渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000017-minkei-l13
 渋谷川沿いの遊歩道「渋谷リバーストリート」を活用した社会実験プロジェクト「WORKPARKPACK(ワークパークパック)」が3月1日、始まった。主催は一般社団法人「渋谷未来デザイン」(渋谷区神宮前6)。(シブヤ経済新聞)コンテナの内部 「渋谷南街区」の再開発伴い、昨年秋に「渋谷ストリーム」と共に、官民連携で渋谷川沿いに渋谷~代官山エリアをつなぐ約600メートルの遊歩道が整備された。昨年12月には、一般公募により名称が「渋谷リバーストリート」に決まり、今後、遊歩道を中心とした渋南エリアの「にぎわい」や「良好な水辺空間」の創出に期待が寄せられている
 「遊歩道の価値づくり」の一環として行う今回のプロジェクトは、八幡橋近くの遊歩道上に設置される「PARKPACK」と呼ばれる3つのコンテナを拠点として、渋谷川沿いの遊歩道ならではの「公共空間の利活用アイデア」を実験しながら検証していくもの。ライゾマティクス(東2)などを中心に組織されるULTRAPUBLICPROJECTが手掛ける「PARKPACK」は、昨年秋に開催されたデザインイベント「DESIGNTOUCH2018」(六本木ミッドタウン)に出展され、子どもたちの遊び場やギャラリー、屋外シネマなど、公共空間の可能性を引き出す「未来の公園」「動く公園」として注目を集めた。
 「PARKPACK」第2弾を渋谷で展開する理由について、ライゾマティクスの齋藤精一社長は「遊歩道は会社も近いため、再開発の状況をずっと見守ってきた。(渋谷未来デザインのフューチャーデザイナーのメンバーとして)渋谷川沿いの遊歩道を今後どうしていくか、という話し合いの中で、僕らが昨年実施したPARKPACKを提案した」のがきっかけだったと言う。
 今回、渋谷でのプロジェクト開始に当たり、新たに「WORK(ワーク)」という要素を加え「WORKPARKPACK」とプロジェクト名称を改めた。「現在、ストリームにもベンチがあるが、みんな座ってスマホを眺めているくらい。例えば、遊歩道で仕事をしてもらってもいいし、近所の幼稚園の子どもたちの遊び場になってもいい…。老若男女が活発に活動できる場として利用してほしい。そういう活動全般をワークと捉えている」(齋藤さん)と言い、単なる憩い空間だけではない公共空間の再構築を目指す。
 プロジェクトの活動期間は3月1日~5月6日。3月1日~31日の1カ月間は、渋谷未来デザインのスタッフがコンテナ内に常駐し、「渋谷リバーストリートで実現したいアイデア」を一般から募る窓口を設けるほか、「渋谷川」「WORKPARKPACK」などに関するパネル展示も行う。4月以降は、寄せられた公共空間の利活用アイデアを一つ一つ実現していくという。渋谷未来デザインの後藤太一さんは「(遊歩道の活用について)渋谷未来デザインが地ならしをしたい。その先でエリマネならエリマネ、地域なら地域が素晴らしい使い方をしていってほしい。まずはその入り口になりたい」と話し、「ワークショップでも鍋パーティでも…あそこで何かやりたい、公共空間だからと諦めていたことを相談してほしい。それをどう自走させるか、仕組みを含めて一緒に考えていくのが僕らの仕事」と同プロジェクトの位置付けを強調する。
 今月31日まで、活用アイデアや実験パートナーに関する相談をコンテナ内で受け付けている。対応時間は11~18時。

“渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

持続的な森林管理学ぶ ベトナムの行政官が梅林見学(紀伊民報)

情報元 : 持続的な森林管理学ぶ ベトナムの行政官が梅林見学(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00366577-agara-l30
 ベトナムの森林・農業分野の行政官が26日から、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地である和歌山県田辺市内の梅林や製炭現場などで研修を始めた。28日まで滞在し持続的な森林管理について学ぶ。
 ベトナムは、人口の約3割が森林などの自然資源に依存した生活だが、過去に農地転換や違法伐採により森林自然が急激に減少したことから、現在は森林面積の拡大や持続的な森林管理を目指している。
 このため、ベトナムの農業農村開発省などが国際協力機構(JICA)と連携し、持続的な生産を続ける日本の取り組みを学ぼうと、行政官が2015年から毎年1、2回のペースで訪れている。田辺市での研修は16年の4月と10月に続いて3回目。
 今回は、農業農村開発省などの森林・農業分野の行政官12人が参加。26日に訪れた田辺市秋津川の紀州備長炭記念公園では「みなべ・田辺の梅システム」の概要を聞いた後、紀州備長炭発見館の山本晃一館長(55)の案内で館内のほか、「紀州備長炭」の窯出しを見て回った。ベトナムでも製炭は各地で行われており、備長炭の製造方法のほか、価格や原木の確保などに興味を持っていた。
 同市上芳養の紀州石神田辺梅林では、紀州田辺観梅協会の石神忠夫会長(77)の案内で梅林を見て回り、世界農業遺産や観梅の取り組み、梅干しなど加工についての話も聞いた。

“持続的な森林管理学ぶ ベトナムの行政官が梅林見学(紀伊民報)” の続きを読む

広島・繁華街の住宅で高齢男性が殺害された強盗殺人事件…侵入経路は窓からか!?(テレビ新広島)

情報元 : 広島・繁華街の住宅で高齢男性が殺害された強盗殺人事件…侵入経路は窓からか!?(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000006-tssv-l34
きのう広島市の住宅で高齢の男性が殺害された強盗殺人事件で、現場の窓には何者かが侵入した形跡があることが捜査関係者への取材で分かりました。
【古賀颯祐記者】
「事件の発覚から1日が経ち、現場の側を流れる川では捨てられた遺留品などがないかダイバーが潜り、捜索を行なっています」
きのう広島市中区銀山町の元旅館だった住宅で、無職の植松一廣さん(86)が殺害された事件で、植松さんの財布からは現金が抜き取られた可能性があることがわかっています。
その後の捜査で、植松さんの住宅の川沿いの高窓には、何者かが侵入した形跡があることがわかりました。警察では住宅に盗みに入り、容疑者がそのまま犯行に至った可能性もあるとみて、遺留品の捜索などを続けています。
また現場付近の公園では複数の血痕が確認され、事件との関連性についても調べています。
事件を受けてけさ、現場近くの小学校では保護者や教員が児童の登校を見守りました。
【保護者】
「子供達もきっと不安だと思うので、安心して元気に通えるようにと思って」
【小学校の校長】
「子供にも動揺が広がっています。一日でも早く犯人逮捕ということを願っています」

“広島・繁華街の住宅で高齢男性が殺害された強盗殺人事件…侵入経路は窓からか!?(テレビ新広島)” の続きを読む

成田山公園で春を告げる”梅まつり”(チバテレ)

情報元 : 成田山公園で春を告げる”梅まつり”(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00010001-chibatele-l12
 成田市の成田山公園では春の訪れを告げる「梅まつり」が16日から始まりました。
 梅まつり初日は、穏やかな一日となり、多くの観光客が訪れ、サービスの暖かい甘酒を飲みながら咲き始めた梅に一足早い春を感じている様子でした。新勝寺大本堂の裏手に広がる成田山公園は16万5000平方メートルの大庭園です。起伏の多い公園内では、今の季節、春の訪れを告げる蝋梅をはじめ、白梅や紅梅など500本ほどの梅が咲き始めています。
 成田山公園の梅まつりは来月3日まで行われ、期間中の土・日には二胡などの演奏や野点、それに梅を題材にした俳句のコンテストなど、様々なイベントが企画されています。

“成田山公園で春を告げる”梅まつり”(チバテレ)” の続きを読む

五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)

情報元 : 五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000003-nagasaki-l42
 長崎県五島市の冬の一大イベント「第25回五島椿まつり」(実行委主催)が16日、市内で開幕した。3月3日までの期間中、市内各地で体験講座やバスツアー、盆栽展、マラソン大会など、ツバキにちなんだ多彩な催しがある。初日は東浜町2丁目の五島港公園でオープニングセレモニーがあり、多くの市民でにぎわった。
 市内のツバキは自生と植栽を合わせて約440万本。実から取れるつばき油は、料理や美容などに適した特産品として人気が高い。市内では昨年、ツバキ由来成分の研究や化粧品開発などに取り組む新会社が発足。来年2月には国際ツバキ会議と全国椿サミットの同時開催も控えるなど、ツバキを地域振興に生かす機運が高まっている。
 セレモニー会場では、地元グルメが集まる「五島うんまかもん市場」、餅まきやライブなどのステージイベントがあった。恒例となっているツバキの苗100本の無料配布は人気が高く、長い行列ができた。
 期間中のイベント案内は市のホームページなどで紹介している。問い合わせは実行委(電0959・72・2963)。

“五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)” の続きを読む

新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000018-minkei-l14
 スポーツボランティアの育成・研修を行う「ファイナルスタジアム・スポーツボランティア・アカデミー(FSVA)」が4月6日、日産スタジアム(横浜市港北区小机町)で開講される。(港北経済新聞)
 2002年のFIFAワールドカップの決勝の地「ファイナルスタジアム」として知られる日産スタジアムでは、Jリーグをはじめ各種スポーツイベントで活動するボランティアチームを有している。
 同アカデミーは、スポーツボランティアとして活動するためのノウハウと活動実習を提供するもの。講義と実習を経て、所定の評価で合格すると、同スタジアムからスポーツボランティアの初級Aライセンスが進呈される。2018年度は3回の講座から、161人の修了生が生まれた。
 2019年度1回目の開講となる今回は、同スタジアムのボランティア活動の実例紹介を交えた講義とワークショップを行う。併せて、4月13日・28日に活動実習(同スタジアムで開催の横浜F・マリノスホームゲーム)も予定する(いずれか1日のみ)。
 初級Aライセンスを取得後は同スタジアムや新横浜公園などで行われるスポーツイベントへのボランティア参加が可能。学んだ知識や経験を生かすことができる。
 来年度以降は初級Aライセンスに加えて、ステップアップクラスも予定。サッカーやラグビー、マラソンなど各種目に特化したより高度なプログラムになるという。
 講義時間は14時~17時。参加費は3,000円。申込みは2月26日まで。

“新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

徳島の魅力、モロッコ王国で紹介 写真家モハメッドさん(徳島新聞)

情報元 : 徳島の魅力、モロッコ王国で紹介 写真家モハメッドさん(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-03163330-tokushimav-l36
 北アフリカのモロッコ王国で、同国人写真家モハメッド・ベンモフタルさん(30)による日本写真展(在モロッコ王国日本国大使館主催)が開かれ、阿波踊り、祖谷渓谷など徳島県内で撮影した13点が紹介された。モハメッドさんは「徳島の美しい景色をはじめ、自分が発見した日本の素晴らしい場所を多くの人と共有したかった」と話している。
 モロッコ文化・コミュニケーション省内のギャラリーに現地時間の6~14日、伏見稲荷大社(京都市)や平和記念公園(広島市)など、2017年4月に来日した際にカメラに収めた1府4県の40点を展示。徳島の作品が最も多く、阿波おどり会館(徳島市)の公演の様子や、奧祖谷二重かずら橋(三好市)でたたずむ男性などの写真が並んだ。
 モハメッドさんはアラブ諸国のカメラマンを対象にした16年の写真コンクールで第1席となり、その副賞として日本を旅行した。自信作が多く撮れたことから、日本大使館に相談して展示会を開くことになった。
 「今回の日本旅行で徳島が気に入った。特に祖谷渓にはまた行く機会をつくり、もっと長く滞在したい」と意欲を見せている。

“徳島の魅力、モロッコ王国で紹介 写真家モハメッドさん(徳島新聞)” の続きを読む

高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

待ち遠しい春の訪れ・サクラ開花は「4月11日」の予想 山形市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 待ち遠しい春の訪れ・サクラ開花は「4月11日」の予想 山形市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010002-sakuranbo-l06
民間気象会社・ウェザーニューズがサクラの開花予想を発表した。山形市は「4月11日」の開花が予想された。
今シーズンのサクラの開花は3月21日に熊本、福岡、東京からスタートし、徐々に北上していく見通し。山形県を含む北日本はたびたび低気圧や寒気の影響を受けるため、2月後半や3月の気温が平年並みかやや低く、つぼみの成長が足踏みする時期がある。しかし4月に入ると気温が上がり、開花時期は例年並みになると予想されている。
具体的な開花予想日は山形市が4月11日で、平年の4月15日より4日早く、春先の気温が高く早咲きとなった去年より7日遅いと見込まれている。また霞城公園は4月5日に開花し、4月18日に満開になると予想されている。

“待ち遠しい春の訪れ・サクラ開花は「4月11日」の予想 山形市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む