うっかり2度注文…「ヒェ~」(ミニ事件簿)

情報元 : うっかり2度注文…「ヒェ~」(ミニ事件簿)大分合同新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010000-mjikenbo-l44
 日田署のベテラン署員は最近の寒さに耐えかねていた。先日深夜、「制服の下に着られるベストがほしい」と考え、眠い目をこすりながらスマホを使ってネットで注文した。翌朝、目を覚ますと、おぼろげながらに前夜のことを思い出した。注文したことはすっかり忘れ、ベストを求めて再びスマホを操作。するとまもなく、「同じ物を2度頼まれていますが、間違いではないですか」と業者から電話が。「一つでいいです」と答えた署員。「寒いとはいえ、同じ物は二つもいらない。親切な業者でよかった」

“うっかり2度注文…「ヒェ~」(ミニ事件簿)” の続きを読む

砂沼サンビーチ廃止へ 下妻市長「取り壊し更地に」(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 砂沼サンビーチ廃止へ 下妻市長「取り壊し更地に」(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000003-ibaraki-l08
開業から40年を迎えた下妻市長塚乙の大規模プール「砂沼サンビーチ」の存廃問題を巡り、菊池博市長は7日、施設を廃止して取り壊し、更地にする方針を明らかにした。来年夏の営業もしない。市議会全員協議会に説明後、記者会見した菊池市長は「更地にした上で、年間を通して利用可能な施設の整備を模索する」と述べた。
砂沼サンビーチは、海水浴場から離れた県西地域でも水で遊べるよう、県開発公社が1979年に整備。入場者数の減少などから同公社が運営から撤退し、施設は2009年に下妻市へ無償譲渡された。
施設の老朽化に伴い多額の修繕費がかかっており、市は来年度、電気設備の修繕などで約1億円が必要と予測。入場者数も黒字の目安とされる14万人を5季連続で下回り、記録的猛暑だった今季でさえ約12万人だった。年度別収支も14年度以降、赤字が続いている。
菊池市長は4月の就任会見で「公約通り、1年以内に方向性を出したい」との考えを示し、6月に施設環境や経営状況を調査する砂沼サンビーチ検討委員会(委員長・野中周一副市長)を庁内に設置した。
検討委は11月20日付で菊池市長に報告書を提出。検討の結果として「サンビーチの方向性については、廃止することが妥当と考えられる」と明記した。
市は砂沼サンビーチの現状をまとめた広報紙を8月と10月の2回発行し、11月には市民報告会を中学校区ごとに計3日間開いた。
菊池市長は、検討委や昨年12月に市議会がまとめた公共施設等マネジメントに関する調査特別委報告書、市民報告会の意見などを踏まえ「総合的に判断した」と述べ、跡地の利活用については「民間活力の導入も含め、砂沼広域公園の管理者である県と協議を行っていく。砂沼西岸の下妻市開発公社の所有地やビアスパークしもつまとの一体的な整備を視野に入れたい」と語った。
市によると、施設の撤去費は県開発公社が負担すると、当時の譲渡契約書と協定書に盛り込まれているという。
砂沼サンビーチは開業以来、累計で約670万4千人が利用している。
(小林久隆)

“砂沼サンビーチ廃止へ 下妻市長「取り壊し更地に」(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

「美女と野獣“魔法のものがたり”」 施設名決定 準備着々 東京ディズニーランド大規模開発(千葉日報オンライン)

情報元 : 「美女と野獣“魔法のものがたり”」 施設名決定 準備着々 東京ディズニーランド大規模開発(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010001-chibatopi-l12
 映画「美女と野獣」をテーマにした新エリアが建設中の東京ディズニーランド(TDL、浦安市)。シンボルとなる「美女と野獣の城」に入る大型アトラクションの名称が「美女と野獣“魔法のものがたり”」に決まるなど、2020年春を予定する開業に向け準備が着々と進む。
 同アトラクションはTDLのオリジナルで、深皿形の乗り物の座席部分が映画の曲に合わせて動き、踊っているような感覚を体験できる。体験時間は約8分と他のアトラクションより長めに設定するという。
 隣接する劇場の「ファンタジーランド・フォレストシアター」は約1500人を収容。プロジェクションマッピングなどの演出を取り入れ、ディズニーの仲間たちが登場する「素晴らしい音楽をめぐる旅」がテーマのプログラムを上演予定だ。
 他に、世界初となる映画「ベイマックス」の乗り物型アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」や、ミニーマウスと会えるグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」なども登場する。
 運営会社オリエンタルランドの開発担当者・古澤英紀さん(36)は「建物の骨組みがほぼ終わり、内装・外装工事を始めており、工期は順調に進んでいる」と経過を説明。「パーク内から工事現場が見えるのも珍しい。建物ができあがっていくのを見て、わくわくしながら開業を楽しみにしていただければ」と話した。
 開発エリアはファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンにまたがる計約4・7ヘクタール。総投資額はTDLと東京ディズニーシーの開園以来、最大規模となる約750億円を見込む。美女と野獣のアトラクションの投資額は、両園の単体施設で過去最大となる約320億円。

“「美女と野獣“魔法のものがたり”」 施設名決定 準備着々 東京ディズニーランド大規模開発(千葉日報オンライン)” の続きを読む

鳥取県米子市の城跡から見たパノラママップ完成(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県米子市の城跡から見たパノラママップ完成(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00010001-chukaiv-l31
鳥取県米子市の米子城跡からみた360度のパノラマ風景から観光名所を紹介するガイドマップの贈呈式が11月6日、米子市役所で行われました。
6日は鳥取県経済同友会西部地区のメンバー3人が米子市役所を訪れ、米子市の伊木 隆司市長に米子城跡からのパノラママップを贈りました。
「YONAGO(ヨナゴ) CASTLE(キャッスル)PANORAMAP(パノラマップ)]は米子城跡からみた風景のマップがないことから米子城跡ガイドマップと一緒に使ってもらい、米子城の魅力を発信していこうと鳥取県経済同友会西部地区が作りました。
パノラママップは米子市が作成した米子城跡ガイドマップに挟める大きさで米子城跡の頂上からドローンを使って撮影した360度の風景を見ることができます。
また「風景を読む」をコンセプトに観光名所に印と、詳しい観光案内を掲載しています。
米子市では11日に行われる米子城のシンポジウムでパノラママップ1000冊を配布することになっています。

“鳥取県米子市の城跡から見たパノラママップ完成(中海テレビ放送)” の続きを読む