家族で万引、父子初公判 高く転売狙い周到 佐賀地裁(佐賀新聞)

情報元 : 家族で万引、父子初公判 高く転売狙い周到 佐賀地裁(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-03248434-saga-l41
 親子で圧力鍋などを万引したとして、窃盗罪に問われた父親の被告(46)=福岡市=と長男の被告(24)=同=の初公判が20日、佐賀地裁(杉原崇夫裁判官)で開かれ、両被告は起訴内容を認めた。検察側の冒頭陳述では、転売時の実入りを意識して盗む商品を絞り込み、転売先も決めておくなど周到な段取りで犯行に及んでいた姿が浮かび上がった。
 冒頭陳述では、父親の被告は過去にも窃盗の逮捕歴があり、長男の被告が親の逮捕によって「転校を余儀なくされた」と指摘。暴力団に入っていた父親の被告は脱退後、職に就いたものの続かず、生活保護を受給していた。両被告は、長女が借りたレンタカーで元妻とともに佐賀市内の商業施設を訪れ、商品を盗んでいた。盗む品は家電など転売時に高く売れる物に絞り、転売先の質屋も決まっていた。換金後の取り分は折半するなど取り決めていたことも明らかになった。
 起訴状によると、両被告は共謀し、今年6月5日午後1時9分ごろから同日午後1時16分ごろまでの間、2回にわたり、佐賀市の商業施設内の店舗から圧力鍋など8点(販売価格合計16万1978円)を盗んだとしている。
 元妻、長女も別の万引に関わったとして両被告とともに17日に窃盗容疑で逮捕されている。

“家族で万引、父子初公判 高く転売狙い周到 佐賀地裁(佐賀新聞)” の続きを読む

猛暑の野外で雪遊びイベント 滋賀・草津、親子連れ大はしゃぎ(京都新聞)

情報元 : 猛暑の野外で雪遊びイベント 滋賀・草津、親子連れ大はしゃぎ(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000006-kyt-l25
 滋賀県草津市西渋川1丁目の商業施設「エイスクエア」で22日、子どもたちに「雪遊び」をしてもらうイベントが開かれた。肌を刺すような激しい日差しが照りつける中、涼を求める親子連れら約千人が、季節外れの雪を楽しんだ。
 集客の目玉として2016年から実施し、3回目。屋外の一角にビニールで囲いを設け、降雪機で20分間ほどかけて約1トンの雪を降らせた。未就学児から小学生ほどの子どもたちは一斉に囲いに入り、スコップやカップで塔を作ったり団子にして頭に載せたりして、思い思いに遊んだ。

“猛暑の野外で雪遊びイベント 滋賀・草津、親子連れ大はしゃぎ(京都新聞)” の続きを読む

家族で万引した容疑で4人再逮捕 佐賀北署(佐賀新聞)

情報元 : 家族で万引した容疑で4人再逮捕 佐賀北署(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-03246930-saga-l41
 佐賀北署は17日、盗みの疑いで、福岡市城南区七隈6丁目、無職の容疑者(46)=盗みで起訴済=と長男(24)=同、元妻(47)、長女(28)を再逮捕した。
 逮捕容疑は、4人で共謀し、5月9日午後1時20分ごろ、佐賀市内の大型商業施設で、鍋11個(販売価格合計27万5940円)を盗んだ疑い。容疑者(46)と長男は「2人で盗んだことは間違いないが、妻と娘は関係ない」と一部否認、元妻と長女は否認している。
 北署によると、4人は長女が借りたレンタカーで商業施設まで行き、容疑者(46)と長男が買い物カートに鍋を入れ、元妻と長女が乗る車に運んだ。4人は6月5日、同様の手口で圧力鍋などを盗んだとして現行犯逮捕され、元妻と長女は釈放されていた。

“家族で万引した容疑で4人再逮捕 佐賀北署(佐賀新聞)” の続きを読む

長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎

情報元 : 長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000064-minkei-l42

 長崎港沿いの商業施設「出島ワーフ」(長崎市出島町)で3月3日、大学生が中心となって飲食イベント「満月BAR(バー)」を開催した。(長崎経済新聞)チケット売り場 同イベントは、昨年10月に若者の県内定住を促進するため長崎県と長崎大学、地元企業の産学官連携で立ち上げられた「縁JOYプロジェクト」の一環。大学生が中心となり、全国に広がっている「満月バー」を出島ワーフの飲食店と協力して開いた。長崎市は同イベントを「長崎創生プロジェクト事業」に認定し、開催に先立って同プロジェクト学生代表で長崎大学環境科学部3年の伊藤大悟さん(愛知県出身)に認定書を手渡した。

 当日は雨天のためウッドデッキにテントを設営して行われたが、学生スタッフたちは笑顔で熱心に接客した。サポートする社会人スタッフの一人は「雨天にもかかわらず、皆さんの協力でチケットが100組以上売れていた。学生たちが自分の子どものように思えて、つい手を出したくなったが、彼らの自主性を最大限に尊重した。この経験を将来ぜひ役立ててほしい」とほほ笑む。

“長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎” の続きを読む