三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)

情報元 : 三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000502-isenp-l24
 三重県教委は27日、県立高校入試後期選抜の志願状況を発表した。全日制は53校125学科・コースの定員7665人に8530人が志願し、志願倍率は前年同期と同じ1・11倍だった。南伊勢高南勢校舎の志願者がいなかったほか、昨夏に野球部の甲子園初出場で沸いた白山高が定員割れとなった。
 学科・コース別では、津西国際科学が4・75倍と最も高く、神戸理数の4・13倍、川越国際文理の3・75倍が続いた。
 最低は南伊勢南勢校舎普通で、後期選抜の志願者がいなかった。次いで志摩国際コースと白山情報コミュニケーションが低く、それぞれ0・19倍だった。
 志願変更は3月4―6日まで受け付ける。試験は11日に実施し、18日に合格者を発表する。
 定時制は定員583人に191人が志願し、倍率は前年同期比0・05ポイント減の0・33倍。通信制は418人の募集に対し、34人が志願し、倍率は前年同期と同じ0・08倍となった。

“三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)” の続きを読む

全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)

情報元 : 全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00122040-kitanihon-l16
■県内から一人地道に努力   
 富山商業高校情報処理科3年の稲生朱里さん(18)は、全国商業高校協会(東京)が主催する9種目の検定試験で全ての1級に合格した。同協会から表彰状が届き、稲生さんは「充実した3年間だった」と話す。
 検定は簿記や珠算、英語、ビジネス文書などの分野がある。多くは授業に準じた難易度だが、試験は年1、2回と機会が限られている。本年度、全種目1級合格を達成したのは全国で61人で、県内は稲生さんのみだった。
 経理部に所属する稲生さんは1年で電卓と簿記の1級に合格。9種目で挑戦した昨年11月の珠算では、珠算部の教諭にそろばんの使い方から教わった。合格を知り「先生や家族に感謝した」と笑みを見せる。経理部顧問の武田浩司教諭は「地道にこつこつと勉強する努力が素晴らしかった」と言う。
 稲生さんは4月から新潟県の専門学校に進学する。将来は県内でサイバー犯罪を防ぐ警察官を目指しており「高校生活での経験や勉強過程を今後の資格取得に生かしたい」と意気込んだ。

“全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)” の続きを読む

日本原燃・増田社長に聞く 地元の信頼確保強調 六ケ所村再処理工場は完成目標堅持(産経新聞)

情報元 : 日本原燃・増田社長に聞く 地元の信頼確保強調 六ケ所村再処理工場は完成目標堅持(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000056-san-l02
 日本原燃の社長に就任した増田尚宏氏(60)が産経新聞のインタビューに応じた。原子力規制委員会の新規制基準適合性審査が大詰めを迎えている六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場について、平成33年度上期の完成目標を堅持する考えを強調、核燃料サイクル事業を通して地元の信頼確保に努める姿勢を示した。(福田徳行)
                   ◇
 --昨年、保安規定違反に当たる事象が相次ぎ、規制委から組織体制の在り方が問われた
 「基本的なトラブルが多く皆さんに不安を与えた。仕事のレベルを上げ、高みを目指し、昨日より今日、今日より明日と成長していくことが重要。社員の意識、行動を変えていく」
 --地元からは事業の遅れによる地域経済への影響を危惧する声もある。信頼関係をどう構築するか
 「竣工(しゅんこう)と竣工後の2つある。竣工までは建設工事などで地元の方に相当数、働いてもらっている。竣工後は地元の意向も聞きながら地域振興策を考え最大限、反映できるようにする。プロパー社員が9割近くになったということは地元に根付く人が増えてきたということ。信頼がないと生活基盤を失うので、地元の方の懸念、不安を持ち込んでもらい改善していく。社員には広報マンの仕事をしてくれと言っている」
 --再処理工場の適合性審査が大詰めだが
 「1月28日の審査会合で説明はほぼ終わった。まずは審査合格に責任を持ってやっていくことが重要。その後、補正申請書、設工認(安全対策工事に必要な工事の認可)、安全対策工事と計画通り進めていく。33年度上期竣工をしっかりとキープしていきたい」
 --再処理工場の完成を目前に控え、今年は事業全体として節目の年。改めて社員にどのような姿勢で仕事に取り組んでほしいか
 「東京電力福島第1原発の廃炉に関わった経験を踏まえ、ただの会社、工場ではないということを徹底していきたい。原子力、核を扱っているという意識を持ち、日本のエネルギーを支えているという自負の下で『日本原燃に来てもらってよかった』と言ってもらえるよう、ネジを巻き直していく」
                   ◇
【プロフィル】ますだ・なおひろ
 昭和33年3月、埼玉県出身。横浜国立大大学院修了後、東京電力入社。福島第2原発所長、福島第1廃炉推進カンパニー・プレジデント兼廃炉・汚染水対策最高責任者、日本原燃特別顧問などを歴任。

“日本原燃・増田社長に聞く 地元の信頼確保強調 六ケ所村再処理工場は完成目標堅持(産経新聞)” の続きを読む

新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000018-minkei-l14
 スポーツボランティアの育成・研修を行う「ファイナルスタジアム・スポーツボランティア・アカデミー(FSVA)」が4月6日、日産スタジアム(横浜市港北区小机町)で開講される。(港北経済新聞)
 2002年のFIFAワールドカップの決勝の地「ファイナルスタジアム」として知られる日産スタジアムでは、Jリーグをはじめ各種スポーツイベントで活動するボランティアチームを有している。
 同アカデミーは、スポーツボランティアとして活動するためのノウハウと活動実習を提供するもの。講義と実習を経て、所定の評価で合格すると、同スタジアムからスポーツボランティアの初級Aライセンスが進呈される。2018年度は3回の講座から、161人の修了生が生まれた。
 2019年度1回目の開講となる今回は、同スタジアムのボランティア活動の実例紹介を交えた講義とワークショップを行う。併せて、4月13日・28日に活動実習(同スタジアムで開催の横浜F・マリノスホームゲーム)も予定する(いずれか1日のみ)。
 初級Aライセンスを取得後は同スタジアムや新横浜公園などで行われるスポーツイベントへのボランティア参加が可能。学んだ知識や経験を生かすことができる。
 来年度以降は初級Aライセンスに加えて、ステップアップクラスも予定。サッカーやラグビー、マラソンなど各種目に特化したより高度なプログラムになるという。
 講義時間は14時~17時。参加費は3,000円。申込みは2月26日まで。

“新横浜でスポーツボランティア育成講座 マリノスホーム戦で活動実習も /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)

情報元 : 裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-17404003-kantelev-l25
【弁護士】
「警察官に合格したときの気持ちは?」
【元巡査の被告】
「受かったと聞いてとてもうれしかったし、自分に誇れるようなことができてよかった」
見た目にあどけなさが残る一方、しっかりとした口調で警察官になったときの気持ちを答えた元巡査。犯行当日、井本さんからの指導で「パニックになっていた」という状況をこう語っていました。
【元巡査の被告】
「(井本さんから)『なんで行方不明(の書類)ごときかけへんねん。お前がアホなんは親がアホやからちゃうんけ』と言われました。目から涙が止まりませんでした」
【元巡査の被告】
「この人死んだら楽になるんちゃうかなと。びくびくしながら仕事せんでいいんちゃうかなと」
また、「警察をやめようとは思わなかったのか?」と問われると…
【元巡査の被告】
「警察官を辞めると私は高卒で無職、なんの価値もない人間に成り下がると思った」
と、答えました。
これまでの裁判で元巡査は起訴内容を認め、弁護側は「井本さんに両親を侮辱されたこと」が引き金になったと主張、「心神耗弱の状態だった」として刑を軽くするよう求めました。
一方、「責任能力はある」とする検察側は懲役25年を求刑し、8日、判決の日を迎えました。
== 8日の裁判 ==
【裁判長】
「主文、被告人を懲役22年に処する」
元巡査は粛々と裁判長の言葉を聞きました。
争点になっていた責任能力について大津地裁は「当日、井本さんとの夕食中、平静を装っていたほか、犯行後、交番を施錠し、一般人に通常通り対応している」と指摘し、刑事責任能力はあったと認定しました。
また、犯行当時、被告が未成年だったことにも触れましたが、「19歳とはいえ、警察官だった被告が同僚を殺害したという空前絶後の事案である」と断罪。「警察官に対する国民の信頼を損なった責任は重い」として懲役22年を言い渡しました。
そして最後に…
【裁判長】
「残りの人生を社会への還元に果たすよう臨みます」
…と、元巡査に罪に向き合うよう告げ、閉廷しました。
判決が言い渡されたあと、裁判員が会見を開きました。
【裁判員・男性】
「事例が無い中で、責任能力や量刑について比較ができなかった」
「非常に判断が難しかった」
 
前代未聞の事件に関する今回の裁判。今後の被告の動向に注目が集まります。

“裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)” の続きを読む

近江兄弟高、一般入試「理科」で出題ミス 全員正解扱い(京都新聞)

情報元 : 近江兄弟高、一般入試「理科」で出題ミス 全員正解扱い(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000070-kyt-l25
 近江兄弟社高(滋賀県近江八幡市)は8日、一般入試(4日実施)の理科問題で出題ミスがあった、と学校のホームページで公表した。
 同高によると、1問で選択肢のうちの一つの文章が説明不十分だったとして、この選択肢も正答とした。他の2問でも、設問に添付された図が設問と不合理であるとして、受験者全員を正答とした。受験者数は1406人。
 採点作業などをやり直して合否判定し、8日に合格発表した。

“近江兄弟高、一般入試「理科」で出題ミス 全員正解扱い(京都新聞)” の続きを読む

函館商業高校、日商簿記2、3級の合格率が全国上回る(函館新聞電子版)

情報元 : 函館商業高校、日商簿記2、3級の合格率が全国上回る(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000001-hakoshin-hok
 昨年11月に実施された第150回日商簿記検定の2級、3級試験で、函館商業高校(大庭隆校長)の会計ビジネス科に在籍する生徒の合格率が全国合格率を大幅に上回った。
 2級は全国で6万4838人が受け、7275人が合格。合格率は14・69%と2002年6月実施の第100回以降で6番目に低かった。一方、同科からは31人が受験して15人が合格し、合格率は全国比の約3倍となる48・39%だった。
 同科2年の小林茉亜玲さん(17)は「毎日こつこつと勉強を積み重ねてきたので合格できてうれしい」と話す。吹奏楽部の部長を務め、昨年12月には定期演奏会もあり、部活動との両立も成し遂げた。「2月には全経簿記上級を受ける。次も頑張りたい」と意欲を見せる。
 3級の合格率は、同科から38人が受けて35人が合格し、合格率89・74%をたたき出した。全国では、8万8774人の受験者に対して合格者は3万8882人で、合格率は43・80%だった。
 合格した同科1年の宮永海杜さん(16)は野球部の活動にも精を出す。「両方中途半端になるのは嫌だったので両立を頑張った。合格できてよかった」と笑顔。幼いころから計算好きで、5歳からそろばんを続けている。「2年生になったら、2級や全経簿記の試験にも挑戦したい」と意気込む。
 同科の石塚和久教諭は「道南では企業の倒産も相次いでいる。これからは簿記が得意な人材が求められてくるので、生徒たちの今後の飛躍にも期待したい」と話している。

“函館商業高校、日商簿記2、3級の合格率が全国上回る(函館新聞電子版)” の続きを読む

宮崎県立高校推薦入試の志願倍率発表 全日制の志願倍率は1.05倍(MRT宮崎放送)

情報元 : 宮崎県立高校推薦入試の志願倍率発表 全日制の志願倍率は1.05倍(MRT宮崎放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010003-mrt-l45
宮崎県立高校推薦入試の志願倍率が発表されました。去年初めて1倍を下回った全日制の推薦入試の志願倍率は、1.05倍と1倍を超えました。
 推薦入試は、県立高校の全日制と定時制あわせて35校で実施され、2460人の募集に対し2508人が志願しました。全日制と定時制をあわせた志願倍率は1.02倍、また、去年、現在の制度となって初めて1倍を下回った全日制の志願倍率は1.05倍で1倍を上回りました。
最も志願倍率が高いのは、宮崎西の理数科で2.83倍、次いで、宮崎大宮の普通科が2.54倍、都城西のフロンティア科が2.50倍で、新年度新たに設置される高鍋の探求科学科は、1.92倍となっています。県立高校の推薦入試は、2月6日に行われ、14日に合格内定が通知されます。
また、一般入試は3月5日と6日に行われ合格者は19日に発表されます。

“宮崎県立高校推薦入試の志願倍率発表 全日制の志願倍率は1.05倍(MRT宮崎放送)” の続きを読む

77歳でヘリ操縦免許取得 ウクライナに留学「充実感いっぱい」(京都新聞)

情報元 : 77歳でヘリ操縦免許取得 ウクライナに留学「充実感いっぱい」(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000002-kyt-l26
 京都市南区に住む77歳の男性がこのほど、ヘリコプターの自家用操縦士免許を取得した。70歳を超えての新規取得者は極めて珍しいといい、「充実感でいっぱい。挑戦して良かった」と喜んでいる。
 トラック駐車場会社経営の清水三雄さん。伏見区向島で民間ヘリポートを経営する清水さんは、「ヘリで日本一周をしたい」と思い立ち、機体を購入。74歳から、教官と二人三脚で訓練を始めた。
 日本で免許を取得するには最低1年かかるため、「年齢の問題もあり、できるだけ早く取得したい」と昨年、ウクライナの養成スクールに短期留学した。長距離飛行など実践的な訓練を重ねて卒業証書をもらい、同国航空局から国際免許を発行された。
 昨年11月に受検した航空法規の学科試験の合格通知が同12月中旬に届き、国内用に免許を書き換えて、晴れて日本全国どこへでも飛ぶことができるようになった。
 ストレッチやウオーキングなど健康管理にも気を遣い、「操縦に関しては何ら年を感じることはなかった」と胸を張る。一方、「着陸時はバランス感覚が必要で今でも難しい」とも。現在も趣味と仕事を兼ねて3日に1回は飛行している。
 「鳥のようにどこへでも飛べて、想像できない景色が見られて気持ちいい」と魅力を語る清水さん。今後の目標について「ヘリは災害時に大きな力になる。民間人として人助けをしたい」と意気込む。

“77歳でヘリ操縦免許取得 ウクライナに留学「充実感いっぱい」(京都新聞)” の続きを読む

魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000002-hokuriku-l15
 新潟県魚沼市七日市新田の薬師スキー場で、今シーズンの「子供スキー教室」が開校した。子どもたちは早速、上達を目指し練習に取り組んだ。
 教室は、薬師スキー学校(星光一校長)が主催。保育園年長組から小学校6年生までの184人が参加した。レベルにより10班に分け、3月10日まで計20回開かれる。
 開校式は5日に開かれた。星校長が「スキーが上手になるだけではなく、友達と仲良くすることも大切です」とあいさつ。「教室が終わる頃、全員がゲレンデの上の方から滑れるようになりましょう」と呼び掛けた。
 同市の梅田勝教育長は「寒い冬、暖かい部屋でゲームをしたりテレビを見たりせず、あえてスキー教室を選んだことをうれしく思います」と激励した。教室を支援している電源開発からは、子どもたちの代表にゼッケンが贈られた。
 開校式に続き、子どもたちは一斉にゲレンデへと繰り出し、ボランティアスタッフ約20人の指導を受けながら、練習に汗を流した。

“魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む