石灰石の実地試験効果 長江川支流の水質改善(宮崎日日新聞)

情報元 : 石灰石の実地試験効果 長江川支流の水質改善(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00015562-miyazaki-l45
 霧島連山・硫黄山(1317メートル)周辺から流れ出た泥水などの影響でえびの市・長江川の水質が悪化している問題で、県は8日、石灰石を用いた実地試験で酸性度やヒ素濃度に改善効果が確認されたと発表した。今後は川を流れる全ての水を反応させる大規模な試験に着手し、下流域への効果などを調べる。

“石灰石の実地試験効果 長江川支流の水質改善(宮崎日日新聞)” の続きを読む

目指せTOKYO2020 パラ陸上の選手たちが高松市で強化合宿(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 目指せTOKYO2020 パラ陸上の選手たちが高松市で強化合宿(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010008-ksbv-l37
 パラ陸上の育成強化合宿が、高松市で始まりました。
 男子・女子100メートルや走り幅跳びなど、日本パラ陸上競技連盟の強化育成指定選手9人が参加しています。高松市は、パラ陸上の大会や合宿を積極的に誘致しており、昨年9月には、日本パラ陸上競技選手権が行われました。
 合宿の最年長参加者は、女子100メートルの元日本記録保持者で腕に障害がある、三須穂乃香選手(20)です。合宿初日の8日は、ボールを使った軽めのトレーニングなどで体をほぐしました。
(女子100m/三須穂乃香 選手)
「栄養や心理の方など、普段見てもらえない専門的な方が来られているので、日常生活でのコンディショニングや、心の持っていき方を学びたい」
 合宿は、屋島レクザムフィールドで2月11日まで行われます。

“目指せTOKYO2020 パラ陸上の選手たちが高松市で強化合宿(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

進む凍結 威容あらわ 大子・袋田の滝(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 進む凍結 威容あらわ 大子・袋田の滝(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000003-ibaraki-l08
連日の厳しい冷え込みで、大子町の袋田の滝の凍結が平年より進み、神秘的な姿を見せている。
袋田観瀑施設管理事務所によると、滝は年末から凍り始め、年明けも最低気温は氷点下が続き、11日は約8割が凍結している。同事務所は「平年と比べて1週間程度、凍結が早い」と話す。
水量が少ないため、黒い岩肌が透き通って見える箇所もあるが、観光客は驚きの声とともに写真を撮っていた。千葉県松戸市の鈴木成宜さん(53)は「至近距離での凍結した滝は、見応えがある」と満足げだった。
31日までは、午後7時までライトアップ。昼とは違った幻想的な姿が浮かび上がる。 (蛭田稔)

“進む凍結 威容あらわ 大子・袋田の滝(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)

情報元 : 草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000038-san-l10
 全国の温泉の番付を決めるインターネット接続事業者、ビッグローブ(東京都)主催の「みんなで選ぶ 第11回 温泉大賞」の投票受け付けが始まった。草津温泉が11年連続で東の、別府温泉郷(大分県)が4年連続で西の「横綱」に輝けるか注目が集まる中、今回は2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、外国人観光客向けランキングを新設。「温泉俳優」を名乗る原田龍二さん(48)もスペシャルサポーターとして一肌脱ぐなど、早くも盛り上がりを見せている。
 温泉大賞は来年2月13日までインターネットで投票を受け付け、温泉地▽旅館・ホテル▽エリア別ランキング▽県別ランキング▽外国人観光客におすすめの旅館・ホテル-の5部門で「温泉番付」を決める。
 投票受け付けが始まった今月3日に東京都内で開かれた記念イベントには、原田さんがスペシャルサポーターとして浴衣姿で登場。熱い「温泉愛」を語った。
 二枚目のイメージを打ち破って、バラエティー番組で「裸芸」を披露し、全裸の写真集出版会見も話題になった原田さんだが、「温泉は入りに行くだけではなく旅のピリオド。旅だからこそ温泉の価値がある」と真面目に力説。
 温泉には、地球の恵みへの感謝の気持ちを込めて、必ず「いただきます」とあいさつしてから入浴するという自身の作法を紹介した。
 さらに、草津と別府の温泉の湯を腕で判別する「利き湯」に挑戦。浴衣を大きくはだけて上半身裸となり、見事に正解を当てた。
 草津温泉は、1月の本白根山の噴火などの影響による観光客の減少を食い止めようと、日帰り入浴施設「西の河原露天風呂」(草津町草津)で11月まで「ふろの日」の毎月26日、水着を着用して男女混浴ができるようにするなどして集客に努めた。
 こうしたユニークな取り組みが投票結果にどう反映されるか。最終結果発表は来年2月末ごろを予定している。

“草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)” の続きを読む