東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)

情報元 : 東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000024-san-l04
 東北地方の外国人延べ宿泊者数が昨年、100万人泊(1人2泊なら2人泊とカウント)を上回ったことが、東北運輸局がまとめた平成30年1~11月の調査結果で分かった。東北での“100万人”超えは19年の統計開始以来初めて。全国で最も伸びが顕著な地域となっており、「航空機の直行便の増便などを背景に、アジアを中心とした外国人旅行客の注目が、東北にも集まってきている」(同局国際観光課)と話している。(高梨美穂子)
                   ◇
 東北運輸局は観光庁「宿泊旅行統計調査」から、東北6県分の1~11月の外国人延べ宿泊者数を集計(従業員数10人以上の施設が対象)。30年1~11月の外国人延べ宿泊者数は112万1210人泊で、前年同期(89万3170人泊)と比べて26%増加。震災前の22年同期と比較しても136%増となっていた。
 前年同期比の伸び率を全国の地域別で比べると、(1)東北26%増(2)北信越18・1%増(3)中国16・9%増で、2割を超えたのは東北だけ。東北の中でも宮城県の伸びは35・9%と群を抜き、全国1位だった。
 理由について、同課は「立地的にも宮城に泊まって東北を周遊することが多い。昨年10月に台湾から仙台空港にLCC(格安航空会社)便が増えるなど、直行便があるアジア圏からの旅行客が増えた」という。
 30年1~11月の国・地域別の外国人宿泊者数は多い順に(1)台湾47万610人泊(前年同期比27%増)(2)中国17万5990人泊(同21%増)(3)韓国7万5290人泊(同4%増)(4)香港6万4810人泊(同26%増)(5)タイ5万7670人泊(同39%増)。以下、米国、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシアと続く。おおむね、2桁台の伸びで推移していた。
 「全国の傾向からみて韓国、台湾、香港の旅行客の日本滞在期間は1週間かそれ未満。東北には直行便や北海道からの周遊が多い。欧米の旅行客は東京、成田、関西空港から入り、10日間ほどの滞在でも東北にいるのは2、3日程度が多いようだ」(同局)。
 昨年11月単月では福島県は前年同月比42%増の1万4600人泊と急増。SNSを駆使したタイ、台湾に向けたPRに県が力を入れており、同局は「タイでは多くのフォロワーがおり、それが影響したのでは」と話す。これらの国・地域からの紅葉観光が増加を後押しした。一方、青森県の11月は前年同月比11%減の2万5020人泊。昨年9月の北海道胆振東部地震の影響が残ったとみられる。

“東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)” の続きを読む

沖縄県内68%の企業が予定通り採用できず 19年卒の確保に苦慮 求人おきなわ調べ(琉球新報)

情報元 : 沖縄県内68%の企業が予定通り採用できず 19年卒の確保に苦慮 求人おきなわ調べ(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000013-ryu-oki
 求人おきなわ(那覇市、大里一雄社長)は27日、企業を対象にした2019年卒内定状況調査の結果を発表した。採用計画の達成度を示す「充足度」について「予定の採用数より少ない」と答えた企業が68・2%となり、過去11年で最も高い割合となった。予定通り採用数を確保できたのは31・8%にとどまった。
 県経済が好調を維持する一方で人手不足は深刻化しており、各企業が学生の採用に苦慮している状況が浮き彫りとなった。採用活動の開始を早める企業は増え、終了時期は後ろ倒しになるなど、採用活動の早期化と長期化が顕著だった。
 内定辞退数が「増加した」と答えた企業は前年比8・6ポイント増の34・8%だった。採用活動が「予定通りに進まなかった」と答えた企業は50%を占め、採用環境は厳しさを増している。
 採用スケジュールでは、広報の開始時期を「2月以前」としている企業が18年卒より増加しており、企業の採用活動が早期化している傾向が見える。採用活動の終了時期は、18年卒は「12月」が最多だったが、19年卒は「翌3月」が最も多かった。各企業の採用活動が長期化している状況がうかがえる。人材獲得のために採用活動の内容を変更した企業は80・3%だった。選考期間の短縮や外国人採用、学生との接触機会を増やすなど、各企業とも改善に取り組んでいる。
 19年卒学生の就職活動の開始時期は「2月以前」が42・5%と最多だった。応募社数は「6~10社」が23・7%で最も多く、次いで「3社」が17・2%だった。内定取得数は「1社」が最多の52・8%で「2社」が28・5%だった。入社企業を選択した理由で最も多かったのが「職種・仕事内容」で、次に「企業戦略やビジョン」だった。
 調査は学生の就職情報サイト「ジョーナビ新卒2019」に登録している会員を対象に実施した。有効回答数は企業が66社、学生は236件。

“沖縄県内68%の企業が予定通り採用できず 19年卒の確保に苦慮 求人おきなわ調べ(琉球新報)” の続きを読む

畑と河川敷2500平方メートル燃え、焼け跡から遺体(京都新聞)

情報元 : 畑と河川敷2500平方メートル燃え、焼け跡から遺体(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000022-kyt-l26
 27日午後1時10分ごろ、京都府与謝野町岩滝の野田川河川敷で雑草が燃えていると、近くの工場の従業員から119番があった。畑と河川敷計約2500平方メートルが焼け、焼け跡から1人の遺体が見つかった。
 京都府警宮津署が身元を調べている。

“畑と河川敷2500平方メートル燃え、焼け跡から遺体(京都新聞)” の続きを読む

中華街に「シウマイBAR」オープン 崎陽軒、店舗を改装(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 中華街に「シウマイBAR」オープン 崎陽軒、店舗を改装(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00033752-kana-l14
 熱々のシューマイをお供に中華街散策を-。崎陽軒(横浜市西区)は27日、横浜中華街(同市中区)に「崎陽軒 中華街シウマイBAR(バル)店」をオープンする。蒸したてのシューマイなどをアルコールと一緒に店内で楽しめるほか、テークアウトにも対応。観光客の食べ歩きニーズに応えるほか、横浜のインバウンド(訪日外国人客)消費を盛り上げる狙いだ。【写真】「崎陽軒 中華街シウマイBAR」外観 土産物など物販が中心の「崎陽軒 中華街店」を改装した。新店舗にはイートインコーナーに15席を用意し、今まで通り土産用の物販コーナーも併設している。
 店内では、蒸したての「昔ながらのシウマイ」(6個450円)や「特製シウマイ」(3個450円)のほか、通信販売でしか購入できない「もち米シウマイ」(3個450円)も提供する。
 「シウマイ弁当の筍(たけのこ)煮」(300円)などのつまみや、「ふかひれ粥(がゆ)セット」(650円)などのランチメニューも展開する。ドリンクは生ビールやハイボール、ソフトドリンクなど14種類を用意した。
 また、オープン初日から販売を始める新商品の「焼焼売(焼きシウマイ)」(6個450円)も目玉の一つだ。香ばしく焼き上げたシューマイの食べ方を提案すると同時に、温かい食事を好む外国人観光客のニーズにも対応する。
 同社開発本部の店舗開発主任、原直輝さんは同店のコンセプトについて「中華街は『食事をする街』から『食べ歩きをしながら観光する街』に変化してきている。この店舗を展開することで食べ歩き顧客の新規獲得につなげていきたい」と説明した。
 「シウマイバル」の1号店は2016年、東京駅一番街にオープン。横浜にも同じ業態での展開を望む声が多かったという。同社の緑川美津雄常務取締役は「中華街の一等地に店を構えることができた。横浜は魅力的な街だがインバウンドが弱い。国内だけでなく外国からの観光客にも横浜の食文化を楽しんでもらいたい」と語した。
 営業時間は午前11時~午後9時。休店日は元日のみ。問い合わせは、同社お客様相談室電話0120(882)380。

“中華街に「シウマイBAR」オープン 崎陽軒、店舗を改装(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

ガイナーレ鳥取に外国人選手加入(中海テレビ放送)

情報元 : ガイナーレ鳥取に外国人選手加入(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010000-chukaiv-l31
サッカーJ3のガイナーレ鳥取に、新たに2人のブラジル人選手が加わることが決まり、米子市で記者会見が行われました。今シーズンからチームに加わるのはユリ選手とアドリエル選手です。2人ともブラジル出身で、昨シーズンまでブラジル国内のプロリーグに所属していました。このうちフォワードのユリ選手は、身長185cm・体重78kgで、高さと恵まれた体格を生かした得点力が期待されます。一方、ディフェンダーのアドリエル選手は、184cmの長身ながら俊敏な動きが持ち味で、ディフェンスの要としての役割が注目されます。
2人はさっそくユニホームに着替えてシーズンでの活躍を誓いました。この日の会見は一般に公開され、会場には約100人のサポーターが駆け付けました。また、本拠地のチュウブYAJINスタジアムでの練習に臨み、チームメイトと汗を流しました。2人は今後、試合形式の練習などに参加し、3月の開幕戦に向けて調整していくということです。

“ガイナーレ鳥取に外国人選手加入(中海テレビ放送)” の続きを読む

まちづくり最優秀に中国学園大 岡山市の大学生チャレンジ事業(山陽新聞デジタル)

情報元 : まちづくり最優秀に中国学園大 岡山市の大学生チャレンジ事業(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010002-sanyo-l33
 地域活性化や課題解決に取り組む学生を支援する岡山市の「大学生まちづくりチャレンジ事業」で、受賞4団体が決まった。参加した8大学・14団体のうち、最優秀のグランプリには、外国人向けの観光パンフレットを作成した中国学園大の団体が選ばれた。
 同団体は、市中心部と郊外にある観光地や写真映えするスポットを調査。JR岡山駅東口広場の桃太郎像や池田動物園、犬島など26カ所の写真と紹介文をパンフレット(A4判、4ページ)にまとめ、日本語、英語、中国語でそれぞれ発行した。実用性を考え、自分たちでつくった各所の動画を見られるQRコードも掲載した。
 準グランプリは、仮想の街での職業体験を通じ、社会の仕組みを学ぶ小学生向けイベントを企画した就実短大の団体に決定。審査委員長特別賞には、市内33駅のバリアフリーマップを作った岡山理科大の団体、政策局長賞には地元出身の犬養毅元首相にちなんだ日本酒を造る中国学園大の団体が選ばれた。
 参加14団体による活動報告会が17日にあり、加藤主税副市長や経済団体、金融機関の関係者らが将来性やアイデアなどを審査した。
 事業は、地元の企業や学校、NPO法人と協働した学生のまちづくり活動に市が補助金を交付する。2017年度に始め、2回目。

“まちづくり最優秀に中国学園大 岡山市の大学生チャレンジ事業(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)

情報元 : 大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010001-chukaiv-l31
兵庫県の大学で外国人のインバウンドについて学んでいる学生が去年11月に山陰の観光地を調査しました。
その結果をまとめ、1月30日、米子市内で観光の魅力を高める方策について発表しました。
発表したのは、兵庫県西宮市にある関西学院大学国際学部の3回生13人です。
この取り組みは、県外に住む学生の目線で山陰の観光を盛り上げる意見をもらおうと鳥取県経済同友会西部地区が去年から招いています。
学生たちは、去年11月に1泊2日の日程で水木しげるロードや大山など4つのチームに分かれて山陰の観光地をまわりフィールドワークを通して
外国人観光客の人数を調査したり外国人にとって使いやすい店舗かどうかを視察しました。
このうち水木しげるロードを担当したグループは、観光地でお金を使ってもらうためには滞在時間を延ばすことが重要だと説明しました。
そして、観光客が、滞在期間を延ばすためにはロード内の空き店舗を活用しゲストハウスをつくってみてはどうかと提案しました。
このほかにも外国人向けのHPの作成や鳥取県の食を紹介するアプリをつくってみてはどうかといった意見も出ていました。
会場には、鳥取県経済同友会西部地区の会員約40人が集まり、学生の発表に耳を傾けていました。
鳥取県経済同友会西部地区は、来年も大学生を受け入れて観光地の調査を続けることにしています。

“大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)” の続きを読む

SL「大樹」と日光江戸村が初コラボ 忍者が汽車に参上、手裏剣でおもてなし(下野新聞SOON)

情報元 : SL「大樹」と日光江戸村が初コラボ 忍者が汽車に参上、手裏剣でおもてなし(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-03132118-soon-l09
 【日光】東武鉄道と柄倉のテーマパーク「江戸ワンダーランド日光江戸村」が初めてコラボレーションした東武鬼怒川線の蒸気機関車(SL)「大樹(たいじゅ)」の運行が9日、始まった。車両内では、江戸村の役者が演じる「忍者」が手裏剣形の記念乗車証を乗客に無料配布し、下り線終着駅の鬼怒川温泉駅の駅前広場では忍者ショーも行われた。訪日外国人客に人気の江戸村とのコラボで江戸時代の雰囲気がよみがえり、観光客らを楽しませた。
 定員約200人がほぼ満席になったこの日の下今市駅午後1時発の大樹3号。「敵対する『風魔(ふうま)忍者』から乗客を守る」という設定で、江戸村の伊賀忍者が各車両に1人ずつ乗り込み、乗客に記念乗車証を配布した。沿線に風魔忍者が現れると、車両内から手裏剣を投げるふりをして応戦。乗客は忍者同士の熱戦に歓声を上げ、忍者との会話を楽しんだ。
 忍者ショーでは、乗車していた忍者3人が沿線に現れた風魔忍者を見事に「退治」。ショーに見入っていた東京都武蔵野市境南町2丁目、会社員広田経介(ひろたけいすけ)さん(34)と息子の奏(かなで)ちゃん(3)は「企画を知らずに乗車したら忍者が出てきて驚いた。すごい楽しかった」と笑顔を見せた。
 企画は「あっぱれ日光! SL大樹珍道中~EDO WONDER TRAIN~」と銘打ち、残る2月の運行日8日間(10~12、16、17、23~25日)で開催。車内に忍者が登場するプログラムのほか、鼠(ねずみ)小僧の捕物劇や沿線に江戸の行商人が現れるといった三つのプログラムを予定。プログラムごとに記念乗車証を3枚用意している。
 江戸時代の雰囲気を演出するため、鬼怒川温泉駅前の市観光協会鬼怒川・川治支部も協力し、期間中は職員が町娘や剣士に仮装する。同支部の福田由貴子(ふくだゆきこ)さん(38)は「SLと一緒に盛り上げたい。仮装できる機会は貴重なので、職員も楽しんでます」と話した。

“SL「大樹」と日光江戸村が初コラボ 忍者が汽車に参上、手裏剣でおもてなし(下野新聞SOON)” の続きを読む

中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-utyv-l19
中国で旧暦の正月に当たる春節の大型連休が4日、始まりました。
山梨県側の富士山の麓の遊園地も観光客の受け入れを図ろうと、この春節に合わせて4日、免税店をオープンさせました。
富士急ハイランドに新しくお目見えしたのは、外国人観光客に人気の日本のお菓子や化粧品などおよそ600種類を取り揃えた免税店、「富士山商店」です。
初日の4日は、早速中国からの観光客がお土産の品定めに訪れていました。
富士急ハイランドへ訪れる外国人ツアー客のおよそ8割が、中国や台湾からということもあり、店内には中国語を話すことが出来るスタッフが接客を行います。
富士急ハイランドでは春節の商戦に合わせて、今月8日まで午前中に園内利用者は富士飛行社など4つのアトラクションの半額キャンペーンも行い、観光客の呼び込みを図る予定です。
[UTYテレビ山梨]

“中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)

情報元 : 長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000034-san-l20
 ■2年連続で「転入超過」
 県のまとめによると、1月1日現在の県の人口は206万1053人で、この1年間で1万2116人(0・58%)減少した。人口減は17年連続で、出生数が死亡数を下回る「自然減」に歯止めがかからないのが主な要因。一方、昨年1年間の県内への転入者数は、県外への転出者を230人上回り、2年連続で「転入超過」となった。
 昨年1年間に生まれた赤ちゃんは平成29年と比べて377人少ない1万4351人で、少子化を反映して過去最低を更新した。一方、死亡者数は192人減ったものの2万5511人にのぼった。この結果、自然減は1万1160人と前年に続いて1万人を超え、初めて1万1千人台となった。自然減は15年連続。
 一方、昨年1年間の転入者数は前年比1606人増3万8264人だったのに対し、転出者数は1623人増の3万8034人だった。外国人の増加などで転入超過になったものの、県内の若者が大学進学などで県外に流出する傾向が続いているとみられる。
 市町村別でみると、前年比で人口が増えたのは軽井沢町、原村、南箕輪村、白馬村など8町村。郡別では北佐久郡(軽井沢町など)だけが増えた。一方、19市は全て減少し、長野市は県内の市町村で最も多い2475人減となった。
 県は人口の減少を食い止めるため、県内への移住促進や結婚・出産・子育てへの支援、企業誘致などに引き続き注力する考えだ。

“長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)” の続きを読む