園児を招いてプール開き 子どもの熱中症対策は…(テレビ高知)

情報元 : 園児を招いてプール開き 子どもの熱中症対策は…(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010000-kutvv-l39
高知県内は4か所で気温が35度以上の猛暑日となるなど、きょうも各地で厳しい暑さとなりました。9日連続で高温注意情報が出される中、高知市の屋外レジャープールではプール開きが行われ、園児たちが水遊びを楽しみました。
プール開きが行われたのは高知市のサンピアセリーズです。サンピアセリーズはプールのオープンを前に地域交流の一環で毎年、地元の園児たちを招待しています。きょうは高須保育園の年長組の園児およそ30人がプールを訪れました。照りつける強い日差しの下、園児たちは普段とは違う広いプールや滑り台に大はしゃぎでした。
県内はきょうも各地で晴れて気温が上がり、16観測地点のうち、4か所で最高気温が35度を超える猛暑日となりました。
愛知県ではきのう、校外学習を終えた小学1年の男子児童が重度の熱中症で亡くなりました。保育園では子どもたちが熱中症にならないよう様々な対策を講じているといいます。
「水分もそうですけど外で汗をかいた時は体をシャワーで洗って次の活動に移るとか日よけ対策で園庭には寒冷紗をつけています。寒冷紗の下で元気良く遊ぶというようにしています」
高知地方気象台によりますと、あさって金曜日までは気温が高い状態が続く見込みで、特に子どもや高齢者は熱中症に対する十分な注意が必要です。

“園児を招いてプール開き 子どもの熱中症対策は…(テレビ高知)” の続きを読む

三重県 熱中症疑い69人、1人死亡 県内搬送が過去最多(伊勢新聞)

情報元 : 三重県 熱中症疑い69人、1人死亡 県内搬送が過去最多(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000101-isenp-l24
 熱中症の疑いで、四日市市や津市などで10歳未満―90代の男女計69人が病院に搬送されたことが17日、県や各消防本部への取材による伊勢新聞の集計で分かった。名張市では高齢の女性(94)が死亡したほか、5人が入院した。県によると、一日の搬送人数としては統計史上で過去最多という。
 名張市消防本部によると、同日午後5時45分ごろ、同市東田原の畑で近くに住む女性が倒れているのを家族が発見して一一九番した。女性は心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。
 また、津市消防本部によると、津市内の中学校に登校してきた女子生徒(12)が校門付近でうずくまっているのを教員が発見し、一一九番した。同市内の住宅では施錠された室内でこの家に住む80代女性が倒れているのを訪問介護の職員が発見し、一一九番した。2人とも命に別条はないが比較的症状が重く、入院が必要という。
 このほか名張市、松阪市で60―80代の男女3人がそれぞれ熱中症の疑いで搬送され、入院が必要と診断された。
 津地方気象台によると、この日の県内の最高気温は高い順で松阪粥見36・1度▽伊賀上野36・0度▽亀山34・9度―。観測地点12カ所全てが30度を超える真夏日で、うち2カ所で35度を超える猛暑日となった。
 強烈な暑さは今後も続くとみられ、県などは小まめな水分摂取や適度な休憩、エアコンの活用など熱中症の予防に警戒を呼びかけている。

“三重県 熱中症疑い69人、1人死亡 県内搬送が過去最多(伊勢新聞)” の続きを読む

山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000001-utyv-l19
14日の山梨県内は各地で厳しい暑さとなりました。
勝沼では最高気温が37・6度などと観測5地点で35度以上の猛暑日となりました。
日中の最高気温は勝沼で37.6度、甲府で37.3度、身延町切石で36.2度などと観測8地点で今シーズン1番の暑さとなりました。
各地の消防本部によりますと午後6時までに少なくとも12人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれました。
いずれも命に別状はないということです。
この厳しい暑さはしばらく続く見込みで、15日の日中の予想最高気温は甲府で38度と連日の猛暑日の予想で、甲府地方気象台では熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

玉泉院丸庭園の早咲き桜見頃

情報元 : 玉泉院丸庭園の早咲き桜見頃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000003-hokuriku-l17

 春分の日の21日、石川県内は冷たい雨が降り、冬の寒さが続いた。最高気温は金沢で6・7度と2月上旬並み、七尾で7・6度と2月下旬並みにとどまった。

 金沢城公園玉泉院丸庭園では、早咲きのツバキカンザクラが見頃を迎え、散策に訪れた市民や観光客は冷え込みの中に春の訪れを感じ取った。

 金沢地方気象台によると、県内は22日も雨が降り、予想最高気温は金沢、輪島ともに10度の見込み。

“玉泉院丸庭園の早咲き桜見頃” の続きを読む