2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)

情報元 : 2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-03157559-tokushimav-l36
 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは1日、JAバンク徳島スタジアムで今季初の合同自主トレーニングを行い、リーグ制覇と2年ぶりの独立リーグ日本一へ向けてスタートを切った。昨年から選手が大幅に入れ替わり、35人のうち19人が新加入。それぞれが言葉を掛け合って意思疎通を図りながら精力的にメニューをこなした。
 この日は34人が参加。牧野塁監督が「優勝を目指して元気よく頑張っていこう」と声を掛けて練習が始まった。ストレッチやランニングで体をほぐした後、投手陣はブルペンで投げ込み、野手陣はティー打撃やノックなどに汗を流した。
 センターラインを中心に守備の強化を打ち出す中で、捕手は3人全員がルーキー。25歳の横溝は「野球人生最後の1年と思っている。負けないようレギュラーを取りにいく」と決意を語った。
 板野高から加入した安藝はブルペンで30球を投げ、「思ったほど体が動かなかった。最速155キロを出せるように鍛えていく」と力を込めた。
 35人のうち19人が投手で激しい競争が予想される。牧野監督は「各自ある程度仕上げてきていて今後が楽しみ。個性を大事にして伸ばしていきたい」と話した。
 合同自主トレは月末までで、平日は鳴門市内のグラウンドでトレーニングし、週末は地域の行事などに参加する。3月4日から7日間、海陽町の蛇王球場などでキャンプに臨む。
 新主将に安井内野手
 徳島インディゴソックスの2019年シーズンの主将が安井勇輝内野手(24)に決まった。1日の練習前のミーティングで発表された。
 安井主将は大阪府出身。東海大山形高、近畿大、四国ILの愛媛マンダリンパイレーツを経て18年に入団した。1年目の昨季は48試合に出場して打率2割7厘、10打点。昨季は主に外野を守り、攻守でチームの勝利に貢献した。
 安井主将は「人生初の主将。昨季の垂井主将を手本にチームを引っ張っていく。日本一に向け前期は断トツで勝つ」と力強く語った。
 副主将は瀬口拓也内野手(24)と竹内裕太投手(22)が務めることになった。
 四国IL3月30日開幕 徳島、高松で香川戦
 四国ILは1日、2019年シーズンの開幕カードを発表した。徳島インディゴソックスは3月30日午後6時から、高松市のレクザムスタジアムで香川と対戦する。愛媛対高知も同日午後1時から、松山市のマドンナスタジアムで行われる。
 徳島のホーム開幕戦は31日午後6時から、JAバンク徳島スタジアムであり、香川と対戦。高知は4月6日午後6時から高知市の高知球場で徳島とホーム開幕戦を戦う。
 今季も前期・後期の2シーズン制で、前期が3月30日~6月2日。後期が7月13日~9月8日の予定。今季の各球団の年間試合数や全日程は3月上旬に発表される。

“2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)” の続きを読む

坪田譲治文学賞に八重野統摩さん 「ペンギンは空を見上げる」(山陽新聞デジタル)

情報元 : 坪田譲治文学賞に八重野統摩さん 「ペンギンは空を見上げる」(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010003-sanyo-l33
 岡山市は22日、大人と子どもが共有できる優れた作品を対象とした第34回坪田譲治文学賞に、作家八重野統摩さん(30)=大阪府豊中市=の「ペンギンは空を見上げる」(東京創元社)を選んだと発表した。2月23日に岡山市内で贈呈式を行い、賞状や盾、副賞100万円を贈る。
 受賞作は、米航空宇宙局(NASA)のエンジニアを目指し、自作の風船ロケットで宇宙を撮影しようと奮闘する小学6年の佐倉ハルが主人公。意地っ張りな性格もあってクラスで孤立し、両親との関係もぎくしゃくするが、転校生の金髪の少女と出会い、少しずつ成長する姿を描いた。
 八重野さんは札幌市生まれで、電撃小説大賞への応募を機に2012年にデビュー。「ハルが困難とともに目標に向かって努力する物語。私も賞に恥じない努力を続けていきたい」とコメントした。
 17年9月から1年間に出版された単行本のうち、予備選考を通過した5点を作家の五木寛之さんや阿川佐和子さんら7人の選考委員が審査。作家の中脇初枝さんは「思いがけないどんでん返しもあり、未来に希望を抱かせる」と評価した。
 同文学賞は、岡山市出身の児童文学作家・坪田譲治(1890~1982年)を顕彰するため、市が84年に創設した。

“坪田譲治文学賞に八重野統摩さん 「ペンギンは空を見上げる」(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)

情報元 : 大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000003-nagasaki-l42
 一年で最も寒いとされる「大寒」の20日早朝、長崎県雲仙市千々石町の千々石川で恒例の「橘神社寒中みそぎ」があり、男女34人が冷たい川の中で心身を清めた。
 地元有志でつくる橘神社みそぎ会(宮本三平会長)が毎年開き21年目。県内外から21~69歳が参加した。
 男性は白いふんどし、女性は白装束の姿で本殿に参拝した後、たいまつを手に川へ移動。「エイ」と大声で気合を入れながら川の中に身を沈めた。
 この日、午前4時の気温は11度、水温は11・6度で例年よりやや高め。参加者は約5分間、手を合わせて寒さに耐え、“汚れ”が落ちるように祈った。
 みそぎを終えた参加者は、社務所に戻り七草がゆで体を温めた。初めて参加した佐世保市の会社員、吉田謙一さん(44)は「就職活動を控えた子どもの願掛けも込めて挑戦した。気合が入った」と晴れ晴れとした表情で話した。

“大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)” の続きを読む

自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)

情報元 : 自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000002-hokkaibunv-hok
 19日午前、旭川市の住宅で、屋根の雪下ろし作業をしていた、81歳の男性が、誤って転落し死亡しました。
 19日午前9時30分ごろ、旭川市東光9条2丁目の住宅で、「男性が屋根から落ちた」と、近所に住む住民から、消防に通報がありました。
 警察や消防が駆け付けたところ、この家に住む新崎裕康さんが、雪の上に倒れていて、全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。
 警察によりますと、屋根には、はしごがかかっていて、1人で雪下ろし中に、誤って転落したとみて調べています。
 発見当時、新崎さんは、ヘルメットや命綱などは、つけていなかっということです。
警察で、転落当時の詳しい状況を調べています。

“自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

センター試験 山梨県内では約4400人受験(UTYテレビ山梨)

情報元 : センター試験 山梨県内では約4400人受験(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000003-utyv-l19
大学入試センター試験が19日始まり、山梨県内でも約4400人の受験生が試験に臨みました。
大学入試センター試験は、19日と20日の2日間、山梨県内では6つの会場で行われ、4404人が受験します。
このうち最も多い約1900人が受験する山梨大学では、会場に向かう受験生を高校の教員などが激励していました。
初日の19日は地理歴史・公民と国語、外国語の試験が行われ、センターによりますとこれまでにトラブルはないということです。
2日目の20日は理科と数学の試験が行われます。
[UTYテレビ山梨]

“センター試験 山梨県内では約4400人受験(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000003-ibaraki-l08
那珂市古徳の古徳沼に越冬のためハクチョウが飛来している。市商工観光課によると、2018年11月13日に今シーズン最初の14羽が観測され、1月9日にはシーズンで最も多い137羽を確認。ハクチョウを目当てに、多くのカメラマンが撮影しているほか、家族連れが散策を楽しんでいる。
毎日約100羽が羽を休めているという。社会福祉施設による餌やりが1日2回あり、午前7時半~8時と、午後2時半~3時に行われている。同所には無料駐車場やトイレもあり気軽に観察が楽しめる。1966年からハクチョウが訪れるようになったという。

“ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

ふるさと納税で古代鏡製作 天理市が返礼品拡充(産経新聞)

情報元 : ふるさと納税で古代鏡製作 天理市が返礼品拡充(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000005-san-l29
 天理市は、ふるさと納税をした人に贈る「返礼品」として、市内の古墳をめぐる考古学ツアーに加え、ミニチュアの古代鏡を製作できる特典を追加した。
 ツアーは市外の人に天理の魅力を知ってもらおうと、平成27年から実施。歴史ファンの獲得と寄付金増を目指して、内容の拡充を図った。
 新たな特典として、同市の黒塚古墳(3世紀後半)から出土した三角縁神獣鏡のミニチュア古代鏡(直径5センチ)の製作体験などを追加。ツアーは市文化財課職員がガイドを務め、「大和(おおやまと)・柳本古墳群」(3~4世紀)を中心に7カ所の古墳をめぐり、ヤマト王権成立の謎に迫る。
 参加者には、書籍や絵はがきなどの記念グッズ「古墳博士セット」もプレゼントされる。
 3月17日開催。定員は先着順25人。対象は市外在住の人で、3万円の寄付で受け取れる。寄付は市ホームページなどから。
 問い合わせは天理市財政課(0743・63・1001)。

“ふるさと納税で古代鏡製作 天理市が返礼品拡充(産経新聞)” の続きを読む

広島・呉市 住宅火災2人死亡 遺体はこの家に住む夫婦と判明(HOME広島ホームテレビ)

情報元 : 広島・呉市 住宅火災2人死亡 遺体はこの家に住む夫婦と判明(HOME広島ホームテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010004-hometvv-l34
14日、広島県呉市で住宅1棟が全焼するなどした火事で、焼け跡から見つかった2人の遺体はこの家に暮らす夫婦と判明しました。
14日午前8時15分ごろ呉市倉橋町で木造2階建ての西原茂晴さん(75)方住宅1棟が全焼するなどの火事あり、火元の住宅の1階部分から2人の遺体が見つかりました。警察が身元の確認を進めた結果、西原さんと妻の八重子さん(79)と判明したということです。警察は燃え方などから火元は1階だったとみて出火原因などを調べています。

“広島・呉市 住宅火災2人死亡 遺体はこの家に住む夫婦と判明(HOME広島ホームテレビ)” の続きを読む

農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)

情報元 : 農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-03148356-tokushimav-l36
 資材置き場にするとの名目で転用された徳島県阿南市内の優良農地に太陽光発電所が相次いで建設されている問題で、一部の地権者が徳島新聞の取材に対し「市農業委員会から資材置き場での転用の手法を指南された」と証言した。違法転用が横行している一因になっている可能性がある。市農業委事務局は「そういう事実はない」と否定している。
 阿南市の60代の農業男性は2018年、転用が原則許可されない優良農地で太陽光発電事業を始めたいと考え、市役所の農業委事務局に相談。その際、応対した職員から「資材置き場で転用申請をしてもらい、完了検査が終われば(農地法の規制を受けないため)農業委の手を離れる。その後なら太陽光発電をできる」と説明されたという。
 男性は、転用許可が出るまでの期間や具体的な審査手順についてもこの職員から教わっており「親切な対応だった」と語る。職員からは「他の農地でも同じようにしている」という趣旨の話も聞いたが、手法が脱法的だと思って申請を取りやめた。
 同市の女性会社役員は15年に市内の1種農地を資材置き場名目で転用し、太陽光発電事業者に貸している。「太陽光発電をしたいと農業委に相談したところ、資材置き場目的にすると転用許可が出やすいと言われたのでそうした」と証言した。
 農業委の完了検査の際も「農業委からは『検査時にはちゃんと資材を置いてもらわないと困る』と言われ、会社から木材やパレットを持って行った」と断言。「農業委に従って転用手続きをしており、問題があるとは思っていない」と振り返った。
 市農業委事務局の担当者は徳島新聞の取材に「太陽光発電を目的とした転用ができない農地については『できない』と伝え、適切に対応している」と主張する。その一方で「太陽光発電所になっている農地を『どうやって転用したのか』と聞かれると、知らないとは言えない。(資材置き場にする目的なら転用できると)ヒントを与えるようなやりとりになることはある」とも釈明した。
 県が農業委に事実確認要請
 阿南市の優良農地に太陽光発電所が相次いで建設されている問題で、県は10日、市農業委員会に事実確認を要請した。来週末をめどに調査結果を報告してもらう。他市町村の農業委に同様の調査を依頼するかどうかについても検討する。
 県はこの日、農林水産省中国四国農政局からの通知を正式に受け、農政局の通知文書と調査表を市農業委にメールで送信した。調査項目については「内部文書のため公表できない」としている。
 市農業委事務局は「文書の内容に従い、できるだけ早く対応する」とした。
 県は11日にも阿南市を含む24市町村の農業委に、資材置き場を目的とした転用審査を慎重に行うよう求める通知を出す。

“農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)” の続きを読む

魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000002-hokuriku-l15
 新潟県魚沼市七日市新田の薬師スキー場で、今シーズンの「子供スキー教室」が開校した。子どもたちは早速、上達を目指し練習に取り組んだ。
 教室は、薬師スキー学校(星光一校長)が主催。保育園年長組から小学校6年生までの184人が参加した。レベルにより10班に分け、3月10日まで計20回開かれる。
 開校式は5日に開かれた。星校長が「スキーが上手になるだけではなく、友達と仲良くすることも大切です」とあいさつ。「教室が終わる頃、全員がゲレンデの上の方から滑れるようになりましょう」と呼び掛けた。
 同市の梅田勝教育長は「寒い冬、暖かい部屋でゲームをしたりテレビを見たりせず、あえてスキー教室を選んだことをうれしく思います」と激励した。教室を支援している電源開発からは、子どもたちの代表にゼッケンが贈られた。
 開校式に続き、子どもたちは一斉にゲレンデへと繰り出し、ボランティアスタッフ約20人の指導を受けながら、練習に汗を流した。

“魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む