島根西部で5強 断水や道路崩落(日本農業新聞)

情報元 : 島根西部で5強 断水や道路崩落(日本農業新聞)日本農業新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00010000-agrinews-l32
 9日未明に島根県西部を震源とするマグニチュード(M)6・1と推定される地震が発生し、大田市で震度5強、出雲市、雲南市、川本町、美郷町で震度5弱を記録した。同日、行政やJAしまねの関係者らは被害の把握や復旧を急いだ。
 住民が寝静まった午前1時32分。横揺れの大きな地震が襲った。県によると、午後3時現在で8人が重軽傷を負った。大田市では道路の隆起や崩落、家屋の亀裂が発生。水道管も破裂し、県によると午後6時現在で市内1111戸が断水している。
 市内の県立農林大学校では敷地内の地面がひび割れた他、ハウスの基礎や道路、校舎にも亀裂が入り、男子寮の建物が基礎からずれた。寮に住む学生自治会長、樋口雅貴さん(19)は「激しい横揺れで部屋の机やたんすが動いた。今まで経験したことのない揺れだった」と振り返る。寮生らは危険を避けるため明け方まで車で待機。1時間おきに余震があり、一睡もできず不安な夜を過ごしたという。
 県西部農林振興センター県央事務所大田支所によると、市内で鶏舎1棟のケージが傾き同地区本部の職員が復旧に当たった。酪農家で給水装置のトラブルとミルク製造機の転倒があったが、復旧のめどは付いたという。
 水田のパイプラインの破損や水漏れなどの恐れがあるが、「通水してみなければ分からない。田植えの準備作業の段階で被害が判明することも考えられる」(同支所)としている。
 JA石見銀山地区本部の施設では、小水力発電の水路の一部が崩壊。山崎辰次本部長は「調査が終わり次第復旧に力を尽くしていく」と強調する。
 JAしまね石見銀山女性部とJA職員の有志11人は9日、避難住民に届けようと、おにぎりの炊き出しをした。JAの調理室で292個を手作りし、大田市役所に届けた。女性部長の森脇岸江さん(68)は、自身の家も壁が剥がれたり石灯籠が倒れたりしたが、支援に駆け付けた。「普段から地域に根差した活動をしていることが役立った」と話した。

“島根西部で5強 断水や道路崩落(日本農業新聞)” の続きを読む

ブルキナファソ野球代表監督に富良野の出合さん 選手育てる塾を主宰(北海道新聞)

情報元 : ブルキナファソ野球代表監督に富良野の出合さん 選手育てる塾を主宰(北海道新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010000-doshin-hok
 北海道の富良野市を拠点にプロ野球選手を育てる塾「北海道ベースボールアカデミー」を主宰する出合(であい)祐太さん(35)が、西アフリカ・ブルキナファソの野球代表チームの監督に内定した。2008年から2年間、国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として同国で野球を指導。帰国後も同国選手を日本に招くなど、10年にわたって競技力の向上を支えてきた。19年に代表選手が道内に遠征して実戦を重ねる計画で、20年の東京五輪出場を目指す。【動画】南西沖地震25年 奥尻高生がスキューバで避難訓練 同国の野球ソフトボール連盟が決めた。出合さんは年に数カ月、現地に滞在するほか、選手を富良野に呼ぶなどして監督を務める。
 出合さんによると、旧フランス領の同国に野球が伝わったのは1994年ごろ。04年に野球連盟が設立されたが、出合さんの赴任当時も競技人口は少なく、ルールも広く知られていなかった。協力隊員の指導を受け、現在の競技人口は約500人まで増えた。
 出合さんは富良野市出身。富良野高から札幌大に進み、野球部に所属した。同国で指導を終えた後も、富良野市で「ブルキナファソ野球を応援する会」を立ち上げ、寄付を募って選手を日本に招いたり、現地に野球用具を贈ったりして野球を広めてきた。15年には同国の2選手が日本の独立リーグ入りを果たした。
 東京五輪に向けては、19年11~12月ごろに西アフリカ大会、20年2月にアフリカでの予選大会などが開かれる見込み。出合さんは「現時点では野球の出場国枠が少ない可能性が高く、厳しい戦いが予想される。選手には現在、身体能力を上げてもらっており、来年からチームとして形づくっていきたい」と話している。(岩崎あんり)

“ブルキナファソ野球代表監督に富良野の出合さん 選手育てる塾を主宰(北海道新聞)” の続きを読む

高槻市「一部損壊」も独自支援 大阪北部地震(関西テレビ)

情報元 : 高槻市「一部損壊」も独自支援 大阪北部地震(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-21585407-kantelev-l27
先月の大阪府北部の地震で多くの建物が被害を受けた大阪府高槻市は、一部損壊の住宅などを対象に独自の支援制度を設けることを決めました。
高槻市では、先月の大阪府北部の地震で9400棟以上の住宅が被害を受け、そのほとんどが国の支援が受けられない「一部損壊」となっています。
そこで市は、一部損壊となった住宅の修理費が30万円以上の世帯を対象に、3万~5万円を支援することを決めました。
また、住宅の被害の程度を問わず現在でも避難所での生活を強いられている人を対象に、府営住宅などの空き部屋を「みなし仮設住宅」として提供することを決め、14日から受付を始めるということです。
市はこうした地震への支援策として、約20億円の補正予算を、議会の議決を経ない「専決処分」としています。

“高槻市「一部損壊」も独自支援 大阪北部地震(関西テレビ)” の続きを読む

“一部損壊住宅”でも最大5万円 大阪・高槻市が独自支援(MBSニュース)

情報元 : “一部損壊住宅”でも最大5万円 大阪・高槻市が独自支援(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00023499-mbsnewsv-l27
 大阪府北部を震源とする地震で9800棟以上の家屋に被害が出た高槻市は、国の支援対象から外れる一部損壊住宅について、1棟につき最大5万円を修理費として支給すると発表しました。
 先月18日に起こった地震では、高槻市内で9811棟の住宅が一部損壊と確認されましたが、一部損壊は原則として国の支援対象とならず修理費用は自己負担となります。そこで高槻市は独自の支援策として一部損壊の罹災証明を受け、今年度中に修理工事が終わる家屋を対象に、修理費用が30万円以上50万円未満の住宅に3万円、50万円以上の住宅に5万円支給すると発表しました。
 一部損壊住宅をめぐっては、茨木市も独自に修理費を補助するほか、大阪府は無利子融資の対象としています。

““一部損壊住宅”でも最大5万円 大阪・高槻市が独自支援(MBSニュース)” の続きを読む

南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)

情報元 : 南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000005-rkkv-l43
熊本地震で甚大な被害が出た南阿蘇村のゴルフ場が、2年3か月ぶりに再開します。
来週の再開を前に一足早く取材しました。今月21日に営業を再開する南阿蘇村の阿蘇東急ゴルフクラブです。
43年前に開業したこのコースは、上級者も唸らせるチャンピオンコースとして、長年ゴルファーに親しまれてきました。しかし、熊本地震でクラブハウスは使えなくなり、道路やコースも崩壊して営業できない状態が続いていました。
「夢だろうと思いました。現実じゃないと思いましたね」(渡辺淳支配人)
32年間、このゴルフクラブを見守ってきた渡辺淳支配人です。渡辺支配人は熊本地震の本震のあと、南阿蘇村立野の自宅から、寸断された道路を迂回し、数時間かけてゴルフ場に駆けつけました。
「アスファルトがめくれあがって人が入っていける状況ではなかった」(渡辺淳支配人)
クラブハウスに通じる道路は崩壊。車を置いてどうにかクラブハウスにたどり着いた時、渡辺支配人の目の前には信じがたい光景が広がっていました。
「ここがクラブハウスがあった場所です。車とかも入れる状況になくボコボコの状態でした」(渡辺淳支配人)
クラブハウスの中はさらにひどい状態でした。
Q復旧できると思った?「いえ・・・正直な話。ただ茫然としていたのだけははっきり覚えています」(渡辺淳支配人)
そして、金峰山や普賢岳を望む阿蘇東急ゴルフクラブの名物ホールには・・・
「ずーっと亀裂が。元あったグリーンから真っすぐに亀裂が」(渡辺淳支配人)
川沿いのコースも一部が崩れ落ちるなど、被害はゴルフ場全体にまで及んでいました。それでも、阿蘇東急ゴルフクラブは復旧を決断。地元、南阿蘇村から受けた「残ってほしい」という強い要望もその決断を後押ししました。クラブ再開に向けてノウハウを持つスタッフを東京から呼び寄せ、コースに水を送る配水管設備もすべて一からやり直しました。一方で、従業員の多くが暮らす南阿蘇村のためにも一役買いました。
「新しい一番ホールです。震災直後、停電していた南阿蘇村に電力を送るためこちらには3基の鉄塔が建てられていました」(記者)
電力の復旧が急がれた震災直後には、応急の鉄塔を建てる場所を電力会社に提供したのです。南阿蘇村に暮らす従業員は、復旧工事が続く中、芝刈りなどをしながら再開の時を待ったといいます。
「観光客にもきてもらったりとか村の活性化につながってくれればという気持ちは地元としてあります。楽しんでいただけるように何度も来てもらえるようにがんばっていきたい」(従業員)
新しいクラブハウスは、研修施設だった場所を買い取って改装。スタート室も増設して、ゴルファーを迎える準備は万端です。
「会社もそうですし地域のみなさんもそうです感謝感謝。それしかありません。まさか再開できるとは思いもよらなかった。あの当時は」(渡辺淳支配人)
壊滅的な状況から新しく生まれ変わった阿蘇東急ゴルフクラブ。被災地の観光資源がまたひとつ戻ります。
「ここは阿蘇の玄関口になりますので、温泉とかこの地域はいっぱいありますからそういったところもみなさんきていただければありがたい」(渡辺淳支配人)

“南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)” の続きを読む

通学路沿いブロック塀、174カ所危険 京都・八幡(京都新聞)

情報元 : 通学路沿いブロック塀、174カ所危険 京都・八幡(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000064-kyt-l26
 京都府八幡市教育委員会は3日、大阪府北部地震を受けて市内8小学校の通学路沿いで実施した安全点検の結果を発表した。建築基準法施行令に適合しないブロック塀など、危険と思われる場所が計174カ所あり、各学校が児童への安全指導などを検討する。
 先月25、26日に市教委の職員のべ計16人が目視で点検した。ブロック塀は、2・2メートルの高さ制限を超えていたのが24カ所、高さ1・2メートルを超す場合に必要な補強用の「控え壁」がないのが63カ所あった。傾きやひび割れは30カ所あった。
 民家の壁が傾いたり、ひび割れていたりしたのが53カ所あり、瓦の落下の恐れなどがある屋根は10カ所あった。
 すべて民有地のため、市教委としての個別の対応は難しいとした上で、危険箇所を地図に記載して市教委と学校が共有し、安全指導に役立てるとしている。所有者から相談があれば市のブロック塀撤去費用補助制度を紹介する。

“通学路沿いブロック塀、174カ所危険 京都・八幡(京都新聞)” の続きを読む

熊本地震から2年2か月

情報元 : 熊本地震から2年2か月RKK熊本放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000006-rkkv-l43

熊本地震の発生から2年2か月です。

仮設住宅の入居期限を前に自宅の再建が進む一方で、今も3万2000人余りの人が仮住まいを続けています。

ちょうど2年前の6月14日、益城町で最初に完成し入居が始まった広崎仮設団地です。14日はボランティア団体が訪れ住民たちと一緒に「たこ焼き」を作るなどして交流しました。

「こういうのはいいです」「皆でこうして手作りするのがいいです」(住民)

広崎仮設では5月末時点で53戸のうち46世帯119人が生活していますが、高齢者の世帯では「災害公営住宅」への入居希望も多く、まだしばらくは仮設での暮らしが続きます。

「あと1年で(災害公営住宅)に入れるか分からないけれどそれを楽しみに1年暮らす」「家がまだ建っていないから先が心配。頑張るしかない」「流れのまま・・・なるように」(住民)

「今は家族のように交流している」「延長になり心なしかホッとした分、体調を崩す人が多くなった。皆と会うことでちょっとした間でも補ってもらえたら」(自治会長)

県全体では自宅再建などがすすみ仮設住宅などの入居者数も減少しつつありますが、今も3万2000人あまりが仮の暮らしを続けています。

“熊本地震から2年2か月” の続きを読む

県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震

情報元 : 県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震静岡放送(SBS)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-sbsv-l22

 6月18日朝、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震がありました。県内でも袋井市や菊川市で震度3を観測しました。

 18日午前7時58分ごろ大阪府北部を震源とする地震がありました。震源の深さは約13km、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。この地震で県内では袋井市や菊川市で震度3の揺れを観測したほか、広い範囲で震度1から2の揺れを観測しました。

 JR東海によりますと、この地震の影響で東海道新幹線は午前8時頃から現在まで県内でも大幅な遅れが出ています。なお、県内の在来線は通常通り運行しています。

 県の危機管理部によりますと県内でこの地震による被害は今のところ確認されていないということです。

“県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震” の続きを読む

上越新幹線緊迫の訓練 JR高崎駅で異常時避難誘導を確認

情報元 : 上越新幹線緊迫の訓練 JR高崎駅で異常時避難誘導を確認
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010001-jomo-l10

 JR東日本高崎支社は14日深夜から15日未明にかけて、上越新幹線上毛高原―熊谷間で異常時訓練を実施した。JRと高崎市等広域消防局、群馬県警鉄道警察隊の約250人が緊急時の手順を確認した。

 高崎駅では地震の影響により駅の800メートル手前で列車が緊急停車した想定で実施。1、2号車にはしごをかけて消防隊員がけが人役を担架で運び出し、JR職員は他の乗客役をホームへ誘導した。

 対策本部長を務めた中山浩明高崎駅長(57)は9日夜に東海道新幹線内で発生した殺傷事件を受けて、「座席を外して防御するなど、より実戦的な訓練も考えたい」と話した。

 訓練は列車火災や地震を想定して2000年から毎年行われている。

“上越新幹線緊迫の訓練 JR高崎駅で異常時避難誘導を確認” の続きを読む

企業倒産は3か月ぶりに0件

情報元 : 企業倒産は3か月ぶりに0件RKK熊本放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000002-rkkv-l43

先月の県内の企業倒産は、1件もありませんでした。

熊本地震以降の金融機関の下支えによるものと見られます。

1000万円以上の企業倒産を集計している民間の調査会社3社によりますと、県内では先月、倒産が1件もありませんでした。

前の月は8件で、倒産がなかったのは去年11月以来3か月ぶりです。

要因としては、破産の事務手続きが集中する年末年始や年度替わりの中休みという見方のほか、熊本地震後の金融支援が挙げられました。

一方で、集計には含まれない1000万円未満の小口倒産は確認されています。

今後半年ほどは倒産が急増することないがそれ以降の中小零細企業の先行きについては金融機関の貸出姿勢が鍵になると懸念しています。

“企業倒産は3か月ぶりに0件” の続きを読む