水戸市立図書館 戦前地図、ネット公開 13点、街の発展見比べ(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 水戸市立図書館 戦前地図、ネット公開 13点、街の発展見比べ(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000006-ibaraki-l08
水戸市立図書館は所蔵する1890(明治23)年から1935(昭和10)年までの市内の地図13点をインターネットで公開している。時系列で見比べることができ、戦前の街発展の様子を知ることができる。また、明治期の偕楽園案内書「常磐公園攬勝(らんしょう)図誌」も公開した。
同図書館の指定管理者「図書館流通センター」の関連会社「TRC-ADEAC」が運営するデジタルアーカイブシステム「ADEAC」を活用した。資料をフルテキスト化し目録データを制作しており、検索機能が付いている。
作品保護のため博物館や美術館などでは照明が落とされ、細かい文字まで確認できないことが多いが、ADEACは高精細画像で閲覧ができる。
水戸市街改正全図、水戸市現勢地図、水戸市及び三浜全図などの8点は、同一地点で街の変遷を比較して見ることができる。これにより、千波湖の埋め立て前と後の様子も見比べることが可能。那珂川沿いにあった競馬場や、水浜電車の停留場名も記載されている。大日本職業別明細図(1925年)では、商店街に並ぶ店の屋号が記されており、当時の茨城新聞社が南町に所在していたことなどが確認できる。
常磐公園攬勝図誌(1885年)は、水戸市の画家・松平雪江が描いた偕楽園と周辺の案内書。関わりがある漢詩や和歌が盛り込まれている。徳川斉昭が偕楽園で行った催事を絵入りで紹介している。原本の画像と翻刻文を同時に見ることが可能だ。
地図愛好家が見るだけでなく、児童生徒の調べ学習への活用が期待できる。パソコンやタブレット端末で閲覧可能で、プログラムのダウンロードも不要。ホームページはhttps://trc-adeac.trc.co.jp/
(清水英彦)

“水戸市立図書館 戦前地図、ネット公開 13点、街の発展見比べ(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)

情報元 : 「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000054-san-l31
 スズキの大型バイク「隼」の“聖地”に約2千台が結集-。山あいを走る鳥取県の第三セクター、若桜鉄道・隼駅の地元、八頭町で、全国の「隼」愛好者と地域住民の交流イベントが開かれた。猛烈な暑さの中、凍らせた特産の甘柿が参加者に振る舞われた。
 同じ名の駅として二輪専門誌に取り上げられたのを機に、多くの隼ライダーが訪れるように。5日に開かれたイベントは今年で10回目で、当初200台程度だった参加車両は増えた。
 北海道から鹿児島まで、全国各地から集まった車両のほとんどは隼。昭和初期に建てられた木造駅舎を背景に記念撮影しようと、長い車列ができたほか、メイン会場の芝生公園では「隼」の人文字をライダーらが作った。また、プロレーサーのトークショーなども開かれた。
 茨城県結城市の自営業、奈良部孝二さん(49)は「のどかな町に全国の隼が集まったかのような光景にびっくり。長く続けてほしい」と話した。イベントを始めた「隼駅を守る会」の西村昭二会長(74)は「夜間に走らないなど紳士的な人が多い。若い人が来訪者のためカフェを立ち上げるなど、地域に活気が出てきた」と手応えを語った。

“「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)” の続きを読む

ブルーインパルスあすの本番前に高知の空を舞う(テレビ高知)

情報元 : ブルーインパルスあすの本番前に高知の空を舞う(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010000-kutvv-l39
あすのよさこい祭り前夜祭で、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が展示飛行を行います。本番をあすに控えきょう予行飛行が行われ、高知の空を舞う姿に大勢の人が魅了されました!
「今、姿が見えました!ブルーインパルスの6機の飛行機が白い煙を上げながら高知市の上空を飛んでいます!」
「ブルーインパルス」は、航空自衛隊のアクロバット飛行チームで、あすのよさこい祭り前夜祭で、展示飛行を行います。きょうは本番を想定して予行飛行が行われました。
「綺麗に隊列を組みながら高知城の上空を通過していきました」
ブルーインパルスが高知市の上空を飛行するのは初めてで、華麗な技を一目見ようと、高知城周辺では大勢の人が空を見上げていました。
あすの見学会場になっている城西公園にも200人以上が訪れました。
「本当に空の色に映えるなという感じで感動です」
「想像よりすごく綺麗でした」
Q.飛行機どうでしたか?
「楽しかった」
高知城の天守閣でも・・・
「色々なマークとか煙を出してくれたのが(見られて)嬉しかった」
「音が凄くてスピードも速くて皆に見られながら飛ぶのはかっこいいと思った」
およそ20分間、高知市上空を華麗に舞った「ブルーインパルス」。あすの本番ではよさこい祭りの開幕に花を添える予定です。
展示飛行はあす午後5時35分から午後6時までの予定です。城西公園では午後2時から、「ブルーインパルス」パイロットのサイン会なども行われます。

“ブルーインパルスあすの本番前に高知の空を舞う(テレビ高知)” の続きを読む

すすきケ原入野公園に一茶の歌碑建立 四国中央(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : すすきケ原入野公園に一茶の歌碑建立 四国中央(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-11008301-ehime-l38
 愛媛県四国中央市土居町入野のすすきケ原入野公園に江戸後期の俳人小林一茶の歌碑が建立され、除幕式がこのほどあった。隣接する土居神社の関係者らが、同公園周辺で風雅を楽しんだ一茶に思いをはせた。

“すすきケ原入野公園に一茶の歌碑建立 四国中央(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

福山城伏見櫓と筋鉄御門を調査へ 国宝化を目指し9月着手(山陽新聞デジタル)

情報元 : 福山城伏見櫓と筋鉄御門を調査へ 国宝化を目指し9月着手(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010008-sanyo-l33
 2022年に福山城が築城400年を迎えるのに合わせ、福山市は9日、同城公園内に築城時からあり、現在国重文の「伏見櫓(やぐら)」と「筋鉄御門(すじがねごもん)」の国宝化を目指す調査に9月から着手すると発表した。市によると、指定を受ければ櫓や門単独でのケースとしては全国初という。
 調査は城郭の建築構造に詳しい広島大総合博物館(東広島市)学芸員の佐藤大規氏に委託。内部の柱や梁(はり)の削り方など、工法から具体的な建築年代を特定する。
 調査は来年3月まで。結果に基づき申請を検討する。申請した場合、国は受理後、文化審議会で議論し通常3カ月程度で結論を出す。
 両建築物は天守閣の南西側にあり、初代福山藩主水野勝成が1622年の築城時に建て、幕府の威厳や敵からの防御の役目があったとされる。
 伏見櫓は、1954年の修理時、梁から京都・伏見城を示す「松ノ丸ノ東やくら」と彫られた櫓名が見つかり、徳川家康が再建した同城の櫓を移築していることが判明した。筋鉄御門も同城から移築されたとみられているという。
 市文化振興課は「国宝指定のハードルは高いが、調査を通じ新たな歴史的資料が見つかる可能性もある」としている。
    ◇
 国宝化を目指す調査を前に、市は19日午前10時~正午、普段非公開の伏見櫓と筋鉄御門を一般公開する。また建物に接触している周辺のクロマツ8本も「破損につながるおそれがある」として今月中に伐採する。一般公開の問い合わせは市文化振興課(084―928―1278)。

“福山城伏見櫓と筋鉄御門を調査へ 国宝化を目指し9月着手(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

熱中症疑い17人搬送 滋賀、イベント出演予定書道部員も(京都新聞)

情報元 : 熱中症疑い17人搬送 滋賀、イベント出演予定書道部員も(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000021-kyt-l25
 滋賀県内は4日、最高気温が東近江市で36・4度、大津市で36・2度に達する猛暑日となった。各地の消防によると、17人が熱中症の疑いで救急搬送された。このうち甲賀市甲賀町の公園ではイベントに出演予定だった水口高書道部の女子生徒4人が練習後に気分不良を訴えて搬送されたが、いずれも軽症だった。

“熱中症疑い17人搬送 滋賀、イベント出演予定書道部員も(京都新聞)” の続きを読む

『せんとくん』”無料”に大転換 全盛期の3%にまで落ち込んだライセンス使用料に奈良県が切り札を導入(関西テレビ)

情報元 : 『せんとくん』”無料”に大転換 全盛期の3%にまで落ち込んだライセンス使用料に奈良県が切り札を導入(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-20040809-kantelev-l29
【ファンの女性】
「きゃー。『せんとくん』大好きなんです。家族でファンなんです」
「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターとして、2008年に奈良県が1000万円の税金を投入して誕生した「せんとくん」。
オリジナルソングでバックダンサーを従えてダンス。コスプレイヤーも現れて。土産物売り場も、ジャック!
「せんとく~ん」
「せんとくん」は10年前、この世の春を謳歌していました。それが今は・・・・。
【記者リポート】
「今は売り場のほとんどが『しかまろくん』で、『せんとくん』の売り場はここしかありません」
奈良市観光協会が5年前に作った「しかまろくん」に追いやられてしまっています。
【土産物店の人】
「『しかまろくん』のほうがやっぱり。『せんとくん』は商品がかなり少なくなっている」
お客さんが手にとるのも、「せんとくん」ではありません。
【子供は】
「『しかまろくん』はおっとりしているから売れると思うけど、『せんとくん』は人間みたいやん。こいつ誰って」
奈良県は業者が「せんとくん」のイラストを商業利用する場合、ライセンス使用料として商品の売り上げや制作費の3パーセントを収めるという条件を設定していました。2010年には4900万円を稼ぎ出していましたが、去年は160万円と全盛期の3%まで急降下。こうした事態に奈良県は、きょう、ある切り札を導入したのです。
<使用料タダ>
【県の担当者】
「無償にしたほうがより多くの方に使ってもらえますので、使ってもらって露出することで活躍してもらおうと」
奈良県への事前の申請と、承認が必要ですが、26種類のデザインなどを無料で使えるようにと大きく舵を切ったのです。
さっそく、奈良県内の企業から問い合わせが。
【奈良県の担当者】
「現物もお持ちいただいて」
【やまと蜂蜜の担当者】
「一応サンプルでこれになります」
これまで通信販売を主におこなっていた「やまと蜂蜜」。奈良県産の蜂蜜に「せんとくん」のイラストを入れて売ることで、新たなビジネスチャンスを掴めると考えました。
【やまと蜂蜜の担当者】
「観光客も増えてきてお土産の新しい販路に進みたいので、ぜひともちょうどよかったと思いながら」
タダならと聞いて、こんな企業も。
刺繍をいれたせんとくんグッズを試作中だそうです。
【Kit-r工房の担当者】
「3%とかものを支払わないといけない中でなかなかコストが合わない。勝手にやってみたんですけど、角。たぶんアウトだとおもうんですけど、この角」
知名度は未だ衰えない、「せんとくん」。
果たして、使用料無償化の効果は?
【奈良公園にいた女性】
「頑張って『せんとくん』。『せんとくん』もいろいろ大変やからな」

“『せんとくん』”無料”に大転換 全盛期の3%にまで落ち込んだライセンス使用料に奈良県が切り札を導入(関西テレビ)” の続きを読む

公園でアウトドア つくば市が実証実験 カヌーやバーベキューなど体験(産経新聞)

情報元 : 公園でアウトドア つくば市が実証実験 カヌーやバーベキューなど体験(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000030-san-l08
 つくば市は8、9月の土日祝日に同市吾妻のつくば中央公園内で、カヌーやバーベキューなどのアウトドア体験ができる実証実験を4日から始めた。
 空洞化が指摘される同市中心市街地のまちづくりを進めるため、新たな発想でにぎわいを創出するのが狙いで、県内でアウトドアショップを展開する「ナムチェバザール」(水戸市)が協力した。
 カヌーは小学4年生以上が対象。500円で30分間体験できる。バーベキューは予約が必要で、6人まで利用できるテーブルやコンロなどが10セット用意されている。利用料金は1テーブル2千円。このほか、無料の水遊び場もある。
 3日にカヌーやバーベキューを体験したつくば市の五十嵐立青市長は「中心市街地に足を運んでもらい、さまざまな魅力を見つけてほしい」と語った。
 問い合わせはナムチェバザール(電)029・225・8848。

“公園でアウトドア つくば市が実証実験 カヌーやバーベキューなど体験(産経新聞)” の続きを読む

日本一長い竹のコースター公開 山口ゆめ花博(宇部日報)

情報元 : 日本一長い竹のコースター公開 山口ゆめ花博(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00010000-ubenippo-l35
 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)のメイン遊具の一つ「日本一長い竹のコースター」が3日、山口市阿知須のきらら博記念公園で報道陣に公開された。長さ85メートルのコースの高低差は約8メートル。竹ならではの音と手作り感が魅力になっている。山の自然を利用した「山の外遊びゾーン」の遊具で、里山づくりを目的に森林整備活動を行うNPO法人やまぐち里山ネットワーク(美祢市)の会員ら20人が4カ月を費やし、太陽の丘の高低差を利用して手掛けた。
 使用した竹は美祢産の約300本。やまぐち森林づくり県民税を利用した繁茂竹林整備事業で伐採したモウソウチクを有効活用した。スギ材の丸太300本も用い、ゴール地点では丸太の摩擦でコースターが止まる仕組みになっている。基本的に大人と子ども各2人の4人乗り。最高時速は20キロほどで、最も傾斜がきつい場所は15度という。安全面を考慮し、合計体重と3~5歳児の身長についての制限を検討している。営業時間は午前10時~午後4時半。料金は無料。同ネットワークの赤川瑞夫事務局長は「製作に携わった会員は60歳代が中心。この暑さの中で改めてシニア世代のパワーを感じられた。海に向かって一気に滑り降りる爽快感を子どもから大人まで楽しんでほしい」と話していた。

“日本一長い竹のコースター公開 山口ゆめ花博(宇部日報)” の続きを読む

平和希求「ナヘア」開幕 キッズゲルニカ17点展示(長崎新聞)

情報元 : 平和希求「ナヘア」開幕 キッズゲルニカ17点展示(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000002-nagasaki-l42
 長崎原爆の日に合わせ、8月に地元作家らが平和を発信する複数のイベントを長崎市内で展開する「長崎平和アートプロジェクト(ナヘア)」が、4日開幕した。爆心地公園内の下の川では、国内外の子どもたちが平和や古里への思いを描いた大型絵画を飾る「キッズゲルニカinながさき」がスタート。未来を感じさせる作品群に、関係者は平和希求の思いを新たにした。
 以前からあるアート系平和イベントの一部や新イベントの運営主体が集まって主催団体のナヘア(米村昭彦代表)を組織し、初めて開催。31日まで絵画、書、写真、音楽、茶道、生け花といった多ジャンルの16の催しを順次開く。
 キッズゲルニカは、スペインの画家ピカソの「ゲルニカ」と同じ縦3・5メートル、横7・8メートルのキャンバスに、子どもたちが平和壁画を描く12年目の国際プロジェクト。長崎親善人形の会「瓊子の会」主催。今年は、下の川(14点)など市内3カ所に計17点を飾る。
 ナヘアの開会式典は爆心地公園であり、田上富久長崎市長ら来賓を含め約100人が出席。画家の米村代表(88)=同市=はあいさつで、キッズゲルニカの絵に触れ「戦争、原爆を地球上からなくすことができるのではないかと、未来を明るく感じる。ナヘアが平和を願う思いを発信する大きな広がりになれば」と述べた。
 出席者は午前11時2分、原爆落下中心地碑に向かい、黙とう。キッズゲルニカの絵をバックに、米村代表らがテープカットを行った。

“平和希求「ナヘア」開幕 キッズゲルニカ17点展示(長崎新聞)” の続きを読む