ソースカツ丼でまちおこし 会を旗揚げ、桐生のソウルフードを全国へ(産経新聞)

情報元 : ソースカツ丼でまちおこし 会を旗揚げ、桐生のソウルフードを全国へ(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000027-san-l10
 「ソースカツ丼」を提供する飲食店が数多くある桐生市で、「桐生ソースカツ丼会」(針谷智之会長)がこのほど結成された。桐生飲食店組合と桐生麺類商組合の加盟店舗の店主ら14人が参加。ソースカツ丼が市の名物グルメであることを全国に発信して観光客を誘致し、まちおこしにつなげる狙いがある。 (橋爪一彦)
                   ◇
 ソースカツ丼は、針谷会長が店主を務める志多美屋本店(同市浜松町)が元祖とされる。大正10(1921)年ごろに誕生したといい、現在は市内で約60店舗が提供。揚げたてのカツを各店秘伝のソースにくぐらせ、どんぶりに盛ったご飯にのせて食べる。店舗によってカツやソースの味付けが違い、キャベツは添えないのが特徴だ。
 織物業の最盛期の昭和30年ごろには職人たちが夜食用に出前で注文する定番メニューに。市内で「カツ丼」といえば、卵でとじたカツ丼ではなく、ソースカツ丼を指すほど浸透していった。
 針谷会長は「昔から市民に愛されてきたソウルフード。味ではどこにも負けないと確信している。桐生名物、ひもかわと併せて『桐生2大グルメ』として、まちの活性化につなげていきたい」と意気込む。
 来年のゴールデンウイークまでに各店舗を紹介したパンフレットを作製し、スタンプラリーを行う予定。また、飲食店組合と麺類商組合の加盟店舗から会員を募集している。
 問い合わせは、桐生飲食店組合(0277・45・0987。月、水、金の午後2~6時)か、おおとら食堂(0277・44・6528)。

“ソースカツ丼でまちおこし 会を旗揚げ、桐生のソウルフードを全国へ(産経新聞)” の続きを読む

ロボット作り技術学ぶ 来年1月のジュニア大会向け講座(岐阜新聞Web)

情報元 : ロボット作り技術学ぶ 来年1月のジュニア大会向け講座(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00093498-gifuweb-l21
 来年1月に岐阜県大垣市で開かれる、子どもたちが自作のロボットを使ってサッカー種目で競う「大垣市長杯ロボカップジュニア大垣ノード大会」に出場する小、中学生を対象とした集中講座が、同市小野の情報工房で開かれ、プログラミングしたロボットの動きなどを確認した。
 大会は、大垣観光協会が市制100周年記念事業として開催する。参加者は大会までにA、Bコースに分かれて基礎を学ぶ「スタートアップ講座」を2回とロボットの改良などを行う「フォローアップ講座」を3回受講する。1回目の講座ではロボットの組み立てを行い、センサーやモーターなどを取り付けた。進んだり後退したりといった基本的なプログラミングを学んだ。
 Aコースの第2回の講座には小学4年から中学2年までの19人が参加。ボールの方向に進み、黒の線をセンサーで識別するようパソコンでプログラムを作成した。2人1組でサッカーの試合を行い、ロボットが相手ゴールにボールを運ぶと歓声を上げて喜んだ。
 同協会は大会の出場者を募集している。申し込み期限は来年1月5日。申し込み、問い合わせは同大会事務局、電話0584(74)8861。

“ロボット作り技術学ぶ 来年1月のジュニア大会向け講座(岐阜新聞Web)” の続きを読む

人気キャラなまりんも登場 手土産にしたくなる吉川ブランドの商品販売 イオン吉川美南店で12月2日まで(埼玉新聞)

情報元 : 人気キャラなまりんも登場 手土産にしたくなる吉川ブランドの商品販売 イオン吉川美南店で12月2日まで(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00010002-saitama-l11
 イオン吉川美南店は、埼玉県の吉川市に「吉川大吉ブランド」として認定された商品を販売する「吉川大吉ブランド集合販売」を30日(金)~12月2日(日)まで開催する。スパリゾートハワイアンズが「埼玉県民感謝月間」 11月14日の県民の日にちなみ、11月来場は2割引き
 「吉川大吉ブランド」とは、今年初めて「手土産にしたくなる吉川の逸品」をコンセプトに8月から募集され、吉川らしさや、市内で生産された農産物を使用しているなどの点から選ばれた食料品や産品などのこと。
 12月1日(土)には、吉川市の人気キャラクター「なまりん」が、午前11時と午後3時に登場するほか、認定商品であるブランド米「吉川のしずく」を12月2日(日)に精米販売する。
 担当の同店高橋俊光店長は「ご来店をお待ちしています!」とたくさんの来場を呼び掛けている。
 同イベントに関する問い合わせ:048-984-0700まで。
==埼玉新聞WEB版==

“人気キャラなまりんも登場 手土産にしたくなる吉川ブランドの商品販売 イオン吉川美南店で12月2日まで(埼玉新聞)” の続きを読む

街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)

情報元 : 街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010002-ubenippo-l35
 山口県宇部市が中央町3丁目のポケットパーク(小規模公園)に設けたストリートファニチャーの除幕式が18日、同所で行われた。市関係者、家族連れなどが参加し、町中を楽しくするプレースポット誕生を喜び合った。
 ストリートファニチャーは街灯やベンチ、彫刻などの屋外装飾品の総称。市では今年1月に設置物の募集を開始。全国から104件の応募があり、東京都三鷹市の大村一彦さん(83)の彫刻「地球のねじ」が最優秀賞を受賞した。
 地球のねじはコンクリート製の楕円(だえん)状の山で、横6メートル、縦3メートル。頂上までの高さは2メートルあり、ボルタリング用のホールドも設けられ、子どもが自由に登って遊べる。最上部にある赤いねじは回すこともできる。カラフルで形もユニークとあって、子どもたちの人気を集めそう。
 除幕式では久保田后子市長が「中央町の新たなシンボルになってほしい」とあいさつ。その後、大村さん、久保田市長、子どもたちが幕を引くと、拍手と歓声が沸き起こった。
 除幕後、子どもたちが早速山に登ったり、ねじを回したりして、楽しんでいた。大村さんは「喜んでもらえて本当にうれしい。好奇心をしっかり養い、想像力のある大人になってくれれば。精いっぱい遊んで」と目を細めた。

“街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)” の続きを読む

噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)

情報元 : 噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-11566403-colocal-l31
日本のどこかで、数日間だけオープンするプレミアムな野外レストラン〈DININGOUT〉。一流の料理人がその土地の食材を、新しい感覚で切り取って料理にするという他ではない体験ができるイベントで、毎回好評を得ています。〈DININGOUT〉のコロカルレポートはこちら【写真で見る】噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!〈DININGOUTTOTTRI-YAZUwithLEXUS〉/鳥取そんなプレミアムな野外レストラン〈DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS〉が、2018年9月8日(土)から9日(日)、9月9日(日)~10日(月)の二夜限りで、鳥取県八頭町で開催されます。ロケーションは日本の原風景を思わせる、懐かしい景色が広がる八頭町ですが、〈DININGOUT〉の詳しい場所は参加者にしか明かされません。
毎回テーマが異なる本イベント、今回は、古代からのパワースポットでもある八頭町にちなんだ「EnergyFlow-古からの記憶を辿る-」がテーマです。八頭という地に古来より漂う、“生命力”や“自然の神秘”を表現します。
毎回担当するシェフが変わるのも〈DININGOUT〉の特徴。今回担当するのは、イタリア・ミラノで本場イタリアンの店をオープンし、わずか10ヶ月でミシュラン一つ星を獲得した、今、最も注目されるシェフの一人である徳吉洋二シェフ。徳吉シェフは鳥取出身でもあり、世界から地元に凱旋して一緒に作り上げる“凱旋DININGOUT”となるのが目玉。イタリアで研鑽した技に合わせて、地元食材を見つめ直すことで、どのようなコース料理が完成するのでしょうか?!
ホスト役は、東洋文化研究家のアレックス・カー氏。レストランプロデューサーの大橋直誉氏がサービス統括を務めます。調理やサーブは、八頭町や周辺の地域から参加した約100名の地元スタッフが担当。DININGOUTを盛り上げていきます。
information
DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS
日程:2018年9月8日(土)、9日(日)※2日間限定
場所:鳥取県八頭町
募集人数:各回40名、計80名限定
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

万引自衛官を免職 群馬地方協力本部(産経新聞)

情報元 : 万引自衛官を免職 群馬地方協力本部(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000015-san-l10
 自衛官募集や広報活動を行う自衛隊群馬地方協力本部(前橋市)は16日、レザークラフト用品を万引したとして、幹部の男性自衛官を免職処分にした。
 同本部によると、男性は7月15日午前11時ごろ、太田市の商店でレザークラフト用品計16点(販売価格約2万円)を万引した。「所持金では全て購入できないと思い盗んでしまった」と話しているという。
 同本部は「本人に必要以上の不利益を与えない」との理由で役職や階級、氏名、年齢を公表していない。捜査関係者によると、男性は40代。県警に同日、窃盗の疑いで現行犯逮捕、7月17日に送検された。

“万引自衛官を免職 群馬地方協力本部(産経新聞)” の続きを読む

徳島県内公立高入試の特色選抜定員757人 前年度比31人増(徳島新聞)

情報元 : 徳島県内公立高入試の特色選抜定員757人 前年度比31人増(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-03126393-tokushimav-l36
 徳島県教委は15日、2019年度公立高校入試の特色選抜の募集定員を発表した。スポーツや文化活動の実績を評価する入試で、全日制30校63学科・類で行う。募集定員は前年度より31人多い757人で、総定員5620人に占める割合は13・5%。運動部の育成・強化を進める事業が19年度から「NEO徳島トップスポーツ強化事業」に変わり、指定競技が増えたことが定員増につながった。
 各校の定員は≪別表≫の通り。定員は強化事業指定校(24校)の指定競技と指定外競技の募集人員の合計。指定外競技の定員は各校で決めるが、普通科は定員の6%以内、専門学科と総合学科は13%以内などと上限を設けている。鳴門渦潮のスポーツ科学と名西の芸術は定員の100%を特色選抜で募る。
 受験は学力検査のほか、学校によって面接や実技を行う。一般選抜の募集定員は特色選抜の合格者数に応じて変動する。特色選抜の合格発表(2月9日)後の同12日、県教委が最終の定員を発表する。
 試験日は特色選抜が2月5日、一般選抜は3月5、6日。
 種目や分野ごとの募集人数は各校ホームページのほか、県の公立高校入試情報サイト(http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/)で確認できる。

“徳島県内公立高入試の特色選抜定員757人 前年度比31人増(徳島新聞)” の続きを読む

「薬より『食』で下げよう血糖値」糖尿病テーマに青森県が川柳コンテスト(Web東奥)

情報元 : 「薬より『食』で下げよう血糖値」糖尿病テーマに青森県が川柳コンテスト(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000004-webtoo-l02
 世界糖尿病デーの14日、青森県は予防啓発のために本年度初めて募集した「第1回あおもり糖尿病川柳コンテスト」の表彰式を、青森市のアスパムで開いた。最優秀賞には、青森市の栄養教諭・長沼裕美子さん(54)の作品「薬より 『食』で下げよう 血糖値」を選んだ。
 7~10月までの募集期間に県内168人から473点の応募があり、うち18点が受賞した。優秀賞は八戸市の会社員・市川清一さん(63)の「他人には きびしい俺が 糖尿病」と、弘前市の管理栄養士・三浦琢志さん(52)の「糖尿病 予防も治療も 食事から」だった。
 ほかにも「乱高下 妻の機嫌と 血糖値」「糖尿病 名前ほどには 甘くない」など、受賞作品が読み上げられるたび、来館者から笑いや拍手が起こった。有賀玲子・県健康福祉部次長は優秀作品に「食に着目し、シンプルに生活習慣の大切さが分かる良い作品だった」と講評した。
 最優秀の長沼さんは、小学校で食の大切さを教えており「川柳は初めてだったのでうれしい。子どもたちにも糖尿病や生活習慣病に目を向けてもらいたい」と語った。
 2017年の人口動態統計で、青森県の糖尿病死亡率は全国ワースト2位だった。
 

“「薬より『食』で下げよう血糖値」糖尿病テーマに青森県が川柳コンテスト(Web東奥)” の続きを読む

横手でイラスト・絵画などの創作合同展「はじまりの物語」 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手でイラスト・絵画などの創作合同展「はじまりの物語」 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000055-minkei-l05
 秋田県発創作人合同展示会「第5回はじまりの物語プロジェクト」が11月10日~11日、横手市交流センター「わいわいぷらざ」(横手市駅前町)で開かれる。(横手経済新聞)第3回 はじまりの物語 秋田県発創作人合同展示会の様子 発起人の藤田大介さんが、クリエーターによるブログを閲覧していた時、「せっかくの作品を公開する場がない」という記事を見て、「まだ見ぬ才能を保有した創作人たちの可能性を引き出すために展示会を開き、世に発信したい」という思いから始まった同展。
 5回目の開催となる今年は、5月から一般募集を開始し、9人のクリエーターが参加する。創作物はイラストや絵画だけではなく、工芸や手芸・音楽など、個人創作・制作物であればジャンルを問わず参加できる。
 藤田さんは「企画展を通じてたくさんの人に見てもらうことで自信をつけ、作品を世の中に出している方もいるので、興味がある方はもちろん、イラストなどを使用したい企業の方にもぜひ見に来てもらいたい」と来場を呼び掛ける。
 開催期間は10日=11時~18時、11日=11時~17時。入場無料。

“横手でイラスト・絵画などの創作合同展「はじまりの物語」 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

徳島県内公立高進学希望調査 定員480人上回る 平均競争率1・09倍(徳島新聞)

情報元 : 徳島県内公立高進学希望調査 定員480人上回る 平均競争率1・09倍(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-03125664-tokushimav-l36
 徳島県中学校長会は14日、2019年度の県内公立全日制高校への進学希望調査(5日時点)の結果を発表した。総定員5620人を480人上回る6100人が希望し、平均競争倍率は前年度を0・01ポイント上回る1・09倍となった。
 調査は各高校の募集定員決定後で初めて。県内の中学3年生は前年同期より190人少ない6394人。このうち県内の公立全日制の希望者は6087人。希望率は95・19%で前年同期を0・28ポイント上回った。過年度の4人と県外からの希望者9人を含めると6100人となった。
 県内の中学3年生の学科別希望状況は、普通科が4307人で70・76%。総合学科は257人で4・22%、専門学科は1523人で25・02%だった。学科別の状況は≪別表≫の通り。
 競争倍率が高いのは▽徳島北・普通(学区外)2・64倍▽城南・普通(学区外)2・47倍▽城東・普通(学区外)2・27倍―など。
 公立全日制以外の進学希望者は309人。内訳は、定時制38人、私立141人、特別支援学校や専修学校、県外の高校などが130人。これらを含めた全体の進学希望率は99・98%。就職希望者は1人。阿南高専(定員160人)を併願しているのは204人となっている。

“徳島県内公立高進学希望調査 定員480人上回る 平均競争率1・09倍(徳島新聞)” の続きを読む