」のかけ声で次々に変身する。
 シンプルなイラストだからこそ、油断や妥協があればダイレクトに伝わる。そんなことがないよう二人は、常にお互いの仕事に目を光らせる。「最も厳しい批評家が身近にいる状態」と千絵さん。二人の厳しい目をくぐり抜けたものだけが「ちえちひろ」の作品として世に出る。
 ちょっとした意地悪やおかしみを、作品にこっそり込めることもある。千尋さんはそれを「隠し爆弾」と呼び、「爆弾の場所を嗅ぎ付けて面白がってもらえるとうれしくなる」といたずらっぽく笑う。
 幼いころから絵本に親しんでいて、いつしか絵本作家になる夢を抱くようになった二人。今秋と来春にも新刊の発売を控える。千絵さんは「身の丈に合わない背伸びはせず、自分が本当に良いと思えるうそ偽りない絵を描きたい」と笑顔を見せる。
 ▼パイインターナショナル刊、B5判、972円(税込み)。

“姉妹ユニット「ちえちひろ」(佐賀・嬉野市)が絵本「ポンチ」出版(佐賀新聞)” の続きを読む