春を告げる炎の舞い 「お水取り」始まる 奈良・東大寺(ABCテレビ)

情報元 : 春を告げる炎の舞い 「お水取り」始まる 奈良・東大寺(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00020922-asahibcv-l29
奈良・東大寺の二月堂では「お水取り」として知られる「修二会」が始まり、たいまつの火が赤々と夜空を焦がしました。
1日、午後7時、「練行衆」とよばれる修行僧たちがたいまつの火を道明かりに、二月堂の石段を上ります。「修二会」は、「天下泰平」「五穀豊穣」を願い、苦行をつとめるもっとも厳しい修行で、752年以来、一度も途絶えることなく毎年続けられています。激しく振り回されるたいまつの火の粉をあびると、無病息災に過ごせるといわれ、多くの見物客が集まりました。古都・奈良に春をよぶ「修二会」は14日夜まで続きます。

“春を告げる炎の舞い 「お水取り」始まる 奈良・東大寺(ABCテレビ)” の続きを読む

「ハンド王国」沖縄アピール 中学男子県勢、全国3冠 JOC大会、女子は準V(琉球新報)

情報元 : 「ハンド王国」沖縄アピール 中学男子県勢、全国3冠 JOC大会、女子は準V(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000001-ryu-oki
 中学ハンドボールの第27回JOCジュニアオリンピックカップ大会の最終日は27日、埼玉県さいたま市のサイデン化学アリーナで男女の決勝が行われ、男子の沖縄選抜は延長戦の末に28―27で富山選抜に競り勝ち、7年ぶり7回目の栄冠をつかんだ。チームの主軸を担う神森中(浦添市)が春の選抜、夏の全国中学校体育大会を制しており、「黄金世代」とされるチーム沖縄で、県勢による初の年内3冠を達成した。女子の沖縄選抜は愛知選抜に10―14で涙をのんだが、昨年に続き準優勝と健闘。「ハンド王国沖縄」の存在をあらためて全国に示した。 
 個人表彰で、沖縄選抜男子のGK嵩西颯斗(神森)が最優秀選手賞を獲得。優秀選手に親泊寛粋(同)、オリンピック有望選手に伊礼颯雅(そあ)(同)が選ばれた。女子優秀選手に名嘉陽菜(美東)、オリンピック有望選手にGK比嘉楓(同)が選ばれた。
 男子決勝で勝利の立役者となった一人が嵩西だ。23―23の後半の終盤、富山のロングシュートをはじき、残り十数秒の守備で、サイドシュートを「突っ込んだ体勢だったから下にくる」と読み、腰を低く腕を下げて飛び込み、はじき返した。さえた勝負勘で富山に傾きかけた主導権を奪い返した殊勲の好セーブだった。
 友利彬彦監督は自身も神森中時代に全国優勝を経験した。学生スポーツは強いチームが必ず勝てるわけではなく、その苦しさを知るだけに「どんなにミスをしても勝てるのがすごい。選手はよく頑張った」と繰り返し、選手らから胴上げされ、満面に笑みを浮かべた。

“「ハンド王国」沖縄アピール 中学男子県勢、全国3冠 JOC大会、女子は準V(琉球新報)” の続きを読む

全22頭の殺処分終了 イノシシの飼育施設で豚コレラ感染の確認受け…岐阜・関市(東海テレビ)

情報元 : 全22頭の殺処分終了 イノシシの飼育施設で豚コレラ感染の確認受け…岐阜・関市(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00006150-tokaiv-l21
 岐阜県関市で飼育しているイノシシが豚コレラに感染した問題で、県は10日夜、すべてのイノシシの殺処分を終えました。
 関市東志摩にあるイノシシの飼育施設では、10日午前、豚コレラに感染したイノシシ1頭が確認され、飼育している22頭すべての殺処分が進められていました。
 岐阜県によりますと、10日午後7時ごろに殺処分を終え、イノシシなどを埋める作業が進められています。
 岐阜県では今年9月以降、岐阜市や美濃加茂市の施設で飼育する豚が豚コレラに感染していて、家畜への感染は今回で4例目です。
 岐阜県内では感染した野生のイノシシがあわせて70頭見つかっていて、今回の施設がある関市内でも10頭確認されていました。

“全22頭の殺処分終了 イノシシの飼育施設で豚コレラ感染の確認受け…岐阜・関市(東海テレビ)” の続きを読む

アールスメロンの出荷が最盛期(RKK熊本放送)

情報元 : アールスメロンの出荷が最盛期(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000003-rkkv-l43
山鹿市で今が旬を迎えているアールスメロンの出荷が最盛期を迎えています。
高級感を漂わせる細やかなネット模様。山鹿市のメロン農家では1、5キロ程に実った旬のアールスメロンの収穫作業に追われています。
このメロンは傷が入らずに網目模様のネットが綺麗になるように地面に置かずに立体栽培されていて収穫もひとつひとつ丁寧に行われていました。
JA鹿本によりますと山鹿地域はアールスメロンの出荷量が県内一を誇り今シーズンは暖かい日が続いたため旬を迎えたこの時期に糖度も14度ほどあり味、見た目ともにいい出来に仕上がっていると話しています。
このアールスメロン、芳醇な香りととろけるような舌触りが特徴でクリスマスやお正月の贈答用として主に関東や関西に出荷され県内では百貨店やJA鹿本の物産館などで購入できるということです。

“アールスメロンの出荷が最盛期(RKK熊本放送)” の続きを読む