ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000003-ibaraki-l08
那珂市古徳の古徳沼に越冬のためハクチョウが飛来している。市商工観光課によると、2018年11月13日に今シーズン最初の14羽が観測され、1月9日にはシーズンで最も多い137羽を確認。ハクチョウを目当てに、多くのカメラマンが撮影しているほか、家族連れが散策を楽しんでいる。
毎日約100羽が羽を休めているという。社会福祉施設による餌やりが1日2回あり、午前7時半~8時と、午後2時半~3時に行われている。同所には無料駐車場やトイレもあり気軽に観察が楽しめる。1966年からハクチョウが訪れるようになったという。

“ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

ふるさと納税で古代鏡製作 天理市が返礼品拡充(産経新聞)

情報元 : ふるさと納税で古代鏡製作 天理市が返礼品拡充(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000005-san-l29
 天理市は、ふるさと納税をした人に贈る「返礼品」として、市内の古墳をめぐる考古学ツアーに加え、ミニチュアの古代鏡を製作できる特典を追加した。
 ツアーは市外の人に天理の魅力を知ってもらおうと、平成27年から実施。歴史ファンの獲得と寄付金増を目指して、内容の拡充を図った。
 新たな特典として、同市の黒塚古墳(3世紀後半)から出土した三角縁神獣鏡のミニチュア古代鏡(直径5センチ)の製作体験などを追加。ツアーは市文化財課職員がガイドを務め、「大和(おおやまと)・柳本古墳群」(3~4世紀)を中心に7カ所の古墳をめぐり、ヤマト王権成立の謎に迫る。
 参加者には、書籍や絵はがきなどの記念グッズ「古墳博士セット」もプレゼントされる。
 3月17日開催。定員は先着順25人。対象は市外在住の人で、3万円の寄付で受け取れる。寄付は市ホームページなどから。
 問い合わせは天理市財政課(0743・63・1001)。

“ふるさと納税で古代鏡製作 天理市が返礼品拡充(産経新聞)” の続きを読む

広島・呉市 住宅火災2人死亡 遺体はこの家に住む夫婦と判明(HOME広島ホームテレビ)

情報元 : 広島・呉市 住宅火災2人死亡 遺体はこの家に住む夫婦と判明(HOME広島ホームテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010004-hometvv-l34
14日、広島県呉市で住宅1棟が全焼するなどした火事で、焼け跡から見つかった2人の遺体はこの家に暮らす夫婦と判明しました。
14日午前8時15分ごろ呉市倉橋町で木造2階建ての西原茂晴さん(75)方住宅1棟が全焼するなどの火事あり、火元の住宅の1階部分から2人の遺体が見つかりました。警察が身元の確認を進めた結果、西原さんと妻の八重子さん(79)と判明したということです。警察は燃え方などから火元は1階だったとみて出火原因などを調べています。

“広島・呉市 住宅火災2人死亡 遺体はこの家に住む夫婦と判明(HOME広島ホームテレビ)” の続きを読む

農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)

情報元 : 農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-03148356-tokushimav-l36
 資材置き場にするとの名目で転用された徳島県阿南市内の優良農地に太陽光発電所が相次いで建設されている問題で、一部の地権者が徳島新聞の取材に対し「市農業委員会から資材置き場での転用の手法を指南された」と証言した。違法転用が横行している一因になっている可能性がある。市農業委事務局は「そういう事実はない」と否定している。
 阿南市の60代の農業男性は2018年、転用が原則許可されない優良農地で太陽光発電事業を始めたいと考え、市役所の農業委事務局に相談。その際、応対した職員から「資材置き場で転用申請をしてもらい、完了検査が終われば(農地法の規制を受けないため)農業委の手を離れる。その後なら太陽光発電をできる」と説明されたという。
 男性は、転用許可が出るまでの期間や具体的な審査手順についてもこの職員から教わっており「親切な対応だった」と語る。職員からは「他の農地でも同じようにしている」という趣旨の話も聞いたが、手法が脱法的だと思って申請を取りやめた。
 同市の女性会社役員は15年に市内の1種農地を資材置き場名目で転用し、太陽光発電事業者に貸している。「太陽光発電をしたいと農業委に相談したところ、資材置き場目的にすると転用許可が出やすいと言われたのでそうした」と証言した。
 農業委の完了検査の際も「農業委からは『検査時にはちゃんと資材を置いてもらわないと困る』と言われ、会社から木材やパレットを持って行った」と断言。「農業委に従って転用手続きをしており、問題があるとは思っていない」と振り返った。
 市農業委事務局の担当者は徳島新聞の取材に「太陽光発電を目的とした転用ができない農地については『できない』と伝え、適切に対応している」と主張する。その一方で「太陽光発電所になっている農地を『どうやって転用したのか』と聞かれると、知らないとは言えない。(資材置き場にする目的なら転用できると)ヒントを与えるようなやりとりになることはある」とも釈明した。
 県が農業委に事実確認要請
 阿南市の優良農地に太陽光発電所が相次いで建設されている問題で、県は10日、市農業委員会に事実確認を要請した。来週末をめどに調査結果を報告してもらう。他市町村の農業委に同様の調査を依頼するかどうかについても検討する。
 県はこの日、農林水産省中国四国農政局からの通知を正式に受け、農政局の通知文書と調査表を市農業委にメールで送信した。調査項目については「内部文書のため公表できない」としている。
 市農業委事務局は「文書の内容に従い、できるだけ早く対応する」とした。
 県は11日にも阿南市を含む24市町村の農業委に、資材置き場を目的とした転用審査を慎重に行うよう求める通知を出す。

“農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)” の続きを読む

魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000002-hokuriku-l15
 新潟県魚沼市七日市新田の薬師スキー場で、今シーズンの「子供スキー教室」が開校した。子どもたちは早速、上達を目指し練習に取り組んだ。
 教室は、薬師スキー学校(星光一校長)が主催。保育園年長組から小学校6年生までの184人が参加した。レベルにより10班に分け、3月10日まで計20回開かれる。
 開校式は5日に開かれた。星校長が「スキーが上手になるだけではなく、友達と仲良くすることも大切です」とあいさつ。「教室が終わる頃、全員がゲレンデの上の方から滑れるようになりましょう」と呼び掛けた。
 同市の梅田勝教育長は「寒い冬、暖かい部屋でゲームをしたりテレビを見たりせず、あえてスキー教室を選んだことをうれしく思います」と激励した。教室を支援している電源開発からは、子どもたちの代表にゼッケンが贈られた。
 開校式に続き、子どもたちは一斉にゲレンデへと繰り出し、ボランティアスタッフ約20人の指導を受けながら、練習に汗を流した。

“魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

地域経済影響、国検証を 県、TPP発効控え要望(宮崎日日新聞)

情報元 : 地域経済影響、国検証を 県、TPP発効控え要望(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00015023-miyazaki-l45
 環太平洋連携協定(TPP)や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効が間近に迫る中、県は11日、関税引き下げに伴う地域経済への影響の検証や農林水産業の生産基盤強化を国に要望した。

“地域経済影響、国検証を 県、TPP発効控え要望(宮崎日日新聞)” の続きを読む

変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)

情報元 : 変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010000-jomo-l10
 セーブオンの群馬県内の店舗が31日午前7時に看板を下ろし、35年の地場コンビニの灯が消える。本格的な人口減少を迎える中、コンビニが提供する「便利さ」は地域の活力維持に欠かせない生活基盤になりつつある。
 店内にみそだれの香りが漂った。今月中旬、コンビニエンスストア「セーブオン吉岡上野田南店」。店頭で調理する焼きまんじゅうを目当てに母親と共に訪れた榛東村の主婦(48)は「地元のコンビニでしょ。よく使うセーブオンがなくなるのは残念」と寂しげに注文し、焼きたてを受け取った。
 セーブオン(前橋市)は今月末、自社ブランドでの営業を終了する。県内に159店(7月末現在)ある店舗は一部の完全閉店を除き、改装を経て約1カ月後から順次、「ローソン」に変わる。同社はその後、ローソン(東京都)と2017年1月に結んだフランチャイズ(FC)契約に基づき、メガFCとしてローソン店舗の運営に当たる。
 セーブオンは地域色のある商品づくりに定評があった。県内5店で販売する焼きまんじゅう(1串150円)はその代表格。ただ、ローソンへの転換後は他のオリジナル商品も含め「扱いは協議中」(セーブオン)としており、常連客から惜しむ声が上がる。
 納入業者も不安を隠さない。セーブオンに「ぐんまちゃんヌードル」などを卸す大黒食品工業(玉村町)は転換後の出荷について、「推移を見守るしかない」としている。
 高崎市内のパスタ店が競うイベント「キングオブパスタ」では、最高位を勝ち取ったパスタを期間限定でセーブオンが商品化してきた。キングオブパスタ実行委員会の井上幸己事務局長は「継続をお願いして、ローソンの販売網で広がればうれしいが、どうなるか分からない」と困惑する。
 セーブオンは、スーパーのベイシア(前橋市)グループのコンビニとして1983年に渋川市行幸田で1号店を開いた。商品調達力を背景に低価格路線を進め、48円アイス、298円弁当、男性客に人気のボリューム感のあるメニューを並べ、エリアは最大10県、店舗数は2015年に605店へとそれぞれ広げた。

“変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)” の続きを読む

社説:米トルコ対立 日欧仲介で和解促進を(京都新聞)

情報元 : 社説:米トルコ対立 日欧仲介で和解促進を(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000007-kyt-l26
 米国とトルコの経済問題で済みそうにない。注視が必要だ。
 米国とトルコの関係が悪化している。米によるトルコ製鉄鋼の関税引き上げを機に、経済制裁の応酬になりつつある。
 トルコの通貨リラは急落し、今月に入って一時、年初来で4割以上の通貨価値を失った。
 アルゼンチンやインドなど、ほかの新興国の通貨安も引き起こしている。トルコ向け融資が多い欧州の銀行への影響も懸念される。影響は世界的な株価の乱高下や、最近の円高にも表れている。
 米国が利上げ局面に入り、世界の投資資金が新興国から米国に流出し始めていたうえ、権力集中を強めるトルコのエルドアン大統領が、中央銀行の独立性に疑問を抱かせる発言を続けていることも、背景にはあった。
 直接的なきっかけは、トルコによる米国人牧師の拘束だ。牧師は、2016年のクーデター未遂事件に深く関与したとエルドアン政権がみているイスラム指導者ギュレン師と関係があるとされる。
 これに対しトランプ米大統領はトルコの鉄鋼に課す追加関税を2倍に引き上げる方針を表明するとともに、トルコの2閣僚に制裁を科した。一方、トルコも乗用車やアルコールなど米国製品に追加関税を課す対抗措置を打ち出した。
 トルコ国内は物価高などで市民生活に影響が出ている。だがトランプ氏は「トルコリラは急落中」とツイッターに書き込んだ。トルコ国民の生活をもてあそぶかのような発言は極めて不用意で、反米感情の増大につながりかねない。
 牧師はクーデター未遂事件の直後に拘束された。トランプ政権が今ごろ解放を求め始めたのは、秋の中間選挙を前に、牧師が所属するキリスト教右派へアピールする狙いがあるとされる。
 選挙のためなら、外交の積み上げもほごにする。イラン核合意からの脱退や米大使館のエルサレム移転と同様の構図である。
 トルコは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で米国の同盟国だが、エルドアン大統領は「新たな同盟国を探す」とまで言い出した。ロシアとは最新鋭の武器供与契約を締結し、関係を深めつつある。
 トランプ氏とエルドアン氏は権力志向が強く、固い支持基盤を強く意識した政権運営をするという点で共通している。お互い一歩も引けないのは、そのためだろう。両国と共通の利益がある日本や欧州は、早急に仲介に乗り出す必要があるのではないか。
[京都新聞 2018年08月20日掲載]

“社説:米トルコ対立 日欧仲介で和解促進を(京都新聞)” の続きを読む

【維新伝心150年】士族反乱の地を行く(1)秋月の乱 地方士族の連携ならず(産経新聞)

情報元 : 【維新伝心150年】士族反乱の地を行く(1)秋月の乱 地方士族の連携ならず(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000011-san-l40
 福岡県朝倉市の中心部から北東へ7キロほど入った山間の盆地に、秋月(あきづき)はある。
 江戸時代、福岡・黒田家の支藩として栄え、今も城下町の風景が色濃く残る。
 メーンストリートから小道に入ると、田中天満宮や西福寺跡がある。いずれも、明治9年に起きた秋月の乱ゆかりの場所だ。
 同年10月24日、熊本で敬神党(神風連)の乱が起きた。熊本鎮台の司令官や県令を殺害したが、翌日には新政府軍に鎮圧された。
 だが、秋月から熊本に派遣された使者が、初日の様子だけを見て、急ぎ帰郷し、「敬神党が勝利した」と報告した。
 これが導火線となった。同月27日朝、秋月党は兵を挙げる。250人ほどだった。
 「秋月士族は、決して心意気だけで出兵したのではない。戦略を立てていた」と、朝倉市秋月博物館の学芸員、福田正氏(41)は語る。
 作戦はこうだ。
 佐賀や豊津(福岡県みやこ町)といった近隣の不平士族に働きかけ、同志を増やす。その後、関門海峡を渡り、萩の前原一誠(まえばら・いっせい)の党と合流する。不平士族を糾合(きゅうごう)し、政府を攻撃する。
 兵はまず秋月街道を北進し、豊津に向かった。街道は現在の国道322号とほぼ同じルートを通る。八丁峠に大隈、猪膝(いのひざ)と、秋月党が通った地名は今も残る。
 蜂起から2日後、豊津に着いたところで、誤算が生じる。豊津の士族が秋月党に同調しなかったのだ。
 豊津士族は幕末、長州藩に敗れた小倉藩の武士だった。敗戦が何たるかを知る彼らの目にはわずか250人の秋月党が成功するとは思えず、呼応する気にはなれなかったのだろう。
 談判のさなか、小倉の鎮台分営から乃木希典(のぎ・まれすけ)の率いる兵が到着し、戦闘となる。
 秋月党は死者17人を出し、敗走した。決起した中心人物、磯淳(いそ・あつし)や宮崎車之助(しゃのすけ)ら7人は部下には寛大な処分を求める遺書をしたため、栗河内(くりごうち)(現・朝倉市)で自決した。
 昨年10月に開館した朝倉市秋月博物館には、磯らと自害した戸波(となみ)半九郎の遺書と、辞世の句がある。
 遺書では「両親に先立つ不孝を許してほしい」と記し、辞世の句はこう詠んだ。
 「今更にいふ 言の葉も なかりけり すてゝ かいなき この身 なくとも」。
 身命を賭(と)した挙兵だったことがうかがえる。
 現地の案内板を頼りに、田中天満宮や西福寺跡を訪ねた。天満宮には出兵の前日、士族が参集した。そこで隊長となる今村百八郎は「熊本も既に立ち、萩も立とうとしている。今ここに義兵を挙げる」と、周囲を奮い立たせたと伝わる。
 推定樹齢400年のイヌマキも立つ。歴史の証言者として、小高い丘から地域を見つめ続ける。
 書籍に残された戦闘状況によると、秋月兵の武器は旧式の銃や槍(やり)、長刀などで、政府軍は新銃を使っていた。差は歴然だった。
 各地の不平士族らで連携もできず、「第2の維新」とはならなかった。
 秋月の乱から4カ月後、西郷隆盛をかついだ薩摩士族が挙兵する。もはや秋月には西郷軍に応じる余力は残っていなかった。 (高瀬真由子)
                   ◇
 薩摩や長州、土佐、肥前の武士が主導し、倒幕・維新が実現した。ところが、新政府は急速に激しい社会変革を断行する。士族となった武士は明治4(1871)年の廃藩置県などで、生活基盤や特権を失った。
 九州・山口の士族は、かつての同僚らで構成する新政府に強い不満を抱き、やがて政府に反し、武装蜂起した。維新から150年。士族反乱の地を歩いた。

“【維新伝心150年】士族反乱の地を行く(1)秋月の乱 地方士族の連携ならず(産経新聞)” の続きを読む

印西市 普通交付税「不交付団体」に(チバテレ)

情報元 : 印西市 普通交付税「不交付団体」に(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010009-chibatelev-l12
 印西市が今年度から普通交付税の「不交付団体」となりました。
 千葉県によりますと、今年度の県内市町村への普通交付税の配分額は前年度よりも3%少ない1353億円で、3年連続の減少となりました。普通交付税は地方自治体の財源不足を補うため国から交付されるもので、今年度交付税がなくても財政運営が可能な「不交付団体」に、印西市が新たに加わりました。印西市は2010年の印旛村、本埜村との合併以後は交付を受けていましたが、人口の増加や好景気で税収が伸び、財政基盤の安定につながりました。
 これにより千葉県内の不交付団体は浦安市や成田市、市川市など合わせて7市となりました。

“印西市 普通交付税「不交付団体」に(チバテレ)” の続きを読む