仕事も空き家も見学できる! 沖縄の離島へ移住お試しツアー 仕事が決まった家族も(沖縄タイムス)

情報元 : 仕事も空き家も見学できる! 沖縄の離島へ移住お試しツアー 仕事が決まった家族も(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00389584-okinawat-oki
 【久米島】県移住定住促進事業を活用した移住体験ツアー(主催・おきなわ移住の輪・結)が町内で7日から2泊3日の日程であった。
 「久米島の仕事と住まいを見るツアー」をテーマに東京や横浜から3組5人が参加。職場見学や空き物件見学、買い物施設の視察などで久米島についての見聞を深めた。
 昨年5月に初めて久米島を訪れ、人々の良さにひかれて家族3人で移住を決めたという横浜市の佐藤久美さん(49)は「人々は親切で、心穏やかになる。父は農業の経験者で農業に意欲的」と声を弾ませた。
 東京から家族5人で移住を決めた田中雅規さん(39)は「移住者の先輩から話を聞き不安が解消された。職場も決まった」と笑顔を見せた。
 東京出身で、大学でまちづくりや都市開発を学ぶ入沢公也さん(21)は「暖かい地域に移住したい思いで、インターネットで調べて移住ツアーを知り参加した。久米島の面白い環境にひかれた。大学を卒業してから地域おこし協力隊として移住したい」と思いを語った。
 町企画財政課の移住定住島ぐらしコンシェルジュの上江洲幹子さんは「個人の移住下見旅行ではなかなか見ることのできないプログラム。これまで医療福祉人材に限ってのツアー実施はあったが、通常の求人企業を見学するツアー開催は初めて」と話した。
(比嘉正明通信員)
…………………………………………………………
移住体験ツアーを通して久米島への思いを深めた参加者=9日、久米島空港

“仕事も空き家も見学できる! 沖縄の離島へ移住お試しツアー 仕事が決まった家族も(沖縄タイムス)” の続きを読む

給食に精進バーガー 鳥取・大山町で中学生が舌鼓(産経新聞)

情報元 : 給食に精進バーガー 鳥取・大山町で中学生が舌鼓(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000048-san-l31
 鳥取県大山町の町立大山中学校で14日、給食に精進料理の「禅バーガー大山寺」が提供され、3年生約60人が舌鼓を打った。
 禅バーガーは昨秋、大山(1729メートル)中腹の宿坊「観證院・山楽荘」が、地元食材を使った精進料理としてリニューアル。町外の高校に進学したりする3年生の“思い出給食”として、町が取り上げた。
 給食は、清水豪賢住職が「伝統の大山寺おこわをはさみこんだ精進料理の味を覚えていてほしい」と語ってスタート。生徒たちは、特製のたれで味付けした豆腐やヤマイモの「精進あげバンズ」に、大山寺おこわなどをはさんだバーガーを、口いっぱいにほおばっていた。
 3年の田中ゆずきさん(15)は「精進料理だから味がしないと思っていたが、バンズがおいしかった」と喜んでいた。給食に参加した竹口大紀町長は「精進料理は地元の食文化。町で生まれ育ったことに誇りを持ってほしい」と話した。
 禅バーガーはこの後、名和、中山両中学校の3年生計約70人の給食にも供される。

“給食に精進バーガー 鳥取・大山町で中学生が舌鼓(産経新聞)” の続きを読む

瑞浪市議選が告示、18人で選挙戦に(岐阜新聞Web)

情報元 : 瑞浪市議選が告示、18人で選挙戦に(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00109358-gifuweb-l21
 任期満了(2月21日)に伴う岐阜県瑞浪市議選(定数16)は27日告示され、18人が立候補を届け出た。2月3日に投票、即日開票される。
 立候補者の内訳は現職10人、新人8人。党派別では公明1人、共産1人、諸派1人、無所属15人。1月26日時点の選挙人名簿登録者数は3万1382人(男性1万4958人、女性1万6424人)。

“瑞浪市議選が告示、18人で選挙戦に(岐阜新聞Web)” の続きを読む

広島市・松井市長 ローマ法王「被爆地から発信」に期待感(テレビ新広島)

情報元 : 広島市・松井市長 ローマ法王「被爆地から発信」に期待感(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000001-tssv-l34
ローマ法王が今年11月に日本を訪問する考えを具体的に述べたことを受け、広島市の松井市長は平和のメッセージの発信や青少年との交流に意欲を示しました。
【広島市・松井一実市長】
「広島平和記念資料館で被爆の実相をみていただく。重要なのは広島から平和のメッセージ。
発信ですね」
松井市長はこのように述べローマ法王が今年11月に被爆地の広島と長崎を訪れる考えを表明したことに強い期待感を示しました。
実現すればローマ法王として1981年2月のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり、2度目の広島訪問となります。
ローマ法王は広島と長崎から世界に向け核兵器廃絶を発信し、被爆者への祈りを捧げる意向です。
カトリック広島司教区は今月中にも準備委員会を立ち上げ受け入れに向けた準備を進めることにしています。

“広島市・松井市長 ローマ法王「被爆地から発信」に期待感(テレビ新広島)” の続きを読む

横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000006-minkei-l05
 東京タワー(東京都港区)で12月28日から展示する「出前かまくら」向けの雪の積み込み作業が26日、夏油高原スキー場(岩手県)で行われた。(横手経済新聞)東京タワーでの出前かまくらのチラシ 雪で作った室(むろ)をまちなかに設ける横手市の小正月行事「かまくら」。積雪の少ない地域で披露する「出前かまくら」向けの雪は例年、市内の候補地で積み込み作業を行うが、25日の市内の積雪量が13センチと例年の半分以下だったことから、今年は隣県のスキー場で行った。
 「出前かまくら」に使われる雪の量は20~30トン。10トントラック3台に満載した雪は、約8時間かけて東東京タワーの正面玄関前に運ぶ。長年かまくら作りに携わる「かまくら職人」3人が、27日午後から制作を始め、高さ3メートルのかまくら1基を作って展示する。
 横手市秘書広報課の高橋良明さんは「日本を代表する観光名所東京タワーの60年記念の年に、かまくらを披露できることは誇らしく思う。多くの国内外の観光客に横手をPRできるチャンス。冬の横手の雰囲気を楽しんでいただき、冬の横手を訪れるきかっけになってくれれば」と話す。
 展示は同30日まで。横手市の雪まつり「かまくら」本番は、2月15日・16日。

“横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む