九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)

情報元 : 九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000048-san-l42
 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備手法を検討している与党検討委員会は19日、結論を7月中には出さず、先送りすることを決めた。今後、全線フル規格かミニ新幹線方式かを選ぶ。新幹線は全国各地で整備計画や構想があり、地域間競争が激化している。決定時期の遅れによっては、長崎ルート全線の整備が取り残される恐れをはらむ。(高瀬真由子)
                   ◇
 検討委員会は、開発が難航しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の導入断念を正式に決めた。山陽新幹線や鹿児島ルートと同じフル規格で全線を整備するか、在来線を改良した「ミニ新幹線方式」のどちらかを選ぶ。
 検討に当たっては、山陽新幹線との乗り入れを可能とすることや、在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」が固定化しないことを前提とする。
 整備方式をめぐり、時間短縮効果の大きい長崎県や、運行するJR九州は、全線フル規格化を求めてきた。長崎県議会で、特別委員会委員長を務める八江利春議員は「段階を踏んで、フル規格に向かう方向性が固まってきている。年内の早い時期に決定してほしい」と期待した。
 ただ、フル規格実現には難しい調整が待っている。
 佐賀県が、全線フル規格では追加負担が1100億円に上るとして、難色を示す。
 検討委員会は、佐賀県の負担を軽減するため、JR九州や長崎県と検討を進めてきたが、調整がつかなかった。会合後、検討委の山本幸三委員長は「佐賀県の負担をどれだけ軽減できるか詰める必要がある。合意には時間がかかる」と記者団に述べた。
 7月に方針が固まらなかったことで、平成31年度政府予算案の概算要求に、整備に向けた環境影響調査の費用などを盛り込むことは困難となった。
                 × × ×
 新幹線計画があるのは、長崎ルートだけではない。
 昭和48年に整備計画が決まった全国5つの新幹線のうち、未着工は長崎ルートの武雄温泉-新鳥栖と、北陸新幹線の敦賀-新大阪の2区間だ。
 このほか、四国4県を結ぶ四国新幹線や、東北エリアの奥羽(福島-山形-秋田)、羽越(富山-新潟-秋田-青森)両新幹線、山陰新幹線などの構想がある。
 国、自治体の予算が限られている以上、こうした計画・構想は、財源確保のライバル関係にある。
 長崎ルートの結論が持ち越しとなった19日、北信越5県の自治体でつくる北陸新幹線関係都市連絡協議会は、東京と大阪を結ぶ全線を平成42年度末ごろまでに開通させるよう求める要望書を自民、公明両党と国土交通省に提出した。
 福井県の西川一誠知事は4月の記者会見で「北陸新幹線は東海道新幹線の代替機能を持つ。他の地域に遅れるようなことがあってはいけない」と、長崎ルートを牽制(けんせい)した。
 長崎ルートのフル規格を求める佐賀県嬉野市商工会の小原健史会長は「新幹線の整備には、多くの地域が手を挙げている。長崎ルートの整備が遅れないようにしなければいけない。地域の人口流出は深刻で、一日も早いフル規格の整備が必要だ」と訴える。
                 × × ×
 フルかミニか-。3月に国交省が発表した報告書では、全線フル規格化の優位性が明確だった。長崎-博多の所要時間は、フル規格は51分、ミニ新幹線では1時間14~20分かかる。
 利用者の便益や事業者の収益を、建設費など総費用で割った費用対効果も、フル規格が最も高かった。
 長崎県諫早市の古賀文朗(ふみあき)自治会連合会会長(78)は「フル規格でこそ効果が出る。乗車時間を短縮できれば、九州、長崎に行ってみようと多くの観光客が来る。諫早を基点にした周遊のチャンスも増えるだろう」と語った。
 長崎ルートは、長崎-武雄温泉が着工済み、武雄温泉-新鳥栖が未着工で、平成34年度に、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ対面乗り換え(リレー)方式で開業する。このリレー方式が固定化すれば、地元への経済効果が限定的になる。
 今後、佐賀県の山口祥義知事の判断が大きく影響する。だが、今年12月には知事選もあり、山口氏も出馬を表明した。県にはオスプレイ配備など国政レベルの課題も多く、関係者には、「結論は選挙後」という見方もある。

“九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)” の続きを読む

地元産「いちごあいす」食べて! 鳥取大生と大山乳業が商品開発(産経新聞)

情報元 : 地元産「いちごあいす」食べて! 鳥取大生と大山乳業が商品開発(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000047-san-l31
 大山乳業農協(鳥取県琴浦町)は、鳥取大などと共同で、イチゴなど地元農産品を使った新商品アイスを開発した。大学生らとコラボした初の商品開発で、中四国のローソン(約1400店)で10日、先行販売を始めた。
 新商品は「いちごあいす」。カップ入り(100ミリリットル)で1個150円。イチゴ味のアイスに、湯梨浜・北栄両町産のイチゴ「紅ほっぺ」のソースを乗せて鮮やかな見た目にし、紅ほっぺのみずみずしさを味わえるようにした。
 商品に新鮮な視点をと、大山乳業は昨年7月から鳥取大とプロジェクトを開始。農学部生や大学院生ら4人が7、8回にわたり、味や原料、包材のデザインなどについてディスカッションや試作研究などを行い、商品化につなげた。
 学生らは県庁に平井伸治知事を訪ね、新商品を披露。大学院連合農学研究科博士課程1年の岡本奈穂さんは「自分が買いたいだけでなく、販売するお店の側に立って考えた」と開発の苦労を語った。試食した平井知事は「イチゴだけにストロベリーグッド」と得意のダジャレ交じりで味を評価していた。
 「いちごあいす」は20万個の販売を計画。23日からは県内のスーパー、量販店でも販売する。

“地元産「いちごあいす」食べて! 鳥取大生と大山乳業が商品開発(産経新聞)” の続きを読む

<新幹線長崎ルート>フルかミニか 佐賀県知事、二択に「違和感」  沿線首長、リレー方式長期化懸念も(佐賀新聞)

情報元 : <新幹線長崎ルート>フルかミニか 佐賀県知事、二択に「違和感」  沿線首長、リレー方式長期化懸念も(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-03247935-saga-l41
 九州新幹線長崎ルートの整備方式を巡り、与党検討委員会が全線フル規格とミニ新幹線の二択で検討する方針を決めたことに対し、佐賀県の山口祥義知事は「違和感がある」との認識を示して幅広い議論を求めた。フリーゲージトレイン(FGT)の導入の正式断念を受け、県内の沿線自治体からは対面乗り換え方式(リレー方式)の長期化を懸念する声も上がった。 
 山口知事は与党検討委が結論を先送りしたことに「地元の合意は大変重く、これまで何十年も時間をかけて知恵を出し合いながらやってきた。この大事なプロセスを分かってもらった」と評価した。FGTの断念については「元々、国が責任を持って提案した話だった。どうしてわざわざ(選択肢から)下ろすのか」と疑問を投げ掛けた。
 武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を乗り換える方式がいつまで継続するか見通せない中、山口知事は「(リレー方式の)固定化がいいとは思ってない。みんなが合意できるものを模索することは分かっているつもり」と述べた。一方で「佐賀県はこれまで西九州全体などを考えながら折り合ってきた。FGTだったら何とか県民に説明がつくだろうと、苦渋の決断を余儀なくされたことも分かってもらいたい」と主張した。
 武雄市の小松政市長はコメントを出し、「フル規格、ミニ新幹線のどちらも地元負担が大きな問題になる」と指摘した。リレー方式の長期化について「投資意欲、利用意欲、開業に向けた機運に多少なりの影響がある」と懸念し、「最終的な姿や方向性を早急に出してほしい」と求めた。
 新駅が設置される嬉野市の村上大祐市長は「FGTは従来から難しいと言われていた。国の責任で議論を進めていく必要がある」と述べた。全線フル規格を目指す考えを示しつつ、「高速鉄道網で西九州がつながるように、費用負担や財源など知恵を出し合うべき」とした。

“<新幹線長崎ルート>フルかミニか 佐賀県知事、二択に「違和感」  沿線首長、リレー方式長期化懸念も(佐賀新聞)” の続きを読む

水害対策で体育館を2階建てに 避難所機能を充実 統合の新設校 山梨(UTYテレビ山梨)

情報元 : 水害対策で体育館を2階建てに 避難所機能を充実 統合の新設校 山梨(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000003-utyv-l19
山梨県の峡南地域の3つの高校を統合する新設の高校について、県教育委員会は地元の要望を受け入れて体育館を2階建てにするなど、水害時でも安全性の高い避難所として機能できるようにすることにしました。
市川、峡南、増穂商業の3つの県立高校は統合され、再来年の4月、現在の市川高校の敷地に新しい高校が設置されることになっています。
地元の市川三郷町は新設する高校への要望書を県教育委員会に提出していて、20日は県の市川満教育長らが町側に回答を伝えました。
それによりますと、新設の高校は体育館を2階建てにして浸水被害の際の安全性を向上させます。
また生徒と地域住民が交流できるよう図書室をオープンスペースにすることなど、おおむね町からの要望に沿った内容となっています。
「真摯に実行していただけると感じを持ちました、協力して県下一の高校を目指して、いい高校になってほしいと思っています」(市川三郷町久保真一町長)。
県教育委員会は来月から新しい高校の住民説明会を開始する予定です。
[UTYテレビ山梨]

“水害対策で体育館を2階建てに 避難所機能を充実 統合の新設校 山梨(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

富山のカルチャースペースでグループ展 出展作家が手掛けたZINEも /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 富山のカルチャースペースでグループ展 出展作家が手掛けたZINEも /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000021-minkei-l16
 富山の中心市街地にあるカルチャースペース「スケッチ」(富山市総曲輪2)で7月22日、グループ展「夏の日」が始まる。(富山経済新聞)宮崎信恵さんの作品 地元内外の作家が手掛けたイラスト作品を中心に紹介する同展。富山からアーロン・ジョセフ・セワードさん、井上佳乃子さん、林悠介さん、高森崇史さん、県外から「STOMACHACHE.」のTMTMさんと宮崎信恵さん、NANOOKさん、山田象さんが出展する。
 STOMACHACHE.はZINE制作や雑誌へのイラスト寄稿、展示会、ショップ店内のドローイングなど多岐にわたり活動している姉妹ユニット。NANOOKさんは個展やグループ展などの開催、ZINE制作や雑誌へのイラスト寄稿などで活躍している。山田さんはウェブで漫画を発信する「トーチ」の編集をはじめ、自身も短編漫画を執筆している。
 会場では、出展作家で作成したZINEや、各作家たちが過去に作ったZINEの展示も行う。出展作家の子どもたち(おんぬさん、けいさん、じょうじさん、たいちさん)による展示コーナーも設ける。作品は展示販売を行い、同展のために製作したTシャツやキャップなど「夏の思い出グッズ」もそろえる。
 同展を企画した高森さんは「子どもから大人まで楽しめる展示となっている。見てくれた方にとって、良い刺激があったり、何かを始めるきっかけになれば。作家にとっても、来てくれた人にとっても、良い夏の思い出にしたい」と話す。
 会期中、「スケッチ」に隣接するコーヒースタンド「SIXTHORTHIRDCOFFEESTAND」でも作品の一部を展示する。
 開催時間は11時~17時。入場無料。7月25日休業。今月29日まで。

“富山のカルチャースペースでグループ展 出展作家が手掛けたZINEも /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

守山市・近江妙蓮が見ごろ/滋賀(BBCびわ湖放送)

情報元 : 守山市・近江妙蓮が見ごろ/滋賀(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010000-bbcbiwakov-l25
守山市の近江妙蓮公園では、今、ハスの一種「近江妙蓮」の花が、見ごろを迎えています。
室町時代から600年以上、地元の人に大切に守られてきたとされるこの「近江妙蓮」は、ひとつのつぼみに複数の花をつけ、花びらの数は数千枚にも達します。珍しいハスの一種で、滋賀県の天然記念物にも指定されています。
地元のボランティアによりますと、今月初めの大雨によりつぼみのまま枯れてしまったものも多いということですが、今年は例年よりも多くつぼみがついたとのことです。
この「近江妙蓮」は、来月中旬までが、見ごろだということです。

“守山市・近江妙蓮が見ごろ/滋賀(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える /静岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える /静岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000066-minkei-l22
 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」(函南町塚本)で7月22日、イベント「函南初登場!パンプトラックin伊豆ゲートウェイ函南」が初開催される。(伊豆経済新聞)
 沼津エリアを拠点とするBMXパフォーマーやスケートボーダー、DJで組織する「チームLINK」が主催する同イベント。
 当日は、自転車、スケートボード、キックスケート用の起伏のあるコース「パンプトラック」(約30メートル)を用意。無料体験できるほか、自転車メーカーによる試乗会、ステージでは日本競輪学校(伊豆市)の生徒によるトークショー、E-BIKE(高性能電動アシスト付き自転車)体験会を展開する。
 パンプトラックは現在、国内外で人気のあるアトラクションといい、県内東部ではチームLINKが「イン・ザ・パーク」(沼津市)で今年2月に行ったイベント以来の設置という。
 チームLINK代表で沼津出身のMBXパフォーマー「しまやん」は、高校時代に出合ったBMXやストリート文化に影響を受け、現在は文化の発信と理解を広げるため、自転車教室やイベントの企画などを行っている。
 しまやんさんは「オリンピックを控え、トラックやMBXやロードなどが地元で盛り上がっている。一方、地元の一般ユーザーには程遠いのが現状。今回は子どもたちを中心に、自転車の楽しさを伝えるイベントにしたい」と話す。
 「高校時代に居場所を失った自分にとって、ストリート文化は自分の新しい居場所となった。一方では危険なイメージのあるストリート文化。自身の活動を通して、理解を広げ、ゆくゆくは東部にもパンプトラックなどを常設できれば。当日は子どもだけでなく、多くの世代の参加者たちとコミュニケーションを図りたい」とも。
 開催時間は9時~16時。入場無料。雨天中止。

“伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える /静岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

オオウナギ釣れる 印南の池で全長85センチ(紀伊民報)

情報元 : オオウナギ釣れる 印南の池で全長85センチ(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00355221-agara-l30
 和歌山県印南町羽六の池で16日、オオウナギが釣り上げられた。
 同町田ノ垣内の農業、久保孝次さん(77)が、いとこの同町上洞、太田身次さん(70)と午後1時ごろからミミズを餌にウナギを釣り始めた。3時ごろ、久保さんのさお先が水中に舞い込むような当たりがあった。「重たくて、カメがかかったかな」と思いながらも釣り上げると、体をくねらせる大きなウナギで驚いたという。太田さんが滑らないようにタオルで押さえて捕まえ、2人がかりで袋に入れた。
 全長約85センチで重さ約1・8キロ。久保さんは「こんなに大きなウナギを釣ったのは初めて。8月1日に地元の小学校であるイベントで子どもたちに見せたい」と話している。
 オオウナギは最大2メートル以上になり、ニホンウナギとは異なり体に斑紋がある。県のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されており、生息地として、富田川の一部が国の天然記念物になっている。
県立自然博物館(海南市)によると、印南町内では2012年にも捕れた記録があるという。

“オオウナギ釣れる 印南の池で全長85センチ(紀伊民報)” の続きを読む

園児を招いてプール開き 子どもの熱中症対策は…(テレビ高知)

情報元 : 園児を招いてプール開き 子どもの熱中症対策は…(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010000-kutvv-l39
高知県内は4か所で気温が35度以上の猛暑日となるなど、きょうも各地で厳しい暑さとなりました。9日連続で高温注意情報が出される中、高知市の屋外レジャープールではプール開きが行われ、園児たちが水遊びを楽しみました。
プール開きが行われたのは高知市のサンピアセリーズです。サンピアセリーズはプールのオープンを前に地域交流の一環で毎年、地元の園児たちを招待しています。きょうは高須保育園の年長組の園児およそ30人がプールを訪れました。照りつける強い日差しの下、園児たちは普段とは違う広いプールや滑り台に大はしゃぎでした。
県内はきょうも各地で晴れて気温が上がり、16観測地点のうち、4か所で最高気温が35度を超える猛暑日となりました。
愛知県ではきのう、校外学習を終えた小学1年の男子児童が重度の熱中症で亡くなりました。保育園では子どもたちが熱中症にならないよう様々な対策を講じているといいます。
「水分もそうですけど外で汗をかいた時は体をシャワーで洗って次の活動に移るとか日よけ対策で園庭には寒冷紗をつけています。寒冷紗の下で元気良く遊ぶというようにしています」
高知地方気象台によりますと、あさって金曜日までは気温が高い状態が続く見込みで、特に子どもや高齢者は熱中症に対する十分な注意が必要です。

“園児を招いてプール開き 子どもの熱中症対策は…(テレビ高知)” の続きを読む

679人が挑戦 徳島・美波でトライアスロン大会(徳島新聞)

情報元 : 679人が挑戦 徳島・美波でトライアスロン大会(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-03074081-tokushimav-l36
 県内唯一のトライアスロン大会「第19回ひわさうみがめトライアスロン」(美波町など主催)が15日、町中心部であり、県内外の男女679人が挑んだ。
 午前9時、参加者は大浜海岸を一斉にスタートし、1・5キロの水泳、南阿波サンラインを走る40キロの自転車、日和佐川沿い10キロのランニングに挑んだ。沿道では地元住民が拍手や声援を送って、過酷なレースを繰り広げる選手を励ました。
 完走者は634人(男子482人、女子90人、リレー21組=62人)で、男子は京都府舞鶴市の村中大輔さん(33)が2時間13分12秒、女子は大阪府八尾市の山内麻代さん(32)が2時間28分49秒でそれぞれ初優勝。2、3人一組で競うリレーは高松市の「Toshi道場(美女と野獣)」が2時間27分40秒で制した。
 県勢の最高順位は、男子が藍住町の堀江謙一さん(36)で13位(2時間22分48秒)、女子は北島町の先田由紀さん(45)の6位(2時間43分52秒)だった。

“679人が挑戦 徳島・美波でトライアスロン大会(徳島新聞)” の続きを読む