滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)

情報元 : 滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010002-bbcbiwakov-l25
皆さんはVチューバーをご存知ですか?「ヴァーチャルユーチューバー」、ユーチューブなどで動画を配信するキャラクターのことで、このほど県内の自治体では初めて、湖南市が採用しました。
3月1日にデビューする湖南市の公式Vチューバー、「Minami(ミナミ)」です。市の広報によると「猫耳萌え系少女キャラ」で、名前以外のプロフィールは明らかにされていません。
インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」などで人に成り代わって動画配信を行うVチューバーは茨城県などがすでに導入していますが、滋賀県内の自治体で採用するのは湖南市が初めてです。
今後は、市のユーチューブ公式チャンネルや、2月28日開設されたツイッターなどで様々な広報動画を配信していくということです。
湖南市では、3月1日以降、少なくとも月に1回以上動画を配信し、チャンネルの登録者やフォロワーを増やしていきたいとしています。

“滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000008-minkei-l44
 大分怪獣クラブのオリジナル怪獣「ブゴン」が2月16日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開催中のフリマイベントに現れ、ビル群をバックに雄々しい姿を見せつけた。(大分経済新聞)子どもと握手するブゴン 「大分怪獣ブゴン」は豊後の大地が生んだご当地怪獣。頭部に唐揚げ文化をアピールする鶏のとさかがあり、顔は高崎山のサルと同様に赤くなっている。体は由布の自然を表す緑色で「背中に火山があり、口から温泉を吐く」という設定。同クラブの松本智明さんがデザインを手掛け、アドバイザーの羽田野勝利さんが2年がかりで着ぐるみを制作した。
 昨年11月に別府ブルーバード劇場で開かれた全国自主怪獣映画選手権の場で初お目見え。姿を見せるのはそれ以来2回目で、同クラブ会員が開催している映画・特撮のフリーマーケット会場に「友情出演」した。
 13時と16時の2回にわたって来襲。屋外スペースでポーズを決めたり仁王立ちしたりして、来場者との握手や記念撮影に応じた。
 今後はさまざまなイベントに姿を見せては大分をPRしていく予定。同クラブ会長の木本英輔さん(43)は「ブゴンはモンスターではなく神々しい怪獣。日本文化でもある畏怖を感じてほしい。これからはゆるキャラに成り代わって現れ、子どもたちを泣かしに行くと思う」と話す。
 17日のフリマ開場時間は10時~19時。ブゴンの登場は13時と16時。

“大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

愛知の豚コレラ 発生した田原市の養豚場から半径3km圏内の施設で新たな感染は確認されず(東海テレビ)

情報元 : 愛知の豚コレラ 発生した田原市の養豚場から半径3km圏内の施設で新たな感染は確認されず(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00020946-tokaiv-l23
 今月13日に豚コレラが発生した愛知県田原市の養豚場から半径3キロ圏内の養豚場について、愛知県は16日、検査で新たな感染は確認されなかったと発表しました。
 愛知県は、田原市の養豚団地内の養豚場で豚コレラが発生したことを受け、半径3キロの移動制限区域内にある33の養豚場について感染の有無を調べていました。
 その結果、翌14日に感染が判明した隣の養豚場を除く32の養豚場は、簡易検査で陰性だったということです。
 愛知県は、豚コレラが発生した2軒の養豚場が入る養豚団地全体を対象に、合わせておよそ1万5000頭全ての殺処分を24時間体制で続けています。
 また、田原市に隣接する豊橋市内の道路6か所に通過する車のタイヤを消毒するマットを敷いたり、散水車を使った渥美半島の幹線道路の消毒を始めたりしていて、豚コレラウイルスの封じ込めを図る考えです。

“愛知の豚コレラ 発生した田原市の養豚場から半径3km圏内の施設で新たな感染は確認されず(東海テレビ)” の続きを読む

太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)

情報元 : 太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000046-san-l10
 私立常磐高校(太田市飯塚町)は14日、剣道部特別コーチを務める非常勤講師の男性(26)が部員に体罰や暴言を繰り返していたと明らかにした。男性は同日付で退職届を提出し、受理された。
 同校によると、男性は昨年9月ごろから、2年生の複数の男子部員を指導中に防具で覆われていない体の部分に竹刀を押し当てたり、「死ね」「きもい」といった暴言を浴びせたりしたという。
 今月7日には、男性と一対一の「掛かり稽古」を30分以上行っていた2年生の主将の男子部員が部活動終了後、体育館の2階踊り場で手すりをつかみ、下をのぞき込みながら「死にたい」とつぶやいているのを1年生の男子部員が発見。保護する騒ぎもあった。
 学校側は翌8日、2年生の学年主任から報告を受け、男性を指導から外した。
 関係部員は聞き取り調査に、3年生の引退後、男性の2年生への指導が厳しくなり、特に主将にきつく当たっていたと証言した。
 男性は体罰や暴言を認め、「強くしたいという一心だった」と説明。「追い詰めてしまった生徒には申し訳ない」と反省した様子を見せているという。
 高山幸索校長は「職員には、会議などで体罰は厳禁だと何度も言っている。これから再発防止策を練っていきたい」と話した。

“太田・常磐高剣道部コーチが体罰・暴言 男子部員指導中に(産経新聞)” の続きを読む

吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)

情報元 : 吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010526-cbcv-l24
 引退を発表したレスリングの吉田沙保里さんが、三重・津市役所と三重県庁を訪問しました。
 そこで語った新たな目標とは。
 吉田沙保里さんは15日午前、母・幸代さんらと共に三重・津市役所を訪問、入口に設置された吉田さんの功績を称えるパネルにサインをしたほか、津市民らに感謝の気持ちを伝えました。
 「津市のみなさんの応援が、私の最大の力になりました」(吉田沙保里さん)
 午後には三重県庁で鈴木知事に引退を報告しました。
 「どんな立場でどんな活動しても、三重県民は変わらずこれからも吉田さんを応援します」(鈴木三重県知事)
 「次は結婚ですね。相手を探してですね。(手ごたえは?)全く無いですね」(吉田さん)
 このほか吉田さんは、東京オリンピックの聖火リレーにも挑戦したいと話していました。

“吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)” の続きを読む

比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)

情報元 : 比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000012-ryu-oki
 【東京】比嘉酒造(読谷村)は、シークヮーサーを使ったリキュール「残波 青切りシークヮーサー」のボトルデザインの開発で、SNS(会員制交流サイト)上の「インフルエンサー(影響力のある人)」を活用した取り組みを新たに始めている。写真動画投稿サイト「インスタグラム」で4万~10万人のフォロワー数を持つインフルエンサーを招いた試飲会を4、5の両日、都内の沖縄料理店で開き、彼女たちの意見を聞いた。
 比嘉酒造は観光客に好まれるよう新たにボトルデザインを検討している。県内の若手デザイナーたちが制作した複数のデザインについてインフルエンサーから意見を聞き、写真で拡散してもらう。比嘉酒造の太田敏・取締役営業統括本部長は「泡盛がおしゃれで、おいしいよというイメージを広めていけるよう取り組みたい」と話した。
 4日、都内の飲食店で開いた試飲会には、インフルエンサー8人が思い思いに新ボトルをスマホで撮影。沖縄料理と残波の水割りを味見し「思ったより酸っぱくなく、甘くておいしい」「お土産に買いたい」などと話していた。
 さらに28日まで、残波のインスタグラム公式アカウント@awamori.zanpaに投稿された新デザイン3種から好みのデザインを選び、SNS上で検索しやすくするハッシュタグ「#」で投稿するキャンペーンも始める。最も多かったデザインを投稿した人は抽選で旅行券などが当たる。
 昨年度は、ハッシュタグをつけて泡盛をおしゃれに飲んでもらうキャンペーンを実施した。「味はおいしいが、このボトルでは買わない」など厳しい意見が寄せられ、本年度は新ボトル開発に取り組んだ。

“比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)” の続きを読む

ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000060-minkei-l41
 「ゆめタウン佐賀」(佐賀市兵庫北5)2階に2月8日、「楽天モバイルゆめタウン佐賀店」がオープンした。(佐賀経済新聞)「楽天モバイル」店内に並ぶスマートフォン 「楽天モバイル」では今年10月、国内4社目の移動体通信事業者(MNO)としての参入を予定している。インターネットのほか、専門ショップや量販店など全国約420店舗で新規契約を受け付けている。
 九州では「博多駅地下街店」(福岡市博多区)に次ぐ4店舗目、佐賀県では初の楽天モバイル専門店となるゆめタウン佐賀店は、「楽天モバイル」の新規契約やMNPを含む機種変更、SIMカードのサイズ変更、スマートフォンアクセサリーの販売を行う。利用者に代わり初期設定を行うサービス(有料)も用意する。
 同社担当者は「佐賀で集客力あるゆめタウンへの出店が果たせた。オープン前から問い合わせも入っており、今後にも期待したい。店内に展示した端末を手に取って自由に試すことができるので、ぜひ来店してほしい」と話す。
 営業時間は10時~21時。

“ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)

情報元 : アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-sanyo-l33
 フィギュアスケートのアイスダンス強豪国で、岡山県倉敷市出身の女子選手が技を磨いている。19歳の平山姫里有(きりあ)=倉敷FSC=はシングル中心の国内で組む相手が見つからず、昨年1月に渡ったフランスの男子選手とコンビを結成した。昨年末の全日本選手権は初出場で準優勝し、「もっと活躍して日本のアイスダンスを盛り上げたい」と銀盤を舞う。
 今季初戦となった昨年11月の西日本選手権を制し、臨んだ全日本選手権。ミスが出たリズムダンス3位からフリーで順位を上げ、平山は「世界の舞台を目指し、進化したい」とさらなる成長を期した。
 倉敷FSCで6歳の時にスケート靴を履き、国内トップ級で長く活躍した同じクラブ出身の平井絵己さん(32)に憧れて10歳でアイスダンスを始めた。岡輝中では全国大会の表彰台にも立ったが、年齢が上がるとパートナーがシングルに専念し、岡山南高時代は2年間試合に出られなかった。
 「練習も一人。かなり気落ちしていた」という平山に渡仏を勧めたのは、自身も同じ悩みから海外に出た平井さんだ。現役引退後、日本とフランスでコーチを務めており、22歳のアクセル・ラマッセとの縁をつないだ。
 「音楽への感性が高く、演技に華がある」と平井さんも認める平山と、スピードスケート・ショートトラックで鍛えたスピードある滑りが持ち味のラマッセ。今後もフランスを拠点に平井さんらの指導を受け、日本連盟所属で試合に出場する。
 全日本選手権は健闘するも、得点は狙っていた国際大会の派遣基準に届かなかった。悔しさも糧に平山は「世界選手権などトップ大会で勝負するのが目標」と目線を高く挑む。

“アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000043-minkei-l45
 宮崎県日南市の油津商店街にサテライトオフィスを置くIT企業「ポート」(東京都)が1月25日、東京証券取引所、福岡証券取引所に上場したことを記念して、同商店街のコミュニティースペース「油津yotten」(日南市岩崎3)で上場セレモニーを開催した。(ひなた宮崎経済新聞)上場を体験できる鐘 2016年4月に商店街の空き店舗に入居した同社。当初の社員数は9人だったが、現在は25人の社員が所属している。常時、東京本社とサテライトオフィスとをネット接続をするなどして距離感を感じさせない就業環境を整えるなど、IT企業ならではの工夫も見られる。2017年12月には宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが共同で設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」から5,000万円の出資を受けるなど、地域に密着した資金調達も行っている。
 2018年11月に東京証券取引所、福岡証券取引所への新規上場が決まり、12月21日に株式公開された。今回はサテライトオフィスで働く社員や地元市民にも株式公開の報告と感謝の気持ちを伝えたいと企画。セレモニーは上場の時にたたく鐘を再現し、希望者は誰でもたたくことができるようにし、お土産には株にちなんでカブを手渡した。当日は地元アイドル「ボニート・ボニート」がダンスを披露し、3人の経営陣にTシャツとタオルを贈呈する場面も。
 春日博文CEOは「日南オフィスで順調に人員を確保でき、3つの事業、10の職種を担ってもらっている。非常に心強い存在。上場はしたが、これからもコーポレートミッションである『世界中にアタリマエとシアワセを作って』いけるようにまい進していきたい」と話した。

“宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)

情報元 : 一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010012-mietvv-l24
 三重県紀北町の長楽寺では現在、早咲きの梅が見ごろを迎えています。
 長楽寺の裏庭に植えられている樹齢280年を超える紅梅。
 例年、年の暮れから花を咲かせますが、去年は少し早い12月中旬から咲き始め、いま見ごろを迎えています。
 地元の人たちをはじめ、県内外から梅の愛好家らが訪れ、咲き誇る濃いピンク色の花を写真に収めるなどして一足早い春を楽しんでいます。
 寺の住職によりますと、今年は例年に比べて花が少なかったということで、専門家のアドバイスを受けて来年は堆肥をまくなどして多くの花を咲かせたいと話していました。
 梅は、1月末まで楽しめるということです。

“一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)” の続きを読む