パネル14万枚、20年稼働 松島町でメガソーラー起工(河北新報)

情報元 : パネル14万枚、20年稼働 松島町でメガソーラー起工(河北新報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000032-khks-l04
 大規模太陽光発電施設(メガソーラー)となる松島どんぐり太陽光発電所の起工式が8日、宮城県松島町の建設用地で行われた。事業主体は日本国土開発(東京)の東北支店と同社のグループ企業2社で、2020年5月の完成、同6月の稼働を目指す。【写真】羽生結弦パレード 「ただいま」輝くユヅスマイル「SEIMEI」ポーズも披露
 用地は同町幡谷、初原両地区にまたがる約73.7ヘクタールで、ほとんどを日本国土開発が所有。太陽光パネル約14万枚を設置する。出力約50メガワットを見込み、一般家庭約1万6000世帯分の年間消費電力量を発電する。東北電力に全て売電する。
 起工式に同社や町の関係者ら約90人が出席し、神事で工事の安全を祈った。
 同社の朝倉健夫社長は「町の皆さんに多大なる支援を頂き、幸運な状況で進んだ。(固定価格で売電する)20年間の後も、町が盛り上がるように一緒に頑張りたい」と話した。
 用地は東日本大震災前は個人などの所有地で、一部は町が震災後に次世代型放射光施設の誘致活動をした際の候補地。桜井公一町長は「メガソーラー事業に切り替えて1年でここまで来たので早かった。町の活性化、企業誘致にも弾みがつく」と期待を語った。

“パネル14万枚、20年稼働 松島町でメガソーラー起工(河北新報)” の続きを読む

「秋田竿燈まつり」に合わせ飲食屋台、続々 バルメニューやおでんも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 「秋田竿燈まつり」に合わせ飲食屋台、続々 バルメニューやおでんも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000038-minkei-l05
 8月3日に開幕を控える「秋田竿燈(かんとう)まつり」に合わせて現在、市内各所で飲食イベントや屋台の出店準備が進められている。(秋田経済新聞)
 国の重要無形民俗文化財「秋田竿燈まつり」。開催4日間で県内外から足を運ぶ約130万人(2017年)の来場者に立ち寄ってもらおうと、JR秋田駅から竿燈会場の山王エリアまでの導線にある屋外広場や駐車場に多くの飲食屋台が立ち並ぶ。
 例年、秋田市役所駐車場(山王1)や県産業会館跡地(中通1)、大町イベント広場(大町2)、仲小路商店街などで市内飲食店や地元の食品加工会社など10~40店ほどが出店する飲食イベントが開かれるほか、近年は、大通りに面した企業の駐車場などを利用した飲食屋台も増えた。
 今年は初めて、健康レストラン「山王デリカテッセン」(山王2)とダイニングバー「サミット」(山王1)が連携し、ローストポークやピザ、総菜の盛り合わせなどのバルメニューや地ビールを山王胃腸科駐車場(山王2)で提供する。
 山王十字路近くのオフィスビル駐車場(旭北栄町)で、鳥白湯風や京風の出汁の「おでん」を提供するサーバー会社「エスツー」(中通3)の担当者は「おでんの販売に向けて本格的な屋台を制作した。手に入りにくい日本酒も用意する。居酒屋のような感覚で楽しんでいただけるのでは」と利用を呼び掛ける。
 「秋田竿燈まつり」は8月6日まで。

“「秋田竿燈まつり」に合わせ飲食屋台、続々 バルメニューやおでんも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「地域と共に歩む」 衣笠病院が創立71年記念の感謝祭(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「地域と共に歩む」 衣笠病院が創立71年記念の感謝祭(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00028383-kana-l14
 衣笠病院(横須賀市小矢部)の創立71周年を記念した感謝祭が4日、同病院の駐車場で開かれた。患者の家族や地域住民らが会場に集まり、同病院の節目を祝った。
 同病院は終戦後の1947年8月1日、米海軍横須賀基地の司令官を務めた故ベントン・W・デッカー氏の発案で、旧日本海軍施設を転用して開院した。60年1月には16人が命を落とした大規模火災も起きたが、再建。昨年6月には「相談・支援センター」を新設し、入退院や在宅療養に関する相談を一元的に受け付けている。
 感謝祭は開院以来、地域交流イベントとして、夏休み期間に開いている。火災後の復興を支えた地域住民らでつくる後援会や、病院運営主体の日本医療伝道会(室谷千英理事長)も開催に協力した。
 今回は後援会に参加する企業や病院運営ボランティアらによる出店が30以上並び、市立大矢部中学校吹奏楽部などが演奏を披露して花を添えた。
 開会式典で、後援会の松山慶三会長は「日々の連携が、いざというときの助け合いを生む」、岡村隆一郎病院長は「これからも地域と共に歩んでいく」とそれぞれあいさつした。

“「地域と共に歩む」 衣笠病院が創立71年記念の感謝祭(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

『せんとくん』”無料”に大転換 全盛期の3%にまで落ち込んだライセンス使用料に奈良県が切り札を導入(関西テレビ)

情報元 : 『せんとくん』”無料”に大転換 全盛期の3%にまで落ち込んだライセンス使用料に奈良県が切り札を導入(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-20040809-kantelev-l29
【ファンの女性】
「きゃー。『せんとくん』大好きなんです。家族でファンなんです」
「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターとして、2008年に奈良県が1000万円の税金を投入して誕生した「せんとくん」。
オリジナルソングでバックダンサーを従えてダンス。コスプレイヤーも現れて。土産物売り場も、ジャック!
「せんとく~ん」
「せんとくん」は10年前、この世の春を謳歌していました。それが今は・・・・。
【記者リポート】
「今は売り場のほとんどが『しかまろくん』で、『せんとくん』の売り場はここしかありません」
奈良市観光協会が5年前に作った「しかまろくん」に追いやられてしまっています。
【土産物店の人】
「『しかまろくん』のほうがやっぱり。『せんとくん』は商品がかなり少なくなっている」
お客さんが手にとるのも、「せんとくん」ではありません。
【子供は】
「『しかまろくん』はおっとりしているから売れると思うけど、『せんとくん』は人間みたいやん。こいつ誰って」
奈良県は業者が「せんとくん」のイラストを商業利用する場合、ライセンス使用料として商品の売り上げや制作費の3パーセントを収めるという条件を設定していました。2010年には4900万円を稼ぎ出していましたが、去年は160万円と全盛期の3%まで急降下。こうした事態に奈良県は、きょう、ある切り札を導入したのです。
<使用料タダ>
【県の担当者】
「無償にしたほうがより多くの方に使ってもらえますので、使ってもらって露出することで活躍してもらおうと」
奈良県への事前の申請と、承認が必要ですが、26種類のデザインなどを無料で使えるようにと大きく舵を切ったのです。
さっそく、奈良県内の企業から問い合わせが。
【奈良県の担当者】
「現物もお持ちいただいて」
【やまと蜂蜜の担当者】
「一応サンプルでこれになります」
これまで通信販売を主におこなっていた「やまと蜂蜜」。奈良県産の蜂蜜に「せんとくん」のイラストを入れて売ることで、新たなビジネスチャンスを掴めると考えました。
【やまと蜂蜜の担当者】
「観光客も増えてきてお土産の新しい販路に進みたいので、ぜひともちょうどよかったと思いながら」
タダならと聞いて、こんな企業も。
刺繍をいれたせんとくんグッズを試作中だそうです。
【Kit-r工房の担当者】
「3%とかものを支払わないといけない中でなかなかコストが合わない。勝手にやってみたんですけど、角。たぶんアウトだとおもうんですけど、この角」
知名度は未だ衰えない、「せんとくん」。
果たして、使用料無償化の効果は?
【奈良公園にいた女性】
「頑張って『せんとくん』。『せんとくん』もいろいろ大変やからな」

“『せんとくん』”無料”に大転換 全盛期の3%にまで落ち込んだライセンス使用料に奈良県が切り札を導入(関西テレビ)” の続きを読む

女性題材、斬新な構図が持ち味/新鋭ねぶた師北村春一さん、伝統に挑戦(Web東奥)

情報元 : 女性題材、斬新な構図が持ち味/新鋭ねぶた師北村春一さん、伝統に挑戦(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000006-webtoo-l02
 2日開幕した青森ねぶた祭。制作8年目のねぶた師北村春一さん(37)は、斬新な題材や構図を強みとし、従来の様式美に対して攻めの姿勢で挑戦を重ねる注目の若手だ。「フォルムが難しい」「力強さが薄まる」として敬遠されがちな女性を今年も主役に据えた。近年、賞に名を連ね続ける北村家の新鋭は「誰も見たことがない新しいねぶたを作る」と飛躍を期している。
 北村さんは1981年、ねぶた師北村蓮明さん(70)の長男として青森市に生まれた。第6代名人・北村隆さん(70)はおじに当たる。幼い頃から家業のねぶたと共に過ごしてきたが「ねぶた師では食えない」と、民間企業に勤めた。
 しかし都内で働いていた2004年、父の作品が入賞したとの知らせに「地元に貢献する仕事がしたい」と心が動いた。07年、仕事をやめ父に弟子入り。制作を手伝いながら5年目の11年、NTTグループねぶたで初陣を果たした。
 今年の作品は中国神話が題材の「西王母の祝福」。同団体の運行60回目という節目でもあり、「恩返しに大賞をとり、海上運行に乗せてあげたい」と語る。
 北村さんが最も大切にしているのは「新しいねぶた」だ。既存の題材でも構図に変化を付け、観客に衝撃を与える。17年の「妖術師 滝夜叉姫」では他に類を見ない巨大なドクロを中心に置いた。同作や16年の「天岩戸伝説」では女性を主役級に据えて優美さと華やかさを表現した。
 しかし納得はいっていない。自信作「天岩戸伝説」は入賞を逃した。「滝夜叉姫」は優秀制作者賞を初めて受賞したが、念願のねぶた大賞はいとこの北村麻子さん(35)に。「悔しい。自分の中ではノータイトル」と唇をかんだ。
 それでも前を向き続ける。「この気持ちが自分を成長させてくれる」と、女性のフォルムや顔の美しさの研究に余念がない。
 北村さんの挑戦は制作以外にも表れている。同団体のねぶた小屋では色付け前の人形をライトアップする「Night Nebuta」や、子ども向けの「紙貼り体験会」などを行い、積極的に市民らと触れ合う機会を設けている。
 2日、出陣を前に北村さんは語った。「やれるだけやった。あとは楽しんでもらえれば」。若武者の戦いがまた、幕を開けた。

“女性題材、斬新な構図が持ち味/新鋭ねぶた師北村春一さん、伝統に挑戦(Web東奥)” の続きを読む

湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)

情報元 : 湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000001-nagasaki-l42
 全国各地の温泉をイメージして擬人化したキャラクターと声優によるクールジャパン戦略の一つ「温泉むすめ」。108人のキャラのうち、長崎県雲仙市の雲仙温泉街をモチーフにした「雲仙伊乃里(いのり)」が、人気投票の中間発表で部門別1位を獲得した。声優のサイン入りパネルがある雲仙温泉観光協会にはファンが“聖地巡礼”で訪れるなど、ホットなにぎわいをみせる。
 「温泉むすめ」は、アニメや漫画のキャラを通じて各温泉街の魅力を国内外へ発信する企画で、3月に始動。内閣府から「クールジャパン企業」に選ばれたイベント運営会社、エンバウンド(東京)が主催する。
 むすめは、「温泉に宿った神様」という設定で、全国3千カ所以上の温泉から選ばれた108人で長崎県は2人。それぞれ別のイラストレーターが描き、違う声優が演じる。
 伊乃里は、101番目のキャラとして5月に誕生した。争いを嫌う慈愛に満ちたシスターという設定で、声優は奥野香耶さん、原画はカグユヅさんが担当。雲仙温泉観光協会によると、奥野さん、カグユヅさんはもともとファンが多いこともあり、伊乃里は登場直後から高い人気を誇っていた。
 雲仙温泉観光協会には奥野さん直筆のサインとメッセージ入りパネルがある。このパネルを会員制交流サイト(SNS)で発信したところ、ファンが続々と訪れ、奥野さんの写真集や「温泉むすめ」の原画集などが同観光協会に寄贈。あっという間に“聖地”となった。
 伊乃里効果に手応えを感じた同観光協会は、連動企画を開始。11日に温泉街である音楽イベント「雲仙△(サンカク)フェス」で、伊乃里の缶バッジを先着100人にプレゼントする。長崎県にもう1人いるキャラクター、「平戸基恵(もとえ)」がいる平戸温泉との連携や、奥野さんを招いたイベントも検討中だ。
 「温泉むすめ」の「総選挙」は13日まで。専用の楽曲が制作される上位入賞を果たせば、さらに人気は高まるとみられる。同観光協会は「雲仙一丸となって後押ししたい」と、応援も一段と熱を帯びている。

“湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)” の続きを読む

仙台市「フリーアドレス」を試験導入 仕事席が自由に選べ効率UP(仙台放送)

情報元 : 仙台市「フリーアドレス」を試験導入 仕事席が自由に選べ効率UP(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010007-oxv-l04
新しい制度の導入の前と後で様変わりした仙台市の財政局です。市は1日から自分の仕事をする席を自由に選べる「フリーアドレス制」と呼ばれる制度を試験導入しました。
仙台市郡市長
「どうですか?」
男性職員
「凄く風通しが良くて雰囲気も明るくなっていい感じです。」
仙台市が取り入れたフリーアドレス制は、その日ごとに自分の好きな場所で仕事ができる制度のこと。
ノートパソコンや荷物は机ではなく、新たに設置した個人用のロッカーで管理します。
以前は、たくさんの書類などが積み上げられ、机の上は物であふれていましたが、きょうの様子からはすっきりとしたようにも見えます。
男性職員
「机がこういう形になっているので、隣とか周りの人と話しやすくなって仕事がしやすいかなと思う」
職場を変えるフリーアドレス制。
一足早く導入した民間企業では効果を実感する声があがっています。
記者リポート
「こちらのオフィス用品を製造販売する企業では、11年前からフリーアドレスを導入しています」
コクヨ東北販売では働き方改革の一つとして「フリーアドレス制」を導入。
新たなオフィス作りに取り組んできました。
従業員
「例えば印刷をしたい時はコピー機の近く、内務の人と仕事したいという時は近くにと。1番は効率の良さが大きい」
こちらでは違う部署の人が並んで仕事をしていました。
従業員
「いろいろと相談できたり打ち合わせすることができるのがフリーアドレスのメリット」
コクヨ東北販売岡田博昭社長
「キッチンで勉強したりこたつがあるところで勉強したり、そういう子ほど集中力が高まったりとか成績が良かったりということを学校の先生からも聞くんですけど、それと全く同じものを会社の中にも取り入れようと。我々の業界でもチャレンジをしているところです」
さまざまな効果が期待される、フリーアドレス制。
仙台市は効果を検証した上で、来年度以降、他の部局にも導入していく方針です。
仙台市郡市長
「これだと情報共有もスムーズに出来るだろうし、何より職場の風通しが良くなるのは、いろんな意味で仕事の効率性が上がるのではと期待しています」

“仙台市「フリーアドレス」を試験導入 仕事席が自由に選べ効率UP(仙台放送)” の続きを読む

沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)

情報元 : 沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000009-ryu-oki
 任期満了に伴う県知事選(11月18日投開票)は11月月1日の告示まであと3カ月に迫った。現職の翁長雄志氏(67)は2期目への態度を明らかにしていないが、県政与党は知事が埋め立て承認を撤回した直後にも出馬に踏み切るとみる。一方、野党自民が擁立した宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)は8月中旬にも出馬会見を開く予定だ。政府との対立が続く翁長県政への評価や辺野古新基地建設の是非が最大の争点となる。保守、中道勢力が分裂した前回選挙とは打って変わって今回は事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。
 翁長氏は承認撤回を表明した7月27日、約1カ月半ぶりに与党県議と面談した。その席上、与党から2期目への出馬を求められ、「一日一日公務を着実にこなし、県民からの負託に応えていきたい」などと、述べるにとどめた。翁長氏が態度を明らかにしない中、政党や労組、企業などで組織する調整会議は、政策委員会を発足し後援会事務所の選定作業に入るなど、翁長氏再選に向けて選挙態勢づくりを急ピッチで進めている。
 一方、翁長氏は当初出席予定だった北海道での全国知事会議や国庫要請のための東京出張を体調を理由に取りやめるなど健康不安説が再燃する。ただ、与党幹部は「抗がん剤治療で日々体調に変化がある。翁長知事は必ず復帰する」と問題視しない考えだ。別の幹部は「今の段階で知事側から後継の話が出ないということは、知事選に自ら出馬するとのメッセージだ」と推し量り、知事の決断を期待する。
 一方、佐喜真氏は7月30日、自民党県連などでつくる候補者選考委員会の出馬要請を受諾。出馬の意思を表明した。月内にも選挙母体となる県民の会発足や政策発表、事務所開きなどを順次行い、選挙戦に備える予定。最大の課題は前回自主投票を決めた公明党との協力関係づくりだ。公明党への協力依頼と並行して維新にも推薦を求める考え。
 県政野党系では他に、元沖縄観光コンベンションビューロー会長の安里繁信氏(48)も出馬を表明している。31日には、自民党県連が仲介する形で佐喜真氏と安里氏による初めての会合が開かれ、候補者一本化に向け協議を本格化させることを確認した。安里氏周辺や自民県連関係者によると、安里氏が支持者に対する説明責任などを果たせば、候補者の一本化は早期に実現するとの見通しを示す。県連幹部の一人は「佐喜真氏と安里氏、そして県連幹部との会合を持つということは、佐喜真氏に一本化する舞台を整えたということだ。分裂選挙になることは絶対にない」と強調した。

“沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)” の続きを読む

【長野知事選】候補者アンケート(4)TPPと農業振興(産経新聞)

情報元 : 【長野知事選】候補者アンケート(4)TPPと農業振興(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000052-san-l20
 ■阿部守一氏、ブランド化と輸出促進に力/金井忠一氏、地域特性生かした支援必要
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の国内農業への影響が懸念されています。農業振興をどう図りますか。
 ◆阿部守一氏
 県では、TPP11に加え、日本と欧州連合(EU)の日EU経済連携協定(EPA)などの影響に対する県民の不安を払拭するため、今年2月に「TPP協定等に係る農林業分野対応方針」を改定し、新品種の育成・新技術の開発による体質強化や、県産農畜産物などのブランド化と輸出促進、地消地産など、独自の攻めの施策を展開する対応方針を取りまとめています。
 具体的には、果樹では、夏リンゴ「シナノリップ」や「ブドウ長果11」など県オリジナル品種のブランド力の強化。米では、トヨタ式カイゼン手法の導入による経営改善の推進に取り組みます。
 畜産では、飼育頭数の増加による規模拡大やコスト削減につながる施設整備、「信州プレミアム牛肉」の生産拡大、情報通信技術(ICT)を活用した繁殖管理システムの導入による生産性向上を進めます。
 流通、販売では、信州産農畜産物の魅力を伝える「おいしい信州ふーど」の展開や、県内食品企業における加工原料の県産農産物への置き換えなどによる「地消地産」への取り組み強化、ブドウなどの「輸出拡大」にも取り組みます。
 農地や担い手対策では、地域の中心となる意欲ある担い手への農地の集積・集約を図り、その方々の活躍や農業の魅力を県内外に広く発信し、新規就農里親支援事業を通じた新規就農者の確保を図ります。
 これらの県独自のきめ細かな施策を実施するとともに、国が講ずる対策も最大限に活用し、県農業のさらなる振興に取り組んでいく。
 ◆金井忠一氏
 中山間地が多く県土の広い長野では、水田による稲作とともに、条件の違う地域特性を生かした多品目の園芸作物が栽培されてきました。高原野菜、果樹、花卉(かき)をはじめとする多様な農産物の生産は、諸外国の広大な農地で機械化された生産とは違うコストがかかりますが、それだけに高品質の農産物を生み出しています。
 これからの県農業の振興のためには、家族農業、中山間地農業の支援をはじめ、地域特性を生かしたきめ細かな支援策が一層重要になっています。
 TPP協定が現実に実施されれば、「主要5品目は守る」という政府の約束が完全実施される保証はなく、県JAの試算でも県農業に与える影響は深刻です。「品質の良い農産物なら勝負できる。むしろ長野県の魅力ある農産物の輸出で農家が潤う」という期待はあるものの、気象条件も、農地規模も違う諸外国の農業とどこまで太刀打ちできるのかは疑問です。
 県として、主な農産物の価格保障・所得補償を実現して、安定した収入の確保と生産を保障します。学校給食や地元の公的施設などでの地元農産物の消費拡大などを推進、支援します。品質の良い農産物を安定的に生産できるよう、種子条例を作ります。
 新規就農者の技術研修への支援、生産物の販路の確保、拡大への支援、従事者の交流などへの支援を県としても積極的に促進します。

“【長野知事選】候補者アンケート(4)TPPと農業振興(産経新聞)” の続きを読む

計量士登録証を誤送付 滋賀県、氏名や生年月日記載(京都新聞)

情報元 : 計量士登録証を誤送付 滋賀県、氏名や生年月日記載(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000004-kyt-l25
 滋賀県は27日、計量検定所の職員が計量士の登録証を誤送付した、と発表した。受け取った企業の担当者からの連絡で発覚し、登録証を回収して申請者に謝罪した。登録証には氏名や生年月日が記載されていたという。

“計量士登録証を誤送付 滋賀県、氏名や生年月日記載(京都新聞)” の続きを読む