土湯温泉・化石モデル…愛称「ゆパッチー」 ご当地キャラ誕生(福島民友新聞)

情報元 : 土湯温泉・化石モデル…愛称「ゆパッチー」 ご当地キャラ誕生(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010009-minyu-l07
 福島市土湯温泉町で化石が発見された太古の大型哺乳類「パレオパラドキシア」をモデルにしたご当地キャラの愛称が「ゆパッチー」に決まった。作成した地元の土湯温泉観光協会などは、地域活性化に向けて、グッズの作成や各種イベントの実施などに取り組む考えだ。
 同市の土湯小で26日開かれたパレオパラドキシアのセミナーで発表された。化石は1951(昭和26)年ごろ、土湯温泉町の砂防ダム工事で発見。東京教育大(現筑波大)で別の海生哺乳類と鑑定後、忘れ去られた。2017年から再調査され、北太平洋の沿岸地域に生息したパレオパラドキシアの右後ろの大腿(だいたい)骨の化石(長さ約30センチ)と判明した。

“土湯温泉・化石モデル…愛称「ゆパッチー」 ご当地キャラ誕生(福島民友新聞)” の続きを読む

5月から「丹波篠山市」に変更も… 管轄の篠山警察署「名称は変えません」(神戸新聞NEXT)

情報元 : 5月から「丹波篠山市」に変更も… 管轄の篠山警察署「名称は変えません」(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000001-kobenext-l28
 兵庫県警が、5月1日から「丹波篠山市」へ市名を変更する同県篠山市を管轄する篠山署について、名称を変えない方針であることが、25日までに分かった。システムや看板などの改修に多額の費用がかかるためで、県警警務課は「貴重な予算を使うことになる。慎重に判断したい」とする。
 警察署の名称は南あわじ署や美方署などのように、管轄する郡市区内に警察署が一つしかない場合、基本的にその名称に合わせてある。市名変更を受け、篠山署が「丹波篠山署」になるか注目されていた。
 同課によると、篠山署の名称を変える場合、通信や指令など10種類以上のコンピューターシステムを変更するのに約5千万円かかることが分かった。庁舎や駐在所の看板改修も必要なことから、ひとまず見送ることにした。ただし、「住民の要望や他の行政機関の対応があった場合は検討する」としている。
 警察署の名称変更は、2004年に氷上郡6町が「丹波市」になるのを受け、同郡を管轄する柏原署を「丹波署」に変えた例など、市町村合併の際には各署であった。15年には小野署の新設を受け、加東市と小野市が管轄区域だった社署が「加東署」に変更された。
 篠山市の酒井隆明市長は、5月の新市名誕生に合わせ、既存の県施設やJR篠山口駅などの改称を要望している。(尾藤央一)

“5月から「丹波篠山市」に変更も… 管轄の篠山警察署「名称は変えません」(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000008-minkei-l44
 大分怪獣クラブのオリジナル怪獣「ブゴン」が2月16日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開催中のフリマイベントに現れ、ビル群をバックに雄々しい姿を見せつけた。(大分経済新聞)子どもと握手するブゴン 「大分怪獣ブゴン」は豊後の大地が生んだご当地怪獣。頭部に唐揚げ文化をアピールする鶏のとさかがあり、顔は高崎山のサルと同様に赤くなっている。体は由布の自然を表す緑色で「背中に火山があり、口から温泉を吐く」という設定。同クラブの松本智明さんがデザインを手掛け、アドバイザーの羽田野勝利さんが2年がかりで着ぐるみを制作した。
 昨年11月に別府ブルーバード劇場で開かれた全国自主怪獣映画選手権の場で初お目見え。姿を見せるのはそれ以来2回目で、同クラブ会員が開催している映画・特撮のフリーマーケット会場に「友情出演」した。
 13時と16時の2回にわたって来襲。屋外スペースでポーズを決めたり仁王立ちしたりして、来場者との握手や記念撮影に応じた。
 今後はさまざまなイベントに姿を見せては大分をPRしていく予定。同クラブ会長の木本英輔さん(43)は「ブゴンはモンスターではなく神々しい怪獣。日本文化でもある畏怖を感じてほしい。これからはゆるキャラに成り代わって現れ、子どもたちを泣かしに行くと思う」と話す。
 17日のフリマ開場時間は10時~19時。ブゴンの登場は13時と16時。

“大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

新潟開港150年 せんべいに歴史の風味 新潟小デザイン(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 新潟開港150年 せんべいに歴史の風味 新潟小デザイン(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000005-hokuriku-l15
 新潟開港150周年を記念し、新潟市中央区の新潟小5年生がせんべいの絵柄をデザインした。児童らは18日、市役所に中原八一市長を訪ね、「新潟の魅力を感じながらおいしく食べてもらいたい」とPRした。せんべいは、1袋9枚入りで600円。19日から古町通6の商店街10店舗で計500袋が販売される。
 同校が総合学習で取り組む地域貢献活動の一環。古町地区を活性化させようと、昨年9月から開港150周年にちなんだせんべいのデザインを考え、栗山米菓(同市北区)と協力して作り上げた。
 デザインは、約100人の児童が描いたイラストから選ばれたせんべいの絵柄9種類とパッケージ1種類。せんべいには、北前船や古町芸妓(げいぎ)などが青やピンクで色鮮やかにプリントされている。
 中原市長は、せんべいを試食し、「開港の歴史を勉強していて素晴らしい。市民にPRできるのでありがたい」と感謝した。
 北前船の柄をデザインした同小5年の女児(11)は「デザインを見て新潟の歴史を感じてもらえたらうれしい」と話した。

“新潟開港150年 せんべいに歴史の風味 新潟小デザイン(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)

情報元 : 太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000046-san-l10
 私立常磐高校(太田市飯塚町)は14日、剣道部特別コーチを務める非常勤講師の男性(26)が部員に体罰や暴言を繰り返していたと明らかにした。男性は同日付で退職届を提出し、受理された。
 同校によると、男性は昨年9月ごろから、2年生の複数の男子部員を指導中に防具で覆われていない体の部分に竹刀を押し当てたり、「死ね」「きもい」といった暴言を浴びせたりしたという。
 今月7日には、男性と一対一の「掛かり稽古」を30分以上行っていた2年生の主将の男子部員が部活動終了後、体育館の2階踊り場で手すりをつかみ、下をのぞき込みながら「死にたい」とつぶやいているのを1年生の男子部員が発見。保護する騒ぎもあった。
 学校側は翌8日、2年生の学年主任から報告を受け、男性を指導から外した。
 関係部員は聞き取り調査に、3年生の引退後、男性の2年生への指導が厳しくなり、特に主将にきつく当たっていたと証言した。
 男性は体罰や暴言を認め、「強くしたいという一心だった」と説明。「追い詰めてしまった生徒には申し訳ない」と反省した様子を見せているという。
 高山幸索校長は「職員には、会議などで体罰は厳禁だと何度も言っている。これから再発防止策を練っていきたい」と話した。

“太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)” の続きを読む

<野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)

情報元 : <野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010006-chibatopi-l12
 心愛さんの父親、勇一郎容疑者の再逮捕は、暴行とみられる様子を撮影したデータがスマートフォンに残されており、容疑を裏付ける有力な証拠になった。再逮捕で、改めて心愛さんが父親から「執拗(しつよう)に暴行され、日常的に虐待されていた」(捜査関係者)実態が浮かび上がった。
 再逮捕容疑の暴行は、顔から胸にかけた部位にけがが集中していた。顔にあざが残り、司法解剖直後は救急隊の救命処置によるものとみられていた胸部の骨折も、暴行の痕である疑いが強まった。
 県警は認否を明らかにしていないが、「黙秘ではない」としており、否認しているとみられる。
 勇一郎容疑者の最初の逮捕容疑は、1月24日午前10時ごろから午後11時20分ごろまでの間、自宅マンションで心愛さんの髪の毛を引っ張り、両手で首付近をわしづかみにし、冷水シャワーを掛けるなどして首付近にけがを負わせた疑いが持たれている。
 心愛さんを起こし立たせて眠らせなかったり、食事を与えなかったりしていた虐待の様子が、これまでの捜査関係者への取材で判明している。県警によると、心愛さんが病院に行くなど外出した様子や、第三者が年末年始に心愛さん宅を訪れた状況は確認できていない。
 勇一郎容疑者のスマートフォンに保存されていた心愛さんを暴行しているとみられる動画や画像は、撮影日が複数にわたっていた。県警は日常的な虐待を裏付ける有力な客観的証拠としてさらに解析を進める。
 また、別の傷害容疑で逮捕された母親のなぎさ容疑者は、勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとみられる一方で、心愛さんの動向を無料通信アプリLINE(ライン)で報告していたことが分かっている。捜査関係者は「単純に従属的な立場だったとは言えないのでは」としており、母親の関与の度合いも捜査の焦点の一つだ。

“<野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)” の続きを読む

奄美の行政・観光関係者が屋久島視察(MBC南日本放送)

情報元 : 奄美の行政・観光関係者が屋久島視察(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00034485-mbcnewsv-l46
世界自然遺産の登録を目指す奄美群島の関係者が屋久島を訪れ、自然保護と観光の両立に向けた取り組みを視察しました。
奄美群島からの屋久島視察は、両地域の連携を図ろうと行われたもので、去年に続き2回目です。今回は奄美群島の行政や観光の関係者ら50人が2日間、屋久島をまわり、標高1000メートルの自然休養林・ヤクスギランドなどを訪れました。
ヤクスギランドは世界自然遺産の地域を保全するための緩衝地域としての役割を担っているとの説明を聞き、一行は環境に配慮しながら観光客を受け入れる取り組みを学んでいました。
(徳之島観光連盟 小原幸三理事)「保護地域と一般社会とを分けるのに緩衝地域が徳之島にもあるが、それをどう活用するかとても参考になった」
視察の成果は、奄美群島の世界自然遺産登録を見据えた取り組みに生かされます。

“奄美の行政・観光関係者が屋久島視察(MBC南日本放送)” の続きを読む

第1原発・全作業員「廃炉」アンケート…雇用や健康の影響不安(福島民友新聞)

情報元 : 第1原発・全作業員「廃炉」アンケート…雇用や健康の影響不安(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010005-minyu-l07
 東京電力は7日、福島第1原発で廃炉作業に当たる全作業員に労働環境の実態を尋ねた第9回アンケートの実施内容を公表した。無回答78人を除いた回答者4953人のうち「第1原発で働くことに不安を感じている」と答えた人が2075人(41.9%)で、前回と比べ3.2ポイント上回った。
 福島市で同日開かれた県や原発周辺市町村、専門家による県廃炉安全監視協議会労働者安全衛生対策部会で、東電が説明した。不安を感じている人の理由(複数回答)は「先の工事量が見えないため、いつまで働けるか分からない」が935人で最多。「被ばくによる健康への影響」が814人、「安定的な収入が保証されない」が738人と続いた。

“第1原発・全作業員「廃炉」アンケート…雇用や健康の影響不安(福島民友新聞)” の続きを読む

自転車の女性死亡 トラックにはねられ、頭など強く打つ 現場は信号機や横断歩道のある交差点/さいたま(埼玉新聞)

情報元 : 自転車の女性死亡 トラックにはねられ、頭など強く打つ 現場は信号機や横断歩道のある交差点/さいたま(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00010000-saitama-l11
 4日午後0時25分ごろ、埼玉県さいたま市緑区原山2丁目の国道463号で、近くに住む無職松岡和子さん(73)が、戸田市新曽、運転手男性(40)のトラックにはねられた。松岡さんは頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。熊谷小4死亡ひき逃げ、時効迫る 「時間がない!!」犯人につながる情報求め…母親、ブログに切実な声 浦和東署によると、現場は片側2車線で信号機、横断歩道のある交差点。トラックがさいたま市浦和区方面から越谷市方面に進行中、左から自転車で横断してきた松岡さんをはねた。同署で詳しい事故原因を調べている。

“自転車の女性死亡 トラックにはねられ、頭など強く打つ 現場は信号機や横断歩道のある交差点/さいたま(埼玉新聞)” の続きを読む

アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)

情報元 : アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-sanyo-l33
 フィギュアスケートのアイスダンス強豪国で、岡山県倉敷市出身の女子選手が技を磨いている。19歳の平山姫里有(きりあ)=倉敷FSC=はシングル中心の国内で組む相手が見つからず、昨年1月に渡ったフランスの男子選手とコンビを結成した。昨年末の全日本選手権は初出場で準優勝し、「もっと活躍して日本のアイスダンスを盛り上げたい」と銀盤を舞う。
 今季初戦となった昨年11月の西日本選手権を制し、臨んだ全日本選手権。ミスが出たリズムダンス3位からフリーで順位を上げ、平山は「世界の舞台を目指し、進化したい」とさらなる成長を期した。
 倉敷FSCで6歳の時にスケート靴を履き、国内トップ級で長く活躍した同じクラブ出身の平井絵己さん(32)に憧れて10歳でアイスダンスを始めた。岡輝中では全国大会の表彰台にも立ったが、年齢が上がるとパートナーがシングルに専念し、岡山南高時代は2年間試合に出られなかった。
 「練習も一人。かなり気落ちしていた」という平山に渡仏を勧めたのは、自身も同じ悩みから海外に出た平井さんだ。現役引退後、日本とフランスでコーチを務めており、22歳のアクセル・ラマッセとの縁をつないだ。
 「音楽への感性が高く、演技に華がある」と平井さんも認める平山と、スピードスケート・ショートトラックで鍛えたスピードある滑りが持ち味のラマッセ。今後もフランスを拠点に平井さんらの指導を受け、日本連盟所属で試合に出場する。
 全日本選手権は健闘するも、得点は狙っていた国際大会の派遣基準に届かなかった。悔しさも糧に平山は「世界選手権などトップ大会で勝負するのが目標」と目線を高く挑む。

“アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)” の続きを読む