長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)

情報元 : 長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000003-nagasaki-l42
 長崎のまちに約1万5千個の明かりがともる26回目の長崎ランタンフェスティバルが2月5日から19日まで15日間、長崎市中心部で開かれる。新地町の湊公園に置かれるメインオブジェは、吉祥に関わる霊獣、麒麟(きりん)5頭を配置した「五麟(ウーリン)」(高さ10メートル、幅4・5メートル)。16日の皇帝パレードは、サッカーJ2、V・ファーレン長崎の手倉森誠監督が皇帝役を務める。
 実行委が1月17日、イベント概要を発表した。
 長崎ランタンフェスティバルは新地町の長崎新地中華街の人々が始めた「春節祭」に由来。今年は人気アニメ「キングダム」とのコラボレーションや、江戸町の出島表門橋公園でランタンを夜空に浮かべる「スカイランタン」などもある。
 皇帝パレードは2月9日と16日。午後2時に賑町の中央公園で出発式。浜町の商店街などを通り、諏訪町の市立諏訪小へ向かった後、湊公園まで練り歩く。同校から湊公園までは、全日本マーチングコンテスト金賞の活水中・高吹奏楽部が先導する。
 9日の皇帝役は長崎ランタンフェスティバル企画幹事会相談役の林敏幸さん、皇后役は人気アイドルグループ「乃木坂46」を昨年12月に卒業した本県出身の川後陽菜さん。16日の皇后役は長崎生まれのタレント、松尾悠花さんが務める。
 10日と17日は市民約100人による「媽祖(まそ)行列」がある。
 期間中のランタンやオブジェの点灯時間は午後5時~10時。期間中の金、土曜は一部を除き点灯時間を1時間延長する。

“長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)” の続きを読む

顔がすっぽり隠れる”特大の茶碗”で!「新春大茶盛式」(関西テレビ)

情報元 : 顔がすっぽり隠れる”特大の茶碗”で!「新春大茶盛式」(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-19274205-kantelev-l29
奈良市の西大寺では、特大の茶碗でお点前を楽しむ「新春大茶盛式」が行われました。
【参加客】
「(茶碗を持って)重い」
使われているのは、顔がすっぽり隠れるほど巨大な茶碗。
大きなもので直径40cm、重さは5kgにも達します。
大茶盛は、鎌倉時代に西大寺を再興した叡尊上人が、正月に供えたお茶の残りを民衆に振る舞ったのが起源とされ、大きな茶碗で回し飲みをすることで、和を深める願いも込められています。
茶碗以外の道具もすべて特大で、お茶を点てる茶せんもこの大きさです。
【参加客】
「歴史の重みを感じて、大変おいしゅうございました」
会場には笑みがあふれ、和やかな雰囲気に包まれていました。

“顔がすっぽり隠れる”特大の茶碗”で!「新春大茶盛式」(関西テレビ)” の続きを読む

都島知人女性殺害の男 起訴内容を一部否認「『一緒に死のうか』と言われ」(MBSニュース)

情報元 : 都島知人女性殺害の男 起訴内容を一部否認「『一緒に死のうか』と言われ」(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00026153-mbsnewsv-l27
 知人女性の首を絞めて殺害したとされる男の裁判員裁判が始まり、男は起訴内容を一部否認しました。
 無職の海江田典孝被告(43)はおととし10月、大阪市都島区の自宅で知人の北牧菜津美さん(当時31)の首をロープで絞め殺害した罪などに問われています。16日の初公判で海江田被告は、「『一緒に死のうか』と言われ、彼女を死なせてしまった」と起訴内容を一部否認。弁護側は「北牧さんの嘱託を得ていて、同意殺人罪が成立する」と主張しました。一方、検察側は「北牧さんに死を決意するような事情はなかった」と指摘しました。

“都島知人女性殺害の男 起訴内容を一部否認「『一緒に死のうか』と言われ」(MBSニュース)” の続きを読む

水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)

情報元 : 水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00364368-agara-l30
 和歌山県串本町大島にある水門(みなと)神社の例祭「水門祭」(2月8、9日)に向け、獅子舞の稽古始め「獅子出し」が15日、紀伊大島開発総合センターであった。祭り関係者約50人が集まる中、地元の青年らでつくる「大同会」が獅子舞を披露した。
 祭りは大島の北、北中、南、南中の4組が順番で当番を務めており、今年は南中組(宮下漁次組長)が当番。祭典執行委員長は浜口平さん(54)が務める。
 獅子出しでは、大島区の稲田賢区長(69)が「今日から祭りの準備が始まる。若い人の力なくして祭りを執行することは難しい。協力をお願いする」とあいさつ。乾杯の後、大同会が「乱獅子」を披露した。獅子舞は、総仕上げとなる「衣装付け」(2月7日)まで、ほぼ毎夜稽古する。
 大同会の吉田龍会長(32)は「若い会員が増えてきたので、しっかりと伝統を引き継いでいきたい」、大同会のOBらでつくる祭典保存会の吉田隆会長(59)は「自衛隊の力を借りながら、何とか祭りを続けている。昔は独身の男が祭りを担っていたが、今は結婚している人が多く苦労を掛けている」と話していた。

“水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)” の続きを読む

ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)

情報元 : ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010001-fukui-l18
 福井県福井市内にある二つの自治会が、解散したことが分かった。ともに少数の高齢世帯で構成しており、地区の自治会連合会などから割り振られる役職を務める負担が大きくなったためとみられる。福井県市町振興課によると、合併に伴う解散以外で、住民が居住しながら自治会がなくなるのは県内で初めて。超高齢社会の影響や地域コミュニティーの希薄化に伴う自治会解散の連鎖も今後懸念される。
 解散したのは、美山地区の東俣町にある「東俣町自治会」と、市中心部に近い乾徳2丁目の一画にある「乾徳10自治会」。市は昨年12月27日と今年1月4日にそれぞれの自治会廃止届を受理した。
 東俣町自治会は6世帯14人、乾徳10自治会は6世帯11人で構成。ともに住民のほとんどが70歳を超えており、福祉委員、青少年育成推進員などの役職を担うことが負担になっていたようだ。
 「自治会は災害など万一の際に互助組織として機能する。できるならば維持することが望ましい」とする市は、東俣町に隣接自治会との合併を勧めたが、「(他の集落に)迷惑をかけたくない」などと了解を得られなかった。ただ、災害に備え最低限の連絡体制を残しておくため、市との情報伝達役になる行政嘱託員は住民に引き受けてもらった。住宅街にあり周辺に自治会が多数ある乾徳については、今後合併を働き掛けていく。
 自治会の解散により、防犯灯の設置・電気料の補助金、ごみステーション美化協力金などの各種補助が受けられなくなる。
 両地域の住民とも、解散前と変わらない暮らし、集落機能は維持したい意向。東俣町は地区に対し必要な負担金は今後も納めることを検討し、ごみステーションも住民が協力して管理していくとみられる。乾徳では街灯の電気代を自治会の積立金から支払う予定。
 市自治会連合会の奥村清治会長は「高齢者への目配りができなくなるのでは」と心配し、自治会の解散が今後連鎖する事態も危惧する。
 市まち未来創造室によると、市内には1543の自治会があり、平均世帯数は約50世帯。高齢化による役員の担い手不足に陥る自治会は増えているという。このため市は自治会の合併を後押しし、合併後3年間は補助金を交付している。2013~17年度に22自治会が9自治会に再編された。

“ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)

情報元 : 夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010001-fukui-l18
 福井県は1月7日、文豪夏目漱石の第一高等中学校(後の旧制一高、東京大教養学部の前身)在学時の成績を記した手帳が、越前市生まれの哲学者で教育者の松本源太郎が残した資料群から見つかったと発表した。松本が同校教諭時代に採点した論理学の成績とみられ、漱石がクラスでトップの優秀な生徒だったことが分かる。【画像】こちらも福井で発見、漱石直筆はがき 漱石研究者の中島国彦・早稲田大名誉教授は「今までほとんど資料がなかった第一高等中学校時代の勉学の状況を知ることでき大変貴重」としている。
 漱石が本科1年だった1888~89年の論理学の成績とみられ、1学期は「80」、2学期は「90」で合計点数はクラス最高だった。成績帳には漱石のほか俳人正岡子規や福井市生まれの国文学者芳賀矢一らの成績も記されており、各界で活躍した先人たちの若き日の様子もうかがえる。
 松本の子孫が2015年に成績帳を含む資料群を越前市に寄託し、県立こども歴史文化館が漱石研究者の中島名誉教授らに確認し貴重な資料と分かった。

“夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

犯罪にタックル! 魚津工高ラグビー部、110番通報も実演(北日本新聞)

情報元 : 犯罪にタックル! 魚津工高ラグビー部、110番通報も実演(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00119060-kitanihon-l16
 10日の「110番の日」に合わせて魚津署は9日、魚津市のショッピングセンター・アップルヒルで魚津工業高校ラグビー部員を招いたPR活動を行った。昨年末に全国高校ラグビー大会に出場した3年生が引ったくり犯役の署員にタックル。買い物客らに“花園”仕込みのパワーを披露し、110番を実演した。
 買い物客のバッグを奪った犯人を取り押さえ、110番するという想定で行った。金沢優希さん(3年)がタックルし、北條靖彦さん(同)が110番。冷静に周りを見渡し、詳しい現在地や状況、犯人役の特徴などを伝えた。
 金沢さんは「(タックルで捕まえるのは)気持ちがよかった」、北條さんは「緊張したけど的確に伝えられた」と振り返った。犯人役の信濃啓登(よしのり)桃山交番巡査(24)は「逃げようと試みたが、しっかりブロックされた。いいタックルだった」と話した。110番のかけ方などを伝えるチラシやティッシュも配った。

“犯罪にタックル! 魚津工高ラグビー部、110番通報も実演(北日本新聞)” の続きを読む