熊本地震で県外へ 猛獣が10月に帰熊(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本地震で県外へ 猛獣が10月に帰熊(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000004-rkkv-l43
キンシコウが1か月に3頭続けて死ぬなど、暗い話題の多かった熊本市動植物園に明るいニュースです。県外に預けられていた猛獣たちが帰ってきます。
「市外へ緊急避難を余儀なくされていた熊本市動植物園の動物達が、2年半ぶりに帰ってくることになりました」(大西一史 熊本市長)
これは、27日の熊本市の定例記者会見で明らかになったものです。
東区にある熊本市動植物園のライオンやトラなど猛獣5頭は、熊本地震で檻が壊れるなどしたため、県外の施設へ預けられていました。
そして、猛獣舎の復旧のめどがついた事で、今年10月に5頭すべてが熊本へ戻ることになりました。
ただ、帰ってきた猛獣たちが、熊本の子ども達に姿を見せるのは、全面開園の後になるということです。
また、合わせて、オスライオンの番として5歳のメス1頭が、大分市の動物園から譲渡されることも決まっています。

“熊本地震で県外へ 猛獣が10月に帰熊(RKK熊本放送)” の続きを読む

ヒョウのハチの物語 後世に(テレビ高知)

情報元 : ヒョウのハチの物語 後世に(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010002-kutvv-l39
きょうは終戦の日です。戦時中、高知出身の日本兵に愛されていたヒョウのハチ。このストーリーを知っている方も多いのではないでしょうか。戦争の悲惨さを伝えるべく、ハチの本がこのほど出版され、注目を集めています。
今年7月にオープンしたオーテピア。ここに、今にも動き出しそうなヒョウの剥製が展示されています。
ヒョウの名前は、ハチ。日中戦争で中国に滞在していた日本兵に育てられたというハチの物語が、児童書になりました。
「ハチは、おれたちの日常の風景になくてはならん存在になっちゅう」
隊員のひとりがハチの頭をなで、笑いながら話しかけていました。
「そうやのう。けんど、ハチは本当に猛獣やろうか。とても見えんわ。」
人と猛獣が心を通わせたというこの物語、奇跡のような実話です。ハチが最も懐いていたのが、物語の主人公、高知県出身の成岡正久さんです。
「ハチは、小隊長どのをお母さんと思っておるのでしょうか。」
「隊員たちとあまえ方が全く違いますからね。」
戦争という厳しい状況の中、ハチは、日本兵の心の癒やしとなっていました。
やがてハチは、東京・上野動物園に送られ園の人気者に。ですがその後、戦況が悪化。国から、毒殺の命令が下り、ハチを含む多くの動物の命が失われました。
人間と猛獣が心を通わせたという温かいストーリーのもと、人間も動物も犠牲になった戦争の悲惨さが伝わる作品です。
書店では、週間ランキングで1位になるなど、注目を集めています。
「命の大切さという根本的な部分を子どもも大人も学べる。家族で考えて欲しい」(金高堂本店 亥角理絵店長)
この本を書いた祓川学さんは、本を出版して、改めてハチに会いにきました。戦争の悲惨さを語り継ぐうえでハチの担う役割は大きいと話します。
「語り部が減る中、動物を通して戦争の悲惨さを子どもに伝えられる」
「厳しい状況の中温かい心を忘れなかった」(祓川学さん)
そういう人間の温かさを感じてヒョウのハチは時代を超えて愛され、語り継がれます。

“ヒョウのハチの物語 後世に(テレビ高知)” の続きを読む

カピバラのスイカ早食い”全国大会” 那須どうぶつ王国「リゼ」1秒差で雪辱(下野新聞SOON)

情報元 : カピバラのスイカ早食い”全国大会” 那須どうぶつ王国「リゼ」1秒差で雪辱(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-03057913-soon-l09
 【那須】大島の那須どうぶつ王国など全国各地の五つの動物園で飼育するカピバラがスイカの早食いを競う「カピリンピック」が4日、各施設で開かれ、どうぶつ王国が3年ぶり2度目の優勝を飾った。
 イベントは今年で4回目。埼玉県こども動物自然公園やいしかわ動物園などの代表1頭が出場し、500グラムのスイカを皮まで食べる早さを各施設で競った。
 どうぶつ王国からは昨年に続き、体長約95センチ、体重約57キロ、雌のリゼ(4歳)が出場。観客からの声援を受け、夢中になってスイカにかぶりつき、1分48秒で食べきった。2位の同公園代表とは1秒差だった。
 埼玉県加須市北小浜、小学4年渥美相希(あつみあいき)君(10)は「一生懸命に食べる姿がかわいかった。食べ終わった後のドヤ顔が良かった」とうれしそうに話した。

“カピバラのスイカ早食い”全国大会” 那須どうぶつ王国「リゼ」1秒差で雪辱(下野新聞SOON)” の続きを読む

サバンナの動物が倉敷市のデパートに集合!記念撮影やふれあいコーナーも(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : サバンナの動物が倉敷市のデパートに集合!記念撮影やふれあいコーナーも(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00010007-ksbv-l33
 ライオンやミーアキャットなど、アフリカのサバンナの動物を集めたイベントが、岡山県倉敷市のデパートで開かれています。
 天満屋倉敷店で開かれている「サバンナと草原の動物園」です。アフリカのサバンナに生息するミーアキャットなどの動物、16種類21体が展示されています。
 会場では、華麗な模様を持つヘビ、ボールパイソンやアルマジロなど3種類の動物と記念撮影ができる「ふれあい写真館」なども行われています。
 また、午後4時からは、会場内を暗くして動物の夜の生態を懐中電灯で観察する「さばんなないと」が開かれます。
 このほか、かわいいヒヨコやモルモットを手にとって直接触れ合える「ふれあい広場」も設けられ、子どもたちが小さな動物をかわいがっていました。
 「サバンナと草原の動物園」は天満屋倉敷店で27日まで開かれています。

“サバンナの動物が倉敷市のデパートに集合!記念撮影やふれあいコーナーも(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)

情報元 : 猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00627904-hokkoku-l17
 収まる気配のない猛暑が、石川県内の行楽地の入り込みに影響を及ぼしている。炎天下の屋外施設は敬遠され、いしかわ動物園(能美市)の7月の入園者数は前年同期比3割減になっている。空調の効いた屋内施設は好調で、のとじま臨海公園水族館(七尾市)の入園者数は同3割増に。厳しい暑さはこの先もしばらく続く見通しで、防災訓練など屋外行事を中止する動きも目立つ。
 いしかわ動物園の1~23日の来園者数は約9千人にとどまり、昨年7月の月間入園者数約1万7千人から減少が見込まれる。強烈な日差しが照り付ける時間帯は人影がまばらだ。
 21日にリニューアルしたトラの園舎ではホワイトタイガーの「クラウン」が岩場の陰でぐったりとしている。園側はユキヒョウやレッサーパンダなど暑さに弱い動物の世話にも神経をとがらせる。
 県金沢城・兼六園管理事務所によると、兼六園の1~22日の来園者数は9万1140人(前年同期比3346人減)、金沢城公園の来園者数は7万9千人(同3600人減)といずれも5%程度少ない。「暑さの厳しい時間帯はさすがに観光客が少ない」と藤村秀人所長は話す。
 これに対し、のとじま臨海公園水族館の来館者数は、1~22日で3万9261人(同1万206人増)と好調だ。屋内展示が多く、4月に回遊水槽がリニューアルオープンしたことも要因とみられるが、担当者は「水族館は涼しいイメージがあり、涼を求めて訪れる人も多いのでは」と話した。
 金沢21世紀美術館も7月の来館者数は、22日時点で12万1805人(同912人増)と増えた。
 屋外でも好調なのは金沢市の健民海浜プールで、1~23日までの利用者数は、3万487人(同1万8601人増)と約6割増となった。

“猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)” の続きを読む

暑さ続き洗顔覚えた桃太郎 福知山市動物園のシロテテナガザル(両丹日日新聞)

情報元 : 暑さ続き洗顔覚えた桃太郎 福知山市動物園のシロテテナガザル(両丹日日新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010000-rtn-l26
 連日猛暑が続く中、動物たちも避暑対策-。京都府福知山市猪崎、市動物園(二本松俊邦園長)で飼育されているシロテテナガザルの桃太郎(雄、4歳)は、園内を散歩する途中に池の水を手ですくって顔をぬらし、暑さをしのいでいる。このところ日課となっていて、来園者や園の職員たちは「涼しそう」と桃太郎のしぐさに見入っている。
 桃太郎は毎日午後3時30分ごろから園内を散歩しているが、福知山市内の最高気温が38・8度と日本一になった15日から、園内の車池で顔をぬらすようになった。池の縁に座り、長い手で水を何度もすくっては顔をぬらしていく。
 シロテテナガザルの平均体温は38・2度で人間より高く、幾分暑さには強いようだが、今夏は梅雨明け後に厳しい暑さが続き、桃太郎にとっても“我慢”の夏になっている。
 普段生活している囲いの中では、日陰の地面に近い場所でじっとしていることが多い。散歩に出たら池で顔をぬらすほか、園内にある水道の蛇口を見つけると、散歩に連れて行ってもらっている二本松園長(73)に、水を出してほしいとせがんでいる。
 二本松園長は「桃太郎はだんだん賢くなり、暑さをしのぐため顔をぬらすことも覚えました。すごく気持ち良さそうで、当分はこの姿を見ることができそうです」と話している。

“暑さ続き洗顔覚えた桃太郎 福知山市動物園のシロテテナガザル(両丹日日新聞)” の続きを読む

徳山動物園で「キモい展」 気持ち悪いアニマルをもっと身近に /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 徳山動物園で「キモい展」 気持ち悪いアニマルをもっと身近に /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000059-minkei-l35
 周南市の徳山動物園(周南市徳山)で7月20日、夏休み企画展「ダータ博士の恐怖のキモアニ研究所」が始まる。(周南経済新聞)ポリバケツなど、随所に仕込まれた「キモアニ」 夏休みの期間中、子どもたちに生き物への関心や興味を持ってもらえるようにと、2011年から始めた企画展。これまで「ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし」をはじめ、ゴキブリとの触れ合い体験ができる「ゴキブリ展」や、動物たちの排泄物にスポットを当てた「うんこ展」などを開催し、SNSなどで話題を集めた。
 2016年から同園が制作協力し展開された「キモい展」は、全国6都市で開催され、累計来場者数は20万人を突破した。
 企画展担当者の小柳津未和さんは「さらにパワーアップし戻ってきた『キモい展』。その姿から、気持ち悪いアニマル通称『キモアニ』と敬遠されてきた生き物が、生態系にとって大事な働きをしていることを知ってもらえれば」と話す。
 同展では、展示館を「ダータ博士」の研究施設に見立て、アカハライモリ、チャバネゴキブリ、アシナシトカゲ、タランチュラなどの生体22種類740点を、G研究室、ヘビ研究室、奇蟲研究室など各ゾーンに分け、展示し紹介する。
 小柳津さんは「机の引き出しやポリバケツの中など、随所に『キモアニ』を忍ばせ、仕掛けを施している。ダータ博士の残したメッセージを読み解きながら楽しんでほしい」と話す。
 開園時間は9時30分~16時30分。夜間開園の8月11日~15日・18日・25日は20時まで。

“徳山動物園で「キモい展」 気持ち悪いアニマルをもっと身近に /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

徳山動物園「恐怖のキモアニ研究所」 気持ち悪いアニマルをもっと身近に /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 徳山動物園「恐怖のキモアニ研究所」 気持ち悪いアニマルをもっと身近に /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000059-minkei-l35
 周南市の徳山動物園(周南市徳山)で7月20日、夏休み企画展「ダータ博士の恐怖のキモアニ研究所」が始まる。(周南経済新聞)ポリバケツなど、随所に仕込まれた「キモアニ」 夏休みの期間中、子どもたちに生き物への関心や興味を持ってもらえるようにと、2011年から始めた企画展。これまで「ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし」をはじめ、ゴキブリとの触れ合い体験ができる「ゴキブリ展」や、動物たちの排泄物にスポットを当てた「うんこ展」などを開催し、SNSなどで話題を集めた。
 2016年から同園が制作協力し展開された「キモい展」は、全国6都市で開催され、累計来場者数は20万人を突破した。
 企画展担当者の小柳津未和さんは「さらにパワーアップし戻ってきた『キモい展』。その姿から、気持ち悪いアニマル通称『キモアニ』と敬遠されてきた生き物が、生態系にとって大事な働きをしていることを知ってもらえれば」と話す。
 同展では、展示館を「ダータ博士」の研究施設に見立て、アカハライモリ、チャバネゴキブリ、アシナシトカゲ、タランチュラなどの生体22種類740点を、G研究室、ヘビ研究室、奇蟲研究室など各ゾーンに分け、展示し紹介する。
 小柳津さんは「机の引き出しやポリバケツの中など、随所に『キモアニ』を忍ばせ、仕掛けを施している。ダータ博士の残したメッセージを読み解きながら楽しんでほしい」と話す。
 開園時間は9時30分~16時30分。夜間開園の8月11日~15日・18日・25日は20時まで。

“徳山動物園「恐怖のキモアニ研究所」 気持ち悪いアニマルをもっと身近に /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

来年度、文星芸大に新科目 「アニマルアート」の人材育成、関連市場の需要増加 栃木(産経新聞)

情報元 : 来年度、文星芸大に新科目 「アニマルアート」の人材育成、関連市場の需要増加 栃木(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000074-san-l09
 文星芸術大(宇都宮市上戸祭)は来年度、動物をモチーフにした芸術作品やキャラクター制作での人材育成を目指す「アニマルアート」の新科目を導入する。アニメやグッズなど動物キャラクターは世界的に大きな市場があるが、本格的に学ぶ場がなかったことから着目。動物の生態学や動物園でのデッサンも取り入れるという。(松沢真美)
 同大は全国に先駆け、デジタル技術を取り入れた「未来のマンガ」に取り組む「ちばてつやMANGAイノベーション研究所」を平成28年に設置。画面の一部を動かす動画マンガ(モーション)の制作など産学連携で研究開発を進める。ほかにも帝京大宇都宮キャンパスと共同で、動画マンガを日本発の新しい表現として発信するシステムの開発にも取り組んでいる。
 新科目の「アニマルアート」は、関連市場が大きく需要が高まっていることから、人材育成も目的だ。新科目をプロデュースするマンガ専攻の田中誠一教授は「アート&サイエンスの時代。キャラクターとテクノロジーが結び付くことでさまざまな活躍ができる」と意欲を示す。
 講師は、田中教授や、那須町の伝説「九尾の狐(きつね)」をイメージしたキャラクターがスマートフォン上で観光案内をする「プロジェクト9b(キュービー)」でキャラクターデザインを担当した漫画家、姫川明輝(あきら)さん、宇都宮大農学部の青山真人准教授ら。動物についての知識と表現法を学び、IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、3Dプリンターなどのテクノロジーも取り入れ、キャラクター、グッズ、CM、動画など、あらゆる方面で活躍できる人材を育成する。
 同大はほかに、日本の漫画を英訳する科目「マンガコミュニケーション」を32年度に新設する予定。

“来年度、文星芸大に新科目 「アニマルアート」の人材育成、関連市場の需要増加 栃木(産経新聞)” の続きを読む

涼求めプールにぎわい 県内3地点猛暑日(宮崎日日新聞)

情報元 : 涼求めプールにぎわい 県内3地点猛暑日(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00013682-miyazaki-l45
 16日の県内は太平洋高気圧に覆われ気温が上昇し、山沿いで最高気温が35度以上の猛暑日となった。宮崎市フェニックス自然動物園の「流れるプール」は3連休の最終日とあって、涼を求める家族連れや若者でにぎわった。

“涼求めプールにぎわい 県内3地点猛暑日(宮崎日日新聞)” の続きを読む