キリンの赤ちゃん誕生 森きららで23年ぶり(長崎新聞)

情報元 : キリンの赤ちゃん誕生 森きららで23年ぶり(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000002-nagasaki-l42
 佐世保市船越町の九十九島動植物園(森きらら)は9日、アミメキリンの「いと」(5歳)が雄の赤ちゃんを出産した、と発表した。森きららでキリンの誕生は23年ぶり5頭目。
 森きららによると、8日午後4時ごろ出産。同6時すぎには自力で立ち、歩いたという。
 生まれた時は身長約175センチ、体重約60キロ。今のところ授乳は確認されておらず、飼育員が人工乳を与えている。今後は子育てがうまくいくようサポートしつつ、人工保育になる可能性も視野に入れて準備を進める。
 赤ちゃんの公開は3月以降になる予定。飼育員の村上浩一さん(32)は「無事に生まれてきてくれて安心した。手探りの状態だが、すくすく成長するように頑張りたい」と話した。

“キリンの赤ちゃん誕生 森きららで23年ぶり(長崎新聞)” の続きを読む

宝くじ幸運の女神・計良麻里加さん「バレンタインジャンボ」PR(福島民友新聞)

情報元 : 宝くじ幸運の女神・計良麻里加さん「バレンタインジャンボ」PR(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00010013-minyu-l07
 宝くじ幸運の女神の計良(けいら)麻里加さんは6日、発売中の「バレンタインジャンボ宝くじ」のPRのため福島民友新聞社を訪れた。
 1等2億円が12本、前後賞と合わせると3億円。1等と前後賞合わせて3000万円の「バレンタインジャンボ宝くじミニ」も同時発売している。いずれも1枚300円で22日まで。宝くじ公式サイトでも購入可能。抽せんは3月5日。
 計良さんは「自分用はネットで、大切な方には売り場で購入してチョコレートと一緒にプレゼントと、2種類の買い方を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

“宝くじ幸運の女神・計良麻里加さん「バレンタインジャンボ」PR(福島民友新聞)” の続きを読む

大隅地方で震度1の地震(MBC南日本放送)

情報元 : 大隅地方で震度1の地震(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00034397-mbcnewsv-l46
6日午前2時ごろ、大隅地方で震度1の地震がありました。震源地は大隅半島東方沖で、震源の深さはおよそ60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.1と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。
鹿児島県内の震度は、震度1が鹿屋市新栄町、志布志市志布志町志布志、錦江町田代支所となっています。

“大隅地方で震度1の地震(MBC南日本放送)” の続きを読む

静岡県高校新人大会(4日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 静岡県高校新人大会(4日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000019-at_s-l22
 静岡県高校新人大会は3日、静岡市立高などで行われた。バスケットボールは男女各4チームによる決勝リーグを行い、男子の藤枝明誠、女子の浜松開誠館がいずれも3戦全勝で優勝した。藤枝明誠は5年ぶり7度目、浜松開誠館は3年連続3度目。男女優勝校に加え、男子2位の飛龍と3位の静岡学園、女子2位の常葉大常葉と3位の駿河総合が9、10日に草薙このはなアリーナで行われる東海大会に出場する。ラグビーの決勝は聖光が東海大翔洋を40―21で破り、7連覇を果たした。サッカーは1回戦16試合を行い、常葉大橘が全国高校選手権に出場した浜松開誠館に完封勝ちした。

“静岡県高校新人大会(4日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000062-minkei-l40
 福岡三越(福岡市中央区天神2)の地下2階で1月19日、バレンタイン商品の展開が始まった。(天神経済新聞)「グマイナー」の「チェリーボンボン」 今年のテーマは「EncounterofValentine~出会い~」。花の国日本協議会が推進する「フラワーバレンタイン」に注目し、チョコレートと共に花を贈る提案や話題のチョコレートとの出会いを提案する。
 ラインアップは、アカデミー賞公式ギフトにも選ばれた「ショコラティン」の「ジュエリーシリーズギフト」(20点限定、4個入り、5,400円)、創業100年を超えるドイツのチョコ「グマイナー」の「チェリーボンボン」(4個入り、1,944円)などが初登場するほか、バラの花びらが入った「玖島ローズ」の「パヴェドローズ」(972円)、「ピエールマルコリーニ」の「バレンタインセレクションリミテッドエディション」(9個入り、3,780円)、「テオムラタ」の「ビーンズショコラ」(38グラム~40グラム、各720円~)など、新規11ブランドを含む全51ブランドを展開する。
 期間中、会場には「ショコラコンシェルジュ」が常駐し商品選びをサポートするほか、「フラワーバレンタイン」を知ってもらうため、同館1階・ライオン広場のライオン像をフラワーバレンタイン仕様にデコレーションする。
 営業時間は10時~20時。2月14日まで。

“福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

鍋にぴったり、とろみと甘み抜群 兵庫・篠山特産「デカンショ太ねぎ」収穫ピーク(神戸新聞NEXT)

情報元 : 鍋にぴったり、とろみと甘み抜群 兵庫・篠山特産「デカンショ太ねぎ」収穫ピーク(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000005-kobenext-l28
 寒い夜の鍋料理にぴったりの篠山特産太ネギ「デカンショ太ねぎ」の収穫が、兵庫県篠山市内で最盛期を迎えている。秋から冬にかけて気候が穏やかだったことから今季は豊作といい、生産者も「緑の葉まで食べられ、焼いてもおいしい。甘みと、とろみを味わって」。2月下旬まで出荷が続く。
 軟白部の長さ25センチ、太さ2・5センチ以上の「デカンショ太ねぎ」は白ネギと下仁田ネギから育成した品種で、2007年から篠山で栽培が始まり、出荷協議会が命名した。食味の良さが特徴で、昼夜の寒暖差が大きい気候風土と生産者の土づくりのこだわりが甘くて太いネギをつくる。
 篠山市の上野一郎さん(77)は約3アールの畑で育て、約1200本の出荷を見込んでいる。「すき焼きでも、焼きねぎでもおいしいけど手間がかかる。特に土づくりが重要」と栽培歴10年の上野さん。葉が折れたり倒伏したりと台風の影響に泣かされた時期もあったが、秋以降は天気も味方して、品質の良いネギに仕上がった。
 JA丹波ささやまが運営する農産物直売所、味土里館(篠山市東吹)で扱っており、1月中は2Lサイズ330円、Lサイズ270円の特別価格となっている。味土里館TEL079・590・1185
(尾藤央一)

“鍋にぴったり、とろみと甘み抜群 兵庫・篠山特産「デカンショ太ねぎ」収穫ピーク(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)

情報元 : 犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00364824-agara-l30
 和歌山県は、犯罪により重大な被害を受けた人への支援強化に取り組む。被害による経済的負担を軽減するため、生活資金として最高100万円を無利子で貸し付けたり、弁護士への相談費用を県が負担したりといった制度を新設する方針で、いずれも都道府県では珍しいという。関連する条例案と予算案を県議会2月定例会に提案する。
 県は「安全・安心まちづくり条例」により、犯罪被害者を支援してきたが、取り組み強化を求める声が支援関係者からあり、具体的施策を盛り込んだ「犯罪被害者等支援条例」の制定について検討してきた。
 県はこの条例に基づき、犯罪被害者や家族への生活資金貸付制度を設けたいという。警察庁には「犯罪被害給付制度」があるが、申請から給付まで、平均半年程度かかることから、その間の費用として貸し付ける。給付金が下りれば、県に貸付金を返還してもらう。また、法的な問題解決のため、必要に応じ、弁護士相談費用を県が負担する体制もつくる。
 県によると、犯罪被害者を支援する条例は近年、制定が相次ぎ、現在14道県が施行している。このうち、貸付金制度があるのは、神奈川県と山形県だけ。弁護士相談費用を県が負担する制度も少ないという。

“犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)” の続きを読む

アルティメット世界大会出場の男性が高知市長を訪問(テレビ高知)

情報元 : アルティメット世界大会出場の男性が高知市長を訪問(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010000-kutvv-l39
ニュースポーツ=「アルティメット」の世界大会に出場する高知市の男性が、大会を前に高知市の岡崎市長を表敬訪問し意気込みを語りました。
世界大会に出場するのは高知市の吉村佑一郎さんです。アルティメットはニュースポーツ=フライングディスク競技のひとつで、1チーム7人で行ないます。円盤をパスしながら前にすすみ、得点を狙います。今月末からの世界大会に出場する吉村さんは36歳。東京の大学に進学した際に、アルティメットに出会いました。高知では県内に唯一あるアルティメットのチーム=はりまや橋sに所属しています。また、高知市の幼稚園などでフライングディスクを広める活動もしています。
吉村さんはきょう岡崎市長を表敬訪問し、世界大会への出場を報告しました。
「両手で「ハンバーガーキャッチ」とか言うんですけれども挟むのが一番安定してキャッチできる。」
吉村さんは、岡崎市長と円盤のパスを実践。世界大会への意気込みをこのように語りました。
「高知県で僕1人が参加するので体調を万全にして高知家というのを前面に押して高知家を代表して一生懸命プレーしてきたいと思います。」
世界大会「2018ワールドマスターズアルティメットクラブ選手権」は今月29日から来月4日までカナダのマニトバで開かれます。吉村さんは男子33歳以上、女子30歳以上の男女混合チームの部門で出場します。

“アルティメット世界大会出場の男性が高知市長を訪問(テレビ高知)” の続きを読む