滋賀ラーメン「独自の進化」 24店スタンプラリーで味わって(京都新聞)

情報元 : 滋賀ラーメン「独自の進化」 24店スタンプラリーで味わって(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000006-kyt-l25
 滋賀県のラーメンの魅力を発信する「滋賀ラーメンWAVEスタンプラリー」が県内24店で開かれている。実行委員会は、古くから交通の要衝として多様な文化が往来してきた滋賀だけあって、ラーメンも独自の進化を遂げていると強調。「店主も味も個性的な滋賀のラーメンを楽しんでほしい」とアピールしている。
 滋賀の活性化を目指す有志が企画し、今年で2回目。参加店でラーメンを1杯食べるとスタンプがもらえる。集めたスタンプの数(5個以上)に応じてトッピング無料やラーメン1杯無料、Tシャツのプレゼントなどの特典がある。
 前回より参加店は4店増え、スタンプの上限を24個まで引き上げて特典を増やしたほか、期間も1カ月延ばして5月末までとした。正統派の塩味や、濃厚な豚骨、真っ赤な辛口のほか、創業約70年の老舗など多様な店が名を連ねている。
 実行委によると、滋賀のラーメンは札幌や博多など「ご当地ラーメン」のような統一感はないものの、全国各地の影響を受けながら、滋賀県産の小麦にこだわったり、地酒の酒かすや近江牛を使ったりと各店の独自性が際立っているという。「少し足を伸ばして、わくわくしながら新しい味との出合いを楽しんでほしい」としている。
 スタンプ台紙は参加店舗などに設置している。問い合わせは実行委(ユーストン内)077(531)1770。

“滋賀ラーメン「独自の進化」 24店スタンプラリーで味わって(京都新聞)” の続きを読む

仙台市の給食 栄養充足には1食80~95円値上げ必要(TBC東北放送)

情報元 : 仙台市の給食 栄養充足には1食80~95円値上げ必要(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000002-tbcv-l04
 仙台市立の小中学校の給食が「栄養不足」に陥っている問題で、市の教育委員会はその解消のためには1食80円から95円の値上げが必要との試算を示しました。
 これは8日開かれた市の学校給食運営審議会で示されたものです。市教委は1食あたり小学校で80円、中学校で95円値上げしないと、鉄分やビタミンB1など全ての栄養素で国の栄養基準を満たすことはできないとの試算を示しました。これに対し委員からは、80円から95円の値上げは現実的ではないなどの意見が出されました。仙台市の給食をめぐっては、主な栄養素10項目のうち、小学校は6項目、中学校は全ての項目で国の基準を満たしておらず、市教委では再来年度以降の値上げを見すえ、検討を重ねる方針です。

“仙台市の給食 栄養充足には1食80~95円値上げ必要(TBC東北放送)” の続きを読む

白馬村で妊婦運転の乗用車とトラックが衝突・母子ともに命に別状なし(SBC信越放送)

情報元 : 白馬村で妊婦運転の乗用車とトラックが衝突・母子ともに命に別状なし(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00345092-sbcv-l20
きょう午前、白馬村で普通乗用車とトラックが衝突し、乗用車を運転していた妊婦が病院に運ばれました。
午前11時前、白馬村北城の国道で乗用車が対向車線を走ってきたトラックと衝突しました。
消防によりますと乗用車を運転していた妊娠中の20代の女性が腹や肩の痛みを訴えてドクターヘリで長野市内の病院に運ばれましたが、母子ともに命に別状はありません。
警察によりますと乗用車は道路左側のガードレールに衝突したあとはずみで対向車線にはみ出し、トラックの側面に衝突したと見られています。
現場付近は事故処理のため、およそ2時間半にわたって通行止めとなりました。

“白馬村で妊婦運転の乗用車とトラックが衝突・母子ともに命に別状なし(SBC信越放送)” の続きを読む

大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)

情報元 : 大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000003-nagasaki-l42
 一年で最も寒いとされる「大寒」の20日早朝、長崎県雲仙市千々石町の千々石川で恒例の「橘神社寒中みそぎ」があり、男女34人が冷たい川の中で心身を清めた。
 地元有志でつくる橘神社みそぎ会(宮本三平会長)が毎年開き21年目。県内外から21~69歳が参加した。
 男性は白いふんどし、女性は白装束の姿で本殿に参拝した後、たいまつを手に川へ移動。「エイ」と大声で気合を入れながら川の中に身を沈めた。
 この日、午前4時の気温は11度、水温は11・6度で例年よりやや高め。参加者は約5分間、手を合わせて寒さに耐え、“汚れ”が落ちるように祈った。
 みそぎを終えた参加者は、社務所に戻り七草がゆで体を温めた。初めて参加した佐世保市の会社員、吉田謙一さん(44)は「就職活動を控えた子どもの願掛けも込めて挑戦した。気合が入った」と晴れ晴れとした表情で話した。

“大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)” の続きを読む

自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)

情報元 : 自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000002-hokkaibunv-hok
 19日午前、旭川市の住宅で、屋根の雪下ろし作業をしていた、81歳の男性が、誤って転落し死亡しました。
 19日午前9時30分ごろ、旭川市東光9条2丁目の住宅で、「男性が屋根から落ちた」と、近所に住む住民から、消防に通報がありました。
 警察や消防が駆け付けたところ、この家に住む新崎裕康さんが、雪の上に倒れていて、全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。
 警察によりますと、屋根には、はしごがかかっていて、1人で雪下ろし中に、誤って転落したとみて調べています。
 発見当時、新崎さんは、ヘルメットや命綱などは、つけていなかっということです。
警察で、転落当時の詳しい状況を調べています。

“自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)

情報元 : 走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010004-niigatatvv-l15
サッカーJ2のアルビレックス新潟が、聖籠町のグランドで新体制で初めての全体練習を行いました。雪のない緑のピッチをスローガンの「走れ!ニイガタ流儀」の通り駆け抜けます。片渕浩一郎監督は、「新潟のサッカーの原点は走ること。チームのために走る。サポーターとともに走る。未来に向けて走る。」と意気込みを語りました。病を克服して戻ってきた早川選手は、「トップチームでスタートできるということは僕にとってはうれしいこと。高いモチベーションのままシーズンを戦い抜ければ。」と話しました。16日からは高知キャンプへ向かいます。

“走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000015-minkei-l44
 大分市の大分県護国神社(大分市牧)で1月7日、七草がゆが無料で振る舞われた。参拝客300人が素朴な味わいに舌鼓を打ち、1年の無病息災を願った。(大分経済新聞)参拝者に振る舞った七草がゆ 五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」に合わせて毎年行っている。七草はいずれも大分市内で採れた「地物」で、前日に具材を切りそろえて用意し、7日朝からの調理でかゆに仕立てた。同神社で採れた豊後梅を使った梅干しやお茶も提供した。
 7日は暖かな日差しに包まれ、配布開始の10時前から大勢の参拝客でにぎわった。大分市内から訪れた30代女性は湯気の立つかゆを味わいながら「素朴な味がいい。今年1年、みんな健康でいられればうれしい」と笑顔で話していた。
 同神社では1月11日に鏡開きを行う。正月のお供え餅を先着300人に福餅として振る舞う。

“大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

風疹 酒田市の男性が感染 山形県内で今年3人目(さくらんぼテレビ)

情報元 : 風疹 酒田市の男性が感染 山形県内で今年3人目(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00010000-sakuranbo-l06
山形県酒田市の男性が風疹に感染していたことが分かった。県内での感染は今年3人目。
県によると、風疹に感染したのは酒田市の30代の男性。男性は11月10日に喉の痛みを感じ、12日、38度台の発熱や発疹の症状が出たため医療機関を受診し、風疹に感染していることが分かった。
男性は10月下旬、感染が拡大している関東地方に仕事で出掛けているが、感染場所は不明という。現時点で、家族や職場の同僚などに症状は見られず、県は、感染拡大の恐れは少ないとしている。
風疹は咳やくしゃみの飛沫などで感染し、妊娠初期の妊婦が感染すると赤ちゃんが心臓病や難聴などになる恐れがある。今年、県内での風疹の感染は9月下旬に、山形市に住む30代の男性が発症して以来3人目。

“風疹 酒田市の男性が感染 山形県内で今年3人目(さくらんぼテレビ)” の続きを読む