大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)

情報元 : 大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010001-chukaiv-l31
兵庫県の大学で外国人のインバウンドについて学んでいる学生が去年11月に山陰の観光地を調査しました。
その結果をまとめ、1月30日、米子市内で観光の魅力を高める方策について発表しました。
発表したのは、兵庫県西宮市にある関西学院大学国際学部の3回生13人です。
この取り組みは、県外に住む学生の目線で山陰の観光を盛り上げる意見をもらおうと鳥取県経済同友会西部地区が去年から招いています。
学生たちは、去年11月に1泊2日の日程で水木しげるロードや大山など4つのチームに分かれて山陰の観光地をまわりフィールドワークを通して
外国人観光客の人数を調査したり外国人にとって使いやすい店舗かどうかを視察しました。
このうち水木しげるロードを担当したグループは、観光地でお金を使ってもらうためには滞在時間を延ばすことが重要だと説明しました。
そして、観光客が、滞在期間を延ばすためにはロード内の空き店舗を活用しゲストハウスをつくってみてはどうかと提案しました。
このほかにも外国人向けのHPの作成や鳥取県の食を紹介するアプリをつくってみてはどうかといった意見も出ていました。
会場には、鳥取県経済同友会西部地区の会員約40人が集まり、学生の発表に耳を傾けていました。
鳥取県経済同友会西部地区は、来年も大学生を受け入れて観光地の調査を続けることにしています。

“大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)” の続きを読む

SL「大樹」と日光江戸村が初コラボ 忍者が汽車に参上、手裏剣でおもてなし(下野新聞SOON)

情報元 : SL「大樹」と日光江戸村が初コラボ 忍者が汽車に参上、手裏剣でおもてなし(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-03132118-soon-l09
 【日光】東武鉄道と柄倉のテーマパーク「江戸ワンダーランド日光江戸村」が初めてコラボレーションした東武鬼怒川線の蒸気機関車(SL)「大樹(たいじゅ)」の運行が9日、始まった。車両内では、江戸村の役者が演じる「忍者」が手裏剣形の記念乗車証を乗客に無料配布し、下り線終着駅の鬼怒川温泉駅の駅前広場では忍者ショーも行われた。訪日外国人客に人気の江戸村とのコラボで江戸時代の雰囲気がよみがえり、観光客らを楽しませた。
 定員約200人がほぼ満席になったこの日の下今市駅午後1時発の大樹3号。「敵対する『風魔(ふうま)忍者』から乗客を守る」という設定で、江戸村の伊賀忍者が各車両に1人ずつ乗り込み、乗客に記念乗車証を配布した。沿線に風魔忍者が現れると、車両内から手裏剣を投げるふりをして応戦。乗客は忍者同士の熱戦に歓声を上げ、忍者との会話を楽しんだ。
 忍者ショーでは、乗車していた忍者3人が沿線に現れた風魔忍者を見事に「退治」。ショーに見入っていた東京都武蔵野市境南町2丁目、会社員広田経介(ひろたけいすけ)さん(34)と息子の奏(かなで)ちゃん(3)は「企画を知らずに乗車したら忍者が出てきて驚いた。すごい楽しかった」と笑顔を見せた。
 企画は「あっぱれ日光! SL大樹珍道中~EDO WONDER TRAIN~」と銘打ち、残る2月の運行日8日間(10~12、16、17、23~25日)で開催。車内に忍者が登場するプログラムのほか、鼠(ねずみ)小僧の捕物劇や沿線に江戸の行商人が現れるといった三つのプログラムを予定。プログラムごとに記念乗車証を3枚用意している。
 江戸時代の雰囲気を演出するため、鬼怒川温泉駅前の市観光協会鬼怒川・川治支部も協力し、期間中は職員が町娘や剣士に仮装する。同支部の福田由貴子(ふくだゆきこ)さん(38)は「SLと一緒に盛り上げたい。仮装できる機会は貴重なので、職員も楽しんでます」と話した。

“SL「大樹」と日光江戸村が初コラボ 忍者が汽車に参上、手裏剣でおもてなし(下野新聞SOON)” の続きを読む

中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-utyv-l19
中国で旧暦の正月に当たる春節の大型連休が4日、始まりました。
山梨県側の富士山の麓の遊園地も観光客の受け入れを図ろうと、この春節に合わせて4日、免税店をオープンさせました。
富士急ハイランドに新しくお目見えしたのは、外国人観光客に人気の日本のお菓子や化粧品などおよそ600種類を取り揃えた免税店、「富士山商店」です。
初日の4日は、早速中国からの観光客がお土産の品定めに訪れていました。
富士急ハイランドへ訪れる外国人ツアー客のおよそ8割が、中国や台湾からということもあり、店内には中国語を話すことが出来るスタッフが接客を行います。
富士急ハイランドでは春節の商戦に合わせて、今月8日まで午前中に園内利用者は富士飛行社など4つのアトラクションの半額キャンペーンも行い、観光客の呼び込みを図る予定です。
[UTYテレビ山梨]

“中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)

情報元 : 長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000034-san-l20
 ■2年連続で「転入超過」
 県のまとめによると、1月1日現在の県の人口は206万1053人で、この1年間で1万2116人(0・58%)減少した。人口減は17年連続で、出生数が死亡数を下回る「自然減」に歯止めがかからないのが主な要因。一方、昨年1年間の県内への転入者数は、県外への転出者を230人上回り、2年連続で「転入超過」となった。
 昨年1年間に生まれた赤ちゃんは平成29年と比べて377人少ない1万4351人で、少子化を反映して過去最低を更新した。一方、死亡者数は192人減ったものの2万5511人にのぼった。この結果、自然減は1万1160人と前年に続いて1万人を超え、初めて1万1千人台となった。自然減は15年連続。
 一方、昨年1年間の転入者数は前年比1606人増3万8264人だったのに対し、転出者数は1623人増の3万8034人だった。外国人の増加などで転入超過になったものの、県内の若者が大学進学などで県外に流出する傾向が続いているとみられる。
 市町村別でみると、前年比で人口が増えたのは軽井沢町、原村、南箕輪村、白馬村など8町村。郡別では北佐久郡(軽井沢町など)だけが増えた。一方、19市は全て減少し、長野市は県内の市町村で最も多い2475人減となった。
 県は人口の減少を食い止めるため、県内への移住促進や結婚・出産・子育てへの支援、企業誘致などに引き続き注力する考えだ。

“長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)” の続きを読む

外国人誘客へキャンペーン 栃木(産経新聞)

情報元 : 外国人誘客へキャンペーン 栃木(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000024-san-l09
 「鬼怒川温泉春節・鬼まつり」では、2日に始まった日光市全域で展開する外国人旅行客向け誘客キャンペーンと連携している。17日まで。
 鬼怒川温泉駅には英語、中国語を話せるスタッフを配置した外国人案内デスクを設置。外国人を対象に、宿泊施設での正月料理の振る舞い、日帰り温泉入浴無料や周辺テーマパーク、観光施設の入場料割引などの特典が用意されている。
 鬼怒川温泉春節・鬼まつり(3日まで)では、太鼓演奏や猿まわしの公演、正月遊びや忍者の手裏剣投げなどの体験コーナーがあり、日本の文化を紹介している。
 旧正月「春節」の時期に合わせて長期休暇を取る中国を中心に、約20年前から冬季の外国人の誘客に力を入れてきた日光市観光協会鬼怒川・川治支部の沼尾鬼子造(きしぞう)事務所長は「海外からの観光客は東日本大震災後に落ち込んだが、地道にやってきて震災前の最盛期に近付きつつある。台湾に加え、最近は香港からの観光客も増えている」と手応えを示した。

“外国人誘客へキャンペーン 栃木(産経新聞)” の続きを読む

茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)

情報元 : 茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00695380-hokkoku-l17
 2月最初の週末の2日、石川県内は日中の最高気温が金沢10・0度など前日より5~7度高くなった。穏やかな天気の中、金沢市のひがし茶屋街は、中華圏の旧正月「春節」の休みを利用する外国人旅行者でにぎわった。
 台湾・台北市から家族で来た王堯鈞さんは「街並みが落ち着いていて良い。金箔ソフトクリームを楽しみに来ました」と笑顔を見せた。
 金沢地方気象台によると節分の3日の県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りで夕方から雨の見込み。南から暖かい空気が入り、最高気温は金沢12度、輪島11度と3月下旬並みを予想する。

“茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)” の続きを読む

高校生9組が新ビジネスプラン発表 奈良・斑鳩(産経新聞)

情報元 : 高校生9組が新ビジネスプラン発表 奈良・斑鳩(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000007-san-l29
 高校生が新たなビジネスプランを発表する「高校生ビジネスグランプリin斑鳩」が27日、斑鳩町の中央公民館で開かれた。
 次世代を担う若者に、斑鳩町の商工業や観光業の発展につながるビジネスを考えてもらい、活気ある地域作りを推進しようと、町商工会女性部が昨年から開催。今年は県内の高校から11組の応募があった。
 この日は、1次審査を突破した9組が参加。高校生は、農業を通じて斑鳩町に長期滞在してもらい、観光を持続可能なものにするビジネスモデルや、訪日外国人向けの着物の販売やレンタルサービスなどについて発表した。
 グランプリを受賞したのは、廃棄される県産食材や植物を再利用したクレヨンの製造を提案した奈良工業高等専門学校3年の藤野夏帆さん(18)。藤野さんは「試作を重ねたり、プレゼンテーションの練習は大変だったが、賞を取ることができてとてもうれしい」と話していた。

“高校生9組が新ビジネスプラン発表 奈良・斑鳩(産経新聞)” の続きを読む

宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000043-minkei-l45
 宮崎県日南市の油津商店街にサテライトオフィスを置くIT企業「ポート」(東京都)が1月25日、東京証券取引所、福岡証券取引所に上場したことを記念して、同商店街のコミュニティースペース「油津yotten」(日南市岩崎3)で上場セレモニーを開催した。(ひなた宮崎経済新聞)上場を体験できる鐘 2016年4月に商店街の空き店舗に入居した同社。当初の社員数は9人だったが、現在は25人の社員が所属している。常時、東京本社とサテライトオフィスとをネット接続をするなどして距離感を感じさせない就業環境を整えるなど、IT企業ならではの工夫も見られる。2017年12月には宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが共同で設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」から5,000万円の出資を受けるなど、地域に密着した資金調達も行っている。
 2018年11月に東京証券取引所、福岡証券取引所への新規上場が決まり、12月21日に株式公開された。今回はサテライトオフィスで働く社員や地元市民にも株式公開の報告と感謝の気持ちを伝えたいと企画。セレモニーは上場の時にたたく鐘を再現し、希望者は誰でもたたくことができるようにし、お土産には株にちなんでカブを手渡した。当日は地元アイドル「ボニート・ボニート」がダンスを披露し、3人の経営陣にTシャツとタオルを贈呈する場面も。
 春日博文CEOは「日南オフィスで順調に人員を確保でき、3つの事業、10の職種を担ってもらっている。非常に心強い存在。上場はしたが、これからもコーポレートミッションである『世界中にアタリマエとシアワセを作って』いけるようにまい進していきたい」と話した。

“宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

振り子方式が再び!JR四国の新型特急2700系の車両を公開(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 振り子方式が再び!JR四国の新型特急2700系の車両を公開(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010002-ksbv-l37
 JR四国は今年秋、新しい特急ディーゼル車両、2700系を導入します。実はおととし、2600系がデビューしたばかりですが、課題が見つかったため、新型車両を導入することになりました。
 JR四国の多度津工場で2700系特急形気動車2両が、報道関係者に公開されました。車両のデザインは2600系と同じく、赤と金色の流線形の模様に香川県の木、オリーブをモチーフにした緑のラインが加わりました。
(記者)
「2600系との違いは、この緑のラインだけではありません。一番大きな違いは、こちら車体の下にあります」
 カーブを曲がる際に車体を傾ける、振り子装置です。
 JR四国は1989年、世界で初めてディーゼルカーに「振り子方式」を採用した2000系を導入しました。スピードを落とさずに急カーブを走行できるため、山間部が多い四国で活躍しました。ただし、構造が複雑で整備費がかさむという難点もありました。
 老朽化した2000系の後継車両として、おととし導入した2600系では、「空気バネ方式」という新たな仕組みを採用しました。しかし、試験走行の結果、曲線区間が多い土讃線では、空気バネの制御に多くの空気が必要となり、その確保が難しいという「課題」が見つかったのです。
 このため量産化を断念し、2700系では再び振り子方式を採用しました。23日は特別に振り子装置で車両を傾ける
デモンストレーションも行なわれました。
(JR四国 デザインプロジェクト担当室長/松岡哲也さん)
「コスト、メンテナンス性も考えて空気バネというところに挑戦はしてみたんですけど、やはり原点に回帰したと
いうところで、またこの車両も新しい歴史をずっと紡いでいく車両になるのかなと思います」
 客室には最新の設備が導入されています。各座席にコンセントがあり、ノートパソコンなどが使いやすいようテーブルを大型化しました。
 また、これまで高知方面行きの特急列車にはなかった車いすスペースと、バリアフリー対応の多機能トイレを設置しています。
(記者)
「外国人観光客の増加を受けて、今回初めて各車両デッキに1カ所設けられたのが荷物置き場です。仕切りで上下に分かれていて、スーツケースなど大きな荷物を置くことができます」
 新型特急2700系の製造費は、4両合わせて約14億円です。試験走行を経て今年秋から土讃線を中心に営業運転を目指します。そして、2020年度中に2700系を40両ほど導入する予定です。

“振り子方式が再び!JR四国の新型特急2700系の車両を公開(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

鳥羽港誘致受入協を設立 市や商議所 外国客船への対応強化 三重(伊勢新聞)

情報元 : 鳥羽港誘致受入協を設立 市や商議所 外国客船への対応強化 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000502-isenp-l24
 【鳥羽】三重県鳥羽市や鳥羽商工会議所などは23日、官民でつくる鳥羽港クルーズ船誘致受入協議会を設立した。外国人客が多いため、通訳ボランティアの充実や公衆無線LAN「Wi―Fi」(ワイファイ)の環境整備などに取り組む。
 協議会には同市をはじめ、伊勢志摩国立公園を形成する伊勢市、志摩市、南伊勢町のほか、近鉄や伊勢湾フェリーなど13団体が参加。クルーズ船の外国人観光客増加で伊勢志摩全体の地域振興を目指す。今年の鳥羽港へのクルーズ船の寄港は14回の予定という。
 昨年10月に鳥羽市鳥羽一丁目の鳥羽マリンターミナルに初入港した英国船籍の「ダイヤモンド・プリンセス」を対象とし、通訳ボランティアの充実などを図る。初入港時は2700人以上の乗船客のうち85%を外国人客が占め、通訳が対応に追われたため。
 また、同船の初入港時、外国人の乗船客からワイファイ環境の整備を求める声が上がったことを受け、民間事業者に呼び掛け導入を進めていく。マリンターミナル周辺で伊勢志摩の特産品を集めた物産展の開催なども検討している。
 会長に就任した中村欣一郎鳥羽市長は「これからクルーズ船が来るたびに修正を加え、しっかりとした対応ができるようにしたい」と語った。

“鳥羽港誘致受入協を設立 市や商議所 外国客船への対応強化 三重(伊勢新聞)” の続きを読む