浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)

情報元 : 浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000021-ryu-oki
 【浦添】浦添市の浦添運動公園と公園内の各施設の命名権(ネーミングライツ)を全日本空輸(ANA、平子裕志社長)が取得した。同公園の愛称は「ANA SPORTS PARK 浦添」となる。公園内の野球場や体育館など各施設の名称は今後決定する。契約金は非公表。契約は2018年10月から3年間。
 浦添市は今年1月、年間2千万円の契約金で命名権のスポンサーを募集。ANAを含め4社から応募があり、事業内容や命名期間、愛称が市民に親しみやすいかなど9項目を審査し、ANAを選定した。
 浦添運動公園は市民球場で毎年、プロ野球の東京ヤクルトスワローズが春季キャンプを張るほか、今年10月にはてだこ祭りが開催される。公園内に愛称を記した看板が設置するほか、公園内の施設の改修も検討している。
 18日、浦添市役所で開かれた発表会見で、ANAの志岐隆史副社長は「浦添市の今後の発展に可能性を感じており、共に大きな飛躍を遂げていきたい。広告効果も十分に取れるだろうと確信している」と述べた。
 松本哲治市長は「浦添市は国内外に向けたまちづくりを目指しており、世界に打って出ているANAという素晴らしいパートナーに出会えた。市民、県民、観光客に足を運んでもらい、ANAファンになってもらえるよう取り組みたい」と語った。
 浦添運動公園は全天候型の陸上競技場、体育館、多目的屋内運動場、相撲場、温水プールまじゅんらんどなどがある。【琉球新報電子版】

“浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)” の続きを読む

小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)

情報元 : 小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00004100-tokaiv-l23
 愛知県豊田市で小学1年の男子児童が17日、校外学習から戻ったあと熱射病で死亡したことを受け、小学校の校長は18日朝、全校集会で「中止の判断ができず申し訳ない」などと謝罪しました。
 熱射病で死亡した小学1年の男子児童(6)が通っていた豊田市立梅坪小学校では、午前8時半すぎから臨時の全校集会が開かれました。
 籔下隆校長は全校児童およそ730人に、「暑さを心配していたが、校外学習を中止する判断ができず申し訳なく思う」と謝罪した上で、少しでも体に異変を感じたら先生に声をかけて欲しいなどと呼びかけました。
校長:
「大変悲しいこととして受け止めている子供たちは多いなと思いました」
同級生の子を持つ保護者:
「残念な結果になってしまって、親として言いようのない気持ちになります。子供たちを歩かせて公園まで行くのも、後から思えばもうちょっと考えてくれても良かった」
 市の教育委員会は市内の小中学校など104校に、熱中症を起こす可能性が高い場合は校外学習を延期や中止とするよう伝えました。
 また、警察も小学校の対応に問題がなかったか調べています。

“小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)” の続きを読む

【福岡】女の子の笛引ったくり男に有罪判決(九州朝日放送)

情報元 : 【福岡】女の子の笛引ったくり男に有罪判決(九州朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010006-kbcv-l40
公園で、小学生の女の子が防犯用の笛などをひったくられた事件で、福岡地裁は17日、窃盗の罪に問われている被告の31歳の男に懲役1年、保護観察付きの執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。判決によりますと、福岡県春日市の恩田大資被告(31)は今年5月、春日市の公園で、当時11歳の女の子が身に着けていた笛などを引ったくりました。これまでの裁判で、検察は懲役1年を求刑し、弁護側は起訴内容を認めた上で、執行猶予付きの判決を求めていました。17日の法廷で福岡地裁の岩田淳之裁判官は、「体力的に劣る当時11歳の女子児童に対する卑劣な犯行」とし、今後小学校や児童館などに出入りしないなどを条件に、懲役1年と保護観察付きの執行猶予3年の判決を言い渡しました。

“【福岡】女の子の笛引ったくり男に有罪判決(九州朝日放送)” の続きを読む

ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)

情報元 : ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000007-kyt-l25
 大阪府北部地震でブロック塀が倒壊し、女児が死亡した事故を受け、滋賀県内の19市町が、管理する公共施設や危険なブロック塀を急点検したところ、少なくとも106施設で不適合が確認されたことが、京都新聞社の調べで分かった。一部は既に撤去しており、他も撤去・補強を検討しているという。
 集計によると、建築基準に合わないブロック塀が確認されたのは112カ所。内訳は、控え壁の無設置が99カ所あり、控え壁の間隔が広すぎる塀が22カ所あった。基準で定められた高さ2・2メートルを上回ったのは10カ所、厚み不足は2カ所だった。
 大津市の学校施設では1カ所、上田上小(平野1丁目)で控え壁の間隔が基準を満たさなかった。隣接の歩道は通学路ではないが、地域住民が利用するという。また二つの中学で、不適合の疑いが見つかった。市教委は代替壁のめどが立った時点で撤去する方針という。
 甲賀市では8施設で不適合が見つかり、甲南図書交流館では、玄関前にある長さ60メートルの塀の高さが最大で3・2メートルあった。利用者が行き来する場所にあり、撤去する方針。
 長浜市相撲町の緑ケ浜自治会貸付地では、控え壁の間隔が約5メートルあり、通路や公園に隣接していた。今月中に撤去する。
 また、建築基準法の対象となるブロック塀ではないが、小中学校の敷地内でボールを当てる投てき板と呼ばれるブロック積みの壁などが4市で31カ所あり、倒壊の危険があるためいずれも撤去を予定している。
 彦根市、草津市、湖南市、日野町では公共施設のブロック塀は調査中としている。

“ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)” の続きを読む

一面ヒマワリ 花フェスタ記念公園で見頃(岐阜新聞Web)

情報元 : 一面ヒマワリ 花フェスタ記念公園で見頃(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00057800-gifuweb-l21
 岐阜県可児市瀬田の花フェスタ記念公園で14日、子どもたちが水遊びなどを楽しむ夏の恒例イベント「キッズサマー」が始まった。4万5千本のヒマワリも見頃を迎えており、子ども連れの家族でにぎわっている。イベントは8月26日まで。
 ミストが噴き出し涼感を演出する広さ300平方メートルの噴水「霧のプレリュード」が、水深40センチ程度のミニプール「水遊びわんぱく広場」に”変身”。子ども用の浮輪や水鉄砲、ビーチボールなどが自由に使えるため、水着姿の子どもたちは大はしゃぎ。近くのパラソル付きのテーブル席では親がひとときの休息を楽しんだ。
 また、東ゲート近くの広さ約3千平方メートルの「語らい広場」では、ヒマワリが夏の日差しを浴びながら元気に咲いている。米国産のキッズスマイルプラスという品種で、高さが1メートルほどと一般的なヒマワリより低いのが特徴。5月上旬にまいた種から育った。今月いっぱい楽しめるという。
 イベントの期間中は、親子で水ロケットを作って打ち上げる体験教室など、多彩なイベントが催される。

“一面ヒマワリ 花フェスタ記念公園で見頃(岐阜新聞Web)” の続きを読む

長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000031-minkei-l42
 長崎水辺の森公園・水の庭園エリアで「軍艦島のガンショーくん生誕1周年記念BIRTHDAYPARTY」が7月16日の海の日に開催される。(長崎経済新聞)担当の佐藤さん ガンショーくんは長崎県の世界遺産、軍艦島のマスコットキャラクターとして、2017年7月12日に「現実世界に誕生」したゆるキャラ。軍艦島へのクルーズ船を運航する「軍艦島コンシェルジュ」と、「軍艦島デジタルミュージアム」が制作しており、ユーチューブでは誕生秘話のアニメを見ることができる。担当の佐藤義太郎さんは「最初は知名度がなかったので、さまざまなイベントに参加し、次第に知名度が上がってきた。特に子どもからは人気で、よく話し掛けられたり、一緒に写真を撮影したりしている」と話す。
 今回のイベントは1歳を祝い、諫早市の「うないさん」、V・ファーレン長崎の「ヴィヴィくん」など、長崎のゆるキャラが駆け付けてお祝いをする。「ガンショーくんなりきりコンテスト」も開かれる予定。
 佐藤さんは「なりきりコンテストはガンショーくんがテーマであればどんなものでもOK。たとえ茶色のTシャツ一つでも本人がなり切っていただければ大丈夫。参加賞や優秀者には豪華景品を用意しているので、参加してほしい」と笑顔で話す。
 軍艦島上陸ツアーガイドの高橋佳子さんは「1年たって、ご存じというお客さまが増えていることを感じている。アンケートに『ガンショーくんかわいい』などと書かれていると、とてもうれしい。これからもっと知って、愛されるキャラクターなるよう応援していきたい」と、ほほ笑む。
 今年の7月5日にはオリジナルロールケーキ「ろっくんろーる」の売り上げの一部を長崎市に寄付するなど、地域にも貢献しているガンショーくん。佐藤さんは「もっと知っていただくためにイベントに呼ばれたら行くので呼んでほしい。今年は念願のゆるキャラグランプリにも出場する。もちろん優勝を目指しているので応援していただければ」と話す。
 開催時間は10時~11時。入場無料。雨天時は軍艦島デジタルミュージアムが会場になる。

“長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

鮮やか南国の風情 ノウゼンカズラ徳島市で見頃(徳島新聞)

情報元 : 鮮やか南国の風情 ノウゼンカズラ徳島市で見頃(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-03073625-tokushimav-l36
 徳島市の徳島中央公園でノウゼンカズラが見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。
 公園内のバラ園にある高さ3メートルほどの棚につるが巻き付き、ラッパに似た直径5~6センチのオレンジ色の花を付けている。鮮やかな色合いとも相まって南国のような風情を漂わせ、梅雨明けの夏空に映えている。
 近くの徳島大常三島キャンパスに通う学生らは「オレンジ色がかわいいですね」と話していた。

“鮮やか南国の風情 ノウゼンカズラ徳島市で見頃(徳島新聞)” の続きを読む

29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)

情報元 : 29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00001038-fminpo-l07
 Jヴィレッジ(福島県楢葉・広野町)で一部再開翌日の二十九日に催される再始動イベントに参加するサッカー元日本代表選手らが固まった。運営会社Jヴィレッジが十三日、発表した。 
 新たに参加が決まった元日本代表は秋田豊さん、加地亮さん、鈴木啓太さん、福田正博さん、小島伸幸さん。タレントでは三瓶さん(本宮市出身)、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん、Jリーグ女子マネジャーを務めた佐藤美希さんらが来場する。 
 午前十時四十分から開会式を行う。正午からのトークショーでは鈴木さんと佐藤さん、永島昭浩さん、お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさんとワッキーさんがJヴィレッジの歩みやワールドカップの歴史を語り合う。午後一時半からは元日本代表とタレントの混成チームが「ドリームマッチ」として各年代の来場者と対戦する。 
 センター棟前のピッチでは小島さんと加地さん、元日本代表の平山相太さんらが指導する小中学生・高校生向けサッカー教室、ラグビー元日本代表の守屋篤さんによる全世代対象のラグビー教室を開く。午前十時半から参加者を受け付ける。お笑いステージやサッカークイズも催す。 
 各イベントは男女とも参加可能。隣接する二ツ沼総合公園を駐車場とし、無料シャトルバスを運行する。

“29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)” の続きを読む

大阪・天保山で「手持ち花火大会」10周年 仕掛け花火4100発も /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大阪・天保山で「手持ち花火大会」10周年 仕掛け花火4100発も /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000063-minkei-l27
 天保山公園(大阪市港区築港3)西口特設広場で7月28日、地域住民による手作り企画「天保山手持ち花火大会」が開催される。運営は天保山商店会(港区築港)。(大阪ベイ経済新聞)手持ち花火を購入して参加できる 築港・天保山地域の公園は花火が禁止されていることから、地域住民が夏の風物詩である花火を楽しんで地域の絆を深められるよう、2009年に始まった同企画。2005年に中止となった「天保山花火大会」復活への思いも込めており、今年で10回目を迎える。昨年は800人以上が参加し、手持ち花火や仕掛け花火を楽しんだ。
 当日、18時から受付で指定の手持ち花火(200円~300円)を購入して参加できる。20時30分からは、大会事務局が用意した約300本・4100発の仕掛け花火の観覧を約30分楽しめる。
 17時からは、港区長の筋原章博さんやシンガーソングライターの榎原資和さんによるミニライブを開催。天保山ビールや大阪ラムネなど、地元の飲食店による屋台も5店出店する。
 大会事務局の重松史郎さんは「『天保山手持ち花火大会』もとうとう10年目を迎えました。ぜひ、地域の皆さんに手持ち花火を楽しみに来てほしい」と呼びかける。
 開催時間は17時~21時。雨天・荒天時は翌日に順延。

“大阪・天保山で「手持ち花火大会」10周年 仕掛け花火4100発も /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

西荻窪で「おわら風の舞」 今年から第2会場・北口エリアでも演舞披露 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 西荻窪で「おわら風の舞」 今年から第2会場・北口エリアでも演舞披露 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000028-minkei-l13
 西荻窪で7月29日、第7回「西荻おわら風の舞」が開かれる。(高円寺経済新聞)
 西荻窪駅南口の「おわら通り」で越中おわら節同好会「高尾会」の男女約30人の踊り子や、地元連「西荻おわら会」らが、三味線、胡弓(こきゅう)、歌に合わせ踊りを披露する。三味線、胡弓、歌い手のイメージ 「おわら」は、元々富山県富山市八尾(やつお)地域で毎年9月1日~3日に行われる富山県を代表する祭りで、編みがさをかぶった「男踊り」と「女踊り」がおわら節に合わせ踊る。にぎやかな祭りではなく、厳かな雰囲気の中で行われる。
 今年初めて、第2会場を用意し、北口エリアでも踊りを披露。北口から西荻北中央公園に向かって踊り歩く。その後南口の五日市街道から西荻窪駅に向かい約600メートルを踊り歩く。19時50分からの輪踊りは一般参加も可能。15時30分からの当日練習の参加で、300人におわらオリジナル手拭いを進呈する。
 現在、演舞中のアシスタントや駅前や本部の手伝いなどのボランティアを募集している。参加者にはTシャツと手拭いを進呈する。
 開催時間は第2会場(北口)=14時45分~15時15分、第1会場(南口)=18時~。

“西荻窪で「おわら風の舞」 今年から第2会場・北口エリアでも演舞披露 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む