東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)

情報元 : 東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000024-san-l04
 東北地方の外国人延べ宿泊者数が昨年、100万人泊(1人2泊なら2人泊とカウント)を上回ったことが、東北運輸局がまとめた平成30年1~11月の調査結果で分かった。東北での“100万人”超えは19年の統計開始以来初めて。全国で最も伸びが顕著な地域となっており、「航空機の直行便の増便などを背景に、アジアを中心とした外国人旅行客の注目が、東北にも集まってきている」(同局国際観光課)と話している。(高梨美穂子)
                   ◇
 東北運輸局は観光庁「宿泊旅行統計調査」から、東北6県分の1~11月の外国人延べ宿泊者数を集計(従業員数10人以上の施設が対象)。30年1~11月の外国人延べ宿泊者数は112万1210人泊で、前年同期(89万3170人泊)と比べて26%増加。震災前の22年同期と比較しても136%増となっていた。
 前年同期比の伸び率を全国の地域別で比べると、(1)東北26%増(2)北信越18・1%増(3)中国16・9%増で、2割を超えたのは東北だけ。東北の中でも宮城県の伸びは35・9%と群を抜き、全国1位だった。
 理由について、同課は「立地的にも宮城に泊まって東北を周遊することが多い。昨年10月に台湾から仙台空港にLCC(格安航空会社)便が増えるなど、直行便があるアジア圏からの旅行客が増えた」という。
 30年1~11月の国・地域別の外国人宿泊者数は多い順に(1)台湾47万610人泊(前年同期比27%増)(2)中国17万5990人泊(同21%増)(3)韓国7万5290人泊(同4%増)(4)香港6万4810人泊(同26%増)(5)タイ5万7670人泊(同39%増)。以下、米国、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシアと続く。おおむね、2桁台の伸びで推移していた。
 「全国の傾向からみて韓国、台湾、香港の旅行客の日本滞在期間は1週間かそれ未満。東北には直行便や北海道からの周遊が多い。欧米の旅行客は東京、成田、関西空港から入り、10日間ほどの滞在でも東北にいるのは2、3日程度が多いようだ」(同局)。
 昨年11月単月では福島県は前年同月比42%増の1万4600人泊と急増。SNSを駆使したタイ、台湾に向けたPRに県が力を入れており、同局は「タイでは多くのフォロワーがおり、それが影響したのでは」と話す。これらの国・地域からの紅葉観光が増加を後押しした。一方、青森県の11月は前年同月比11%減の2万5020人泊。昨年9月の北海道胆振東部地震の影響が残ったとみられる。

“東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)” の続きを読む

世界の音楽や踊り体感 「こどもフェス」にぎわう【函館】(函館新聞電子版)

情報元 : 世界の音楽や踊り体感 「こどもフェス」にぎわう【函館】(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000001-hakoshin-hok
 世界の子どもたちが交流する芸術イベント「第6回世界のこどもフェスティバル」(世界のこども、ワールズ・ミート・ジャパン主催)が24日、函館市芸術ホールで開かれた。函館の学童保育所に通う児童による和太鼓演奏、ロシア、台湾からのゲストの踊りなど、子どもたちが全身で音楽と踊りを楽しんだ。
 ステージは2部構成。共同学童保育所「元気クラブ」、学童クラブひのてんの2団体約60人がや約10分にもおよぶ「島の祭太鼓」を演奏し、にぎやかに開幕した。
 ロシア・ハバロフスク地方のアチャン村から来日したフォークダンスグループ「タシマ」はナナイ族に伝わる伝統的な踊りを披露。ユジノサハリンスクの「ジー・ネクスト」はポップな音楽に合わせた現代ダンスで会場を楽しませた。はこだて国際民俗芸術祭への出演経験もある台湾のラン・ヤン・ダンサーズは、優雅に美しい羽を広げるクジャクを表現する踊りなどで魅了した。
 後半は函館の音楽グループひのき屋の演奏に合わせて、函館の子どもたちと海外のゲストが一緒に輪になって踊ったり、飛び跳ねたりして会場の熱気も最高潮に。保育園児たちの歌もあり、それぞれの熱演に拍手が送られていた。

“世界の音楽や踊り体感 「こどもフェス」にぎわう【函館】(函館新聞電子版)” の続きを読む

4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00010001-ksbv-l37
 今年4月から開催される瀬戸内国際芸術祭を前に、小豆島では一足早く展示作品が関係者にお披露目されました。
 香川県小豆島町の「福武ハウス」には、7つの作品が展示されています。2013年にインドネシアや台湾などアジアの7つの国との交流拠点にしようと、廃校になった小学校の校舎をアートスペースにしました。
 新しい作品の完成に合わせて9日行われたオープニングセレモニーには、プロデューサーの福武總一郎さんや来日したアーティストら約60人が参加しました。
 ジャカルタ出身の国際的なアーティストヘリ・ドノさんの作品は、縦2メートル横3メートルのアクリルキャンパスを10枚使った大作です。
 一般公開は瀬戸芸開幕日の今年4月26日からです。

“4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-utyv-l19
中国で旧暦の正月に当たる春節の大型連休が4日、始まりました。
山梨県側の富士山の麓の遊園地も観光客の受け入れを図ろうと、この春節に合わせて4日、免税店をオープンさせました。
富士急ハイランドに新しくお目見えしたのは、外国人観光客に人気の日本のお菓子や化粧品などおよそ600種類を取り揃えた免税店、「富士山商店」です。
初日の4日は、早速中国からの観光客がお土産の品定めに訪れていました。
富士急ハイランドへ訪れる外国人ツアー客のおよそ8割が、中国や台湾からということもあり、店内には中国語を話すことが出来るスタッフが接客を行います。
富士急ハイランドでは春節の商戦に合わせて、今月8日まで午前中に園内利用者は富士飛行社など4つのアトラクションの半額キャンペーンも行い、観光客の呼び込みを図る予定です。
[UTYテレビ山梨]

“中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000066-minkei-l13
 新馬場駅近くの荏原神社(品川区北品川2)で現在、境内のカンヒザクラ(寒緋桜)が満開となり、参拝客が冬の花見を楽しんでいる。(品川経済新聞)709年創建された荏原神社 709年創建と伝わる同神社は、品川の龍神として源氏や徳川など多くの武家の信仰を受けてきた。毎年6月に行われる牛頭天王(ごずてんのう)を祭る「天王祭」で知られる。東海七福神の一社として恵比寿神を御祭神とし、年始には東海道七福神巡りに訪れる参拝客でにぎわう。
 境内にある2本のカンヒザクラは同神社のご神木。区内で一番早く咲く桜として、地域住民に親しまれている。枝先には、花蜜を求めてメジロやヒヨドリが止まることもある。5日は、望遠レンズ付きの一眼レフカメラを持ち、撮影を楽しむ人の姿が多く見られた。
 カンヒザクラは台湾や中国南部が原産地で、日本では鹿児島や沖縄を中心に自生しており、鮮やかな緋紅色(ひこうしょく)の花が鐘状に下向きに咲くのが特徴。ヒカンザクラ(緋寒桜)とも言われるが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違われることから、カンヒザクラと呼ばれることが多いという。
 同神社スタッフは「今年は1月下旬から咲き始め、例年並みの開花となった。荒天がなければ、2月中旬までお楽しみいただけるのでは」と話す。
 参拝に訪れた女性の一人は「青い空に桃色の花びらが映え、とてもきれい。毎年見に来ているが、この桜の美しさは何度見ても飽きない」と笑顔を見せていた。

“新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

八田技師絵本で日台の絆育む 今月、金沢の55小学校に配布(北國新聞社)

情報元 : 八田技師絵本で日台の絆育む 今月、金沢の55小学校に配布(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00695601-hokkoku-l17
 台湾・烏山頭(うさんとう)ダムを築いた八田與一(よいち)技師(金沢出身)の生涯をつづった絵本が今月、市内55小学校や市立図書館に配布される。現地で出版された絵本の日本語版で、泉丘高卒業生の丸岡昭夫さん(74)=千葉県=が企画した。ダムがある台南市では日本からの訪問客に記念品として贈る予定で、絵本を懸け橋に日台の絆を深め、技師の功績を次世代に語り継ぐ。
 絵本は2016年に制作され、台南市にある嘉南国民小児童による絵が使われている。17年に絵本の存在を知った丸岡さんが知人の手を借りて和訳し、旧制金沢一中・泉丘高の同窓会「一泉同窓会」の有志や県台湾華僑総会の高仙桃会長の協力のもと、台南市政府から許可を得て計400冊を用意した。
 制作費用は150冊分を丸岡さん、250冊分を台南市が負担した。150冊は金沢市内の小学校や市立図書館などに贈る。250冊は、台南市政府が日本からの訪問団に対する贈り物として使うという。
 3日に金沢国際ホテルで開かれた県台湾華僑総会の新年懇親会(北國新聞社後援)では、刷り上がったばかりの日本語版が披露され、高会長が「八田技師のことがとても分かりやすく書かれている。ぜひ手に取ってほしい」と紹介した。
 出席した丸岡さんも技師の絵本だからこそ多くの協力が得られたとし「改めて偉大さを感じた。こんなにすごい人がいたということを、金沢の子どもたちに知ってほしい」と話した。
 懇親会には116人が参加し親睦を深めた。大谷信夫顧問が開会の辞を述べ、高会長があいさつした。台北駐大阪経済文化弁事処の李世丙処長、佐々木紀衆院議員、宮元陸加賀市長、山野之義金沢市長らが祝辞を贈り、砂塚隆広北國新聞社常務の発声で乾杯した。

“八田技師絵本で日台の絆育む 今月、金沢の55小学校に配布(北國新聞社)” の続きを読む

外国人誘客へキャンペーン 栃木(産経新聞)

情報元 : 外国人誘客へキャンペーン 栃木(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000024-san-l09
 「鬼怒川温泉春節・鬼まつり」では、2日に始まった日光市全域で展開する外国人旅行客向け誘客キャンペーンと連携している。17日まで。
 鬼怒川温泉駅には英語、中国語を話せるスタッフを配置した外国人案内デスクを設置。外国人を対象に、宿泊施設での正月料理の振る舞い、日帰り温泉入浴無料や周辺テーマパーク、観光施設の入場料割引などの特典が用意されている。
 鬼怒川温泉春節・鬼まつり(3日まで)では、太鼓演奏や猿まわしの公演、正月遊びや忍者の手裏剣投げなどの体験コーナーがあり、日本の文化を紹介している。
 旧正月「春節」の時期に合わせて長期休暇を取る中国を中心に、約20年前から冬季の外国人の誘客に力を入れてきた日光市観光協会鬼怒川・川治支部の沼尾鬼子造(きしぞう)事務所長は「海外からの観光客は東日本大震災後に落ち込んだが、地道にやってきて震災前の最盛期に近付きつつある。台湾に加え、最近は香港からの観光客も増えている」と手応えを示した。

“外国人誘客へキャンペーン 栃木(産経新聞)” の続きを読む

茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)

情報元 : 茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00695380-hokkoku-l17
 2月最初の週末の2日、石川県内は日中の最高気温が金沢10・0度など前日より5~7度高くなった。穏やかな天気の中、金沢市のひがし茶屋街は、中華圏の旧正月「春節」の休みを利用する外国人旅行者でにぎわった。
 台湾・台北市から家族で来た王堯鈞さんは「街並みが落ち着いていて良い。金箔ソフトクリームを楽しみに来ました」と笑顔を見せた。
 金沢地方気象台によると節分の3日の県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りで夕方から雨の見込み。南から暖かい空気が入り、最高気温は金沢12度、輪島11度と3月下旬並みを予想する。

“茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)” の続きを読む

台北のチューリップ展へ球根初輸出 県花卉組合(北日本新聞)

情報元 : 台北のチューリップ展へ球根初輸出 県花卉組合(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00119886-kitanihon-l16
 県花卉(かき)球根農業協同組合は24日、台湾・台北市にチューリップ球根6品種5600球を輸出する。砺波市の協力を受け、台北市に初めて送る。球根は花を咲かせ、来月下旬から現地で開かれる「2019士林官邸公園チューリップ展」で展示される。23日は砺波市大門の同組合で、出荷作業が行われた。
 砺波市などは昨年1月、交流のある台湾・嘉義市の文雅小学校で水耕栽培キットを用いて花育活動を実施。現地での報道に台北市の公園担当者が関心を持ち、砺波市と交渉。県花卉球根農業協同組合からの購入が決まった。
 球根は計5600球で「とやまレッド」、「黄小町」、「ハウステンボス」の3300球と、砺波市がPR用に贈る「ファンアイク」、「キャンディープリンス」、「紫水晶」の2300球。24日に富山空港から台北便で発送し、28日に台北市の士林官邸公園に到着する。
 同組合職員が現地で台北市職員に栽培を指導した後、チューリップ展までの期間は、現地の職員が管理する。同組合職員はインターネットを通じて生育状況を確認し、指導を続ける。
 23日は、球根が運送業者の車に積み込まれ、富山空港へと運ばれていった。チューリップ展は2月21日~3月3日に士林官邸公園で開かれ、花は砺波市コーナーに展示される。
 砺波市は「チューリップの販路の拡大に努め、ブランド力強化につなげたい」としている。組合の藤岡昭宏営業部長は「現地では初めて見る人も多いと思う。砺波のチューリップを知るきっかけにしてほしい」と期待している。

“台北のチューリップ展へ球根初輸出 県花卉組合(北日本新聞)” の続きを読む

米食味で高評価 八重樫さんベストファーマー 3年連続認定【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 米食味で高評価 八重樫さんベストファーマー 3年連続認定【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010001-iwanichi-l03
 第20回米・食味分析鑑定コンクール国際大会で、北上市飯豊の兼業農家でNPO法人東北どまんなか理事長の八重樫哲哉さん(59)が出品した2018年産ひとめぼれ2点、ミルキークイーン2点が一定の基準に達し、主催者の米・食味鑑定士協会からプレミアムライセンスクラブ「ベストファーマー」の一員に認定された。全国トップクラスのコメに位置付けられ、認定は16、17年産に続き3年連続。今回は4点全て基準を超え、八重樫さんは19年も高品質米生産へ意欲を新たにしている。
 大会は18年11月下旬、岐阜県高山市で開かれ全国各地、中国、台湾などの海外からえりすぐりの5717点が出品された。ベストファーマー認定には1次審査の食味値(100点満点)で所定の基準以上となり、2次審査の味度値(同)を合わせて計170点以上が必要。名だたる出品者全体でも認定者は8%程度と狭き門だ。
 八重樫さんが出品したひとめぼれは172・7点(食味値86点、味度値86・7点)と171・3点(同85点、同86・3点)、ミルキークイーンは173・3点(同85点、味度値88・3点)と171・4点(同84点、同87・4点)を獲得。16年はひとめぼれ、17年はコシヒカリをベースとした低アミロース品種のミルキークイーンで各1点が基準を突破しているが、複数は初となる。
 八重樫さんは住宅設備機器販売卸会社を個人経営しながら、飯豊地内の数カ所合わせて3ヘクタールの圃場(ほじょう)で米作りにいそしむ。有機肥料活用と減農薬に努め、畦畔(けいはん)の草刈りや水田の草取りを欠かさない。昨年は6月の低温、出穂後の8月以降の多雨で苦慮したというが「どの圃場でも安定した品質で四つ取れたのは自信になる。3年間クリアでき、この地域でも高品質米が生産できることを証明できた」と喜びつつ「より一層精進し、今年も良質米生産へ挑戦していく」と意欲を示す。
 昨年、県内のコメ生産農家らと共にNPO法人を立ち上げた。「一人でも多くの担い手に米作りを推奨したい」と語り自身の経験、ノウハウを伝えていくつもりだ。

“米食味で高評価 八重樫さんベストファーマー 3年連続認定【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む