一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)

情報元 : 一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010012-mietvv-l24
 三重県紀北町の長楽寺では現在、早咲きの梅が見ごろを迎えています。
 長楽寺の裏庭に植えられている樹齢280年を超える紅梅。
 例年、年の暮れから花を咲かせますが、去年は少し早い12月中旬から咲き始め、いま見ごろを迎えています。
 地元の人たちをはじめ、県内外から梅の愛好家らが訪れ、咲き誇る濃いピンク色の花を写真に収めるなどして一足早い春を楽しんでいます。
 寺の住職によりますと、今年は例年に比べて花が少なかったということで、専門家のアドバイスを受けて来年は堆肥をまくなどして多くの花を咲かせたいと話していました。
 梅は、1月末まで楽しめるということです。

“一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)” の続きを読む

習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)

情報元 : 習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010001-chibatelev-l12
 3月23日に開幕する選抜高校野球大会の出場校が25日発表され、習志野高校が10年ぶりに出場を決めました。1月25日午後3時14分、第91回選抜高校野球大会の出場連絡が、習志野高校の小西薫校長に届きました。吉報はその後、グラウンドで練習をする野球部員たちに伝えられました。
 習志野高校野球部根本翔吾主将
「選抜に選んでいただいたからには、2か月間しっかり準備して頑張って行きましょう」 
 習志野高校野球部は去年10月に山梨県で行われた秋の関東大会で群馬県の桐生第一高校などの強豪に競り勝ち、ベスト4に進出。そして、1月25日、10年ぶり4度目のセンバツ甲子園出場を決めました。
 習志野高校野球部小林徹監督
「子どもたちの夢が一つかなってホッとしている。千葉県、関東、そして習志野市を代表して、皆さんに応援してもらえるような精一杯のプレーができる準備を2か月していきたい」
竹縄俊希主将
「自分たちの全力プレーや、吹奏楽部の応援など色んな部分に注目してほしい」
根本翔吾主将
「時間が少ない中で、自分たちができる完璧な準備をして大会に臨みたい」
 習志野高校が10年ぶりに出場する春の選抜高校野球大会は、3月23日から阪神甲子園球場で12日間に渡って開催されます。

“習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)” の続きを読む

犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)

情報元 : 犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00364824-agara-l30
 和歌山県は、犯罪により重大な被害を受けた人への支援強化に取り組む。被害による経済的負担を軽減するため、生活資金として最高100万円を無利子で貸し付けたり、弁護士への相談費用を県が負担したりといった制度を新設する方針で、いずれも都道府県では珍しいという。関連する条例案と予算案を県議会2月定例会に提案する。
 県は「安全・安心まちづくり条例」により、犯罪被害者を支援してきたが、取り組み強化を求める声が支援関係者からあり、具体的施策を盛り込んだ「犯罪被害者等支援条例」の制定について検討してきた。
 県はこの条例に基づき、犯罪被害者や家族への生活資金貸付制度を設けたいという。警察庁には「犯罪被害給付制度」があるが、申請から給付まで、平均半年程度かかることから、その間の費用として貸し付ける。給付金が下りれば、県に貸付金を返還してもらう。また、法的な問題解決のため、必要に応じ、弁護士相談費用を県が負担する体制もつくる。
 県によると、犯罪被害者を支援する条例は近年、制定が相次ぎ、現在14道県が施行している。このうち、貸付金制度があるのは、神奈川県と山形県だけ。弁護士相談費用を県が負担する制度も少ないという。

“犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)” の続きを読む

落札疑惑「証拠なし」 近江八幡市庁舎工事検証委が審査(京都新聞)

情報元 : 落札疑惑「証拠なし」 近江八幡市庁舎工事検証委が審査(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000034-kyt-l25
 滋賀県近江八幡市の庁舎整備工事検証委員会の第3回会合が25日、同市出町の市文化会館で開かれ、入札に奥村組滋賀営業所(大津市)しか参加せず落札率が99・7%だったことについて「合理的な推論は可能」とし、市と同社からの提出資料の中に「疑惑」の証拠はなかったとの見解で一致した。
 小西理市長は昨年4月の市長選で「入札の疑惑解明」を選挙公報に明記し、就任初日に解約した。同委員会は9月以降、同社から非公表を前提に提出された資料などを分析し、請負契約手続きを検証してきた。
 この日、建築工事や法律が専門の委員4人は「坪単価128万円は他市よりかなり低く赤字覚悟の入札。他のゼネコンは出せず1社になったのだろう」「奥村組は下請けを含めてこの地域で優位性があり、利益をあまり求めなくても入札の合理性がある」とした。
 高い落札率について「市の積算に根拠があり、(情報漏えいなど)別のファクターがなくても金額は出てきうる」「不自然さはあるが証拠はない」とした。
 また、同社が損害賠償金額を提示せず、市との交渉の中で決定する意向を示したことを受けて、当初の目的である金額の妥当性は審査しなかった。同社がそもそも高い利益を見込んでいなかった上に、解約に伴う人員や時間を別の工事に充てることができた点を踏まえ、市に対し、同社の営業利益や純利益を基本に交渉に当たるよう助言することを決めた。
 3月までに開く次回会合で報告書をまとめ、委員会を終了する。

“落札疑惑「証拠なし」 近江八幡市庁舎工事検証委が審査(京都新聞)” の続きを読む

飯綱町の霊仙寺湖で例年より早くワカサギの穴釣り解禁(SBC信越放送)

情報元 : 飯綱町の霊仙寺湖で例年より早くワカサギの穴釣り解禁(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00345120-sbcv-l20
飯綱町の霊仙寺湖でワカサギの穴釣りが解禁され、早朝から大勢の人でにぎわいました。
氷点下9度まで下がった厳しい冷え込みの中、飯綱町の霊仙寺湖には午前6時前にはおよそ200人の釣り人が集まりました。
標高860メートルの霊仙寺湖はこのところの冷え込みで氷の厚さが30センチほどに達し、例年より数日早くワカサギの穴釣りが解禁されました。
訪れた人は思い思いの場所に風よけのテントを張り、専用のドリルで直径20センチほどの穴をあけて糸を垂れ体長10センチほどに育ったワカサギを釣り上げていました。
訪れた人は「連れた瞬間の感覚がある限りはやめられない」と話していました。
霊仙寺湖のワカサギ釣りは、氷の状況を見ながら来月中旬ころまで楽しめるということです。

“飯綱町の霊仙寺湖で例年より早くワカサギの穴釣り解禁(SBC信越放送)” の続きを読む

天生の名水雪中酒に 飛騨市河合町で湧き水取り(岐阜新聞Web)

情報元 : 天生の名水雪中酒に 飛騨市河合町で湧き水取り(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00108280-gifuweb-l21
 岐阜県飛騨市河合町の特産品「飛騨かわい雪中酒」造りのための天生の湧き水取りが23日、同町元田地区で行われた。
 雪中酒は天生峠一帯の湧き水で仕込む日本酒。町内にある雪室に3月上旬から6月末まで保管し、夏の暑い時期に天然雪を詰めて出荷する。
 地元の北飛騨商工会が25年前から毎年、同市古川町の渡辺酒造店に醸造を依頼、今年は720ミリリットル入りで5千本の出荷を予定している。
 この日は、同酒造店の蔵人熊崎貴光さん(43)ら関係者4人が、雪深い同峠麓の採水地を訪れ、ポンプで約3600リットルをくみ上げた。熊崎さんは「口当たりがまろやかで、ミネラル分も豊富。この名水を使ってうまみのある酒を造りたい」と意気込んでいた。

“天生の名水雪中酒に 飛騨市河合町で湧き水取り(岐阜新聞Web)” の続きを読む

愛知県知事選 大学内に期日前投票所開設 若い世代の投票率アップを 名古屋・瑞穂区(中京テレビNEWS)

情報元 : 愛知県知事選 大学内に期日前投票所開設 若い世代の投票率アップを 名古屋・瑞穂区(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010008-sp_ctv-l23
 名古屋市瑞穂区の名古屋市立大学の滝子キャンパスに23日、愛知県知事選挙(2月3日投開票)の期日前投票所が1日限定で設置されました。
 選挙権が18歳以上に引き下げられてから初めての愛知県知事選挙として、若い世代の投票率アップを狙っています。
 投票した学生は「大学の授業の合い間に投票する感覚なら他の人も行きやすいのでいいと思う」と話していました。
 ここでの投票所設置は23日限りですが、愛知県内の市役所などでは投開票日の前日まで、期日前投票が受け付けられています。

“愛知県知事選 大学内に期日前投票所開設 若い世代の投票率アップを 名古屋・瑞穂区(中京テレビNEWS)” の続きを読む

大和野菜を電車でPR 磯城野高生が料理でもてなし 近鉄、3月に開催(産経新聞)

情報元 : 大和野菜を電車でPR 磯城野高生が料理でもてなし 近鉄、3月に開催(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000039-san-l29
 近鉄は3月21日に観光列車「つどい」で、県立磯城野高校(田原本町)の生徒らが奈良の伝統野菜を使った料理で乗客をもてなす「大和野菜列車 知って見て食べて楽しい 大和の伝統野菜ツアー」を開催する。参加者先着70人を募集している。
 大和野菜列車は昨年3月に初開催し、好評だったことから第2弾を企画した。
 ツアーでは、同校の校内農場で栽培している大和野菜のうち、「大和まな」「千筋みずな」「味間いも」を食材に使用。生徒たちが手作りしたお弁当やスイーツが車内で振る舞われるほか、レシピの紹介や大和野菜クイズ大会などを予定している。
 近鉄の担当者は「県の農業振興の一翼を担う高校生の姿を見て大和野菜に愛着を持ってほしい」と話した。
 近鉄橿原神宮前駅(橿原市)を午後1時に出発し、同4時ごろ同駅に戻る予定。参加費は大人5千円、子供3810円。申し込みは近鉄の各駅営業所で。問い合わせは橿原神宮前駅営業所(0744・22・0411)。

“大和野菜を電車でPR 磯城野高生が料理でもてなし 近鉄、3月に開催(産経新聞)” の続きを読む

<北海道>このあと大雪に警戒! 23日 北海道の天気(HTB北海道テレビ放送)

情報元 : <北海道>このあと大雪に警戒! 23日 北海道の天気(HTB北海道テレビ放送)HTB北海道テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000003-htbv-hok
 23日午後6時ごろには札幌でも雪が強く降りそうです。新千歳空港でも夕方から夜をピークに雪の降り方が強まるため、交通機関の乱れに注意してください。
 日本海には低気圧や前線に伴う帯状の雪雲があります。
 道南から雪が降り始め、23日夜6時ごろには札幌でも雪が強く降りそうです。新千歳空港など、交通機関の乱れにご注意ください。夜遅くになると、道東でも大雪となり、24日の雪の中心はオホーツク海側になりそうです。停電の備えがあると安心です。道南は猛吹雪にも警戒してください。
 23日の時間ごとの天気、道央と道南です。道南から湿った雪が降り出します。札幌や千歳でも夕方から夜をピークに降り方が強まり、雷を伴う恐れがあります。大雪による交通機関の乱れにもご注意ください。
 太平洋側です。西から雪が降り始め、各地で大雪となりそうです。いま雪が積もってない所でも、24日の朝は雪かきが必要となりますので早めの行動を心がけてください。
 道北とオホーツク海側です。こちらも次第に雪が強まり、海沿いではふぶくこともありそうです。23日夜は道北で雪の量が多くなりますが、日付が変わってからは、オホーツク海側が大雪の中心となります。
 24日朝までに降る雪の量です。太平洋側の山沿いや山間部では30センチ以上の大雪となり、その他の所も20センチ以上です。ただ、オホーツク海側では24日はさらに40センチ前後降りそうです。

“<北海道>このあと大雪に警戒! 23日 北海道の天気(HTB北海道テレビ放送)” の続きを読む

坪田譲治文学賞に八重野統摩さん 「ペンギンは空を見上げる」(山陽新聞デジタル)

情報元 : 坪田譲治文学賞に八重野統摩さん 「ペンギンは空を見上げる」(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010003-sanyo-l33
 岡山市は22日、大人と子どもが共有できる優れた作品を対象とした第34回坪田譲治文学賞に、作家八重野統摩さん(30)=大阪府豊中市=の「ペンギンは空を見上げる」(東京創元社)を選んだと発表した。2月23日に岡山市内で贈呈式を行い、賞状や盾、副賞100万円を贈る。
 受賞作は、米航空宇宙局(NASA)のエンジニアを目指し、自作の風船ロケットで宇宙を撮影しようと奮闘する小学6年の佐倉ハルが主人公。意地っ張りな性格もあってクラスで孤立し、両親との関係もぎくしゃくするが、転校生の金髪の少女と出会い、少しずつ成長する姿を描いた。
 八重野さんは札幌市生まれで、電撃小説大賞への応募を機に2012年にデビュー。「ハルが困難とともに目標に向かって努力する物語。私も賞に恥じない努力を続けていきたい」とコメントした。
 17年9月から1年間に出版された単行本のうち、予備選考を通過した5点を作家の五木寛之さんや阿川佐和子さんら7人の選考委員が審査。作家の中脇初枝さんは「思いがけないどんでん返しもあり、未来に希望を抱かせる」と評価した。
 同文学賞は、岡山市出身の児童文学作家・坪田譲治(1890~1982年)を顕彰するため、市が84年に創設した。

“坪田譲治文学賞に八重野統摩さん 「ペンギンは空を見上げる」(山陽新聞デジタル)” の続きを読む