「こんちゅうはかせになりたい」 葛城の相撲館で園児が七夕飾り(産経新聞)

情報元 : 「こんちゅうはかせになりたい」 葛城の相撲館で園児が七夕飾り(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000033-san-l29
 七夕を前に、葛城市相撲館「けはや座」に市内の私立華表(かひょう)保育園の5歳児約50人が訪れ、願い事を書いた短冊を館内の七夕飾りに飾り付けた。
 相撲館では毎年、願い事を書いた短冊を募集。七夕飾りに飾り付けて展示した後、7日に棚機(たなばた)神社に奉納している。
 園児らは「せんせいになりたい」「こんちゅうはかせになりたい」「かきごーりをたべれますように」などと思い思いに願い事を書き、笹に飾り付けていた。

“「こんちゅうはかせになりたい」 葛城の相撲館で園児が七夕飾り(産経新聞)” の続きを読む

浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)

情報元 : 浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000021-ryu-oki
 【浦添】浦添市の浦添運動公園と公園内の各施設の命名権(ネーミングライツ)を全日本空輸(ANA、平子裕志社長)が取得した。同公園の愛称は「ANA SPORTS PARK 浦添」となる。公園内の野球場や体育館など各施設の名称は今後決定する。契約金は非公表。契約は2018年10月から3年間。
 浦添市は今年1月、年間2千万円の契約金で命名権のスポンサーを募集。ANAを含め4社から応募があり、事業内容や命名期間、愛称が市民に親しみやすいかなど9項目を審査し、ANAを選定した。
 浦添運動公園は市民球場で毎年、プロ野球の東京ヤクルトスワローズが春季キャンプを張るほか、今年10月にはてだこ祭りが開催される。公園内に愛称を記した看板が設置するほか、公園内の施設の改修も検討している。
 18日、浦添市役所で開かれた発表会見で、ANAの志岐隆史副社長は「浦添市の今後の発展に可能性を感じており、共に大きな飛躍を遂げていきたい。広告効果も十分に取れるだろうと確信している」と述べた。
 松本哲治市長は「浦添市は国内外に向けたまちづくりを目指しており、世界に打って出ているANAという素晴らしいパートナーに出会えた。市民、県民、観光客に足を運んでもらい、ANAファンになってもらえるよう取り組みたい」と語った。
 浦添運動公園は全天候型の陸上競技場、体育館、多目的屋内運動場、相撲場、温水プールまじゅんらんどなどがある。【琉球新報電子版】

“浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)” の続きを読む

西日本豪雨のボランティアバス 岡山へ横浜から20日出発(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 西日本豪雨のボランティアバス 岡山へ横浜から20日出発(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00027728-kana-l14
 西日本豪雨被災地の岡山県総社市に向けて20日夜、横浜からボランティアバスの第1便が出る。企画したNPO法人「神奈川災害ボランティアネットワーク」(河西英彦理事長)は、被災家屋の泥出しや家財道具の撤去などに当たる参加者を募集している。
 20日午後8時半に横浜駅西口を出発し、21日朝に総社市に到着。午後3時ごろまで活動し、22日朝に横浜へ戻る予定。高坂徹副理事長は「現地のボランティアセンターと調整した上でバスを出すことにした。翌週には倉敷市へ第2便を出したい」と話している。
 参加費7千円(食費別)。高校生以上で、ボランティア保険にあらかじめ加入するのが条件。ヘルメットや帽子、マスクなどボランティア活動に必要な物は各自が持参する。希望者は19日正午までにフェイスブックかメール(jimuk.ksvn@gmail.com)、ファクス=045(324)1120=で申し込む。問い合わせは、高坂副理事長電話090(2729)1246。

“西日本豪雨のボランティアバス 岡山へ横浜から20日出発(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000052-minkei-l05
 秋田県は現在、地域の活性化を題材に開く勉強会「あきた若者塾2018」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)「あきた若者塾2018」ポスター 地元の若者が地域の未来や活性化について考える場を提供することなどを目的に、2016年から県が展開する同事業。「遊学舎」(上北手荒巻)や五城目町を会場に、NPO法人「あきたパートナーシップ」(秋田市上北手荒巻)が運営する。
 国際教養大学(雄和椿川)の熊谷嘉隆教授や実業家らを招いた講演会を開くほか、ワークショップや体験型研修など計7回の講座を通じ、コンテスト「秋田を元気にするプラン」向けプレゼンテーション資料の作成と発表に取り組む。東京大学卒業後、民間企業勤務を経て、現在、五城目町在住の柳澤龍さんがファシリテーターを務める。
 これまでに延べ約70人が参加した同事業。コンテストからは「県外在住の県出身者らがターゲットの旅行プラン」や、人手不足の行楽・観光地の運営者と大学生をつなぐ「ボランティアとアルバイトを組み合わせたプラン」などが生まれた。
 同NPOの担当者は「これまで気づかなかった秋田の魅力や課題に向き合いながら、仲間やネットワークづくりに取り組む。さまざまな立場の皆さんとの交流や意見交換ができる機会。高校生や大学生から、おおむね40歳前後の社会人まで多くの皆さんに参加いただければ」と呼び掛ける。
 開催期間は7月29日~12月9日。定員50人。参加無料。コンテストの優秀賞には2万~5万円の報奨金を進呈する。問い合わせは同NPO法人(TEL018-829-5801)まで。

“秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

国際交流しよう 高校生らがイベント企画(紀伊民報)

情報元 : 国際交流しよう 高校生らがイベント企画(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00355018-agara-l30
 和歌山県田辺市学園、田辺高校の国際交流委員会「SEEKER(シーカー)」(70人)と市国際交流センターは14日午後1時半~3時半、同市高雄1丁目の市民総合センターで、外国と日本の文化を紹介するイベント「T―Cafe」を開く。無料。
 国際交流を目的に、昨年度から開いているイベントで2回目。今回は生徒が、市の国際交流員でハワイ出身の加藤ジェニファーさん(25)と企画し、ハワイをテーマに開く。生徒と地域の外国人が計約40人参加する予定で、一般の参加者も募集している。
 会場では、加藤さんがハワイについて説明したり、フラダンスを教えたりする。装飾品のレイやハワイの海をイメージした置物(ふた付きの瓶を持参すること)を制作するコーナーもある。
 生徒は外国人にラジオ体操を教えたり、ゲームを運営して交流を促したりする。書道と折り紙の体験や、平安衣装を着て写真撮影ができるコーナーも設ける。
 生徒らは3月から準備を進めており、11日は市民総合センターで加藤さんや市職員と最後の打ち合わせをした。当日のスケジュールや準備する内容を確認した。
 問い合わせは、市国際交流センター(0739・33・9019)へ。

“国際交流しよう 高校生らがイベント企画(紀伊民報)” の続きを読む

ノネコ捕獲、環境省17日始動 奄美大島の生態系保全へ(南海日日新聞)

情報元 : ノネコ捕獲、環境省17日始動 奄美大島の生態系保全へ(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010001-nankainn-l46
 環境省は17日、鹿児島県の奄美大島で希少な野生生物を襲って生態系を脅かす野生化した猫(ノネコ)の捕獲を開始する。同島の山中に生け捕り用のかごわな100基を設置し、捕獲した猫は奄美ノネコセンター(奄美市名瀬)に一時収容する。2018年度は月間30匹、計270匹の捕獲を計画している。同省奄美自然保護官事務所は「ノネコの捕獲とモニタリングを的確に進め、島の素晴らしい生態系の回復に努めたい」としている。
 同省によると、奄美大島の森林部には推定600~1200匹の猫が生息している。近年、国の特別天然記念物アマミノクロウサギなど希少な野生生物を捕食する被害によって生態系への影響が懸念され、世界自然遺産登録を目指す同島で喫緊の課題となっている。
 同省は県、島内5市町村と今年3月、18年度から10年間の奄美大島のノネコの管理計画を策定した。ノネコの捕獲は同計画に基づいて行う。捕獲は希少な野生生物が多く生息する山中の16平方キロメートルの範囲にわなを設置し、環境省が委託した作業員が毎日点検して捕獲状況を確認する。周辺に自動撮影カメラを設置し、ノネコの分布や希少種の回復状況を確認するモニタリング調査を行う。
 ノネコは捕獲後、奄美ノネコセンターに収容し、事前に募集した譲渡希望者への引き渡しを進める。譲渡先が決まらない場合は、1週間をめどに安楽死処分とする。
 ノネコセンターの運営を担う島内5市町村で組織する奄美大島ねこ対策協議会によると、これまでに島内の個人、団体各1件、県外の団体1件の計3件の譲渡を希望する申請があった。今後も譲渡希望者の募集は続ける。協議会事務局の奄美市環境対策課は「希望者は少ないが、譲渡を最大限に進めたい」としている。
 捕獲が始まると、ノネコ以外に森林内に入り込んだ野良猫や飼い猫も捕獲される可能性がある。捕獲された個体が市町村に登録して交付された鑑札やマイクロチップから飼い主が分かる場合は引き渡す。首輪などで飼い猫とみられる場合は地元役場で情報を公示して飼い主を探す。所有者が判明しなければ県が引き取る。
 環境省奄美自然保護官事務所の岩本千鶴自然保護官は「ノネコによる希少種への影響が大きくなる恐れがあり、早急な対策が必要。県、5市町村など関係機関と連携して取り組みを進める」と述べた。

“ノネコ捕獲、環境省17日始動 奄美大島の生態系保全へ(南海日日新聞)” の続きを読む

西荻窪で「おわら風の舞」 今年から第2会場・北口エリアでも演舞披露 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 西荻窪で「おわら風の舞」 今年から第2会場・北口エリアでも演舞披露 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000028-minkei-l13
 西荻窪で7月29日、第7回「西荻おわら風の舞」が開かれる。(高円寺経済新聞)
 西荻窪駅南口の「おわら通り」で越中おわら節同好会「高尾会」の男女約30人の踊り子や、地元連「西荻おわら会」らが、三味線、胡弓(こきゅう)、歌に合わせ踊りを披露する。三味線、胡弓、歌い手のイメージ 「おわら」は、元々富山県富山市八尾(やつお)地域で毎年9月1日~3日に行われる富山県を代表する祭りで、編みがさをかぶった「男踊り」と「女踊り」がおわら節に合わせ踊る。にぎやかな祭りではなく、厳かな雰囲気の中で行われる。
 今年初めて、第2会場を用意し、北口エリアでも踊りを披露。北口から西荻北中央公園に向かって踊り歩く。その後南口の五日市街道から西荻窪駅に向かい約600メートルを踊り歩く。19時50分からの輪踊りは一般参加も可能。15時30分からの当日練習の参加で、300人におわらオリジナル手拭いを進呈する。
 現在、演舞中のアシスタントや駅前や本部の手伝いなどのボランティアを募集している。参加者にはTシャツと手拭いを進呈する。
 開催時間は第2会場(北口)=14時45分~15時15分、第1会場(南口)=18時~。

“西荻窪で「おわら風の舞」 今年から第2会場・北口エリアでも演舞披露 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

【大学受験】山口大学・1452人に喜びの春

一応、僕も大学受験頑張ったなー^^;
懐かしい・・・

情報元 : 山口大学・1452人に喜びの春
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000001-tys-l35

山口大学で前期日程の合格発表があり、1452人に喜びの春が訪れました。午前10時、掲示板を覆っていた紙が外され、番号が発表されました。受験生は不安そうな表情で、自分の番号を探していました。山口大学前期日程の募集定員は1190人でした。3343人が受験して1452人が合格し、倍率は2.3倍でした。山口大学の入学式は、来月3日に行われます。教育学部に合格した受験生は「受験生活で両親への感謝の気持ちも、改めて実感」、経済学部に合格した受験生は「経済学部で観光学を学びたい」と、新生活への期待に胸を膨らませていました。

“【大学受験】山口大学・1452人に喜びの春” の続きを読む