子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000021-at_s-l22
 富士市の子育て支援団体の代表者でつくるグループ「ふじママサロン」が2日、初の会合を市フィランセで開いた。約10人が子育て支援にまつわる三つのテーマを取り上げ、それぞれの立場から意見を交わした。
 ふじママサロンは、同市の「ふじ親子サークル ローズマリー」の代表で司会業の内野浩恵さんが発起人となり、「ハッピーはぐハート」代表の大貫薫子さん、「ハグっこ富士」代表の大竹真梨子さんと共に、1月に立ち上げた。子育て中の母親や子育て支援者の異なった視点で課題と環境の問題点などを語り合い、子育てをしやすい環境をつくることや団体間の交流促進などを目的としている。
 初回は「パパママの働く環境と保育園」「富士市の子ども医療費」「子育て支援の必要性の有無」をテーマに据えた。参加者は幼児から大学生までを育てる母親らで、助産師や保育教諭など立場もさまざま。
 会合では「障害児と健常児に分けると、枠から外れたグレーゾーンの子どもは行き場がない」「『子育て支援』というより『家族支援』という考え方が必要」など多様な意見が出された。
 終了後、参加者は「今後も一緒に考え合う機会がほしい」「得意分野を生かして、子育てしやすい環境づくりをしたい」などと感想を語った。

“子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

高崎で車にひかれ89歳の男性が死亡(産経新聞)

情報元 : 高崎で車にひかれ89歳の男性が死亡(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000056-san-l10
 1月31日午後11時45分ごろ、高崎市保渡田町の県道で、路上に座っていた近くの無職、鷹野義雄さん(89)が軽乗用車にひかれ、間もなく心破裂で死亡した。
 高崎署は1日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた同市福島町の大学生、唐沢武将容疑者(26)を現行犯逮捕した。容疑を過失致死に切り替え、調べる方針。
 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。鷹野さんは道路の中央付近に座っていたという。同署が詳しい状況を調べている。

“高崎で車にひかれ89歳の男性が死亡(産経新聞)” の続きを読む

大麻所持の罪で「追手門学院大学アメフト部・元主将の男」に有罪判決 大阪地裁(関西テレビ)

情報元 : 大麻所持の罪で「追手門学院大学アメフト部・元主将の男」に有罪判決 大阪地裁(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-19402204-kantelev-l27
追手門学院大学アメリカンフットボール部の元主将の男が大麻を所持した罪に問われた事件で、大阪地方裁判所は男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
直圭一郎被告(22)は、追手門学院大学のアメリカンフットボール部で主将を務めていた去年11月、大麻「1.2gあまり」を所持していた罪に問われています。
これまでの裁判で直被告は起訴内容を認めていて、大阪地裁の中川綾子裁判官は「被告は反省している上、報道されたことで社会的制裁は受けている」として、直被告に懲役10ヵ月、執行猶予3年を言い渡しました。
大麻を巡っては、去年、大阪府で検挙されたうち、約7割が未成年と20代で、若者への蔓延が社会問題となっています。

“大麻所持の罪で「追手門学院大学アメフト部・元主将の男」に有罪判決 大阪地裁(関西テレビ)” の続きを読む

2,885名の新成人誕生!「秋田市新成人のつどい」開催(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 2,885名の新成人誕生!「秋田市新成人のつどい」開催(CNA秋田ケーブルテレビ)CNA秋田ケーブルテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010000-cnaakitav-l05
新成人を祝うかのように快晴となった1月13日、「新成人のつどい」が秋田市のCNAアリーナ☆あきたで開催されました。
新成人は、平成10年4月2日から平成11年4月1日までに出生した方が対象で、秋田市では男性が1,462名、女性が1,423名の合わせて2,885名です。
お盆の時期に成人式を開催する市町村が多い中、秋田市の式典には、新成人の77.5%、2,237名が出席しました。
式典でははじめに、穂積志秋田市長が「人生はたゆまぬ努力をした人が成功する。失敗を恐れず夢を追い求めてほしい。秋田への誇りと郷土愛を胸に、将来の秋田のため、日本の未来のために大いに活躍されることを期待する」と、新成人にお祝いの言葉を述べました。
その後、新成人を代表して、社会人の加賀谷昌梧(しょうご)さんが「様々な人に支えられてこの場にいる。今後は成人として一層周囲の力になるために頑張りたい」と話し、秋田大学2年生の近藤悠加(はるか)さんは「感謝の気持ちと秋田で生まれた誇りを忘れずに恩返しができるよう思いやりと前向きな心を持って精進することを誓う」と、それぞれ新成人の抱負を語りました。
この後のアトラクションでは、秋田にゆかりのある著名人からビデオメッセージが披露され、新成人たちは目を輝かせて聞いていました。
最後のふれあいタイムでは、久しぶりに会った中学校の恩師や友人らと満面の笑顔で語り合って、楽しいひと時を過ごしていました。

“2,885名の新成人誕生!「秋田市新成人のつどい」開催(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

別府溝部学園短大と蒲江の漁師が「お魚さばき講座」 学生らおろし方学び4品調理 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府溝部学園短大と蒲江の漁師が「お魚さばき講座」 学生らおろし方学び4品調理 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000001-minkei-l44
 大分県内の魚食普及を目的とした「お魚さばき講座」が1月26日、別府溝部学園短期大学(別府市亀川中央町、TEL0977-66-0224)の調理実習室で開かれた。学生や一般参加者らが蒲江の漁師からブリのさばき方などを教わり、本格的な魚料理4品を作った。(大分経済新聞)刺身の盛り合わせを作る参加者 同短大食物栄養学科と佐伯市の蒲江漁業青年部連絡協議会の主催。1996年度から毎年実施しており、2014年度からはオープンカレッジ(公開講座)として地域住民にも門戸を開いている。23回目の今回は、同学科の1年生や留学生、オープンカレッジの参加者、連絡協議会会員ら約90人が参加。8グループに分かれて同協議会が用意した新鮮なブリやタイを調理し、試食会を行った。
 調理前のデモンストレーションで協議会会員がブランドの「美人ぶり」や「かぼすヒラメ」を手際よくさばいて、包丁使いのコツを伝授。学生らは3枚におろした切り身を使って刺し身の盛り合わせ、ブリの湯煮、タイのオーブン焼き、アラを使ったみそ汁のを作った。
 試食会では全員がそれぞれの料理を堪能。協議会副会長の村松教雄さん(36)は「自分たちが作る漁師の料理とは違い、煮付けを作るときに塩を振ってぬめりを取るなど一手間かけているのでおいしい。勉強になった」と笑顔を見せた。同大の元教授で1回目から関わってきたという青柳征子さん(74)は学内来賓として参加。「漁師と学生の交流がずっと続いているのは本当にうれしい。来年以降も続けてほしい」と話していた。

“別府溝部学園短大と蒲江の漁師が「お魚さばき講座」 学生らおろし方学び4品調理 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)

情報元 : 高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00120118-kitanihon-l16
 新たな競技「eスポーツ」への注目度が高まりつつある。いわゆるコンピューターゲームで海外では巨大市場を形成し、プロ選手は子どもたちの憧れの的になっているという。
 日本の取り組みの遅れを指摘する声がある中、北陸初の拠点施設が5月、高岡市にオープンする。新しいスポーツ文化を地域の飛躍に生かしたい。
 eスポーツはエレクトロニック・スポーツの略。ゲームによる対戦を「スポーツ」と位置付け、種目は球技や格闘、レース、パズルなど幅広い。年齢や性別、障害の有無にかかわらず対戦でき、認知症予防につながるとの論文も発表されている。
 今秋の茨城国体で文化プログラムに採用されるほか、2022年の中国・杭州アジア大会では正式競技となる。五輪への導入も取り沙汰されており、世界での認知度は高い。
 総務省の調査報告書によると世界の市場規模は17年で700億円。21年には1700億円に膨らむとの予測がある。ゲーム関連会社Gzブレイン(東京)の調査では、18年の国内市場は前年比13倍の48億円と急成長している。22年には100億円規模に迫るとみられ、各地で競技施設の整備が進むだろう。
 高岡市の施設は、高岡駅前の商店街で建設中の16階建て複合ビルに入居する。カフェに併設されたガラス張りの空間にゲーム用パソコン12台を設置。カフェの客がスクリーンで観戦できる。市内の企業の取り組みで、認知度アップや競技人口拡大につなげる考えという。昨年9月に発足した県内初のプロチーム「TSURUGI(ツルギ)」の活動拠点にもなる。
 海外では国や自治体が率先して普及に取り組んでいる。中国には国主導の大会があり、韓国では国や自治体が競技用スタジアムを整備。フランスはプロ選手に国民健康保険を適用するなどの支援を行っているという。
 県内でも魚津市は積極的で、魚津商工会議所や北陸職業能力開発大学校と共に、ゲームのクリエーター育成や企業誘致を目指す「つくるUOZUプロジェクト」を進めている。若者の人口流出に歯止めをかける狙いで、完成したゲームにはeスポーツ向きのものもあるという。
 学校教育での活用も視野に入る。小学校では20年からコンピューターのプログラミングが必修となる。21年には中学校、22年には高校も取り入れる。eスポーツは興味を喚起する格好の素材になり得る。
 3月には初の全国高校eスポーツ選手権が開かれる。県内4校は予選で敗退したが、今後につなげてほしい。競技は戦術のほか、反射神経や集中力が重要になる。トレーニングの大切さは一般スポーツと変わらない。
 ただ、ゲームに熱中するあまり、正常な生活ができなくなる「ネトゲ廃人」の問題も指摘されている。eスポーツが健全に発展するよう、そうした点にも十分配慮した上で普及を進めることが大切だ。
 県は日本eスポーツ連合の組織がある11都道府県の一つ。先進県として、行政も情報収集を怠ってはならない。

“高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)” の続きを読む

愛知県知事選 大学内に期日前投票所開設 若い世代の投票率アップを 名古屋・瑞穂区(中京テレビNEWS)

情報元 : 愛知県知事選 大学内に期日前投票所開設 若い世代の投票率アップを 名古屋・瑞穂区(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010008-sp_ctv-l23
 名古屋市瑞穂区の名古屋市立大学の滝子キャンパスに23日、愛知県知事選挙(2月3日投開票)の期日前投票所が1日限定で設置されました。
 選挙権が18歳以上に引き下げられてから初めての愛知県知事選挙として、若い世代の投票率アップを狙っています。
 投票した学生は「大学の授業の合い間に投票する感覚なら他の人も行きやすいのでいいと思う」と話していました。
 ここでの投票所設置は23日限りですが、愛知県内の市役所などでは投開票日の前日まで、期日前投票が受け付けられています。

“愛知県知事選 大学内に期日前投票所開設 若い世代の投票率アップを 名古屋・瑞穂区(中京テレビNEWS)” の続きを読む

19日から大学入試センター試験(UX新潟テレビ21)

情報元 : 19日から大学入試センター試験(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010005-niigatatvv-l15
19、20日と大学入試センター試験が行われます。18日は県内の各会場で準備が行われました。新潟大学でも職員が会場の準備に追われました。全国の志願者数は57万6000人余りで、県内は去年より300人ほど少ない1万146人となっています。このうち、新潟大学では県内の会場で最も多い4225人が受験します。去年は大雪で試験の開始を1時間遅らせるなど影響が出ましたが、例年通りの態勢で試験を実施します。大学入試センターは公共交通機関に遅れが出ることもあるため、時間に余裕を持って試験会場に向かうよう呼びかけています。

“19日から大学入試センター試験(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

自由が丘の街歩きに「お困り解決MAP」 街案内人の地元大学生が作成 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 自由が丘の街歩きに「お困り解決MAP」 街案内人の地元大学生が作成 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000009-minkei-l13
 自由が丘の街を巡回して来街者へ道案内などを行う街案内人「セザンジュ」が、子ども連れの保護者や車いす利用者などが安心して利用できる自由が丘駅周辺の施設や店舗の情報をまとめた「お困り解決MAP」を作った。(自由が丘経済新聞)毎週日曜・祝日やイベント時に街案内を行う「セザンジュ」の活動の様子 セザンジュは2010年、自由が丘商店街振興組合と産業能率大学の提携事業として活動を開始。現在約80人の同大生がスタッフとして在籍し、毎週日曜・祝日の歩行者天国実施時間帯に制服姿で駅周辺に立ち、事故を未然に防ぐ「見せる安全」を目的とした街中巡回、人気スポットへの道案内を行うほか、応急手当にも対応できるよう上級救命技能認定も取得している。
 セザンジュのスタッフは、来街者から「よくある質問」をまとめたデータファイルを各自持ち、道を知らない人には常備する白地図に道順を書き込んで手渡すなど街案内のサービス向上に努めてきたが、「セザンジュが活動していない平日に街へ来た人たちにわかり分かりやすいマップを作れないか」「小さい子連れの方や車いすの方などの困り事を解決したい」という声が学生たちから上がり、昨年2月にマップ制作のワークショップが立ち上がった。
 マップを作るための調査では、自由が丘駅から240メートル圏内にある施設や店舗の「入り口の段差」「通路の広さ」「テーブル席の椅子は可動か」などのバリアフリー対応をはじめ、「アレルギー対応メニューの用意」「外国人客への対応」など多岐にわたる調査項目を独自に設定。街案内の活動を通じて蓄積した情報に加え、授業の空き時間や放課後などを使って実際に施設や店舗を訪ね、車いすなども使いながら地道な現地調査を約3カ月行って仕上げた。
 「お困り解決MAP」は一般的な冊子ではなく、昨年10月にリニューアルした自由が丘商店街振興組合のウェブサイト「自由が丘オフィシャルガイドウェブ」のコンテンツとして提供しているのが特徴。グーグルマップのシステムを使ってオープンデータ化した。
 ウェブでマップを提供するに理由について、セザンジュ・スタッフの高本唯人さん(3年)は「取り出して広げて見る冊子型マップでは、子ども連れのお母さんには使いづらいと考えた。さらに自由が丘は店舗の入れ代わりが多く、冊子型だと情報がすぐに更新にできない。それらが解決でき、利用者にも浸透しやすいのがグーグルマップだった」と話す。
 現在公開している第1弾のマップでは「おむつ替えができる」「授乳室がある」「トイレがある」「AEDがある」の4項目のみを表示しているが、今後は調査対象エリアを駅から300メートル圏内に広げ、残りの調査項目についても順次マップに反映する予定だという。
 スタッフの秋本菜々子さん(2年)は「街へ来た方には私たちセザンジュが直接ご案内できるが、ウェブのマップがあれば前もって自宅でも街について調べていただける。マップを見て、自由が丘へ行こうと思ってほしい」と言い、ワークショップで中心となってマップ制作を進めてきた門屋千咲希さん(4年)は「自由が丘に初めて来た方に、このマップが心強い存在として使っていただけるようになれば」と期待を込める。

“自由が丘の街歩きに「お困り解決MAP」 街案内人の地元大学生が作成 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山口県山口市・学生対象の就職説明会(tysテレビ山口)

情報元 : 山口県山口市・学生対象の就職説明会(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000003-tysv-l35
来年春に卒業予定の学生が地元企業から直接話を聞く就職説明会が、山口県山口市でありました。山口市のホテルで開かれた就職説明会には、県内の企業60社と市役所など7つの団体がブースを設けました。来年春に卒業を予定している学生212人が参加し、企業の強みや、求める社員像について話を聞いていました。説明にはタブレットも使われ、学生らはメモを取って自分の将来について考えていました。近年は、就職活動をする学生らに優位な「売手市場」が続いています。山口労働局によりますと県内の高校や大学に通う生徒や学生の就職内定率は過去最高となっていますが、県内への就職内定率は横ばいだということです。

“山口県山口市・学生対象の就職説明会(tysテレビ山口)” の続きを読む