小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000068-minkei-l14
 小田原出身のお笑い芸人でパラデル漫画家の本多修さんが、米国テキサス州オースティンで開かれる最先端テクノロジーのイベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」に招待されることになった。(小田原箱根経済新聞)「First&Stadium」が試作を担当したパーカ 本多さんはパラパラ漫画に実写部分を入れて人物などが画面から出てくるように表現する「パラデル漫画」の作品を発表し続けている。
 発端は、中居正広さんがMCを担当し、2018年9月まで放送されていたTBS系番組「なかい君の学スイッチ」。番組で紹介されるとユーチューブの視聴回数も増加。昨年12月には、フジテレビ系バラエティー番組「ワイドナショー」で、事務所の先輩のダウンタウン・松本人志さんに絶賛され人気が急上昇。登場するキャラクターも注目を集め、キャラクターをあしらったパーカやTシャツの販売も始めた。
 2月21日には、デジタルメディア協会(AssociationofMediainDigital=AMD)が主催する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー18/第24回AMDアワード」で、新人賞となる「江並直美賞(NaomiEnamiaward)」を受賞した。今年は優秀賞に、DAPUMPの「U.S.A.」、テレビ朝日系人気ドラマ「おっさんずラブ」、話題の映画「カメラを止めるな!」などが選ばれている。
 3月には、米テキサス州オースティンで行われる、音楽、映画、インタラクティブコンテンツ、コメディー、ゲームなどの最先端テクノロジーのイベント「SXSW」に個人資格で招待されており、世界的にも注目され始めている。
 よしもと芸人が趣味や特技でつながり、新しい「居場所」をつくり、芸にも生かしていく「よしもと部活動プロジェクト『ブカツ!』」の発表会見が2月27日に都内で行われ、本多さんも登壇した。
 部活動には、「RGツーリングクラブ」(レイザーラモンRG、チュートリアル福田)、「料理部」(バンビーノ藤田、イシバシハザマ石橋)、「バスケ部」(麒麟・田村、大西ライオン)など総数で18部があり、記者会見には12部が参加。本多さんも「マンガ部」の部長として登壇した。
 本多さんは、登壇した芸人から「お笑い芸人として仕事しているのか」と聞かれ、「ほぼしていない」と即答。「収入比率は?」の質問には「0対10でパラデル漫画が10」と回答すると、「それでも芸人か」の声も聞かれた。本多さんは、パラデル漫画を始めたきっかけが「仕事に遅刻し、反省のため謹慎している間にやることがなくパラデル漫画を思いつき制作していた」ことを明らかにした。
 本多さんは、この日も開発したキャラクターがプリントされているパーカ姿。デザインが完成した後の試作は、小田原のアメカジ・ストリートファッションセレクトショップ「First&Stadium(ファースト&スタジアム)」(小田原市栄町2)。1枚でもプリントができるシステムを利用して納得のいくデザインを作り上げ、決定後は本多さんがメーカーに委託する方法で商品化している。
 試作を担当した佐野陽平さんは「小田原からクリエーターが世に出て行くのはうれしい。日本だけでなく世界に羽ばたき始めた。パラデル漫画と本多さんには可能性がある。いつまでも応援していきたい」と誇らしげに話す。

“小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)

情報元 : 市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-ibciwatev-l03
 岩手県盛岡市の商業施設「ななっく」が5月末で閉店することがわかりました。「ななっく」はガス爆発事故の影響で閉店した旧・中三をリニューアルした店舗で、再び中心部の核店舗が無くなることに衝撃が走っています。
 複数の関係者によりますと「ななっく」を運営している会社の担当者から一部のテナントに対し、5月末での閉店が伝えられたということです。盛岡市中ノ橋通の「ななっく」は、東日本大震災が原因のガス爆発事故で休業していた旧・中三盛岡店を東京にある投資会社マイルストーンターンアラウンドマネジメントが譲り受けて、2012年に開業しました。運営はこの投資会社の100%子会社が行っています。
 東京商工リサーチによりますと、2013年度から昨年度まで毎年度23億円前後の売り上げを計上していましたが、開業以来すべての年度で赤字決算となっていました。
 出店しているテナントのオーナーはIBCの取材に対し「安くない設備投資をして出店したので閉店されるのは困る。働いている人だけでなく地域の人たちも動揺している」と話しました。
 
一方「ななっく」を利用する近隣住民も驚きを隠せません。
「閉店するんですか?大変だ。私たちは不便だ。買い物するのにいいんですよ、ここは来やすくて。5月で!?本当に?(よく利用される?)もう常にです。だから無くなるなんてことになったら大変です。無くなったらおばあちゃんたち、どこに行くってね。かわいそう」
「私たちもここがあるから(肴町に)来ている。どうなるか想像つかないですが大変だと思いますよ」
(リポート)
「こちらでは急遽、市が呼び掛け、市とななっく周辺の商店街関係者が集まり、情報共有のための会議が行われています」
 盛岡市は28日午後、「ななっく」近辺の商店街の関係者など20人あまりを交えて会合を開きました。会合は非公開で40分ほど行なわれましたが、盛岡市によりますと、28日現在、市をはじめ会合の参加者に「ななっく」側から閉店の連絡はないということです。
(盛岡市商工観光部経済企画課・小原勝博課長)
「ななっくは肴町・河南地区の核店舗だったので、閉店という報道が出て正直困惑しているところです。日々買い物などで使っている方々が直接的には影響を受けると思います」
 盛岡市は今後「ななっく」側から正式に閉店の報告があれば対応していくとしています。

“市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)” の続きを読む

【福岡】大野城市で郵便局強盗(九州朝日放送)

情報元 : 【福岡】大野城市で郵便局強盗(九州朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010008-kbcv-l40
1日午後2時前、福岡県大野城市の郵便局にカッターナイフを持った男が押し入り、現金を奪って逃走しようとしましたが、局員の男性2人に取り押さえられ現行犯逮捕されました。取り押さえた男性局員がけがをしています。警察によりますと1日午後1時50分ごろ、大野城市瓦田の筑前大野郵便局にカッターナイフを持った男が押し入りました。
男は女性客の首元に突きつけ「強盗たい。金を出せ」と脅し、現金約27万円を奪って逃走しようとしましたが、局員の男性2人に取り押さえられたということです。取り押さえた際、局員の男性2人が指を切るなどのけがをしました。強盗傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは久留米市の無職・山田國男容疑者(67)で、警察で動機など詳しく調べています。

“【福岡】大野城市で郵便局強盗(九州朝日放送)” の続きを読む

矢板市議選説明会に18陣営(産経新聞)

情報元 : 矢板市議選説明会に18陣営(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000029-san-l09
 任期満了に伴い、今春の統一地方選で行われる矢板市議選(定数16、4月14日告示、21日投開票)の立候補予定者説明会が27日、同市生涯学習館(同市矢板)で開かれ、現職12人、元職2人、新人4人の計18人の陣営関係者が出席した。

“矢板市議選説明会に18陣営(産経新聞)” の続きを読む

高校生のコメ原料 アイベックスの機内ドリンクに“甘酒”提供(TBC東北放送)

情報元 : 高校生のコメ原料 アイベックスの機内ドリンクに“甘酒”提供(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000005-tbcv-l04
 宮城県登米市の高校生が生産したコメを原料につくられた甘酒が、3月に期間限定でアイベックスエアラインズの機内ドリンクとして無料提供されることになりました。
 これは、甘酒を製造販売している宮城県登米市内の農業法人などが、記者会見して明らかにしたものです。国内線の機内で無料提供されることになったのは、甘酒「初恋さくら」です。登米総合産業高校の生徒たちが、農薬を通常の半分以下に抑え、化学肥料を使わず育てた「ひとめぼれ」を原料に、伊豆沼のススキから採取した乳酸菌を加えてつくられました。甘さを控えたスッキリとした味わいが特徴です。甘酒「初恋さくら」は、3月1日から30日までの1か月間、アイベックスが運航する仙台空港発着の6便で機内ドリンクとして無料で提供されます。

“高校生のコメ原料 アイベックスの機内ドリンクに“甘酒”提供(TBC東北放送)” の続きを読む

大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000027-minkei-l44
 アメコミ映画のフィギュアや特撮のソフビ人形などが並ぶフリーマーケット「ワザバザvol.2」が2月16日・17日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開かれる。(大分経済新聞)
 ホビーショップ「ツボルフ」が2月9日から同ビル2階で移転営業を開始したのを機に企画。「アニメ・コミック」をテーマとした1回目(9日~11日)に次いでの開催で、今回は「映画・特撮」をテーマとしている。
 店頭商品や蔵出し品など約3000点を用意。スパイダーマンやバットマンといったフィギュアのほか、スターウォーズ関連の「ライトセーバー」、「R2-D2」の3Dウオールフィギュア、兵士のマスクなどを販売する。大分怪獣クラブの協力を得て、大分では手に入りにくい特撮映像作品やオリジナル怪獣のソフビ人形なども並べる。
 商品の「流通価値」は考慮せず、多くを格安で販売するという。店主の吉野敏博さん(48)は「先週の開催でも多くの人が『お宝が並んでいる』と驚いてくれた。人同士のやり取りなのでさらなる値引き交渉もオーケー」と笑顔で話す。
 会場には大分怪獣クラブが2年越しで製作してきたご当地怪獣「ブゴン」の着ぐるみも来場する。青空の下で公開されるのは初めてで、撮影会も行う。フリーマーケットの一般参加枠も設けており「何を売っても良いので、連絡してほしい」と吉野さん。
 開場時間は16日=12時~19時、17日=10時~19時。
 「ツボルフ」は2013年12月12日に大分市府内町にオープン。ホットトイズ社製のフィギュア、ハリウッド特撮映画の関連グッズのほか、ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった特撮ものやアニメや漫画の関連商品を取り扱ってきた。
 映画公開に合わせたイベントや展示会なども手掛けてきたが、開店満5年を機に「定期的にイベントを開くスタイルにチェンジしたい」と思い立ち、フリースペースを備える同ビルに店を移した。
 今後はフリーマーケットの定期開催や玩具のワークショップイベントなどを開く予定で、吉野さんは「もともと『遊べる店』を掲げてきたので今回の移転は原点回帰ともいえる。ツボルフの新章をスタートさせたい」と意気込んでいる。
 店舗の営業時間は12時~20時。

“大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)CNA秋田ケーブルテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010000-cnaakitav-l05
秋田犬保護活動のONEFORAKITAプロジェクトが、第3回クールジャパン・マッチングアワードで、その活動内容が高く評価され2月19日、準グランプリを受賞しました。
クールジャパン・マッチングアワードとは、クールジャパン官民連携プラットフォームの主催で、業種の垣根を越えて連携し、日本の魅力を海外に展開する新たなサービスや商品などを生み出す先進的なプロジェクトに対して評価、表彰するものです。今回、全47件の応募プロジェクトから5つの団体が表彰されました。
ONEFORAKITAプロジェクトとは、公益社団法人秋田犬保存会と株式会社秋田ケーブルテレビが連携したプロジェクトで、秋田犬の飼育頭数拡大や殺処分ゼロという課題を解決するため、バッグやバンダナなどの商品開発・販売をし、その売り上げの一部を秋田犬の保護費用として寄付する展開をしているものです。
表彰式は東京ビッグサイトで行われ、一般社団法人ONEFORAKITAからは三浦廣巳理事長、遠藤敬秋田犬保存会会長ら関係者8人が出席しました。
このONEFORAKITAプロジェクトは、今後も秋田犬保護のため、活動を広く長く続けていくとのことです。

“秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

出雲大社広島分祠で「地鎮祭」(RCC中国放送)

情報元 : 出雲大社広島分祠で「地鎮祭」(RCC中国放送)RCCBROADCASTINGCO.,LTD.https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00259500-rccv-l34
島根県にある出雲大社の広島分祠に、神楽を舞うための施設「神楽殿」が造られることになり、地鎮祭が行われました。
府中町にある出雲大社広島分祠です。
関係者およそ90人が参加して、地鎮祭が行われました。
神楽殿は、出雲大社広島分祠が再来年に鎮座50周年を迎えることから、造営されることになりました。
地上2階建てで、音響、照明設備を備えた250人が収容可能な大広間や多目的研修室、さらに、野外広場なども設けられることになっています。
神楽殿は、来年秋の竣工を目指しています。

“出雲大社広島分祠で「地鎮祭」(RCC中国放送)” の続きを読む

高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

逮捕4日前「義母と最近は会ってない」死体遺棄容疑で逮捕の男語る 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)

情報元 : 逮捕4日前「義母と最近は会ってない」死体遺棄容疑で逮捕の男語る 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)鹿児島テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000003-kts-l46
去年11月、鹿児島市で義理の母の遺体を軽自動車に遺棄した疑いで逮捕された男の続報です。
逮捕された北川真吾容疑者(37)は、逮捕5日前KTSの取材に対し事件当日を含め義理の母と最近は会っていなかったという趣旨の話をしていました。
記者「亡くなった西野さんとは会ったことはある?」
北川容疑者「前ね」
記者「最近は全然あってなかった?」
北川容疑者「うん」
記者「(西野さんの)葬式とか…」
北川容疑者「行けるわけなかろう、こんな状況なのに」
この事件は去年11月5日、鹿児島市南栄5丁目の市道で軽自動車の助手席から鹿児島市和田2丁目の西野郁子さん(当時61歳)の遺体が発見され、13日、義理の息子にあたる鹿児島市平川町のトラック運転手北川真吾容疑者(37)が死体遺棄の疑いで逮捕されたものです。
警察は北川容疑者の認否を明らかにしていません。
記者「当日も事件には関与していないということなんですよね?」
北川容疑者「うん」
記者「早く解決してほしい?」
北川容疑者「そりゃそうよ」
記者「もちろん、犯人に早くつかまってほしい?」
北川容疑者「そうだね」
北川容疑者はKTSの取材に対し事件当日を含め最近は西野さんと会っていなかったという趣旨の話をしていますが、捜査関係者によりますと逮捕前の任意の調べで事件当日、西野さんと会ったことだけは認めているということです。
警察は北川容疑者を15日、鹿児島地方検察庁に送検することにしています。

“逮捕4日前「義母と最近は会ってない」死体遺棄容疑で逮捕の男語る 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)” の続きを読む