お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)

情報元 : お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010002-kutvv-l39
きょうは盆の入り。高知市のわんぱーくこうちは帰省客や家族連れでにぎわいました。
きょうも気温が上がり、日中の最高気温は大栃で34.7度、高知で34.5度など県内全域で真夏日に、江川崎では35.1度と猛暑日となりました。この暑さの中、高知市のわんぱーくこうちはお盆の帰省客や観光客らでにぎわい、多くの家族連れが水遊びなどを楽しんでいました。
「楽しいです。(夏休みにしたいことは)虫取り。」
また、わんぱーくこうち内にはミストが設置されている場所があり、訪れた人たちの憩いの場になっていました。
「暑いですね今年は特に。ここ(ミストの中)はすごく涼しいですね。ありがたいです。」
暑さ対策は動物たちにも。ミストの下で休むシマウマや飼育員さんにもらった氷のペットボトルにぴったり寄り添うモルモットの姿が見られました。この暑さに日陰に大集合した動物たちもぐったり。あまりの暑さに百獣の王ライオンもこの姿。
わんぱーくこうちアニマルランドではさらにホットな話題が・・・
今月10日、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生しました。名前はまだ決まっていませんがすでに展示されています。大人のニホンカモシカと違い真っ黒な毛が特徴的で、一年もすれば親離れするということです。
お母さんカモシカに甘える可愛らしい姿を見られるのも今だけです。こちらがカモシカの赤ちゃんの写真です。お母さんにぴったり寄り添う姿が愛くるしいですよね。この夏ぜひニホンカモシカの赤ちゃんに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

“お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)” の続きを読む

アイドルを美しく、巨匠の技学ぶ 9月に明和でモデル撮影会(産経新聞)

情報元 : アイドルを美しく、巨匠の技学ぶ 9月に明和でモデル撮影会(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000019-san-l10
 明和町教育委員会は、10月13日に同町南大島の日本キャンパックホール(同町ふるさと産業文化館)で公開審査と表彰式が行われる「第12回明和フォトコンテスト」に合わせ、地元出身の著名写真家、野村誠一さんが指導するモデル撮影会を9月1日に同ホールで開く。プロの女性モデルを撮影でき、コンテストの「モデルの部」の応募対象となる。女性をより一層美しく撮る秘訣(ひけつ)が学べそうだ。
 野村さんはアイドル撮影の第一人者で、グラビア界の巨匠で知られる。最近では、韓国の女性プロゴルファー、アン・シネさんを撮影した写真集も話題となった。本業の傍ら、同町の「ふるさと大使」も務めている。
 撮影会のモデルは、CMや舞台で活躍の場を広げるタレントの芦田美歩さん、ヴァニーさん、野村さんが「発掘」した16歳の逸材、長谷川愛さんの3人。
 参加費無料。資格は原則、町と近隣市町に在住、在勤、在学している人。申し込みは今月24日まで、同ホールで指定用紙によるファクス0276・84・5580か、(電)0276・84・5555で受け付ける。
 コンテストは「モデルの部」のほか、町内で撮影し、町の魅力を表現した作品の「ふるさと明和の部」、身近で大切な人の笑顔を撮影した作品の「みんなの笑顔の部」も。各部門の最優秀賞1点、優秀賞2点、入選5点を表彰する。
 資格は撮影会と同様で、各部門とも1人3点まで応募可能。締め切りは9月22日で、郵送の場合は当日必着。問い合わせは同ホール(電)0276・84・5555。

“アイドルを美しく、巨匠の技学ぶ 9月に明和でモデル撮影会(産経新聞)” の続きを読む

責任と自覚胸に 42人晴れの門出 西和賀町成人式【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 責任と自覚胸に 42人晴れの門出 西和賀町成人式【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010004-iwanichi-l03
 西和賀町の2018年度成人記念式は15日、同町上野々の町文化創造館銀河ホールで行われた。平成最後の成人式に出席した新成人は、大人としての責任と自覚を胸に新たな時代に向かって第一歩を踏み出した。
 式には1997年4月2日~98年4月1日に生まれた町内在住、出身の対象者42人のうち31人が出席。細井洋行町長や高橋一夫副町長、佐藤敦士教育長、町議、町職員、町内の学校関係者、各種団体の代表者らが見守った。
 終戦記念日に当たり、初めに戦没者に対する黙祷(もくとう)を行った後、細井町長が「どこに住んでいても西和賀人としての誇りと愛着を持ち、しっかりと古里とのつながりを保ち続けながら生きてもらいたい」と式辞。来賓祝辞で深澤重勝町議会議長は「どんな時でも自分の将来像をイメージし、揺るぎない信念と決意で新しい時代に向けて飛翔することを願う」と激励した。
 新成人一人ひとりの名前が読み上げられた後、新成人を代表し、沢内字猿橋在住のアルバイト山田大仁さん(21)が細井町長から成人証書を受け取った。
 誓いの言葉では、仙台市在住の地方公務員小田島潤さん(20)=湯田出身=が「平成最後の成人式という節目に新たなスタートを切ることができて幸せ。支えていただいた全ての皆さんへの感謝を忘れず、優しくたくましく生きていく」、同市在住の大学生石川栞銘さん(20)=沢内字若畑出身=が「家族をはじめ友人や恩師、地域の皆さんへの感謝の気持ちと西和賀で生まれ育った誇り、成人としての決意を心に刻み、これからの人生を歩んでいく」とそれぞれ決意を語った。
 式後に行われた新成人主催の記念行事では、中学時代の写真を上映しながら当時の思い出を振り返ったほか、湯田、沢内両中学校の当時の恩師から祝福と激励のメッセージが贈られた。

“責任と自覚胸に 42人晴れの門出 西和賀町成人式【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

ホテルオークラ福岡で「アートフェアアジア福岡」 客室にアート作品展示 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ホテルオークラ福岡で「アートフェアアジア福岡」 客室にアート作品展示 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000046-minkei-l40
 ホテルオークラ福岡(福岡市博多区下川端町3)9階フロアで9月8日・9日、現代アートフェア「ARTFAIRASIAFUKUOKA(アートフェアアジア福岡)2018」が開催される。(博多経済新聞)
 ホテルの客室を会場にアート作品を展示。アートを身近に感じてもらおうと2015年から開かれ、4回目となる今回は韓国、香港、台湾、シンガポールなど海外からの参加も含め国内外37のアートギャラリーが参加する。ギャラリストたちが選んだ絵画、彫刻、立体、版画、写真などさまざまなアート作品を客室ごとに異なった趣向で展示。ギャラリストや作家と交流でき、作品はその場で購入できる。
 会期中、会場の一室ではギャラリストと来場者が審査する新人作家公募展「AFAFAWARDS2018」も行う。
 開催時間は8日=11時~19時、9日=11時~18時(入場は閉場の30分前まで)。入場料は1日券=1,500円、2日間通し券=2,500円で、2日間通し券はチケットぴあのみで販売。中学生以下は保護者同伴に限り無料。

“ホテルオークラ福岡で「アートフェアアジア福岡」 客室にアート作品展示 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

横手で「おもてなし講習会」 専門家招き実践向けマナー講習 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で「おもてなし講習会」 専門家招き実践向けマナー講習 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000002-minkei-l05
 横手市ふれあいセンター「かまくら館」(横手市中央町8)で8月29日、「おもてなし講習会」が開かれる。(横手経済新聞)「おもてなし講習会」実践編の様子(写真は2016年) これからの行楽シーズンや雪まつりに向け、ホスピタリティーの向上を目的に横手市と横手市観光推進機構(駅前町1)が主催する講習会は3回目。
 佐藤礼法着物教室(湯沢市表町)を主宰する佐藤友子さんが講師を務め、仕事で役立つ基本マナーや振る舞い、言葉使いなどの実践向け「おもてなし」法を講習する第1部と、岩手県北観光・岩手県北バスグループでインバウンドを担当する大畠孝志さんが、外国人観光客への対応や心構えについて講習する第2部に分けて開く。
 開催日時は、第1部=13時30分~15時、第2部=15時15分~17時。参加無料。申し込みは横手市観光推進機構(TEL0182-38-8652)。締め切りは8月15日。

“横手で「おもてなし講習会」 専門家招き実践向けマナー講習 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

小学生が政策発表? 奈良県庁で1日こども知事体験(Lmaga.jp)

情報元 : 小学生が政策発表? 奈良県庁で1日こども知事体験(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00046135-lmaga-l29
小学生が知事の仕事について学ぶ『1日こども知事』が3日、「奈良県庁」(奈良県奈良市)で開催。小学校5~6年生の児童10名が、各室執務体験や記者会見など知事の仕事を体験した。【写真】当日は奈良県のマスコットキャラクターせんとくんも駆けつけた『1日こども知事』は毎年、小学校の夏休み期間に開催。県庁などでおこなっている公の仕事に興味を持っている児童や、県知事や市町村長に将来なってみたいと思っている子どもたちに奈良県政に興味を持ってもらい、奈良に愛着を深めてもらうことが目的。今回参加したのは、応募総数126人から選ばれた10人の児童だ。
この日のプログラムは、実際に議会がおこなわれている議会本会議場で知事の就任挨拶をしたり、奈良の食材を使ったお弁当の昼食、防災統括室での執務体験、奈良の木ブランド課での奈良の木を用いた木工体験と、盛りだくさん。なかでも、模擬記者会見では知事になってしたいことを発表。それに対し、現役の記者たちが質問するというプログラムもおこなわれた。
今回参加した岡本哩空(おかもと・りく)くんは、「奈良県の魅力を知ってもらう奈良観光名所周遊ツアーで現在、奈良北部に集中している旅行ツアーに吉野など南部の魅力も盛り込んだ新しいツアーを企画して定期的に開催したい」と、公務員も顔負けのプランを発表。記者から、「知事にとって必ず盛り込みたい名所はどこですか?」と質問されると、「歴史が好きなので剣術発祥の地、柳生宗厳の剣豪の里です」と応え、記者たちを感心させた。
取材・文・写真/岡田由佳子 写真/奈良県提供

“小学生が政策発表? 奈良県庁で1日こども知事体験(Lmaga.jp)” の続きを読む

ダウン症の高校生が写した笑顔と風景100枚 京都で写真展(京都新聞)

情報元 : ダウン症の高校生が写した笑顔と風景100枚 京都で写真展(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000002-kyt-l26
 ダウン症候群の男子高校生が日常をテーマに撮影した写真の作品展が、京都市中京区三条通御幸町の同時代ギャラリーで開かれている。笑顔や風景の写真を和紙に印刷することで温かみを出した約100点に、訪れた人が見入っている。
 呉竹総合支援学校高等部2年の中田啓瑛さん(16)=伏見区=の4回目の個展「十六年展・ケイヨウの写真館」。休日に母と出掛けた先で、一眼レフカメラで出会った人や風景を撮影している。
 今年の個展では老若男女の自然な笑顔や、人の少ない京都の路地に焦点を当てた。大阪の街で働く男性などを収めた作品もある。
 来場した小学2年の女児8)=伏見区=は「たくさんの笑顔があって私も笑っちゃう」と話していた。入場無料。19日まで。正午から午後7時まで(最終日は午後6時まで)。

“ダウン症の高校生が写した笑顔と風景100枚 京都で写真展(京都新聞)” の続きを読む

パネル14万枚、20年稼働 松島町でメガソーラー起工(河北新報)

情報元 : パネル14万枚、20年稼働 松島町でメガソーラー起工(河北新報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000032-khks-l04
 大規模太陽光発電施設(メガソーラー)となる松島どんぐり太陽光発電所の起工式が8日、宮城県松島町の建設用地で行われた。事業主体は日本国土開発(東京)の東北支店と同社のグループ企業2社で、2020年5月の完成、同6月の稼働を目指す。【写真】羽生結弦パレード 「ただいま」輝くユヅスマイル「SEIMEI」ポーズも披露
 用地は同町幡谷、初原両地区にまたがる約73.7ヘクタールで、ほとんどを日本国土開発が所有。太陽光パネル約14万枚を設置する。出力約50メガワットを見込み、一般家庭約1万6000世帯分の年間消費電力量を発電する。東北電力に全て売電する。
 起工式に同社や町の関係者ら約90人が出席し、神事で工事の安全を祈った。
 同社の朝倉健夫社長は「町の皆さんに多大なる支援を頂き、幸運な状況で進んだ。(固定価格で売電する)20年間の後も、町が盛り上がるように一緒に頑張りたい」と話した。
 用地は東日本大震災前は個人などの所有地で、一部は町が震災後に次世代型放射光施設の誘致活動をした際の候補地。桜井公一町長は「メガソーラー事業に切り替えて1年でここまで来たので早かった。町の活性化、企業誘致にも弾みがつく」と期待を語った。

“パネル14万枚、20年稼働 松島町でメガソーラー起工(河北新報)” の続きを読む

笑顔で「ただいま」 青森県内、帰省ラッシュピーク(デーリー東北新聞社)

情報元 : 笑顔で「ただいま」 青森県内、帰省ラッシュピーク(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00010001-dtohoku-l02
 お盆をふるさとで過ごす人たちの帰省ラッシュが11日、ピークを迎えた。青森県八戸市のJR八戸駅は、スーツケースや大きなバッグ、土産袋を持った人々で混雑。新幹線改札口を抜けた帰省客らは、家族や友人の姿を見つけると、手を振ったり、駆け寄ったりして再会を喜んだ。
 東京都から同市の実家へ家族3人で帰省した上村直弘さん(42)は「こちらは気温が低くて涼しい。帰省中は八戸のおいしい物を食べたい」、娘の和乎(わこ)ちゃん(4)は「花火をするのが楽しみ」とそれぞれ話した。
 直弘さんらを出迎えた父・東古(とうこ)さん(71)は「盆と正月くらいしか会えないので、うれしい。いろいろな所に、連れて行きたい」と笑顔を浮かべた。
 同駅にはこの日、八戸圏域各自治体のマスコットキャラクターらが集合。駅に着いた帰省客らを温かく歓迎し、記念写真に応じるなどしていた。
 JR東日本によると、Uターンラッシュのピークは15日になる見込み。

“笑顔で「ただいま」 青森県内、帰省ラッシュピーク(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000000-minkei-l10
 群馬大学と漫画家の井田ヒロトさんによるコラボ動画「お前はまだグンダイを知らない編」が国立大学では異例の再生回数となっている。(高崎前橋経済新聞)【写真】オープンキャンパス「女子カフェ」とは 「お前はまだグンダイを知らない編」は6月20日、YouTubeで公開。再生回数は7月31日までで247万回を超えた。
 これに伴い、8月17日に開催されるオープンキャンパス「GU’DAY2018」の参加予約が4000人を超えた。例年は1回の開催で1000~1500人程度で、動画もオープンキャンパスも大盛況だ。
 群馬大学の担当者は「オープンキャンパスを昨年リニューアルしたこともあるが、それ以上にPR動画の効果が大きい」と話す。
 オープンキャンパスの対象は高校生、中学生、保護者などで教育学部、社会情報学部、医学部、理工学部を見学できる。8月16日まで予約を受け付ける。

“群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む