保育士確保に向けて高松市で面談会(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 保育士確保に向けて高松市で面談会(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00010005-ksbv-l37
 保育士の人材を確保しようと、学生や潜在保育士を対象にした面談会が高松市で開かれました。
 香川県が開いた就職面談会には高松市など3つの市と10の保育施設が参加しました。
 保育士の資格を持っていて職場への復帰を考えている潜在保育士や、来年の春に就職する学生が対象です。
(参加した学生はー)
「一人ひとりの子どもをしっかり見ている園と保護者としっかり関わりが持てる園がいいなと思っています」
(香川県子ども家庭課/佐々木公光子課長補佐)
「女性の社会進出も進んでいる中、保育の需要というのは伸びているのかなと考えております」
 今年10月から幼児教育・保育が無償化となる影響もあり、入園を希望する子どもの数は増加傾向です。一方、香川県の保育士の有効求人倍率は1.80倍と保育士不足が顕在化しています。

“保育士確保に向けて高松市で面談会(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)

情報元 : 三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000502-isenp-l24
 三重県教委は27日、県立高校入試後期選抜の志願状況を発表した。全日制は53校125学科・コースの定員7665人に8530人が志願し、志願倍率は前年同期と同じ1・11倍だった。南伊勢高南勢校舎の志願者がいなかったほか、昨夏に野球部の甲子園初出場で沸いた白山高が定員割れとなった。
 学科・コース別では、津西国際科学が4・75倍と最も高く、神戸理数の4・13倍、川越国際文理の3・75倍が続いた。
 最低は南伊勢南勢校舎普通で、後期選抜の志願者がいなかった。次いで志摩国際コースと白山情報コミュニケーションが低く、それぞれ0・19倍だった。
 志願変更は3月4―6日まで受け付ける。試験は11日に実施し、18日に合格者を発表する。
 定時制は定員583人に191人が志願し、倍率は前年同期比0・05ポイント減の0・33倍。通信制は418人の募集に対し、34人が志願し、倍率は前年同期と同じ0・08倍となった。

“三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)” の続きを読む

宮崎県立高校推薦入試の志願倍率発表 全日制の志願倍率は1.05倍(MRT宮崎放送)

情報元 : 宮崎県立高校推薦入試の志願倍率発表 全日制の志願倍率は1.05倍(MRT宮崎放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010003-mrt-l45
宮崎県立高校推薦入試の志願倍率が発表されました。去年初めて1倍を下回った全日制の推薦入試の志願倍率は、1.05倍と1倍を超えました。
 推薦入試は、県立高校の全日制と定時制あわせて35校で実施され、2460人の募集に対し2508人が志願しました。全日制と定時制をあわせた志願倍率は1.02倍、また、去年、現在の制度となって初めて1倍を下回った全日制の志願倍率は1.05倍で1倍を上回りました。
最も志願倍率が高いのは、宮崎西の理数科で2.83倍、次いで、宮崎大宮の普通科が2.54倍、都城西のフロンティア科が2.50倍で、新年度新たに設置される高鍋の探求科学科は、1.92倍となっています。県立高校の推薦入試は、2月6日に行われ、14日に合格内定が通知されます。
また、一般入試は3月5日と6日に行われ合格者は19日に発表されます。

“宮崎県立高校推薦入試の志願倍率発表 全日制の志願倍率は1.05倍(MRT宮崎放送)” の続きを読む

【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)

情報元 : 【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000003-san-l19
 来年1月27日投開票の知事選に自民党推薦で立候補を予定している長崎幸太郎元衆院議員(50)が8日、甲府市内で総決起集会を開き、菅義偉官房長官、同党の三原じゅん子女性局長が応援に駆けつけた。
 総決起集会には、県選出国会議員、県議、市町村長などを含め、全県から約4千人が参加した。
 菅官房長官は「山梨県政は停滞している」とした上で、「前に進めるのは長崎さんしかいない。国と太いパイプがあり、周辺の県とも連携できる。行動力と未来を見据える政策があり、新しい山梨のかじ取り役になれる」と支持を訴えた。
 菅氏は「経済は国力の源だ。アベノミクスの成長戦略で観光と農林水産業の改革を徹底的にやった。山梨県の有効求人倍率は(政権発足前の)0・69倍から1・66倍になった」と安倍晋三政権の地方創生の成果を強調した。
 長崎氏は決意表明で、人口減少や過疎化に強い懸念を示し、県人口が約82万人の本県より少ない約71万人の高知に対する国の補助金が、本県よりも230億円多いことを紹介。「何もしないことは山梨にとって最大の失敗だ」と後藤斎県政を厳しく批判した。
 その上で、任期の4年間で約1千億円の資金を国から調達することで「災害や救急医療、リニア中央新幹線関連など、幅広い分野で予算が使えるはずだ」と指摘。「今こそ打って出る県政をつくろう」と呼びかけた。

“【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)” の続きを読む

徳島県内公立高進学希望調査 定員480人上回る 平均競争率1・09倍(徳島新聞)

情報元 : 徳島県内公立高進学希望調査 定員480人上回る 平均競争率1・09倍(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-03125664-tokushimav-l36
 徳島県中学校長会は14日、2019年度の県内公立全日制高校への進学希望調査(5日時点)の結果を発表した。総定員5620人を480人上回る6100人が希望し、平均競争倍率は前年度を0・01ポイント上回る1・09倍となった。
 調査は各高校の募集定員決定後で初めて。県内の中学3年生は前年同期より190人少ない6394人。このうち県内の公立全日制の希望者は6087人。希望率は95・19%で前年同期を0・28ポイント上回った。過年度の4人と県外からの希望者9人を含めると6100人となった。
 県内の中学3年生の学科別希望状況は、普通科が4307人で70・76%。総合学科は257人で4・22%、専門学科は1523人で25・02%だった。学科別の状況は≪別表≫の通り。
 競争倍率が高いのは▽徳島北・普通(学区外)2・64倍▽城南・普通(学区外)2・47倍▽城東・普通(学区外)2・27倍―など。
 公立全日制以外の進学希望者は309人。内訳は、定時制38人、私立141人、特別支援学校や専修学校、県外の高校などが130人。これらを含めた全体の進学希望率は99・98%。就職希望者は1人。阿南高専(定員160人)を併願しているのは204人となっている。

“徳島県内公立高進学希望調査 定員480人上回る 平均競争率1・09倍(徳島新聞)” の続きを読む

【大学受験】山口大学・1452人に喜びの春

一応、僕も大学受験頑張ったなー^^;
懐かしい・・・

情報元 : 山口大学・1452人に喜びの春
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000001-tys-l35

山口大学で前期日程の合格発表があり、1452人に喜びの春が訪れました。午前10時、掲示板を覆っていた紙が外され、番号が発表されました。受験生は不安そうな表情で、自分の番号を探していました。山口大学前期日程の募集定員は1190人でした。3343人が受験して1452人が合格し、倍率は2.3倍でした。山口大学の入学式は、来月3日に行われます。教育学部に合格した受験生は「受験生活で両親への感謝の気持ちも、改めて実感」、経済学部に合格した受験生は「経済学部で観光学を学びたい」と、新生活への期待に胸を膨らませていました。

“【大学受験】山口大学・1452人に喜びの春” の続きを読む