幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)

情報元 : 幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000001-rkkv-l43
一時は絶滅の危機を迎え『幻のブドウ』と呼ばれる天草の「高浜ぶどう」が収穫の時期を迎えています。
現在、天草町の高浜地区では一般家庭の庭なども含めると16か所でおよそ60本の「高浜ぶどう」を生産しています。
高浜ブドウは明治時代に中国から伝わったとされ、一時は盛んに栽培されていましたが病害虫や台風の被害などで生産量が減り20年ほど前には原木1本を残すだけになっていました。
そこでおよそ10年前から地元の振興会が挿し木などで株を増やす取り組みを始めています。
26日はおよそ280キロのブドウを収穫。
これらは主にスパークリングワインの原料として使われ11月には『高浜ワイン』として200本程度販売する予定です。
「高浜ワインはどこにでもあるようなワインでは無く西海岸の潮風を受けたぶどうです。少し酸味が効いた甘さ、独特の味ですので楽しんでもらえたらいいです」(高浜地区振興会田中光徳会長)

“幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)” の続きを読む

島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ル コションドール〉による新しい空間がオープン!(Webマガジン コロカル)

情報元 : 島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ル コションドール〉による新しい空間がオープン!(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-11572003-colocal-l32
2017年3月、島根県出雲市にある民藝の窯元〈出西窯〉が暮らしにまつわるさまざまなアイディアを発信する新しい空間〈出西くらしのvillage〉をスタートさせました。そして2018年5月、同敷地内にベーカリーカフェ〈ルコションドール出西〉がオープン。早くも人気を集めているようです。【写真で見る】島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ルコションドール〉による新しい空間がオープン!■出西くらしのヴィレッジが誕生するまで
1947(昭和22)年、柳宗悦さんをはじめとする民藝運動のメンバーに指導を仰ぎながら、5人の若者の志によって始まった出西窯。
出西窯/出西くらしのヴィレッジ代表の多々納真さんが「うつわを中心に生活文化全体を提案していくようなことができたら」と構想を抱き始めたのは、いまから10年ほど前のこと。出西窯の良さをより多くの人に伝えるために、試行錯誤を重ねていた頃でした。
それから数年後、多々納さんは鳥取市内にある〈ルコションドール〉というベーカリーを営む倉益孝行さんと出会います。
「お土産でいただいたルコションドールのパンがあまりにもおいしくて、一度現場にいって買ってみようと、店を訪ねました。そこで初めてジャムおじさんのような倉益君と出会い、気持ちのいい青年だったし、何よりもそのおいしさに感動しました」(多々納さん)
以来、互いに行き来するようになった多々納さんと倉益さん。数年後には出雲で暮らしを彩るうつわと地元の素材をたっぷり使ったパン、そして料理を提供する場所をつくる計画が動き始めました。
その構想の背景には、出西窯の先代の師匠であった民藝プロデューサー、吉田璋也さんの影響がありました。医師でもあった吉田さんは、鳥取で開業医を務めながら民藝の職人たちを支援するため、彼らの手がけたものを販売する〈たくみ工藝店〉とそれらのうつわを用いて郷土料理を提供する〈たくみ割烹〉を営んでいました。
出西窯の先代は、かつて吉田さんに自分たちがつくったうつわと食事を一緒に提供することを薦められたことがあったといいます。多々納さんはその話を思いだし、現代ならベーカリーとカフェという形でそのアイデアを実現できるのではと考えたのだそうです。
■暮らしのなかのパンと出会える〈ルコションドール出西〉
ソムリエの資格をもっている両親の元に生まれ、子どもの頃から舌が鍛えられていたというルコションドール出西・シェフの倉益孝行さん。パン職人になったのも、両親が神戸で買ってきたパンのおいしさに感動したことがきっかけでした。
そんな倉益さんは、もともとパンというものを食事やワインに合わせる「生活のなかのパン」と捉えていたといいます。出西くらしのvillageでは、自分たちが欲しいと思ううつわも、陶工さんにすぐ試作してもらえるのがありがたいのだとか。
ルコションドール出西では奥出雲産の豆腐を入れたフォカッチャや、出雲蕎麦からイメージしたそば粉のルヴァンなど、出雲の恵みたっぷりのパンが楽しめます。
カフェには、サンドイッチはもちろん、地元産のお米を使ったカレーライスなども。夏は細めのうどんに肉味噌やきゅうり、錦糸卵を乗せ、ポン酢で味つけしたジャージャー麺が人気です。これは吉田璋也さんが薦めていたメニューなのだそう!
また、パンを入れる籠に出西窯創業者のひとり、多々納弘光さんのコレクションだったものを使っていたりと、お店のあちこちにストーリーのあるものを発見できるのも楽しいです。

“島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ル コションドール〉による新しい空間がオープン!(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

松本・梓川に「yonematsu」 地元雑貨店に長年勤めた姉妹が独立開業 /長野(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 松本・梓川に「yonematsu」 地元雑貨店に長年勤めた姉妹が独立開業 /長野(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000030-minkei-l20
 松本市梓川に雑貨店「yonematsu(ヨネマツ)」(松本市梓川倭、TEL0263-50-8955)が7月14日、オープンした。(松本経済新聞)セレクトした「気楽に、でも長く付き合えるもの」 今年3月に閉店したカフェ「VALO(バロ)」の跡で、店舗面積は約15坪。米倉千賀子さん・小松美穂さん姉妹が「2人で店を持ちたい」という長年の夢をかなえて開業した。
 「気楽に、でも長く付き合えるもの」がセレクトの基準。「器も服も、がんがん洗うことができて、毎日使えるものがいい」と小松さん。食器や布もの、文具、服、アクセサリーのほか、お茶やお菓子なども扱う。
 岐阜・土岐で女性2人が手掛ける「KANEAKISAKAIPOTTERY」は、使いやすい食器のシリーズ。「シンプルなフォルム、優しいラインと色合い。女性2人というところも通じるものを感じた。店を始めるときに絶対に紹介したいと思っていた」。北海道在住のイラストレーター夫婦によるユニット・「ネクタイ」の鳥や草花をモチーフにしたペーパーアイテムや静岡・「KUKAI」のお茶なども用意する。小松さんが手掛ける「accessoryimo」のアクセサリーも。
 2人は、松本・平田の雑貨店「スタンダードスタイル」に20年以上勤務。「姉妹で店を持ちたいとずっと思っていたが、居心地が良かったのと、タイミングもあって、なかなか始められなかった」と振り返る。今年3月、この場所を見て、「駐車場があり、窓からの開けた眺めも良くて、ここだと思った」。勤務を続けながら、取引先の手配や什器(じゅうき)の調達など少しずつ準備を進めてきた。
 店名は2人の名字から1字ずつ取ったもの。仕入れやお金の関係は米倉さん、パソコン関係は小松さんと、それぞれの得意分野を生かしつつ、「好みは似ているので、『いいね』『ちょっと違うかも』などと話しながら選んでいる」と2人は笑顔を見せる。
 「これまでが忙しい店だったので、ゆったりとした雰囲気にはまだちょっと慣れない(笑)。でも、自分が仕入れたものを手に取ってくれる人を、ありがたいと思って見ている」と米倉さん。今後は、アイテム数を増やしながら、秋にはカフェ営業もできるようにしたいという。「ゆっくりのんびり、ふらりと立ち寄ってもらえれば」と小松さん。
 営業時間は10時~18時。木曜定休。

“松本・梓川に「yonematsu」 地元雑貨店に長年勤めた姉妹が独立開業 /長野(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

奈良の素材をあめに凝縮 新ブランド誕生「ならBonbon」(産経新聞)

情報元 : 奈良の素材をあめに凝縮 新ブランド誕生「ならBonbon」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000038-san-l29
 大和野菜や抹茶、地酒など、奈良の素材をあめに凝縮した新ブランド「大和飴・ならBonbon」が、奈良市のきらっ都・奈良1階にオープンした。自然の色や香りそのままのあめは、インテリアとしても飾りたくなるような洗練されたデザインの瓶ボトル入りで、老若男女に人気となっている。
 新ブランドを立ち上げたのは、お菓子工房「ドネードゥガトー」(同市)代表の神谷優希さん(60)。きっかけは山添村片平地区でしか採れない伝統野菜の赤カブ「片平あかね」の普及を目指して、奈良女子大と共同で加工品の開発に挑戦したことだった。
 昨春完成した片平あかねのあめは、素材が持つ赤色が鮮やかに発色し、自然の酸味も感じられる素朴で優しい菓子になった。開発の過程で生産者の努力や素材の魅力に触れた神谷さんは、「あめを通じて、たくさんある『奈良のよきもの』を多くの人に知ってもらいたい」とシリーズ化することを決めたという。
 それからはこだわりの農作物を育てる農家や酒造会社を次々に飛び込みで訪問し、「一緒にあめを作りませんか」と頼んで回った。その結果、熱意に共感した生産者から酒かすや農作物を分けてもらい、わずか1年で12種類を完成させた。
 青豆きなこ飴は、宇陀産黒豆の青豆をきなこに加工している。通常の大豆きなこよりも上品な甘みが女性に人気だ。美吉野醸造(吉野町)の「花(はな)巴(ともえ)」の酒かすを使った花巴飴は、舌の上に乗せた瞬間にフルーティーな香りが広がる。清酒も飲んでみたいと思わせる魅惑的な味わい。他にも大和とうきやほうじ茶ラテ、本葛バニラなど味はさまざまで、地ビール味や唐辛子味など変わり種もある。次の商品開発も進行中で、種類はさらに増える予定だ。
 原材料はそれぞれの素材とグラニュー糖、水あめのみで、香料や着色料は一切使っていない。そのため甘みがしつこく舌に残らず、いくつでも食べられる。
 神谷さんは「あめやキャンディーは世界共通で、子供も大人も好き。奈良のお土産として、地元の人にはギフトとして使ってもらいたい」と話した。
                   ◇
 1瓶45グラム入り、500~550円(税抜き)。直営店のほか、インターネット販売も行う。商品や生産者の詳細は、ならBonbonホームページ(http://narabonbon.com/)から。問い合わせは同店(電)090・8796・1427。

“奈良の素材をあめに凝縮 新ブランド誕生「ならBonbon」(産経新聞)” の続きを読む

廃校舎でツリークライミング 夏の子ども向け体験イベント(紀伊民報)

情報元 : 廃校舎でツリークライミング 夏の子ども向け体験イベント(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00356958-agara-l30
 和歌山県みなべ町清川の旧清川中学校校舎で20日から、絵ハガキやアクセサリー作り、電子楽器体験、ツリークライミングなどさまざまな体験ができるイベント「みんなの中学校」が行われている。夏休み中の子どもたちが、普段来ることのない施設で地域の人の指導を受けながら、体験プログラムを楽しんでいる。26日まで。時間は午後1時~4時半。参加は無料。
 同町の地域おこし協力隊、青木友宏さん(27)が廃校舎活用の一環として、地域の人の協力を得て初めて企画した。今回の開催を踏まえて、今後の継続を検討していく。
 プログラムは、絵ハガキ作り(22、23日はなし)▽電子ドラムや電子ピアノ体験▽大きなスクリーンでの「eスポーツ」やプログラミング教育にも使われるゲーム体験▽アクセサリー作り(25、26日はなし)▽ツリークライミング体験(25日の午後3時から)▽卓球ルーム―など。
 初めてツリークライミングをしたという南部中学校2年の山下大和君(14)と酒井創太郎君(13)は「手が痛かったけど、上に上がると涼しかった。楽しい」と笑顔だった。
 青木さんは「課題もあるが、楽しんでもらえている部分もあるので、改善も考えて地元に親しまれる交流施設として機能していくようにしていきたい」と語った。

“廃校舎でツリークライミング 夏の子ども向け体験イベント(紀伊民報)” の続きを読む

地元米粉使ったパンが話題 アレルギー保持者も安心 小田原(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 地元米粉使ったパンが話題 アレルギー保持者も安心 小田原(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00028766-kana-l14
 地元産の米粉を使ったパンや菓子の製造・販売を手掛ける「come come co(こめこめこ)」(小田原市本町)で、米粉100%の食パンが完成し評判を呼んでいる。アレルギー保持者にも安心してパンを食べてもらおうと製造したといい、店主の山口陽子さん(42)=同市=は「米粉ならではの優しい味としっとりした食感を味わってほしい」と話している。
 山口さんは、主婦業の傍ら通っていた料理教室で米粉の存在を知り、勉強して一般財団法人「日本穀物検定協会」の米粉食品指導員に認定。昨年10月に米粉専門店として同店をオープンさせた。
 クッキーなどの菓子は米粉100%で製造していたものの、パン類に関しては成形に小麦粉などに含まれるタンパク質のグルテンを混ぜる必要があり、米粉8割に対し、グルテン2割を含むパンを作っていた。一方、山口さんが並行し開催する料理教室で、小麦粉アレルギーの生徒から「サンドイッチを食べたい」「子どもにパンを食べさせたい」などの声がたびたび聞かれたという。
 山口さんは「全国的に米粉のみを使ったパンは少なく、あっても小さくておいしくないものばかり」と感じており、「アレルギーがある人でもおいしく安心して食べられるパンが作りたい」と、米粉100%の食パン作りを模索。和歌山県内の業者の特殊な米粉を見つけて仕入れ、1カ月ほど試行錯誤しながら今年4月に完成させた。
 食パンには小田原市産と和歌山県産の米粉のほか、きび砂糖、塩、ドライイースト、米油が含まれる。食パンの購入客からは「何年もパンを食べることができなかった。今食べられていることがうれしい」といった声が聞かれ、市内だけでなく市外から購入に訪れる人もいるという。
 「おいしさと大きさにこだわった。作って良かった」と山口さん。苦労は吹き飛び、笑顔でお客さんを出迎えている。
 米粉の食パンは予約制で1斤950円。問い合わせは、同店電話070(5561)2860。

“地元米粉使ったパンが話題 アレルギー保持者も安心 小田原(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

馬に乗りきりり ころもがわ祭り【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 馬に乗りきりり ころもがわ祭り【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010001-iwanichi-l03
 2018奥州ころもがわ祭りは19日、奥州市衣川の古戸商店街特設会場で開かれた。通りを歩行者天国とした会場では、繁栄と平和を願う「お石さま行列」や、地元の子供たちによる郷土芸能、綱引き大会など多彩な催しで街並みをにぎやかに飾った。
 衣川小学校有志による「み神楽」の熱演で幕開け。開会行事では、主催する実行委員会の菅原悦朗委員長が「元気と喜びを感じる一日が過ごせることを願う」とあいさつし、式典後、衣里小児童による川西大念佛剣舞が披露され、観衆を魅了した。
 午前中に、お石さまを迎えに行く騎馬武者先陣行列が磐神社に向け出発。地元の42歳厄男が扮(ふん)した騎馬武者が地域の発展などに思いを込めて勇ましく名乗りを上げると、観衆から拍手と歓声が湧き上がった。
 午後には神楽一行を先頭に、みこや「男石さま」の男児、「女石さま」の女児ら約50人によるお石さま行列が同商店街を練り歩き、観衆がカメラやスマートフォンなどで撮影しながらじっくりと見入った。2017年の兄に続き、行列に参加した高橋佑冴ちゃん(5)は「馬に乗って面白かった」と笑顔をのぞかせていた。
 このほか、衣川中学校生徒の吹奏楽やよさこい演舞、地元の子供たちや在京衣川村友会ら4団体が出場してパフォーマンスを競ったスコップ三味線第3回衣川大会、行政区対抗の第34回弁慶綱引き大会、新衣川音頭流し踊りパレードなども繰り広げられた。

“馬に乗りきりり ころもがわ祭り【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

ベトナムにナシ輸出 JA福島さくら(福島民報)

情報元 : ベトナムにナシ輸出 JA福島さくら(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00001115-fminpo-l07
 JA福島さくらは二十日、福島県いわき市のいわき梨選果場でベトナムに輸出するいわき、郡山両市産ナシの出発式を行った。
 ベトナムへの輸出は昨年に続き二度目。同JA、イオンリテール(本社・千葉市)、日本貿易振興機構(ジェトロ)が連携して現地のイオンなどで販売する。いわき産の幸水と新高、郡山産の二十世紀に加え、新たにいわき産の豊水も出荷する。
 式に約六十人が出席し、同JAの結城政美組合長が「地元農業の復興の足がかりにしたい」とあいさつ。幸水五百キロがトラックに積み込まれた。二十二日に空輸、二十三日に船便で計二・五トンを運び、二十五日ごろに現地の店頭に並ぶ。
 新高は同JAの氷感冷蔵庫で保管し、ベトナムの春節に合わせて輸出・販売し、マレーシアでの取り扱いも予定している。輸出量は前年の約一・二倍の十四トンを目指す。
 JA福島さくらの結城組合長やイオンリテール、ジェトロの関係者らは二十日、県庁で内堀雅雄知事にナシの輸出開始を報告した。

“ベトナムにナシ輸出 JA福島さくら(福島民報)” の続きを読む

夏の風物詩「人形のまち岩槻まつり」に12万人 挙式控えた夫婦、ジャンボひな段に並び“結婚式”(埼玉新聞)

情報元 : 夏の風物詩「人形のまち岩槻まつり」に12万人 挙式控えた夫婦、ジャンボひな段に並び“結婚式”(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00010001-saitama-l11
 岩槻の夏を彩る風物詩「人形のまち岩槻まつり」(同実行委員会主催)が19日、埼玉県さいたま市岩槻区の東武線岩槻駅東口周辺で開かれた。人形仮装パレード、ジャンボひな段など人形のまちを体現する催しが行われ、約12万人が来場した。夏休みもあと少し!まだ行ける県内祭り日程 平成最後の夏休み、忘れられない思い出を 市民に郷土の歴史と文化の素晴らしさを実感してもらい、観光と商業振興を図る目的で開催され、今年で43回目を迎える。
 人形仮装パレードは、地元の小学生や高校生ら32人がひな人形に扮(ふん)し、岩槻黒奴に先導されて約2キロを練り歩いた。旧岩槻区役所跡地に到着すると、3段のジャンボひな段に並んで記念撮影。お内裏様、お雛(ひな)様は挙式を控えた夫婦が務め、大勢の見物客に祝福されて“結婚式”を挙げた。

“夏の風物詩「人形のまち岩槻まつり」に12万人 挙式控えた夫婦、ジャンボひな段に並び“結婚式”(埼玉新聞)” の続きを読む

薬草研究 小浜高が優秀賞 全国家庭クラブ発表大会(長崎新聞)

情報元 : 薬草研究 小浜高が優秀賞 全国家庭クラブ発表大会(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000005-nagasaki-l42
 全国高校家庭クラブ研究発表大会で「身近な薬草を暮らしの中へ」をテーマに取り組んだ長崎県雲仙市の県立小浜高が、優秀賞にあたる全国家庭科教育協会賞を受賞した。約4年にわたり、薬草を日常生活に取り入れる工夫や普及活動に取り組んだことなどが評価された。
 同大会は7月26、27日に東京であり、高校で家庭科を学ぶ全国約1400校から14校が出場した。最優秀賞の文部科学大臣賞のほか、優秀賞3校が選ばれた。九州代表としてステージに立った小浜高は中田果穂さん(16)、原口千乃さん(16)、平野愛菜さん(16)、松本美実さん(17)=いずれも2年=が発表した。
 同校は2014年度から、薬草が持つ苦味や臭いを抑えて日常生活に取り入れる研究を開始。ヨモギを練り込んだクッキーやアルコールに漬けた消臭スプレー、温熱効果を生かした入浴剤などを試作している。
 本年度はヨモギやビワの葉を使った染め物に挑戦し、コースターやスマホケースを作った。また、文化祭や地元中学生との交流会でクッキーや消臭剤を配るなど普及にも力を入れている。
 中田さんは「先輩たちから続く研究を全国に知ってもらえてうれしい」。原口さんは「薬草の効果を学ぶいい機会になった」、平野さんは「今後も生活の中に薬草を取り入れていきたい」、松本さんは「受賞はびっくり。周りのみんなに支えてもらったおかげ」と、それぞれ受賞を喜んだ。

“薬草研究 小浜高が優秀賞 全国家庭クラブ発表大会(長崎新聞)” の続きを読む