豪雨1週間…復旧道半ば 山形・戸沢村も盆の入り(さくらんぼテレビ)

情報元 : 豪雨1週間…復旧道半ば 山形・戸沢村も盆の入り(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010001-sakuranbo-l06
13日は盆の入り。記録的な豪雨に見舞われた山形県戸沢村はいつもの年と異なるお盆を迎えた。豪雨被害から1週間、住民たちは今なお、土砂の片づけなどに追われている。
被害が大きかった戸沢村蔵岡地区。ある家は福岡県から帰省した次男が片づけに追われていた。
(福岡県から帰省した男性)
「今年は帰ってくる予定はなかったが急きょ戻って来た。初めて家の中を靴で歩いた」
盆の入りを2日後に控えた11日、100人を超えるボランティアが蔵岡地区に入っていた。墓参りに間に合うよう丸一日かけて泥の掻き出しを行なった。
(蔵岡地区の男性)
「体も精神的にも滅入っているので、ボランティアの方々はすごくありがたい」
そして13日も、蔵岡地区の長林寺にはまだ泥が残る墓を掃除する人の姿があった。少しでもきれいな墓で墓参りしてほしいという寺の檀家だった。
(長林寺・斉藤仙邦住職)
「(ボランティアの人が)一切分け隔てなく、知らないお墓もみんなで綺麗にしていたのはすごく印象に残った」
多くの人の支えがあって迎えた盆の入り。訪れた家族は先祖に静かに手を合わせていた。
(墓参りに来た娘)
「雨で被害が大きかったが(墓が)無事に残っていて良かった」
(墓参りに来た父)
「墓参りできるか心配だったが、今年も来ることができて良かった」
一方、戸沢村の旧古口小学校は、後片付けの残骸いわゆる「災害ゴミ」の仮置き場となっていたが…
(記者)
「先週まで多くのゴミが置かれていたが、今はすっかり元通りになっている」
村によると、ゴミは12日までに全て撤去され、今後出たゴミは収集車で回収していくという。また大規模な崩落で寸断されていた県道も仮復旧している。復旧が進んでいるようにも見えるが、蔵岡地区では16日に開催予定だった夏祭りを今年は中止とした。
(蔵岡地区の女性)
「お祭りも全部中止で全部だめ。早く元の生活に戻りたい」
地域の年1回の楽しみも豪雨によって奪われた蔵岡地区の人たち。地区では14日、災害ボランティアによる復旧作業が再開される。

“豪雨1週間…復旧道半ば 山形・戸沢村も盆の入り(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

さようなら大煙突 東北電力八戸火力3号機撤去へ 臨海のシンボルも解体(デーリー東北新聞社)

情報元 : さようなら大煙突 東北電力八戸火力3号機撤去へ 臨海のシンボルも解体(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010006-dtohoku-l02
 2016年7月に廃止された青森県八戸市河原木の東北電力八戸火力発電所3号機が今秋にも撤去される見通しだ。同機に備え付けられた高さ約120メートルの大煙突も解体予定。長年にわたって八戸の産業発展に寄与するとともに、市内で最も高い構造物として市民や工業関係者に長い間親しまれてきた“臨海工業地帯のシンボル”が姿を消すこととなり、地元関係者からは「時代の流れなので仕方ないが、寂しくなる」と惜しむ声が上がっている。
 同発電所は戦後の増大した電力需要に対応するため1958年、同社初の大型火力発電所として営業運転を開始。当初の10年間は石炭を燃料とする1、2号機の2機態勢だったが、64年に同市が新産業都市に指定されたことなどをきっかけに、68年から重原油を燃料として使う出力25万キロワットの3号機の運転が始まった。
 72年に4号機が稼働して最大65万キロワットをカバーし、近隣の工場など大口顧客のニーズに対応して地域発展の原動力となった。赤と白の2色に塗られた大煙突は、工業地帯のランドマークとして存在感も示してきた。
 2006年4月に4号機が廃止となった後は、3号機だけで稼働。2011年3月、東日本大震災の津波被害を受けたが、10日後に運転を再開し、フル稼働で電力不足を補った。半世紀近く運転を続けたものの、老朽化と環境負荷の低減などを理由に運転停止に。液化天然ガス(LNG)が燃料で、ガスと蒸気を併用した高効率の発電方式を導入した5号機(12年運転開始、出力41万6千キロワット)にその役割を譲った。
 地元の工場の魅力や価値を発信する「八戸工場大学」の学長を務める尾刀幸雄さんは「3号機を(臨海地帯の)一つの目印にしていた漁業者もいると聞いた。幅広い年代や職業の市民が思い入れを持っているのだろう」と寂しげに語った。
 市は17、18の両日、同発電所敷地内で「さよなら、ぼくらの大煙突」と題し、参加者がエアロバイクをこいで発電した明かりで3号機を照らすライトアップイベントを開催する。参加無料で、時間は2日間とも午後7~8時半。

“さようなら大煙突 東北電力八戸火力3号機撤去へ 臨海のシンボルも解体(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

JR木次線 豪雨による不通区間1か月ぶり再開(RCC中国放送)

情報元 : JR木次線 豪雨による不通区間1か月ぶり再開(RCC中国放送)RCCBROADCASTINGCO.,LTD.https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00174800-rccv-l34
豪雨災害の影響により、運転を休止していたJR木次線の一部区間が8日から運転を再開しました。
「運転を再開した木次線・備後落合駅です。土のうや土砂崩れなど、豪雨災害の影響の跡が見られます」
(繁高記者)
JR木次線は、西日本豪雨災害で芸備線の鉄橋が流失したことで、線路に沿って敷かれていたケーブルが断裂するなどし、備後落合駅構内の信号やポイントの切り替えができなくなりました。
そのため備後落合と出雲横田の間で運転を取りやめていました。
JRは当初、復旧には1年以上かかると見込んでいましたが、ほかの路線のケーブルを使用することで復旧が可能となり、予定よりも大幅に早く運転再開にこぎつけました。
8日朝、再開を待ちわびていた乗客が出雲横田方面からの始発の便で備後落合駅に到着しました。
「1年以上かかると言われていたがスピード復旧だったので、すごくうれしいです」
(兵庫からの乗客)
午後には、観光トロッコ列車「奥出雲おろち号」も備後落合駅を出発します。

“JR木次線 豪雨による不通区間1か月ぶり再開(RCC中国放送)” の続きを読む

深刻な水不足は観光にも打撃・ダム湖ひび割れボートツアー運航できず 山形・長井市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 深刻な水不足は観光にも打撃・ダム湖ひび割れボートツアー運航できず 山形・長井市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00010002-sakuranbo-l06
山形県内で深刻化している水不足は農業だけでなく観光にも影響を与えている。長井市の長井ダムでは渓谷の絶景を楽しむことができるボートツアーが運航できなくなっている。
長井市の置賜野川に作られた長井ダム。豊富な水を湛え、麓の田んぼに秋の実りをもたらすはずのダム湖「ながい百秋湖」は3日、水位が大きく下がり、ひび割れた地面がむき出しとなっていた。
(記者)
「最終運航した7月には私の立っている場所まで水があったが、今はほとんど水が流れておらず、地面もひび割れしている」
百秋湖では、高さ50メートルを超える断崖絶壁からなる三淵渓谷をゴムボートで行くツアーが人気で、市を挙げて新たな観光資源としていた。
しかしダムの貯水率は61.1%で、満水時に比べ水位は11.5メートルも下がっている。乗船場所に水が無く、上流部も運航に必要な水深が無いため、ボートツアーは7月29日を最後に運航見合わせとなっている。ボートツアーを始めて5年になるNPO法人の佐藤五郎さんは「運航再開の目途は立たない」と話す。
(最上川リバーツーリズムネットワーク・佐藤五郎代表)
「(夏休みに)遠くに行っている子供達が実家に帰ってくるとか、親御さんが子どもたちを案内すると楽しみにしていた。案内できなくて非常に残念」
今後、ダム湖の斜面が日光や風にさらされ崩れるような事態に至ると、ボートツアーのルートが塞がれる恐れがあると言う。
そして、雨不足の影響は川西町でも見られた。
(記者)
「川西町のダリヤ園。通常ならこの時期5割程度の花が咲いている状況が、連日の暑さと水不足の影響で2割ほどしか咲いていない」
ダリヤ園の営業は1日に始まったが、花の育ちが悪く、急遽入園料を無料とする措置をとった。いつもの年は梅雨の6月に降る雨で背丈が伸び色づきが進むが、高地のメキシコが原産で涼しい所を好むダリアは乾燥にも弱く過酷な夏となっている。園内の地面を見てみると・・・。
(川西町産業振興課・内谷新悟さん)
「ヒビが入っているということは土が乾燥しているので、こういう状態になるとダリアから逆に水分を土が奪ってしまうことになるのでダリアが弱ってしまう」
ダリヤ園は、毎日朝と夕方の2回、水やりしてようやく花を咲かせたが、この暑さで咲いた花は2~3日で枯れてしまう。ダリアは秋になっても花が咲き、ダリヤ園の営業も11月まで続くことから内谷さんは今後の雨を期待していた。
(川西町産業振興課・内谷新悟さん)
「35年ダリアに関わっているがこんなことはまず無かった。降ってほしい。待ち望んでいる」
3日の県内は高気圧に覆われて気温が上がり、最高気温は高畠で33.9℃、山形で33.8℃、米沢で33.5℃となるなど、22ある観測地点のうち20ヵ所で真夏日となった。
各消防本部によると、熱中症とみられる症状で山形市や上山市など4市町で計5人が救急搬送され、このうち西川町の50代男性が郵便局で順番待ちをしていた際、具合が悪くなり重症となっている。

“深刻な水不足は観光にも打撃・ダム湖ひび割れボートツアー運航できず 山形・長井市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

四国電力の第1四半期の連結決算 伊方3号機停止で厳しい収支に…(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 四国電力の第1四半期の連結決算 伊方3号機停止で厳しい収支に…(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010017-ksbv-l37
 四国電力が今年4月から6月まで、第1四半期の連結決算を発表しました。伊方原発3号機が運転を止めている影響で厳しい収支となりました。
(四国電力/佐伯勇人 社長)
「営業損益は139億円悪化の47億円の損失。収支状況の改善を図るためにも、一日も早く仮処分命令を取り消していただきたい」
 四国電力の第1四半期の売上高は、小売りや卸販売の電力量が減ったため、前年度比41億円減の1657億円でした。
 一方、営業費用は、伊方原発3号機の停止や火力発電の燃料価格上昇の影響で、前年度比100億円増の1705億円でした。
 伊方3号機について広島高裁が去年12月、運転差し止めの仮処分を決定し、稼働していません。運転差し止めをめぐって、高松高裁や広島地裁などでも訴訟が行われていて、見通しは不透明です。
 31日の会見で佐伯社長は「伊方3号機の運転再開が経営基盤の安定化に不可欠だ」と訴えました。

“四国電力の第1四半期の連結決算 伊方3号機停止で厳しい収支に…(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

南阿蘇の観光イチゴ園 再建に一歩前進(RKK熊本放送)

情報元 : 南阿蘇の観光イチゴ園 再建に一歩前進(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000008-rkkv-l43
熊本地震で大きな被害を受けた南阿蘇村の立野地区では、観光イチゴ園を営む木之内農園で再建の目途が立ち、安全祈願祭が行われました。
南阿蘇村立野地区にある木之内農園は、熊本地震の本震でイチゴの施設や苗が倒壊、また農業の生命線である水も来なくなったことから、イチゴ畑の閉鎖を余儀なくされ、壊滅的な被害を受けました。
地震から2年あまり。ようやくこれまでより少し離れた場所に新しい農園を借りることができ、立野地区で再建することになりました。
新しい敷地はおよそ8000平方メートルで来年1月にはハウスが完成。その後秋にはおよそ6万本のいちごの苗を植える予定です。
「地震の時に崩れ去ったハウスの前で呆然と立ち尽くしていたことを思い出すとまたここに新しいハウスが建つということは本当に嬉しいし、みなさんに来ていただいてこの地域にお客様の笑顔が戻ってこれると最高ですよね」(木之内農園:村上進社長)
木之内農園では来年の12月ごろから、観光いちご狩りを再開させたいということです。

“南阿蘇の観光イチゴ園 再建に一歩前進(RKK熊本放送)” の続きを読む

台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010009-ksbv-l33
 台風が去り、ボランティアが戻ってきました。台風12号の接近により中止していたボランティアの受け付けが倉敷市で再開されました。
 午前10時には、気温が32度を超える中、台風の影響で3日間中止していたボランティアが倉敷市真備町に戻ってきました。31日は、バスに乗って、おかやま山陽高校の生徒もボランティアにやってきました。
(おかやま山陽高校/原田一成 校長)
「子どもたちは力はありますので、幸い夏休みですので、できる人ができることをしっかりとやっていこうと、呼びかけました」
 原田校長の呼びかけに集まったのは、野球部など運動部を中心に131人。中には、家が被災した生徒もいます。
(おかやま山陽高校 野球部/井元将也 元主将)
「自分の家はだいたい終わりました。復興まではまだまだ時間がかかると思うんですけど、できることを自分たちがやっていけたらなと思います」
 県外のボランティアも参加しています。兵庫県姫路市から来た男性は、他のボランティアとチームを組んで活動しています。
 向かった先は被災者の家。冷蔵庫など重い電化製品を軽トラックに積んでいきます。男性が真備町に来るのは2回目で、台風による2次被害も心配していました。
(姫路からのボランティアはー)
「(台風による)雨の被害もあんまり聞いてないんで、よかったかなと思います」
(被災した家の人はー)
「台風はきのうのはもう全然関係なし。きのう来てたらアウトですよここらは」
 汗をかきながらこまめに休憩をとりつつ、2軒の家を手伝いました。
(記者)
「こちらの浸水した家では、家具が運びだされ片付けは進んでいるものの、床下にたまった大量の泥をかき出すために、まだまだ人手が必要です」
(愛知からのボランティアはー)
「きょうは家の泥を排出する作業ですね。ちょっとでも助ければいいなと思いますけど」
 倉敷市災害ボランティアセンターによると、7月24日よりも100人多い、900人を超える受け付けがあったということです。

“台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

津保川氾濫で浸水のうなぎ店 「二の丑」前に営業再開(岐阜新聞Web)

情報元 : 津保川氾濫で浸水のうなぎ店 「二の丑」前に営業再開(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00061925-gifuweb-l21
 来月1日の土用の「二の丑(うし)」を前に、今月8日の津保川の氾濫で浸水被害に遭った岐阜県関市上之保の老舗うなぎ店「栄屋」が営業を再開し、香ばしい匂いを漂わせている。
 豪雨の際、店舗兼住宅には床上まで濁流が流れ込み、書き入れ時の丑の日(20日)を含め18日間の休業を余儀なくされた。
 泥のかき出しや厨房(ちゅうぼう)機器の修理を終え、26日に店を再開すると、常連客がスイカや菓子を届けて見舞ってくれた。「また来るよ」「頑張ってね」と励まされ、「ありがたいですわ」と店主の河合清孝さん(65)は喜ぶ。
 住宅部分の1階は乾燥のため床を外したままで、地元川合下地区を含め流域の復旧もまだまだの中での再開。「やらんといかん。その方がみんなのためだし、自分のためにもなる」と気持ちを奮い立たせている。
 同店は水曜定休。

“津保川氾濫で浸水のうなぎ店 「二の丑」前に営業再開(岐阜新聞Web)” の続きを読む

役場庁舎解体で監査委員「範囲を超えた判断だった」/岩手・大槌町(IBC岩手放送)

情報元 : 役場庁舎解体で監査委員「範囲を超えた判断だった」/岩手・大槌町(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010001-ibciwatev-l03
 岩手県大槌町役場の旧庁舎の解体中止を求めて、住民が提出した監査請求について先週、請求を退ける結果が示されたことについて、町の監査委員は30日、記者会見し「監査委員に求められる範囲を超えた判断だった」と述べました。
(監査委員)
「もっと(旧庁舎を)残しておいて、社会的に重要なものだという観点から見れば、監査委員はなぜ価値がないというのかと言われるかと思うが、監査委員に求められる範囲を超えていると認識して、こういう結果を出しております」
 今月26日示された監査結果では、「津波で全壊した旧庁舎は使用することができず、経済的な価値はないという根拠から、監査請求の対象にならない」とされました。会見での監査委員の発言は、震災遺構の社会的な価値を、誰がどう判断するかを決める仕組みがないという課題を、改めて浮き彫りにしました。一方、監査請求を提出した住民の一人、大槌町の僧侶高橋英悟さんは、「今後の対応ついて現在、弁護士と協議していて来月のはじめに、方針を発表したい」と話しています。津波で被災した大槌町役場の旧庁舎は、先月18日に解体工事が始まったものの、町の手続きの不備や、有害物質であるアスベストの調査がされていなかったことがわかり、工事が中断しています。町は来月中旬に、専門業者によるアスベストの調査を実施した上で、工事を再開する方針です。

“役場庁舎解体で監査委員「範囲を超えた判断だった」/岩手・大槌町(IBC岩手放送)” の続きを読む

芸備線代行バス 長期化危惧する声も(RCC中国放送)

情報元 : 芸備線代行バス 長期化危惧する声も(RCC中国放送)RCCBROADCASTINGCO.,LTD.https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00168500-rccv-l34
JRは、芸備線などの不通となっている区間でバスによる代行輸送を開始しています。
利用客からは歓迎の一方で、長期化を心配する声なども聞かれました。
安芸高田市にある芸備線の向原駅前のバス停には、午前6時前の始発に乗ろうと利用客たちが列を作っていました。
「やっと動き出してよかった」
(広島市へ通勤 男性)
「バスの中は窮屈だし、友達と話すのも声を控えないといけない」
(広島市へ通学 男子高校生)
芸備線は下深川と広島の間では23日に運転を再開しましたが、そのほかの区間については長いところで再開までに1年以上かかる見通しで、利用者は当面代行バスに頼らざるを得ません。
「再開までの期間が思ったより長い。不便な状態が少しでも早く終わってくれたらと思う。利用者が多くなると乗れない人が出てくると思うので、便数を増やしてほしい」
(広島市へ通学 女子高校生)
JRでは、三次と下深川の間では道路状況を考慮して列車より4便少ない1日15便の代行バスを走らせていて、今後の利用状況を見極めたいとしています。

“芸備線代行バス 長期化危惧する声も(RCC中国放送)” の続きを読む