大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000027-minkei-l44
 アメコミ映画のフィギュアや特撮のソフビ人形などが並ぶフリーマーケット「ワザバザvol.2」が2月16日・17日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開かれる。(大分経済新聞)
 ホビーショップ「ツボルフ」が2月9日から同ビル2階で移転営業を開始したのを機に企画。「アニメ・コミック」をテーマとした1回目(9日~11日)に次いでの開催で、今回は「映画・特撮」をテーマとしている。
 店頭商品や蔵出し品など約3000点を用意。スパイダーマンやバットマンといったフィギュアのほか、スターウォーズ関連の「ライトセーバー」、「R2-D2」の3Dウオールフィギュア、兵士のマスクなどを販売する。大分怪獣クラブの協力を得て、大分では手に入りにくい特撮映像作品やオリジナル怪獣のソフビ人形なども並べる。
 商品の「流通価値」は考慮せず、多くを格安で販売するという。店主の吉野敏博さん(48)は「先週の開催でも多くの人が『お宝が並んでいる』と驚いてくれた。人同士のやり取りなのでさらなる値引き交渉もオーケー」と笑顔で話す。
 会場には大分怪獣クラブが2年越しで製作してきたご当地怪獣「ブゴン」の着ぐるみも来場する。青空の下で公開されるのは初めてで、撮影会も行う。フリーマーケットの一般参加枠も設けており「何を売っても良いので、連絡してほしい」と吉野さん。
 開場時間は16日=12時~19時、17日=10時~19時。
 「ツボルフ」は2013年12月12日に大分市府内町にオープン。ホットトイズ社製のフィギュア、ハリウッド特撮映画の関連グッズのほか、ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった特撮ものやアニメや漫画の関連商品を取り扱ってきた。
 映画公開に合わせたイベントや展示会なども手掛けてきたが、開店満5年を機に「定期的にイベントを開くスタイルにチェンジしたい」と思い立ち、フリースペースを備える同ビルに店を移した。
 今後はフリーマーケットの定期開催や玩具のワークショップイベントなどを開く予定で、吉野さんは「もともと『遊べる店』を掲げてきたので今回の移転は原点回帰ともいえる。ツボルフの新章をスタートさせたい」と意気込んでいる。
 店舗の営業時間は12時~20時。

“大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

博多港の死骸は「極東サソリ」か 専門業者「毒が強く危険」 2018年9月には外来種アリも 福岡市(TNCテレビ西日本)

情報元 : 博多港の死骸は「極東サソリ」か 専門業者「毒が強く危険」 2018年9月には外来種アリも 福岡市(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000008-tncv-l40
21日に福岡市のアイランドシティで目撃されたサソリが、22日に死骸で見つかりました。
専門業者は毒性が強い「極東サソリ」の一種ではないかと話しています。
22日夕方、福岡市東区のアイランドシティで発見された体長およそ7センチのサソリの死骸。
この写真を、タランチュラなども扱う専門業者に見てもらうと-。
【アーセナル 野村翔太さん】
「おそらく『極東サソリ』の一種ではないかと思います。体は細身でハサミが小さくて尾が長いのが特徴です」
極東サソリは地球上に広く生息し、日本では暖かい気候の石垣島や宮古島などにいるといういことです。
【アーセナル 野村翔太さん】
「地球上に幅広く生息していますが、冬の間は暖かいところで冬眠をしたり樹皮の裏に隠れたり越冬している種類が多いので、日本の気候では冬場を乗り越えるのは非常に難しいと思います」
このサソリの危険性について聞いてみると-。
【アーセナル 野村翔太さん】
「基本的にはペット用として流通している種類に比べると毒は強いので危険と言われています。刺されると痛いとか、子供や乳幼児、お年寄りなど抗体が少ないとひどく症状が出てしまったり。海外では死亡例もあります」
極東サソリは、商品として流通しているサソリと比べて毒性が強く、取扱いは規制されています。
アイランドシティでサソリが見つかったのは今回が初めてで、福岡市は専門機関にサソリの種類の特定を依頼しています。
また、2018年9月には博多港でヨーロッパ原産の外来種のアリ、「ブラウジングアント」が見つかりました。
体長は3ミリほどで色は黒っぽく、特定外来生物・ヒアリのような毒は無いと言うことですが、高い繁殖力と強い攻撃性が特徴ということです。
国内では2017年に名古屋港で初めて確認され、東京や大阪でも見つかっていますが、九州で確認されたのは今回が初めてということです。
福岡市は生態調査を進めている環境省と情報を共有していくことにしています。

“博多港の死骸は「極東サソリ」か 専門業者「毒が強く危険」 2018年9月には外来種アリも 福岡市(TNCテレビ西日本)” の続きを読む

久万高原町で恒例の耐寒マラソン 住民25人が汗(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : 久万高原町で恒例の耐寒マラソン 住民25人が汗(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-29006001-ehime-l38
 家にこもりがちな年末年始に体を動かしてもらおうと、愛媛県久万高原町久万の久万公民館周辺で29日、「耐寒マラソン」が始まり、住民が爽やかな汗を流している。

“久万高原町で恒例の耐寒マラソン 住民25人が汗(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000013-minkei-l11
 越谷の大相模調節池(越谷市レイクタウン4 )で12月22日、青いLEDが光源の「いのり星」1万個を放流する「こしがやイルミレイク2018」が初開催された。主催は越谷市。(春日部経済新聞)
 主催は越谷市で、市の魅力を発信する取り組みの一環。クリスマスイルミネーションとクリスマスマーケット共に、同市で初の開催となる、着水すると光る8,5センチの光の球「いのり星」を大相模調整池に放流した。
 「参加型イルミネーションイベント 『こしがやイルミレイク2018』 “想い”が光り輝く天の川になる」と題した同イベント。先着1250人の来場者が「いのり星」を放流、水面は青い光で埋め尽くされた。
 パンやギョーザなどの飲食店から帽子や雑貨のクラフト店まで計15店がクリスマスマーケットとして出店し、家族連れやカップルが来場した。子どもと来場した越谷在住の女性は、「越谷にこんなおしゃれなイベントがあるのはうれしい。幻想的できれいだった」と話していた。
 クリスマスイルミネーションは今月25日まで。

“越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む