千曲川・信濃川の歴史掘り下げる NSTが今夜放送(産経新聞)

情報元 : 千曲川・信濃川の歴史掘り下げる NSTが今夜放送(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000012-san-l15
 NSTと長野放送の開局50周年記念特別番組「山本耕史ラブリバー~千曲川・信濃川367kmの旅」が、26日午後7時から2時間枠で放送される。
 俳優の山本耕史さんがナビゲーターを務め、NSTの真保恵理、NBSの小宮山瑞季の両アナウンサーがそれぞれの県内で同行。本県と長野をまたいでその名を変える千曲川・信濃川流域の歴史や文化、食を掘り下げる。
 本県では長岡花火と川の関係や、越後平野を日本一の田園地帯へと変えた治水の歴史を学ぶ。長野県では日本一の河川の源流を訪ね、川上村の甲武信ケ岳登山に挑戦。長野市の善光寺の再建に果たした水運の役割を探る。一部は高精細画質の「4K」専用カメラで撮影され、川の魅力を美しい映像で再発見できる。

“千曲川・信濃川の歴史掘り下げる NSTが今夜放送(産経新聞)” の続きを読む

徳島・阿波市観光大使キャラ「あわみちゃん」 ラインスタンプ発売(徳島新聞)

情報元 : 徳島・阿波市観光大使キャラ「あわみちゃん」 ラインスタンプ発売(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-03166347-tokushimav-l36
 阿波市観光協会は、市観光大使のマスコットキャラクター「あわみちゃん」の知名度をアップさせようと、無料通信アプリLINE(ライン)用のスタンプを発売した。
 「通常版」と「敬語版」があり、デザインは各40種類。あわみちゃんのイラストに「こんにちは」「ありがとう」の文字を添えたほか、「どやっ」といった若者言葉を使ったデザインもある。
 観光協会の吉尾美咲さん(28)=吉野川市山川町堤内=が制作を手掛けた。全国どこでも入手可能で気軽に使えるため、キーホルダーなどのグッズより、PR効果が高いと考えた。吉尾さんは「市に興味を持つきっかけになってほしい」と話している。
 通常版、敬語版ともアプリのスタンプショップなどで120円で販売している。

“徳島・阿波市観光大使キャラ「あわみちゃん」 ラインスタンプ発売(徳島新聞)” の続きを読む

名物卵焼き、食べに来て 「太平山寒たまごまつり」 栃木(産経新聞)

情報元 : 名物卵焼き、食べに来て 「太平山寒たまごまつり」 栃木(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000022-san-l09
 名物の卵焼きにちなみ、卵に感謝する「太平山寒(かん)たまごまつり」が栃木市平井町の太平山神社で開かれている。14日まで。神社や茶店で構成する太平山観光会が開催。期間中、観光会メンバーの9店が卵焼き半額など、それぞれサービスしている。
 太平山では、夜鳴くので不吉とニワトリが神社に奉納されたことから「焼き鳥・だんご・卵焼き」が三大名物になった。同会は神社に卵を奉納するまつりを平成28年から開いている。
 初日の8日は感謝と供養のため、神社に卵を奉納し、観光会メンバーが名物の卵焼きを参拝者200人に無料で振る舞った。山歩きの途中で訪れたという佐野市の福田初枝さん(60)は振る舞われた卵焼きに、「思いがけず食べることができてラッキー。とてもおいしい」とにっこり。
 観光会副会長の委文(ひとり)博さん(67)は「各店でそれぞれにサービスをするのでこの機会に名物を食べに来てほしい」とアピールした。(松沢真美)

“名物卵焼き、食べに来て 「太平山寒たまごまつり」 栃木(産経新聞)” の続きを読む

六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000067-minkei-l13
 東京の夜景と共にバレンタインの光の演出が楽しめるイベント「天空のバレンタイン2019」が現在、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(港区六本木6)で開催されている。(六本木経済新聞)同イベントに合わせて用意された「ストロベリーアフタヌーンティー」 夏休みやクリスマスなど、季節ごとに催し物を行っている東京シティビュー。東京の景色が一望できることから、東京の景色に合ったイルミネーションをともすなど、さまざまな演出を用意する。
 今回は、屋上「スカイデッキ」にピンクと赤さの光のイルミネーションを設置。バレンタインに合うBGM曲も用意し、ロマンチックな演出を施す。
 同企画に合わせ、東京シティビューに隣接するバーラウンジ「THEMOON」では、バレンタインにちなんだメニューを用意。イチゴを多く使った「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,104円)や、平日限定の「パルフェオフレーズ」(1,620円)、「淡い恋心」がテーマというカクテル「シークレットギフト」(1,944円)などを提供する。
 森ビル東京シティビュー企画担当の内田芽亜理さんは「スカイデッキのイルミネーションは見た目もかわいいピンクをベースに、サプライズバージョンも用意した。サプライズバージョンは見ているだけでハッピーになれる演出なので楽しみにしてほしい。52階に登場したフォトスポットはデートにぴったり。バレンタイン気分がさらに盛り上がる」と話す。「夜景やイルミネーションを含んだデートを楽しみたい方、デートの記念に写真撮影を楽しみたいカップルに来場いただきたい」とも。
 営業時間は10時~23時(金曜・土曜は翌1時まで)。イルミネーション点灯時間は17時30分~22時。入場料は一般=2,300円、高校・大学生=1,700円、4歳~中学生=900円、シニア(65歳以上)=2,000円。2月14日まで。

“六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

乗用車とタクシー衝突 3人重軽傷 ひき逃げで捜査 運転手 車両放置し立ち去る 北海道釧路市(北海道ニュースUHB)

情報元 : 乗用車とタクシー衝突 3人重軽傷 ひき逃げで捜査 運転手 車両放置し立ち去る 北海道釧路市(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000001-hokkaibunv-hok
 13日未明、北海道釧路市の国道で乗用車とタクシーが衝突しタクシーに乗っていた3人が重軽傷を負いました。乗用車の運転手は、車両を放置したまま現場から立ち去っていて警察はひき逃げ事件として捜査しています。
 13日午前2時20分頃、釧路市末広町6丁目の国道44号線で乗用車とタクシーが衝突しました。
 この事故でタクシーを運転していた佐藤孝夫さん(72)が重傷、乗客の2人も軽いけがをして、病院に搬送されました。
 一方、乗用車の運転手は現場から立ち去っていて、警察はひき逃げ事件として捜査しています。
 警察は、飲酒していた可能性もあるとみて調べています。車は釧路ナンバーのBMWだったということです。

“乗用車とタクシー衝突 3人重軽傷 ひき逃げで捜査 運転手 車両放置し立ち去る 北海道釧路市(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

えとの亥 にっこり 佐世保独楽作りピーク(長崎新聞)

情報元 : えとの亥 にっこり 佐世保独楽作りピーク(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000005-nagasaki-l42
 来年のえと「亥(い)」をモチーフにした佐世保独楽(こま)作りが、長崎県佐世保市島地町の佐世保独楽本舗でピークを迎えている。
 県指定伝統的工芸品で、長く回ることから長寿や健康を願う縁起物として親しまれる。
 代表の山本貞右衛門さん(60)が、ブナ科の広葉樹、マテバシイを削って赤や黄、緑などを色付け。妻の由貴子さん(60)と長女の優子さん(29)が、にっこりした表情や真ん丸とした目が特徴のイノシシを描く。由貴子さんは「1年元気で過ごしてほしいという願いを込めている。目標に突き進んで」と話した。
 恒例のこま回し大会は1月2日午後1時から島地公園で開き、参加者にはぜんざいを振る舞う。

“えとの亥 にっこり 佐世保独楽作りピーク(長崎新聞)” の続きを読む

小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00010002-teletama-l11
県内の多くの小・中学生は22日から冬休みに入りました。川越市内の高校では理科の楽しさを知ってもらおうという科学教室が開かれました。
この科学教室は川越市内の4つの高校が協力して開いたもので地元の小・中学生が参加しました。会場となった県立川越高校は、教室ごとに様々な実験や工作を体験することができます。参加した小・中学生は電子顕微鏡でミクロの世界をのぞいたり、ドライアイスや液体窒素を使った実験に取り組んだりして「サイエンス」の楽しさ・奥深さを感じ取っているようでした。

“小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む