【大学受験】山口大学・1452人に喜びの春

一応、僕も大学受験頑張ったなー^^;
懐かしい・・・

情報元 : 山口大学・1452人に喜びの春
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000001-tys-l35

山口大学で前期日程の合格発表があり、1452人に喜びの春が訪れました。午前10時、掲示板を覆っていた紙が外され、番号が発表されました。受験生は不安そうな表情で、自分の番号を探していました。山口大学前期日程の募集定員は1190人でした。3343人が受験して1452人が合格し、倍率は2.3倍でした。山口大学の入学式は、来月3日に行われます。教育学部に合格した受験生は「受験生活で両親への感謝の気持ちも、改めて実感」、経済学部に合格した受験生は「経済学部で観光学を学びたい」と、新生活への期待に胸を膨らませていました。

“【大学受験】山口大学・1452人に喜びの春” の続きを読む

長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎

情報元 : 長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000064-minkei-l42

 長崎港沿いの商業施設「出島ワーフ」(長崎市出島町)で3月3日、大学生が中心となって飲食イベント「満月BAR(バー)」を開催した。(長崎経済新聞)チケット売り場 同イベントは、昨年10月に若者の県内定住を促進するため長崎県と長崎大学、地元企業の産学官連携で立ち上げられた「縁JOYプロジェクト」の一環。大学生が中心となり、全国に広がっている「満月バー」を出島ワーフの飲食店と協力して開いた。長崎市は同イベントを「長崎創生プロジェクト事業」に認定し、開催に先立って同プロジェクト学生代表で長崎大学環境科学部3年の伊藤大悟さん(愛知県出身)に認定書を手渡した。

 当日は雨天のためウッドデッキにテントを設営して行われたが、学生スタッフたちは笑顔で熱心に接客した。サポートする社会人スタッフの一人は「雨天にもかかわらず、皆さんの協力でチケットが100組以上売れていた。学生たちが自分の子どものように思えて、つい手を出したくなったが、彼らの自主性を最大限に尊重した。この経験を将来ぜひ役立ててほしい」とほほ笑む。

“長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎” の続きを読む

大分の水族館「うみたまご」で「たまご展」 風変わり卵など79点展示 /大分

情報元 : 大分の水族館「うみたまご」で「たまご展」 風変わり卵など79点展示 /大分みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000051-minkei-l44

 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」(大分市神崎、TEL097-534-1010)で2月22日、特別展示「うみたまごのたまご展」が始まった。(大分経済新聞)卵と親を当てるゲームコーナー 毎年春に祝うイースター(復活祭)で使われるイースターエッグにかけて初めて開催する同展示。標本のほか、卵の多様性や生き残り戦略を紹介するパネルなど66種類79点を並べ、ユニークな繁殖生態を持つ5種類の魚を紹介する。卵にまつわるクイズやペーパークラフト制作などを楽しむコーナーも設ける。

 レクチャールームでは同館保有の標本に加え、大分大学、佐伯市の「道の駅やよい番匠おさかな館」、大阪市立自然史博物館のほか秋田県や愛知県からも取り寄せ、両生類、魚類、甲殻類、軟体動物など種類ごとに分けて展示している。

 ジンベエザメの稚魚と卵殻を入れた水槽は、1995年に台湾で捕獲されたサメから発見された世界的にも数少ない同館管理の貴重な標本。スタッフの星野和夫さん(49)は「ジンベエザメはそれまで卵でかえる卵生と考えられていたが、成長段階が異なる卵と稚魚が見つかったことから卵胎生である可能性が高まった」と説明する。ほかにもアメフラシのひも状の卵のう、らせん型のネコザメの卵など、「卵の生き残り戦略が分かる」変わった形の標本も並ぶ。

 ワンダーゾーンには粘着性のある卵を産むミナミメダカ、石の下などに卵を産み付けるヨシノボリの仲間、呼吸で作った泡の巣の中で卵を育てるベタ、卵を口の中で守るアフリカンシクリッド、卵胎生メダカのバリアタスを展示している。現在、各水槽内に卵は確認できていないが、星野さんは「環境に慣れてくれば産卵する可能性も高まる」と期待を込める

 体験型エリアでは、イクラとサケなど卵とその親が分かるゲーム、ネコザメ、ガンギエイ、マゼランペンギンのイースターエッグを作るクラフトコーナーを設置。クイズに答えると景品がもらえるスタンプラリーや写真映えのするカクレクマノミの顔出しパネルなども用意した。パネルは縦1.8メートル、横1.2メートルで、スタッフの岩井美菜さん(31)が1カ月かけて作った大作。オレンジ色の親魚と卵の一部分をくりぬいて親子で楽しめるように仕立てた。

 星野さんは「さまざまなコーナーで卵について楽しく学んで、卵を食べるときなどに思い起こしてもらえるとうれしい。これからの季節、いろいろなところで卵を見る機会も増えると思う。参考にしてほしい」と来館を呼び掛ける。

  11月~2月の開館時間は9時~17時。入館料は、大人=2,200円、小人(小・中学生)=1,100円、幼児(4歳以上)=700円。4月15日まで。

“大分の水族館「うみたまご」で「たまご展」 風変わり卵など79点展示 /大分” の続きを読む