エサは“からあげ”捕獲作戦始まる…アライグマが目撃された名古屋の中心部に罠を設置(東海テレビ)

情報元 : エサは“からあげ”捕獲作戦始まる…アライグマが目撃された名古屋の中心部に罠を設置(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00006038-tokaiv-l23
 11月末、名古屋の中心部で目撃された「アライグマ」。名古屋市が捕獲に乗り出しました。
(記者リポート)
「こちらの公園の倉庫の壁にアライグマらしきものの足跡が残されているんですが、その真下に罠が仕掛けられました」
 4日、名古屋市と業者が、アライグマが目撃された中区新栄の公園や建設会社の敷地など4か所に、捕獲用の檻を10個設置しました。檻の中には、アライグマの大好物という「からあげ」がエサとして仕掛けられました。
 中区新栄では11月、アライグマの目撃情報が市などに多数寄せられ、東海テレビのカメラは周辺で少なくとも3匹のアライグマを確認しています。
なごや生物多様性センターの担当者:
「不用意に近づいた小さなお子さんがケガする可能性もありますので、そういった被害を防ぎたいという思いでやっています」
 名古屋市では、今年に入って35匹のアライグマが捕獲されていて、今回はまず2週間檻を設置して様子を見るということです。

“エサは“からあげ”捕獲作戦始まる…アライグマが目撃された名古屋の中心部に罠を設置(東海テレビ)” の続きを読む

10万球の光で幻想的な世界 砺波チューリップ公園(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 10万球の光で幻想的な世界 砺波チューリップ公園(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000002-hokuriku-l16
 砺波チューリップ公園(砺波市花園町)と周辺施設を約10万個の電球で彩る「チューリップ公園KIRAKIRA(きらきら)ミッション2018」が1日、開幕した。初日から大勢の人が訪れ、美しいイルミネーションによる幻想的な世界を楽しんだ。25日まで。
 市民の協力で設置した発光ダイオード(LED)電球で一帯を彩った。
 公園北門には砺波商工会議所青年部が作製した幅5・5メートル、高さ6メートルの「ライジングゲート」を設置し、両側にも翼のように電飾を広げた。新たに高さ約5メートルの雪だるま形のイルミネーション「キラキラ☆スノーマン」をひょうたん池に設け、チューリップタワー内はランタン風の電飾で演出した。水面や鏡を生かし、写真映えするよう配置を工夫した。
 点灯式で夏野修市長があいさつし、川岸勇市議会議長が祝辞を述べた。関係者と共にスイッチを押し、点灯させた。出町中学校合唱部による合唱披露もあった。25日まで午後5~10時に点灯する。8、24日は特別イベントを開催する。
 公園の活性化のため砺波市の青年サークル「となみ元気道場」が2012年に始め、13年から市や市観光協会が加わったキラキラ・アップ実行委員会(八田俊伸会長)が主催している。北日本新聞社後援。

“10万球の光で幻想的な世界 砺波チューリップ公園(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

名水の湧き水でコーヒー、至福のひととき 兵庫・多可で催し(神戸新聞NEXT)

情報元 : 名水の湧き水でコーヒー、至福のひととき 兵庫・多可で催し(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000004-kobenext-l28
 環境省が平成の名水百選に認定した湧き水「松か井の水」でいれたコーヒーを楽しむイベントが1日、兵庫県多可町加美区奥荒田の新松か井の水公園であった。町内外から訪れた人たちが、名水のコーヒーで至福のひとときを味わった。【動画】コーヒー抽出世界大会へ UCCカフェプラザの中井さん 同地区では、古くから親しまれている「松か井の水」と、近年、県道沿いに見つかった「新松か井の水」の2カ所の取水場があり、いずれも地元が保全活動に取り組む。
 この地域の貴重な資源をもっと知ってもらおうと、多可町商工会未来創造実践部の女性4人組「マムライフ」が初めて企画した。
 コーヒーだけでなく、播州百日どりのサンドイッチやシフォンケーキなどの軽食も用意したが、予想以上の来客で売り切れが続出した。メンバーで飲食店ボリジ(同町加美区寺内)の店主青山加奈さん(40)は「皆さんに喜んでもらえたようなので、今後も続けていきたい」と話していた。(長嶺麻子)

“名水の湧き水でコーヒー、至福のひととき 兵庫・多可で催し(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)

情報元 : 「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000012-ryu-oki
 サッカーJ3でJ2昇格と優勝を決めているFC琉球の最終節は12月2日午後1時から、富山市の県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山と対戦する。最終戦を前にした28日、那覇市の新都心公園で琉球の選手らは練習に汗を流した。朴一圭主将は「勝って最高の形で終わりたい」と力を込める。
 28日は、フィジカルトレーニングを1時間以上行い、パス回しなど基礎練習へ。選手たちは終始和やかな雰囲気だった。その後、実戦形式のミニゲームで、攻守の連係などを念入りに確認した。
 琉球は31試合を終えた通算成績は20勝6分け5敗で勝ち点は66。得失点差は2位の鳥取と18点リードを広げる34点と、リーグ屈指の実力を誇っている。富山はリーグ12位で、今季の開幕戦も4―3で勝利している。過去3年間の対戦成績も2勝3分け。相性の良い相手で最終戦も白星が見込めそうだ。
 琉球は昇格と優勝を決めた後の23日、相模原に4―1で勝利し、約4500人の観客の前で偉業を成し遂げた。金鍾成監督は「優勝と昇格が決まったあとで、スイッチが入りづらい状態だった」と振り返るが、シーズンを通して培ってきた連係や地力の違いを見せつけた。ホーム戦無敗はJ1の浦和に次いで2例目だ。
 2日は現チームでの最終試合だ。J2に向けて選手層やチーム力の課題も見えているが、金監督は「結果も大事だが、選手がどういうサッカーを見せてくれるか楽しみだ」と焦りはなく、笑顔を見せた。
 
◆8日に交流会開催/沖縄市、入場無料
 FC琉球を運営する琉球フットボールクラブは12月8日午後6時から、沖縄市のグリーンフィールドでファンとサポーター向けの交流会を開催する。
 球団によるシーズン報告のほか、FC琉球のダンスチーム「琉球ボンバーズ」や選手のパフォーマンス、記念撮影など、様々な催し物がある。入場は無料。先着で来場した300人に琉球のオリジナルTシャツがプレゼントされる。

“「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)” の続きを読む

阿波おどり有名連33連出演 徳島で来年4月開催「はな・はる・フェスタ」(徳島新聞)

情報元 : 阿波おどり有名連33連出演 徳島で来年4月開催「はな・はる・フェスタ」(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-03130573-tokushimav-l36
 徳島の春の祭典「はな・はる・フェスタ」(徳島新聞社など主催)の実行委総会が26日、同社であり、22回目となる次回フェスタの日程を2019年4月20、21の両日と決めた。即興で花を生けて出来栄えを競う「花生けライブ」を初めて催すほか、阿波踊りや「とくしまグルメ横丁」など多彩な内容で徳島の魅力を発信する。
 会場は、徳島市の藍場浜公園を中心とした新町川沿い一帯。花生けライブでは、県内外の華道家や生け花業者らが音楽に合わせて生け、斬新な作品を披露する。
 阿波踊りは、有名連33連が藍場浜公園とあわぎんホールで競演。阿波おどり会館でも特別公演がある。いずれも無料。
 とくしまグルメ横丁では「肉」「麺」「スイーツ」をテーマに、県産食材を使った料理が味わえる。
 今年11年ぶりに復活した動物と触れ合える「アーバン・ペット・フェスティバル」は、好評のため引き続き企画した。恒例の音楽ライブやダンスコンテスト、藍染や大谷焼などの伝統工芸体験なども予定している。
 詳しい情報は、公式ブログやフェイスブック、ツイッターなどで随時発信する。
 総会には実行委員長の中村太一県商工会議所連合会会長ら16人が出席し、フェスタの事業計画案などを承認した。

“阿波おどり有名連33連出演 徳島で来年4月開催「はな・はる・フェスタ」(徳島新聞)” の続きを読む

群馬・片品村の日光国立公園で遭難か 会社員が遺体で見つかる(産経新聞)

情報元 : 群馬・片品村の日光国立公園で遭難か 会社員が遺体で見つかる(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000528-san-l10
 23日午前7時50分ごろ、群馬県片品村東小川の日光国立公園内の沢で、宇都宮市峰の会社員、内田孝さん(58)がうつぶせで倒れ、死亡しているのを県警沼田署員が発見。登山用の服を着て目立った外傷はなく、沼田署は遭難の可能性があるとみて死因などを調べている。
 沼田署によると、内田さんは2日朝、自宅を車で出発後、連絡が取れなくなっていた。22日夜にナイトハイキングをしていた男性2人が栃木県警日光署に「倒れている人のようなものを見た」と届け出て、沼田署員が23日朝から捜索していた。

“群馬・片品村の日光国立公園で遭難か 会社員が遺体で見つかる(産経新聞)” の続きを読む

アウトレット起点、御殿場周遊しよう 12月から、市と共同企画(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : アウトレット起点、御殿場周遊しよう 12月から、市と共同企画(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000023-at_s-l22
 年間1千万人に上る御殿場プレミアム・アウトレットの来訪者に御殿場市内を周遊してもらおうと、市とアウトレットは12月から2019年3月まで、御殿場周遊キャンペーンを実施する。アウトレットで配布する周遊チケットを市内の観光施設などで提示すると、割引やプレゼントなどの特典を受けることができる。
 市の観光ハブ都市づくり推進事業。過去にアウトレット単独で同様の取り組みを行ったことはあるが、共同実施は初めて。同施設内の「ごてんば観光案内所」で、周遊チケットを毎月先着300枚配布する。市民も入手できる。
 キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所の見学ツアーでウイスキーミニボトルのプレゼント、秩父宮記念公園の入園料無料など9施設が特典がある。立ち寄った施設でスタンプをもらい応募すると、抽選で特産品などが当たる。
 市は3%程度と言われているアウトレット来訪者の市内周遊の割合を、5%とする目標を掲げる。若林洋平市長は「御殿場には楽しみ方がたくさんあると知ってもらい、インスタグラムや口コミで広めてほしい」と期待を込める。

“アウトレット起点、御殿場周遊しよう 12月から、市と共同企画(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)

情報元 : 街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010002-ubenippo-l35
 山口県宇部市が中央町3丁目のポケットパーク(小規模公園)に設けたストリートファニチャーの除幕式が18日、同所で行われた。市関係者、家族連れなどが参加し、町中を楽しくするプレースポット誕生を喜び合った。
 ストリートファニチャーは街灯やベンチ、彫刻などの屋外装飾品の総称。市では今年1月に設置物の募集を開始。全国から104件の応募があり、東京都三鷹市の大村一彦さん(83)の彫刻「地球のねじ」が最優秀賞を受賞した。
 地球のねじはコンクリート製の楕円(だえん)状の山で、横6メートル、縦3メートル。頂上までの高さは2メートルあり、ボルタリング用のホールドも設けられ、子どもが自由に登って遊べる。最上部にある赤いねじは回すこともできる。カラフルで形もユニークとあって、子どもたちの人気を集めそう。
 除幕式では久保田后子市長が「中央町の新たなシンボルになってほしい」とあいさつ。その後、大村さん、久保田市長、子どもたちが幕を引くと、拍手と歓声が沸き起こった。
 除幕後、子どもたちが早速山に登ったり、ねじを回したりして、楽しんでいた。大村さんは「喜んでもらえて本当にうれしい。好奇心をしっかり養い、想像力のある大人になってくれれば。精いっぱい遊んで」と目を細めた。

“街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)” の続きを読む

県縦断駅伝は2日目スタート(SBC信越放送)

情報元 : 県縦断駅伝は2日目スタート(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00340816-sbcv-l20
晩秋の信濃路を北から南に走り継ぐ、県縦断駅伝は2日目、伊那市の中継所を5連覇がかかる上伊那が総合トップで通過しています。
2日目は午前8時に松本城公園を女子中学生ランナーが一斉にスタートし、飯田市までの10区間98・5キロでたすきをつなぎます。
レースは2日間の合計タイムで競われ伊那市の中継所17区通過時点の総合順位は、5連覇を狙う上伊那が首位、2位に全諏訪、3位長野市となっています。
飯田市のゴールに到着するのは、午後1時過ぎになる見込みです。

“県縦断駅伝は2日目スタート(SBC信越放送)” の続きを読む

大分市の中心街に一日限定人力車 市民ら普段と異なる目線とスピード満喫 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街に一日限定人力車 市民ら普段と異なる目線とスピード満喫 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000001-minkei-l44
 秋晴れとなった11月10日、大分市の中心街を人力車が駆け抜けた。(大分経済新聞)
 大分市が大分城址公園(大分市荷揚町4)で開いたイベント「府内城見聞食」の一貫。JR大分駅や商店街にいる市民や観光客を会場に呼び込もうと「一日限定・無料」で実施した。
 えびす屋湯布院(由布市湯布院町川上、TEL0977-28-4466)が3台を持ち込み、旧パルコ跡地(大分市府内町1)と同公園を結ぶ片道約900メートルのコースを往復。筆頭主任の津田貴之さん(35)は「こういったイベントで、大分市内で引くのは初めて。街中はどこも平らですごく走りやすかった」。
 10日の大分市の最高気温は21・1度。イベントが始まった16時も19・8度と冷え込むことはなく、乗り込んだ親子連れらが普段とは異なる目線やスピードを楽しんだ。
 
 大分地方気象台によると、11日の大分市は高気圧に覆われ晴れの予報。予想最高気温は20度。12日は曇りで所により雨の見込み。

“大分市の中心街に一日限定人力車 市民ら普段と異なる目線とスピード満喫 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む