GW10連休中、ごみ収集どうなる? 医療態勢は?(福井新聞ONLINE)

情報元 : GW10連休中、ごみ収集どうなる? 医療態勢は?(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010001-fukui-l18
 2019年のゴールデンウイーク(GW)は、皇太子さまが新天皇に即位されることに伴い異例の10連休となる。福井県内の総合病院などは連休中に外来診察を受け付ける日を設けるなど、医療機関や行政はさまざまな対応を準備、検討している。
 ■開庁日の検討も
 10連休に関し、市民生活の面で関心が高いのが家庭ごみの収集だ。福井市は普段週2回の「燃やせるごみ」を、少なくとも週1回は集める。「燃やせないごみ」や「プラスチック製容器包装」などは通常通り祝日も収集する。
 市清掃整備課の担当者は「これまでのGWと同様、市民サービスへの影響を考えての対応。連休明けの大量のごみ出しを未然に防ぐ狙いもある」と説明。坂井、敦賀市などでも収集の休止は最小限に抑える方針のようだ。
 市や町の窓口業務については普段の土日祝日と同様、住民異動の手続きや証明書の発行はできない。ただ、連休が異例の長さであることを考慮し、福井市では特別に開庁日を設けることも今後検討していくという。出生や死亡など戸籍関係の届け出は時間外窓口で受け付けるが、改元の5月1日は縁起の良さから多くのカップルが婚姻届を提出する可能性があるため、臨時窓口の設置についても今後の検討課題としている。
 ■急患はセンターへ
 県医師会によると、総合病院などは長期間の休診による医療サービス低下を防ぐために、各病院とも連休中に少なくとも1日は一般、専門ともに外来診察を受け付ける。大中正光会長は「患者さんが困らないように診療してほしいとお願いしている」と話す。
 県地域医療課などによると、急患の場合は普段の土日祝日とほぼ同様で、内科や小児科、整形外科は各地の急患センターや当番医が対応してくれる。救急医療も通常通りの受け入れ態勢だ。

“GW10連休中、ごみ収集どうなる? 医療態勢は?(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

「イベント告知済み」鎌倉生涯学習センター休館に市民当惑(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「イベント告知済み」鎌倉生涯学習センター休館に市民当惑(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00032131-kana-l14
 鎌倉生涯学習センター(鎌倉市小町1丁目)の28日からの休館に関する市民説明会が20日夜、鎌倉婦人子供会館(同)で開かれた。耐震不足で急きょ決まった休館に、市民約20人からは戸惑いの声が上がった。
 市は冒頭、休館に至る経緯を説明。2009年度に委託業者が行った耐震診断の結果、同センターの構造耐震指標(Is値)は震度6級で倒壊する危険性が低いとする国の基準(0・6)を下回る0・53だった。だが別の委託業者が今年に行った診断では、速報値で倒壊、崩壊の危険性が高い0・3未満だった。市は「09年度のデータは誤りで過大評価」と指摘し、「(最初の)業者に責任を問えるか検討しており、顧問弁護士と相談し、適切に対応したい」と理解を求めた。
 これに対し、市民からは「全市的に対応し、市役所開放などの代替策を考えてほしい」「イベント用のチラシを5千枚刷った。変更とおわびをどう周知すれば」など、注文や戸惑いの声が出た。市は「庁内で検討を進めている。市の広報で詳細に知らせるなどしていく」と答えた。
 市によると、同センターの利用予約は来年6月までで2663件入っている。

“「イベント告知済み」鎌倉生涯学習センター休館に市民当惑(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

鳥取県米子市の城跡から見たパノラママップ完成(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県米子市の城跡から見たパノラママップ完成(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00010001-chukaiv-l31
鳥取県米子市の米子城跡からみた360度のパノラマ風景から観光名所を紹介するガイドマップの贈呈式が11月6日、米子市役所で行われました。
6日は鳥取県経済同友会西部地区のメンバー3人が米子市役所を訪れ、米子市の伊木 隆司市長に米子城跡からのパノラママップを贈りました。
「YONAGO(ヨナゴ) CASTLE(キャッスル)PANORAMAP(パノラマップ)]は米子城跡からみた風景のマップがないことから米子城跡ガイドマップと一緒に使ってもらい、米子城の魅力を発信していこうと鳥取県経済同友会西部地区が作りました。
パノラママップは米子市が作成した米子城跡ガイドマップに挟める大きさで米子城跡の頂上からドローンを使って撮影した360度の風景を見ることができます。
また「風景を読む」をコンセプトに観光名所に印と、詳しい観光案内を掲載しています。
米子市では11日に行われる米子城のシンポジウムでパノラママップ1000冊を配布することになっています。

“鳥取県米子市の城跡から見たパノラママップ完成(中海テレビ放送)” の続きを読む