高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)

情報元 : 縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010000-fukui-l18
 「縄跳びを極めたい」―。7重跳びのギネス記録を持つ福井県福井市出身の森口明利さん(29)=愛知県蟹江町=は、会社を辞め今年から縄跳びの「プロ」として活動している。イベントでパフォーマンスを披露するほか、福井県内外の小学校や教室で子どもたちを指導していくつもりで「縄跳びの魅力を広めたい」と意欲を燃やしている。
 小学生のころから縄跳びが得意で、京都大学の縄跳びサークルに入ってから競技として本格的に始めた。「跳び方の組み合わせ次第で無限に技の種類があるのが奥深い」ととりこになり、次々と高難度の技を習得していった。垂直跳び約90センチのジャンプ力を生かし、5重跳びや6重跳びの連続成功数で次々とギネス記録を樹立。2017年には世界で初めて7重跳びを成功させギネス記録に認定された。
 「プロとして生きていきたい」。大学生の時から漠然と抱いていた夢の実現に向け、昨年8月に会社を退職。今月から愛知県蟹江町の縄跳び教室の講師となり、4月からは運動教室を主宰する「エーアイきっずくらぶ」(福井県坂井市)の講師としても活動することになっている。2月9日に福井市のエルパで開かれた「なわとびフェス」では「もりぞー」の愛称で登場。6重跳びなどのパフォーマンスを披露し、子どもたち一人一人を指導した。ユーモアたっぷりのマイクパフォーマンスと優しい笑顔で子どもたちの心をつかんでいた。
 競技者としては、前人未到の8重跳びの成功が目標。語呂合わせで今年8月10日に挑戦することにしている。現在は滞空時間を0・78秒から0・83秒に伸ばすためジャンプ力に磨きをかけている。「年齢的にも最後。なんとしても成功させたい」と力を込める。
 「子どもたちが楽しそうに縄跳びをしている姿を見るのが楽しい」と語り「縄跳びの達人と言えば『もりぞー』と言われるようになりたい」とさらなる高みを目指す。

“縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)

情報元 : 大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010001-chukaiv-l31
兵庫県の大学で外国人のインバウンドについて学んでいる学生が去年11月に山陰の観光地を調査しました。
その結果をまとめ、1月30日、米子市内で観光の魅力を高める方策について発表しました。
発表したのは、兵庫県西宮市にある関西学院大学国際学部の3回生13人です。
この取り組みは、県外に住む学生の目線で山陰の観光を盛り上げる意見をもらおうと鳥取県経済同友会西部地区が去年から招いています。
学生たちは、去年11月に1泊2日の日程で水木しげるロードや大山など4つのチームに分かれて山陰の観光地をまわりフィールドワークを通して
外国人観光客の人数を調査したり外国人にとって使いやすい店舗かどうかを視察しました。
このうち水木しげるロードを担当したグループは、観光地でお金を使ってもらうためには滞在時間を延ばすことが重要だと説明しました。
そして、観光客が、滞在期間を延ばすためにはロード内の空き店舗を活用しゲストハウスをつくってみてはどうかと提案しました。
このほかにも外国人向けのHPの作成や鳥取県の食を紹介するアプリをつくってみてはどうかといった意見も出ていました。
会場には、鳥取県経済同友会西部地区の会員約40人が集まり、学生の発表に耳を傾けていました。
鳥取県経済同友会西部地区は、来年も大学生を受け入れて観光地の調査を続けることにしています。

“大学生が山陰の魅力向上を提案(中海テレビ放送)” の続きを読む

裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)

情報元 : 裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-17404003-kantelev-l25
【弁護士】
「警察官に合格したときの気持ちは?」
【元巡査の被告】
「受かったと聞いてとてもうれしかったし、自分に誇れるようなことができてよかった」
見た目にあどけなさが残る一方、しっかりとした口調で警察官になったときの気持ちを答えた元巡査。犯行当日、井本さんからの指導で「パニックになっていた」という状況をこう語っていました。
【元巡査の被告】
「(井本さんから)『なんで行方不明(の書類)ごときかけへんねん。お前がアホなんは親がアホやからちゃうんけ』と言われました。目から涙が止まりませんでした」
【元巡査の被告】
「この人死んだら楽になるんちゃうかなと。びくびくしながら仕事せんでいいんちゃうかなと」
また、「警察をやめようとは思わなかったのか?」と問われると…
【元巡査の被告】
「警察官を辞めると私は高卒で無職、なんの価値もない人間に成り下がると思った」
と、答えました。
これまでの裁判で元巡査は起訴内容を認め、弁護側は「井本さんに両親を侮辱されたこと」が引き金になったと主張、「心神耗弱の状態だった」として刑を軽くするよう求めました。
一方、「責任能力はある」とする検察側は懲役25年を求刑し、8日、判決の日を迎えました。
== 8日の裁判 ==
【裁判長】
「主文、被告人を懲役22年に処する」
元巡査は粛々と裁判長の言葉を聞きました。
争点になっていた責任能力について大津地裁は「当日、井本さんとの夕食中、平静を装っていたほか、犯行後、交番を施錠し、一般人に通常通り対応している」と指摘し、刑事責任能力はあったと認定しました。
また、犯行当時、被告が未成年だったことにも触れましたが、「19歳とはいえ、警察官だった被告が同僚を殺害したという空前絶後の事案である」と断罪。「警察官に対する国民の信頼を損なった責任は重い」として懲役22年を言い渡しました。
そして最後に…
【裁判長】
「残りの人生を社会への還元に果たすよう臨みます」
…と、元巡査に罪に向き合うよう告げ、閉廷しました。
判決が言い渡されたあと、裁判員が会見を開きました。
【裁判員・男性】
「事例が無い中で、責任能力や量刑について比較ができなかった」
「非常に判断が難しかった」
 
前代未聞の事件に関する今回の裁判。今後の被告の動向に注目が集まります。

“裁判員も苦悩した『空前絶後の事案』…上司射殺の元巡査に『懲役22年』(関西テレビ)” の続きを読む

筑波大、米国支援で「アートセラピー入門」開講へ 副大統領夫人が後押し /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 筑波大、米国支援で「アートセラピー入門」開講へ 副大統領夫人が後押し /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000020-minkei-l08
 筑波大学は米国の資金提供を受け、欧米で普及する心理療法「アートセラピー」を紹介する授業「アートセラピー入門」を、5月から2年間、開設する。講師は米国で公認アートセラピストとして活動し、27年間つくば市と土浦市を中心に同療法の啓発活動を行う大久保シェリルさん。(つくば経済新聞)
 患者が描画などの芸術表現を通じ、心身の健康を取り戻す同療法。欧米では資格を持つ専門家が病院や刑務所で治療を行うが、日本では専門家が養成されていないという。授業は各学期に5回ほどの集中講義の形式で、受講者は各科目50人を予定。来年度の開設科目は学群1年生以外の学生が受講できる。
 
同療法は2017年4月、ペンス米副大統領夫妻が来日した際、芸術家でもあるカレン夫人が「日本で広めたい」と発言。その話を聞いた大久保さんが同療法を日本の大学で啓発しようと、米政府に資金提供を要請。2017年11月、筑波大で授業を行う資金として、約630万円を大久保さんに提供することが決まった。
 
以前から大久保さんと面識があり、今回の講座開設に尽力した同大村上史明助教は、「アートセラピーはケアにアートが融合したもの。筑波大は医学群も芸術専門学群もある総合大学だが、この分野の専門家はいなかった。講座開講を機に、学生にアートセラピーを知ってほしい」と話す.
(取材・執筆=筑波大学新聞)

“筑波大、米国支援で「アートセラピー入門」開講へ 副大統領夫人が後押し /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000053-minkei-l12
 「幕張新都心ビジネススクール」が2月23日、神田外語大学(千葉市美浜区若葉)で行われる。主催は、幕張新都心ビジネススクール実行委員会(TEL043-245-5278)。(千葉経済新聞)ディスカッションを行う学生(過去開催の様子) 千葉市、市原市、四街道市に在住・在学の高校生を対象に「キャッシュレスの最前線を体験しよう」をコンセプトに掲げた講義とグループディスカッションを行うもの。
 千葉市が市内の大学や企業と連携して次世代の産業を担う子どもに、ものづくりの楽しさや経済・金融の仕組みを教える取り組みの一環。ビジネスマネジメントの交渉や取引を、神田外語大学准教授の豊田聡さんとゲーム形式で体験、決済サービスの会社の担当者からキャッシュレスの現状について学ぶ。
 開催時間は10時~17時。参加無料。要事前申し込み(ホームページか電子メールで受け付け)。2月13日まで。

“千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000067-minkei-l13
 東京の夜景と共にバレンタインの光の演出が楽しめるイベント「天空のバレンタイン2019」が現在、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(港区六本木6)で開催されている。(六本木経済新聞)同イベントに合わせて用意された「ストロベリーアフタヌーンティー」 夏休みやクリスマスなど、季節ごとに催し物を行っている東京シティビュー。東京の景色が一望できることから、東京の景色に合ったイルミネーションをともすなど、さまざまな演出を用意する。
 今回は、屋上「スカイデッキ」にピンクと赤さの光のイルミネーションを設置。バレンタインに合うBGM曲も用意し、ロマンチックな演出を施す。
 同企画に合わせ、東京シティビューに隣接するバーラウンジ「THEMOON」では、バレンタインにちなんだメニューを用意。イチゴを多く使った「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,104円)や、平日限定の「パルフェオフレーズ」(1,620円)、「淡い恋心」がテーマというカクテル「シークレットギフト」(1,944円)などを提供する。
 森ビル東京シティビュー企画担当の内田芽亜理さんは「スカイデッキのイルミネーションは見た目もかわいいピンクをベースに、サプライズバージョンも用意した。サプライズバージョンは見ているだけでハッピーになれる演出なので楽しみにしてほしい。52階に登場したフォトスポットはデートにぴったり。バレンタイン気分がさらに盛り上がる」と話す。「夜景やイルミネーションを含んだデートを楽しみたい方、デートの記念に写真撮影を楽しみたいカップルに来場いただきたい」とも。
 営業時間は10時~23時(金曜・土曜は翌1時まで)。イルミネーション点灯時間は17時30分~22時。入場料は一般=2,300円、高校・大学生=1,700円、4歳~中学生=900円、シニア(65歳以上)=2,000円。2月14日まで。

“六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000067-minkei-l13
 東京の夜景と共にバレンタインの光の演出が楽しめるイベント「天空のバレンタイン2019」が現在、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(港区六本木6)で開催されている。(六本木経済新聞)同イベントに合わせて用意された「ストロベリーアフタヌーンティー」 夏休みやクリスマスなど、季節ごとに催し物を行っている東京シティビュー。東京の景色が一望できることから、東京の景色に合ったイルミネーションをともすなど、さまざまな演出を用意する。
 今回は、屋上「スカイデッキ」にピンクと赤さの光のイルミネーションを設置。バレンタインに合うBGM曲も用意し、ロマンチックな演出を施す。
 同企画に合わせ、東京シティビューに隣接するバーラウンジ「THEMOON」では、バレンタインにちなんだメニューを用意。イチゴを多く使った「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,104円)や、平日限定の「パルフェオフレーズ」(1,620円)、「淡い恋心」がテーマというカクテル「シークレットギフト」(1,944円)などを提供する。
 森ビル東京シティビュー企画担当の内田芽亜理さんは「スカイデッキのイルミネーションは見た目もかわいいピンクをベースに、サプライズバージョンも用意した。サプライズバージョンは見ているだけでハッピーになれる演出なので楽しみにしてほしい。52階に登場したフォトスポットはデートにぴったり。バレンタイン気分がさらに盛り上がる」と話す。「夜景やイルミネーションを含んだデートを楽しみたい方、デートの記念に写真撮影を楽しみたいカップルに来場いただきたい」とも。
 営業時間は10時~23時(金曜・土曜は翌1時まで)。イルミネーション点灯時間は17時30分~22時。入場料は一般=2,300円、高校・大学生=1,700円、4歳~中学生=900円、シニア(65歳以上)=2,000円。2月14日まで。

“六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)

情報元 : 長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000034-san-l20
 ■2年連続で「転入超過」
 県のまとめによると、1月1日現在の県の人口は206万1053人で、この1年間で1万2116人(0・58%)減少した。人口減は17年連続で、出生数が死亡数を下回る「自然減」に歯止めがかからないのが主な要因。一方、昨年1年間の県内への転入者数は、県外への転出者を230人上回り、2年連続で「転入超過」となった。
 昨年1年間に生まれた赤ちゃんは平成29年と比べて377人少ない1万4351人で、少子化を反映して過去最低を更新した。一方、死亡者数は192人減ったものの2万5511人にのぼった。この結果、自然減は1万1160人と前年に続いて1万人を超え、初めて1万1千人台となった。自然減は15年連続。
 一方、昨年1年間の転入者数は前年比1606人増3万8264人だったのに対し、転出者数は1623人増の3万8034人だった。外国人の増加などで転入超過になったものの、県内の若者が大学進学などで県外に流出する傾向が続いているとみられる。
 市町村別でみると、前年比で人口が増えたのは軽井沢町、原村、南箕輪村、白馬村など8町村。郡別では北佐久郡(軽井沢町など)だけが増えた。一方、19市は全て減少し、長野市は県内の市町村で最も多い2475人減となった。
 県は人口の減少を食い止めるため、県内への移住促進や結婚・出産・子育てへの支援、企業誘致などに引き続き注力する考えだ。

“長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)” の続きを読む

焼酎の知識を 「マイスター」が勉強会(MBC南日本放送)

情報元 : 焼酎の知識を 「マイスター」が勉強会(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00034358-mbcnewsv-l46
焼酎について学んだ「焼酎マイスター」たちが、さらに焼酎の知識を深めようというセミナーが、2日に鹿児島大学で開かれました。
セミナーは、鹿児島大学で焼酎について学んで県酒造組合から認定を受けた「焼酎マイスター」からなる「かごしま焼酎マイスタークラブ」が開いたものです。2回目となる2日は、およそ40人が参加しました。
セミナーでは、焼酎の研究をする鹿児島大学客員教授・鮫島吉廣さんが、去年9月に酒造関係者らとともに南さつま市加世田の「竹屋神社」に新たに焼酎の神を加えて「焼酎神社」としたことについて講演しました。そして、まつられている神々の神話が焼酎作りの視点から解釈することができることを説明しました。

“焼酎の知識を 「マイスター」が勉強会(MBC南日本放送)” の続きを読む