結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)

情報元 : 結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010002-dtohoku-l02
 昨年11、12月に五所川原市などで本戦が開催された「青森県ジュニア学童野球選手権2018」で、結成1年目の東北町の東北クラブが初優勝した。メンバーは6日、町役場本庁舎に蛯名鉱治町長を訪ね、快挙を報告。全国大会に向け、決意を新たにした。
 同選手権は、東北地方で学童野球大会を運営する「ビッグウエストカップ」と、県小学生野球交流協会の共催。本戦には76チームが出場した。
 昨年6月に発足した同クラブは、持ち前の堅守とつなぐ打線で勝ち上がり、決勝では藤崎レッドファイターズ(藤崎町)を14―1で圧倒。8月に兵庫県淡路島で行われる第40回全日本都市対抗少年野球大会の切符を手にした。
 同日はメンバー20人と槙田真一コーチが訪問。蛯名町長は「優勝おめでとう。これからも勝とうとする野球を目指してください」と激励した。主将で町立蛯沢小5年の笹倉未羽さん(11)は「声を出してチームのいい雰囲気をつくれた。優勝できてすごくうれしい」と笑顔。全国大会に向け、「ピンチでも声を掛け合えるように、練習を頑張りたい」と力を込めた。

“結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)

情報元 : 大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00059897-lmaga-l29
日本屈指の桜名所・吉野山(奈良県吉野郡)で『鬼フェスin吉野山』が11日まで開催。その目玉として9日、奈良県内寺社の鬼が勢ぞろいする『鬼の夜会in吉野山』が開催された。【写真】ちょこんとお座りして護摩法要を受ける鬼たち県内6つの寺社から節分会、追儺会(ついなえ)などに登場する鬼たちが集結。吉野山の中千本エリアにある東南院から金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂まで、修験者が吹くほら貝の音と共に、行列して道中で鬼踊りなどの所作を披露した。
ご夫婦で訪れた花岡さん(奈良県大和高田市在住・女性)は、「なかなか普段行きたくても、見に行けなかった鬼さんたちが揃っていてうれしかった。来年は更に多くの鬼さんが集まるかもしれないとのお話が出ていたので、本当に楽しみ」と笑顔で語った。
会場のひとつ「金峯山寺」は、修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ)が開いた修験道の総本山。約1300年前、役行者が奈良の生駒山中で鬼の夫婦を改心させた、という言い伝えがあることから、2018年より同『鬼フェス』が開催されている。
金峯山寺・五條良知(ごじょうりょうち)管長は、「役行者にこらしめられた仏法護法の鬼の夫婦(前鬼と後鬼)が、以来、役行者に付き従って多くの人々を助けてきたことから、吉野では節分で『鬼も内』と言う。鬼を集めてここで改心していただくというものなので、みなさんの心の鬼をこらしめて」と話した。
取材・文・写真/いずみゆか

“大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)” の続きを読む

キリンの赤ちゃん誕生 森きららで23年ぶり(長崎新聞)

情報元 : キリンの赤ちゃん誕生 森きららで23年ぶり(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000002-nagasaki-l42
 佐世保市船越町の九十九島動植物園(森きらら)は9日、アミメキリンの「いと」(5歳)が雄の赤ちゃんを出産した、と発表した。森きららでキリンの誕生は23年ぶり5頭目。
 森きららによると、8日午後4時ごろ出産。同6時すぎには自力で立ち、歩いたという。
 生まれた時は身長約175センチ、体重約60キロ。今のところ授乳は確認されておらず、飼育員が人工乳を与えている。今後は子育てがうまくいくようサポートしつつ、人工保育になる可能性も視野に入れて準備を進める。
 赤ちゃんの公開は3月以降になる予定。飼育員の村上浩一さん(32)は「無事に生まれてきてくれて安心した。手探りの状態だが、すくすく成長するように頑張りたい」と話した。

“キリンの赤ちゃん誕生 森きららで23年ぶり(長崎新聞)” の続きを読む

六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000067-minkei-l13
 東京の夜景と共にバレンタインの光の演出が楽しめるイベント「天空のバレンタイン2019」が現在、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(港区六本木6)で開催されている。(六本木経済新聞)同イベントに合わせて用意された「ストロベリーアフタヌーンティー」 夏休みやクリスマスなど、季節ごとに催し物を行っている東京シティビュー。東京の景色が一望できることから、東京の景色に合ったイルミネーションをともすなど、さまざまな演出を用意する。
 今回は、屋上「スカイデッキ」にピンクと赤さの光のイルミネーションを設置。バレンタインに合うBGM曲も用意し、ロマンチックな演出を施す。
 同企画に合わせ、東京シティビューに隣接するバーラウンジ「THEMOON」では、バレンタインにちなんだメニューを用意。イチゴを多く使った「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,104円)や、平日限定の「パルフェオフレーズ」(1,620円)、「淡い恋心」がテーマというカクテル「シークレットギフト」(1,944円)などを提供する。
 森ビル東京シティビュー企画担当の内田芽亜理さんは「スカイデッキのイルミネーションは見た目もかわいいピンクをベースに、サプライズバージョンも用意した。サプライズバージョンは見ているだけでハッピーになれる演出なので楽しみにしてほしい。52階に登場したフォトスポットはデートにぴったり。バレンタイン気分がさらに盛り上がる」と話す。「夜景やイルミネーションを含んだデートを楽しみたい方、デートの記念に写真撮影を楽しみたいカップルに来場いただきたい」とも。
 営業時間は10時~23時(金曜・土曜は翌1時まで)。イルミネーション点灯時間は17時30分~22時。入場料は一般=2,300円、高校・大学生=1,700円、4歳~中学生=900円、シニア(65歳以上)=2,000円。2月14日まで。

“六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

横手で障がい児アート展 全県優秀作品34点展示も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で障がい児アート展 全県優秀作品34点展示も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000056-minkei-l05
 障がい児アートを展示する「でまえわくわく美術展」が1月26日から、横手市交流センター「Y2(わいわい)ぷらざ)」(横手市駅前町)で開かれる。(横手経済新聞)横手市「でまえわくわく美術展」最優秀賞作品 県民の障がい者理解の啓発と障がい者への文化芸術振興を目的に、秋田県特別支援学校文化連盟が開く同美術展は今回で16回目。全県で優秀作品に選ばれた絵画34点や、県南優秀作品の写真7点などを展示する。
 会場には、横手支援学校の生徒の作品約20点を展示する作品展も併設する。
 同校の山田教諭は「障がいがあっても素晴らしい作品ができる。市民や県南の皆さんにぜひ見ていただきたい」と話す。
 開館時間は9時30分~22時。入場無料。2月1日まで。

“横手で障がい児アート展 全県優秀作品34点展示も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

焼酎の知識を 「マイスター」が勉強会(MBC南日本放送)

情報元 : 焼酎の知識を 「マイスター」が勉強会(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00034358-mbcnewsv-l46
焼酎について学んだ「焼酎マイスター」たちが、さらに焼酎の知識を深めようというセミナーが、2日に鹿児島大学で開かれました。
セミナーは、鹿児島大学で焼酎について学んで県酒造組合から認定を受けた「焼酎マイスター」からなる「かごしま焼酎マイスタークラブ」が開いたものです。2回目となる2日は、およそ40人が参加しました。
セミナーでは、焼酎の研究をする鹿児島大学客員教授・鮫島吉廣さんが、去年9月に酒造関係者らとともに南さつま市加世田の「竹屋神社」に新たに焼酎の神を加えて「焼酎神社」としたことについて講演しました。そして、まつられている神々の神話が焼酎作りの視点から解釈することができることを説明しました。

“焼酎の知識を 「マイスター」が勉強会(MBC南日本放送)” の続きを読む

県内生産者、不安と意欲 日欧EPA発効(宮崎日日新聞)

情報元 : 県内生産者、不安と意欲 日欧EPA発効(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00015476-miyazaki-l45
 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が1日、発効した。今後県内でも欧州産の豚肉やチーズ、ワイン、木材などがより安い価格で出回ることになり、生産者らは「価格競争ではかなわない」「小規模経営の生き残りは厳しい」と危機感を募らせる。一方、「品質の高い県産品の魅力をアピールして乗り切りたい」といった前向きな声も一部で上がっている。

“県内生産者、不安と意欲 日欧EPA発効(宮崎日日新聞)” の続きを読む

横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000056-minkei-l05
 地域の世代間交流を目的とした冬季イベントが2月2日、秋田県南部老人福祉総合エリア(横手市大森町、TEL0182-26-3880)で開かれる。「エリア雪まつり2019」と銘打ち、同施設で例年開かれている。(横手経済新聞)「エリア雪まつり」のステージイベントの様子 そり滑りコースやミニかまくら作りなどの雪遊び向けスペースを会場内に設ける。甘酒や豚汁、コーヒーなどを振る舞うほか、お好み焼きやうどんを提供する。象潟の道の駅が海産物などを出張販売。民謡ショーや「超神ネイガー」が菓子をまいたりするステージも特設する。当日、施設内入浴場を割引価格で利用できる。
 開催時間は10時~15時(甘酒の振る舞いは9時30分~)。入場無料。入浴料は310円(小学生以下は160円)。

“横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

京都駅前に京阪グループの新ホテル 体験プログラム提供も /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 京都駅前に京阪グループの新ホテル 体験プログラム提供も /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000072-minkei-l26
 京都駅近くにオープンするホテル「THETHOUSANDKYOTO(ザサウザンドキョウト)」(京都市下京区東塩小路町)が1月24日、報道陣らに公開された。運営は京阪ホテルズ&リゾーツ(大阪市中央区)。(烏丸経済新聞)
同社が京都駅前エリアで手掛けるホテルとして6店舗目となる同ホテル。敷地面積は3120平方メートル、地上9階地下1階で客室は3~9階(222室)。2016年に閉鎖した「京都第2タワーホテル」の跡地に建設し、隣接する京都センチュリーホテル(同社運営)と行き来できる。
同ホテルの特徴は「コンフォートミニマリズム」をデザインコンセプトとした室内の作りや、通常は一般開放していない寺院のツアーや、限定公開される庭園など宿泊者向けのプログラム「OKUTRIPKYOTO(オクトリップキョウト)」も用意(有料)。1室の平均面積は39.5平方メートルとJR京都駅前では最大で、国内外の富裕層の利用を見込む。1泊1室の基本料金は6万3,000円。館内には宴会場や和食やイタリアンのレストラン、カフェ&バーのほか、フィットネスやスパ、チャペルなどの施設を備える。
 同社代表取締役社長の稲地利彦さんは「京都も宿泊特化型のホテルを中心に出店が相次いでいるが、京阪グループの一員としてこれまで寺社や施設との築いてきた関係の強みや、長年この地で培ったおもてなしなどを生かしてこの価格帯のホテルとしてトップに立てれば」と意気込む。
 開業は1月29日。

“京都駅前に京阪グループの新ホテル 体験プログラム提供も /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

必要な物を避難所へ…支援物資の搬入や仕分けの訓練 南海トラフ巨大地震の発生を想定 名古屋(東海テレビ)

情報元 : 必要な物を避難所へ…支援物資の搬入や仕分けの訓練 南海トラフ巨大地震の発生を想定 名古屋(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00020537-tokaiv-l23
 南海トラフ巨大地震の発生を想定し、支援物資の搬入や、避難所へのスムーズな仕分けをする訓練が行われました。
 3年前の熊本地震の際、被災地に支援物資が届いても搬入や仕分けが円滑に行われず、必要なものが避難所に届かなかった反省を元に、去年から名古屋市が行っているこの訓練。
 南海トラフ巨大地震の発生から3日後に、2トントラック2台分、段ボール箱およそ350個の支援物資が届いた想定で、避難所ごとの仕分け作業を確認しました。
 訓練には宅配会社の担当者も立ち会っていて、「支援物資の仕分けと積み込み作業を同時に行えば、効率化を図れるのでは」などと指摘していました。
 名古屋市の防災計画では支援物資は港区や守山区など5カ所に集めることになっていて、市は今後も訓練を重ねたいとしてます。

“必要な物を避難所へ…支援物資の搬入や仕分けの訓練 南海トラフ巨大地震の発生を想定 名古屋(東海テレビ)” の続きを読む