養殖ウニ 餌はスーパーの廃棄野菜/むつ市と大畑町漁協、19年内の販売目指す(Web東奥)

情報元 : 養殖ウニ 餌はスーパーの廃棄野菜/むつ市と大畑町漁協、19年内の販売目指す(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000003-webtoo-l02
 青森県むつ市と同市の大畑町漁協は本年度、ウニの餌としてキャベツや白菜などの野菜を与えて蓄養する試験事業を行っている。野菜は地元スーパーの廃棄品を活用。ウニの旬ではない冬場でも良質のウニを販売することで付加価値を高め、漁業者の収入アップを目指す。実入りや味の改良を進め、今年末までに試験販売を始めたい考え。
 9日、同市の大畑町魚市場で、地元の漁業者や商工業者ら向けに蓄養ウニの試食会を開いた。
 ウニ漁は4~7月にかけて盛んに行われる。産卵期を終えた秋冬のウニは餌となる海藻が少なく実入りも良くないため、商品価値が低いとされている。
 市と同漁協は本年度、キャベツを餌としたウニの蓄養を研究している神奈川県水産技術センターを視察。昨年8月から蓄養試験を始めた。
 ウニが餌をよく食べるよう暗い環境をつくるなどの工夫をした結果、10月から蓄養したウニは、2カ月で実の重さが全体の10%ほどに成長した。市の担当者は「この季節としてはまずまずの実入り」と評価。県産業技術センター下北ブランド研究所が味の成分を分析したところ、11月下旬から12月にかけて甘み成分が増え、苦みも加わりウニらしい味わいになったという。
 試食会の参加者からは「甘みも食感も、天然物と変わらない」「いつものウニと遜色なく食べられおいしい」などの感想が出た。
 大畑町漁協の田高利美組合長は「味の改良などさらに試験を進め、漁業者の所得向上につなげたい」と話した。宮下宗一郎市長は「ここでしかできないウニを目指し、ネーミングも含めて協議を重ねていきたい」と語った。

“養殖ウニ 餌はスーパーの廃棄野菜/むつ市と大畑町漁協、19年内の販売目指す(Web東奥)” の続きを読む

前橋初市まつり 多くの人で賑わう(群馬テレビ)

情報元 : 前橋初市まつり 多くの人で賑わう(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00010002-gtv-l10
 前橋市の新春恒例行事「前橋初市まつり」が開かれ、古いだるまを供養するお焚き上げが行われました。
 前橋市本町にある八幡宮では、初市まつりの幕開けとなる、だるまのお焚き上げが行われました。お焚き上げは、一年の役割を終えた古だるまを供養するものです。
会場には、前橋市の山本市長や県選出の国会議員などが出席し、市民や企業から集められただるまの前で神事が執り行われました。境内の広場に積み上げられただるまが炎に包まれると、集まった人たちは煙を身体に当てるなどし、無病息災を祈っていました。
 また、国道50号の本町通りには、約330店の露店が軒を連ね、多くの人たちが福を求めてだるまを買い求めていました。

“前橋初市まつり 多くの人で賑わう(群馬テレビ)” の続きを読む

真剣表情「止め」「はらい」 山之口で書き初め大会(宮崎日日新聞)

情報元 : 真剣表情「止め」「はらい」 山之口で書き初め大会(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00015262-miyazaki-l45
 新春書き初め大会が6日、都城市山之口町の山之口勤労福祉センターであった。一年の始まりにきれいな文字が書けるよう、町内の子どもたち30人が一生懸命練習し、書にしたためていた。

“真剣表情「止め」「はらい」 山之口で書き初め大会(宮崎日日新聞)” の続きを読む

世界一辛い唐辛子使った七味が人気 辛さは「市販の何百倍」(福井新聞ONLINE)

情報元 : 世界一辛い唐辛子使った七味が人気 辛さは「市販の何百倍」(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010001-fukui-l18
 刺激、足りてますか?―。福井県大野市和泉地区で育てた激辛唐辛子「ブート・ジョロキア」を使った七味が登場した。かつて世界一辛いと注目された唐辛子に、サンショウや同県坂井市三国町産の青のりなどを独自にブレンド。ずばぬけた辛さと風味の豊さが人気を呼んでいる。
 「ジョロキア七味」を開発したのは、福井和泉リゾートの巣守和義社長(51)。辛いものが大好きで「市販の薬味では辛さが足りない」と3年前から畑でジョロキアを育て始めた。オリジナル七味の辛さは「市販の何百倍もある」と自信たっぷり。口にした知人から好評を得て、昨年12月に同社で商品化した。
 市内の特産物店「平成大野屋 結楽座」などで販売し、1カ月の販売数は約100本と売れ行きは好調だ。ポスターでは「ひと振りで地獄街道まっしぐら」とうたう。
 1本15グラム、税込み860円。結楽座のほか、同社が運営する福井和泉スキー場や道の駅九頭竜、インターネットサイト「まるごと九頭竜オンラインマーケット」で販売している。

“世界一辛い唐辛子使った七味が人気 辛さは「市販の何百倍」(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

甲良町の野瀬町長が辞任/滋賀(BBCびわ湖放送)

情報元 : 甲良町の野瀬町長が辞任/滋賀(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010003-bbcbiwakov-l25
選挙活動中に違法行為があったなどと指摘されていた甲良町の野瀬喜久男町長が4日付で辞職しました。
野瀬氏は去年10月、前の年に行われた町長選挙において、収支報告書に記載されていない資金を選挙活動に使ったとして、町議会議員らから告発状が出されるなどしていました。
野瀬氏は一旦辞職した上で改めて町民の審判を仰ぐとしていて、50日以内に実施される選挙への立候補を表明しています。

“甲良町の野瀬町長が辞任/滋賀(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

博多駅にベルギーワッフル専門店「マネケン」 福岡2店舗目 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 博多駅にベルギーワッフル専門店「マネケン」 福岡2店舗目 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000051-minkei-l40
 ベルギーワッフル専門店「マネケン新幹線博多駅店」(福岡市博多区博多駅中央街1)が12月17日、新幹線博多駅構内にオープンした。(博多経済新聞)新幹線博多駅1階販売コーナー 「マネケン」のワッフルは、ベルギー産「パールシュガー」などの厳選素材を使い、ベルギーでも使われるという鋳型を用いて焼き上げたもの。「ローゼン」(大阪府吹田市)がチェーン店展開しており、福岡は「西鉄福岡駅店」に次ぐ2店舗目。
 「新幹線博多駅店」の運営は「ジェイアールサービスネット福岡」(博多駅南1)。店舗の場所は、新幹線博多駅構内の改札内2階。あわせて、新幹線博多駅1階「おみやげ本舗博多」にも販売コーナーを設ける。博多駅を通る人、改札内の人の両方が利用できるよう2カ所設けたという。
 商品は、1番人気という「プレーン」(120円)ワッフルをはじめ、「チョコレート」「メープル」「アーモンド」「宇治抹茶」(以上140円、価格は全て税別)のほか、月限定や期間限定のワッフルもそろえる。ワッフル詰め合わせも販売。
 営業時間は、改札内2階「新幹線博多駅店」=10時~20時、1階販売コーナー=13時~21時。

“博多駅にベルギーワッフル専門店「マネケン」 福岡2店舗目 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)

情報元 : 健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010001-nankainn-l46
 7日はナンカンセック(七日節句)。鹿児島県の奄美各地で晴れ着姿の数え年七つの子どもが神社を参拝したり、親戚宅などを回ってナンカンジョセ(七草雑炊)を頂いたりする光景が見られた。
 奄美市笠利町の大野巧さん(32)、和さん(32)の長男尊君(5)は神社参拝後、家族5人で親戚宅など7カ所を訪問。親戚の平メイ子さん(70)=同市名瀬=がナンカンジョセが入ったおわんと祝儀を手渡すと、尊君は「ありがとうございます」とはにかみながらもお礼のあいさつをしていた。
 尊君は「大きくなったら忍者になりたい。今年は体操教室を頑張る」と抱負。巧さんは「優しく元気に育ってほしい」と願った。

“健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)” の続きを読む

経費の不正請求で香川銀行行員を解雇処分 8年近くにわたり約18万円を私的流用(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 経費の不正請求で香川銀行行員を解雇処分 8年近くにわたり約18万円を私的流用(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010006-ksbv-l37
 香川銀行の男性行員が8年近くにわたって経費を不正に請求し、約18万円を私的に使っていたとして解雇処分を受けました。
 解雇処分を受けたのは、香川銀行の50代の男性行員です。勤務していた店舗や役職などは明らかにしていません。
 香川銀行によりますと、この男性行員は、2011年1月から2018年10月にかけて20数回にわたって経費を不正に請求し、合わせて17万5000円あまりを私的に使っていました。男性行員は、取引先へのお祝いやお見舞いなどの名目で商品券や菓子折りなどを購入し、領収書を経理に提出して代金を受け取りましたが、実際には取引先に渡さず自分で
使っていたということです。
 被害額はすでに全額返済されていて、客への被害もないことなどから香川銀行は刑事告訴をしない方針です。「内部管理態勢の一層の徹底強化に努め、信頼回復にむけて全力で取り組む」としています。

“経費の不正請求で香川銀行行員を解雇処分 8年近くにわたり約18万円を私的流用(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

JR四国、受験生を応援!「5入学きっぷ」(産経新聞)

情報元 : JR四国、受験生を応援!「5入学きっぷ」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000002-san-l37
 JR四国は、徳島線の学(がく)駅(徳島県吉野川市川島町学)の入場券5枚とお守り袋をセットにした「合格祈願きっぷ」を販売している。1月1~8日は学駅での臨時販売を行う。同社では「受験シーズンを控え、受験生や応援の家族の方はお求めを」としている。
 合格祈願きっぷは、学駅の入場券の右端に入場券を表す「入」の字と、発行駅の「学」の字が縦に並んで「入学」と読むことができる。さらに5枚で「5(ご)入学」となることから、同社では縁起が良いとする。
 販売しているのは、入場券(硬券タイプ)5枚とお守り袋(紫、赤、水、桃色のうち1種類)のセットで800円。現地販売などでは数量限定でオリジナル缶バッチをプレゼントする。
 販売は主要駅など。徳島駅では郵送による申し込みも受け付けている。問い合わせはJR四国電話案内センター(Tel0570・00・4592)。

“JR四国、受験生を応援!「5入学きっぷ」(産経新聞)” の続きを読む

初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)

情報元 : 初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010011-tochitelev-l09
商業施設では初売りが行われ、福袋を求める買い物客でにぎわった。FKD宇都宮店では午前10時の開店とともに福袋を求める人たちが足早に進んだ。福袋の整理券を求めて午前4時から並んだ人もいたという。今年は人気の洋服のほか、食料品など約2万5千個の福袋が用意された。店の中は、目当ての福袋を手にした人たちで活気にあふれた。

“初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)” の続きを読む