福島の子どもたち宇都宮の自然を楽しむ(18-07-21)(とちぎテレビ)

情報元 : 福島の子どもたち宇都宮の自然を楽しむ(18-07-21)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010005-tochitelev-l09
県内の多くの小学校で夏休み初日となった21日、東日本大震災で大きな被害を受けた福島県相馬市の子どもたちが宇都宮を訪れ、夏のひとときを楽しんだ。原発事故の影響で屋外で遊ぶことを制限されていた子どもたちに、豊かな自然の中で遊んでもらおうと、宇都宮市の職員などの有志が企画して、6年前から行っている。宇都宮市の森林公園を訪れ流しそうめんなどを楽しんだ。

“福島の子どもたち宇都宮の自然を楽しむ(18-07-21)(とちぎテレビ)” の続きを読む

猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)

情報元 : 猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00627904-hokkoku-l17
 収まる気配のない猛暑が、石川県内の行楽地の入り込みに影響を及ぼしている。炎天下の屋外施設は敬遠され、いしかわ動物園(能美市)の7月の入園者数は前年同期比3割減になっている。空調の効いた屋内施設は好調で、のとじま臨海公園水族館(七尾市)の入園者数は同3割増に。厳しい暑さはこの先もしばらく続く見通しで、防災訓練など屋外行事を中止する動きも目立つ。
 いしかわ動物園の1~23日の来園者数は約9千人にとどまり、昨年7月の月間入園者数約1万7千人から減少が見込まれる。強烈な日差しが照り付ける時間帯は人影がまばらだ。
 21日にリニューアルしたトラの園舎ではホワイトタイガーの「クラウン」が岩場の陰でぐったりとしている。園側はユキヒョウやレッサーパンダなど暑さに弱い動物の世話にも神経をとがらせる。
 県金沢城・兼六園管理事務所によると、兼六園の1~22日の来園者数は9万1140人(前年同期比3346人減)、金沢城公園の来園者数は7万9千人(同3600人減)といずれも5%程度少ない。「暑さの厳しい時間帯はさすがに観光客が少ない」と藤村秀人所長は話す。
 これに対し、のとじま臨海公園水族館の来館者数は、1~22日で3万9261人(同1万206人増)と好調だ。屋内展示が多く、4月に回遊水槽がリニューアルオープンしたことも要因とみられるが、担当者は「水族館は涼しいイメージがあり、涼を求めて訪れる人も多いのでは」と話した。
 金沢21世紀美術館も7月の来館者数は、22日時点で12万1805人(同912人増)と増えた。
 屋外でも好調なのは金沢市の健民海浜プールで、1~23日までの利用者数は、3万487人(同1万8601人増)と約6割増となった。

“猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)” の続きを読む

横手でミニ電気自動車レース 秋田県内の高校生が自作の電気自動車で競う /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手でミニ電気自動車レース 秋田県内の高校生が自作の電気自動車で競う /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000067-minkei-l05
 雄物川河川公園(横手市雄物川町深井)で7月16日、「ミニ電気自動車レース」が行われ、秋田県内の高校5校から参加した100人が、自作のミニ電気自動車で走行距離を競った。(横手経済新聞)「第8回ミニ電気自動車レース」スタート前の様子 キャリア教育活動などに取り組むMEVR組織委員会が主催する同イベントは今年で8回目。同一メーカーの同一型式の電池を使うことを条件に、各校チームはミニ電気自動車を自作。車両の性能に合わせるなどの走行計画を立て、1時間以内に河川公園内のコース約1400メートルを何周できるかを競った。
 5校から出場した10台の車両で競った今年は、「秋田工業高校レーシング1」が見事、20周を走破する大会新記録で優勝に輝いた。レース終了後、「EV体験試乗会」も行われ、応援に来ていた子どもたちが電気自動車の試乗を楽しんだ。
 主催した同組織委員会事務局の根田祐子さんは「電気自動車レースに挑む高校生が実力を試せる場になれるよう、来年も多くのチームに参加してもらいたい」と話す。

“横手でミニ電気自動車レース 秋田県内の高校生が自作の電気自動車で競う /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

守山市・近江妙蓮が見ごろ/滋賀(BBCびわ湖放送)

情報元 : 守山市・近江妙蓮が見ごろ/滋賀(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010000-bbcbiwakov-l25
守山市の近江妙蓮公園では、今、ハスの一種「近江妙蓮」の花が、見ごろを迎えています。
室町時代から600年以上、地元の人に大切に守られてきたとされるこの「近江妙蓮」は、ひとつのつぼみに複数の花をつけ、花びらの数は数千枚にも達します。珍しいハスの一種で、滋賀県の天然記念物にも指定されています。
地元のボランティアによりますと、今月初めの大雨によりつぼみのまま枯れてしまったものも多いということですが、今年は例年よりも多くつぼみがついたとのことです。
この「近江妙蓮」は、来月中旬までが、見ごろだということです。

“守山市・近江妙蓮が見ごろ/滋賀(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

宇部市常盤公園のオリーブの葉がハート型に(宇部日報)

情報元 : 宇部市常盤公園のオリーブの葉がハート型に(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010002-ubenippo-l35
 山口県宇部市ときわミュージアム「世界を旅する植物館」で、シンボルツリーのオリーブがハート形の葉を付けている。同館は「夏休みはオリーブに目を凝らして、幸運を探してみて。見つけることができたら、恋がかなうかも」と来館を呼び掛けている。葉の先端が二つに分かれて丸くなっているものが、今月に入ってから数枚確認されている。何本かの枝先に近い部分で見つかることが多く、1日に7枚見つけた職員もいる。ハート形になった原因は不明。オリーブは常緑高木のため、ハート形の葉が落ちることはなく、長く観賞できる。同館は「葉を取ったり、オリーブが植えてある花壇に上ったりせず、見て楽しんでほしい」と話している。

“宇部市常盤公園のオリーブの葉がハート型に(宇部日報)” の続きを読む

宇部市常盤公園のオリーブの葉がハート型に(宇部日報)

情報元 : 宇部市常盤公園のオリーブの葉がハート型に(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010002-ubenippo-l35
 山口県宇部市ときわミュージアム「世界を旅する植物館」で、シンボルツリーのオリーブがハート形の葉を付けている。同館は「夏休みはオリーブに目を凝らして、幸運を探してみて。見つけることができたら、恋がかなうかも」と来館を呼び掛けている。葉の先端が二つに分かれて丸くなっているものが、今月に入ってから数枚確認されている。何本かの枝先に近い部分で見つかることが多く、1日に7枚見つけた職員もいる。ハート形になった原因は不明。オリーブは常緑高木のため、ハート形の葉が落ちることはなく、長く観賞できる。同館は「葉を取ったり、オリーブが植えてある花壇に上ったりせず、見て楽しんでほしい」と話している。

“宇部市常盤公園のオリーブの葉がハート型に(宇部日報)” の続きを読む

浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)

情報元 : 浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000021-ryu-oki
 【浦添】浦添市の浦添運動公園と公園内の各施設の命名権(ネーミングライツ)を全日本空輸(ANA、平子裕志社長)が取得した。同公園の愛称は「ANA SPORTS PARK 浦添」となる。公園内の野球場や体育館など各施設の名称は今後決定する。契約金は非公表。契約は2018年10月から3年間。
 浦添市は今年1月、年間2千万円の契約金で命名権のスポンサーを募集。ANAを含め4社から応募があり、事業内容や命名期間、愛称が市民に親しみやすいかなど9項目を審査し、ANAを選定した。
 浦添運動公園は市民球場で毎年、プロ野球の東京ヤクルトスワローズが春季キャンプを張るほか、今年10月にはてだこ祭りが開催される。公園内に愛称を記した看板が設置するほか、公園内の施設の改修も検討している。
 18日、浦添市役所で開かれた発表会見で、ANAの志岐隆史副社長は「浦添市の今後の発展に可能性を感じており、共に大きな飛躍を遂げていきたい。広告効果も十分に取れるだろうと確信している」と述べた。
 松本哲治市長は「浦添市は国内外に向けたまちづくりを目指しており、世界に打って出ているANAという素晴らしいパートナーに出会えた。市民、県民、観光客に足を運んでもらい、ANAファンになってもらえるよう取り組みたい」と語った。
 浦添運動公園は全天候型の陸上競技場、体育館、多目的屋内運動場、相撲場、温水プールまじゅんらんどなどがある。【琉球新報電子版】

“浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)” の続きを読む

小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)

情報元 : 小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00004100-tokaiv-l23
 愛知県豊田市で小学1年の男子児童が17日、校外学習から戻ったあと熱射病で死亡したことを受け、小学校の校長は18日朝、全校集会で「中止の判断ができず申し訳ない」などと謝罪しました。
 熱射病で死亡した小学1年の男子児童(6)が通っていた豊田市立梅坪小学校では、午前8時半すぎから臨時の全校集会が開かれました。
 籔下隆校長は全校児童およそ730人に、「暑さを心配していたが、校外学習を中止する判断ができず申し訳なく思う」と謝罪した上で、少しでも体に異変を感じたら先生に声をかけて欲しいなどと呼びかけました。
校長:
「大変悲しいこととして受け止めている子供たちは多いなと思いました」
同級生の子を持つ保護者:
「残念な結果になってしまって、親として言いようのない気持ちになります。子供たちを歩かせて公園まで行くのも、後から思えばもうちょっと考えてくれても良かった」
 市の教育委員会は市内の小中学校など104校に、熱中症を起こす可能性が高い場合は校外学習を延期や中止とするよう伝えました。
 また、警察も小学校の対応に問題がなかったか調べています。

“小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)” の続きを読む

【福岡】女の子の笛引ったくり男に有罪判決(九州朝日放送)

情報元 : 【福岡】女の子の笛引ったくり男に有罪判決(九州朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010006-kbcv-l40
公園で、小学生の女の子が防犯用の笛などをひったくられた事件で、福岡地裁は17日、窃盗の罪に問われている被告の31歳の男に懲役1年、保護観察付きの執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。判決によりますと、福岡県春日市の恩田大資被告(31)は今年5月、春日市の公園で、当時11歳の女の子が身に着けていた笛などを引ったくりました。これまでの裁判で、検察は懲役1年を求刑し、弁護側は起訴内容を認めた上で、執行猶予付きの判決を求めていました。17日の法廷で福岡地裁の岩田淳之裁判官は、「体力的に劣る当時11歳の女子児童に対する卑劣な犯行」とし、今後小学校や児童館などに出入りしないなどを条件に、懲役1年と保護観察付きの執行猶予3年の判決を言い渡しました。

“【福岡】女の子の笛引ったくり男に有罪判決(九州朝日放送)” の続きを読む

ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)

情報元 : ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000007-kyt-l25
 大阪府北部地震でブロック塀が倒壊し、女児が死亡した事故を受け、滋賀県内の19市町が、管理する公共施設や危険なブロック塀を急点検したところ、少なくとも106施設で不適合が確認されたことが、京都新聞社の調べで分かった。一部は既に撤去しており、他も撤去・補強を検討しているという。
 集計によると、建築基準に合わないブロック塀が確認されたのは112カ所。内訳は、控え壁の無設置が99カ所あり、控え壁の間隔が広すぎる塀が22カ所あった。基準で定められた高さ2・2メートルを上回ったのは10カ所、厚み不足は2カ所だった。
 大津市の学校施設では1カ所、上田上小(平野1丁目)で控え壁の間隔が基準を満たさなかった。隣接の歩道は通学路ではないが、地域住民が利用するという。また二つの中学で、不適合の疑いが見つかった。市教委は代替壁のめどが立った時点で撤去する方針という。
 甲賀市では8施設で不適合が見つかり、甲南図書交流館では、玄関前にある長さ60メートルの塀の高さが最大で3・2メートルあった。利用者が行き来する場所にあり、撤去する方針。
 長浜市相撲町の緑ケ浜自治会貸付地では、控え壁の間隔が約5メートルあり、通路や公園に隣接していた。今月中に撤去する。
 また、建築基準法の対象となるブロック塀ではないが、小中学校の敷地内でボールを当てる投てき板と呼ばれるブロック積みの壁などが4市で31カ所あり、倒壊の危険があるためいずれも撤去を予定している。
 彦根市、草津市、湖南市、日野町では公共施設のブロック塀は調査中としている。

“ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)” の続きを読む