幼馴染を殺害し、被害者に”なりすまし”逃亡…ブラジル国籍の被告の女が起訴内容認める(関西テレビ)

情報元 : 幼馴染を殺害し、被害者に”なりすまし”逃亡…ブラジル国籍の被告の女が起訴内容認める(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-12185001-kantelev-l27
5年前、大阪市西成区で准看護師の女性を殺害した罪などに問われた女の裁判員裁判が始まり、女は起訴内容を認めました。大阪地方裁判所から中継です。
初公判で、ブラジル国籍の被告の女は「どう述べたらいいか分からない」と話し、弁護人が「起訴内容は間違いありません」と罪をすべて認めました。
オーイシ・ケティ・ユリ被告(34)は5年前、大阪市西成区の准看護師で幼馴染の岡田里香さん(当時29)をナイフで何度も刺して殺害し、現金やクレジットカードなどを奪った罪などに問われています。
オーイシ被告は事件の後、岡田さんになりすまして作ったパスポートで知人がいる中国の上海に逃亡していました。
裁判で、弁護側は「当時、精神疾患があり、責任能力は限定的だ」と主張。
これに対し検察側は「岡田さんを殺害して身分を奪い、証拠を隠滅して中国に行くなど、犯行は合理的で責任能力は完全にあった」と指摘しました。
22日午後からは、殺害の経緯などについて被告人質問が行われます。

“幼馴染を殺害し、被害者に”なりすまし”逃亡…ブラジル国籍の被告の女が起訴内容認める(関西テレビ)” の続きを読む

解体中の旧家から「お宝」 神坂雪佳の枕屏風見つかる(京都新聞)

情報元 : 解体中の旧家から「お宝」 神坂雪佳の枕屏風見つかる(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000010-kyt-l26
 近代京都の画家で図案家の神坂雪佳(せっか)(1866~1942年)が手掛けた枕屏風(びょうぶ)が、解体中の京都市下京区の旧家から見つかった。琳派(りんぱ)の影響を受けたモダンで優美な紅梅の花木が描かれている。同家は、6人兄弟の長男だった雪佳の末弟の子孫で、専門家は「雪佳らしい絵。中年ごろの作で間違いない。町家の『お道具』(生活用具)として伝わったのだろう」としている。
 枕屏風は高さ50センチ、幅80センチの二曲からなる。描かれている梅の幹は琳派特有の技法「たらしこみ」で、Sの字に伸びていく枝は空間に余韻を残す。雪佳を研究する京都市立芸術大名誉教授の榊原吉郎さん(85)は「もともと二曲一双で、白梅が描かれていたかもしれない。頼まれたら描いていた庶民的な雪佳が、何かの記念かお礼で贈ったのだろう」とみる。つなぎ目部分など傷みは激しい。
 このほか色紙27点も見つかり、うち雪佳も2点あった。童子らしき人物の絵について、榊原さんは「お能に出てくる人物かもしれない」と語る。また雪佳の弟で四男・松濤(しょうとう)の作は5点あり、大原女の絵は晩年の作とみられる。五男の漆芸家・祐吉の作とみられる盆もあった。残りは親族らによる絵、書の屏風などだった。
 同家は1913(大正2)年の建築。引っ越しのため、室内を整理していたところ仏壇の棚の上から見つかったという。同家の女性(61)は「まさか、こんなにきれいな絵があるとは思わなかった。末の弟だったのでかわいがられていたんでしょう」と話している。

“解体中の旧家から「お宝」 神坂雪佳の枕屏風見つかる(京都新聞)” の続きを読む

君津市の市民団体が提訴 千葉県が出した産廃処分場の増設工事許可取り消し求める(チバテレ)

情報元 : 君津市の市民団体が提訴 千葉県が出した産廃処分場の増設工事許可取り消し求める(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00010005-chibatelev-l12
 君津市の小櫃川源流域にある産業廃棄物最終処分場の増設計画に対し、地元の市民団体が31日、千葉県が出した増設許可の取り消しを求める訴えを千葉地裁に起こしました。提訴したのは君津市民らで構成される市民団体の「ふるさとの水を守る会」です。
 訴状によりますと、原告側は君津市の水源地にある産業廃棄物最終処分場では過去に漏水事故が発生しており、その問題が解決しない中で増設工事が行われれば地域住民の生命や健康が侵害されるとして、千葉県に対し増設許可の取消しを求めています。
 君津市の小櫃川源流域にある最終処分場をめぐっては2012年1月、施設の内部から水が漏れ、観測井戸から塩化物イオンが検出されたため、現在も一部の施設で廃棄物の搬入が止まっています。ただ、千葉県は去年8月、「廃棄物処理法の許可基準を満たしている」などとして、運営業者に対し増設工事の許可を出していました。
 今回の提訴について千葉県の廃棄物指導課は「訴状が届いていないので、訴状が届き次第内容を確認して対応を検討したい」としています。

“君津市の市民団体が提訴 千葉県が出した産廃処分場の増設工事許可取り消し求める(チバテレ)” の続きを読む

宇部井筒屋、レッドキャベツ、中心街に不安広がる 宇部市(宇部日報)

情報元 : 宇部井筒屋、レッドキャベツ、中心街に不安広がる 宇部市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00010000-ubenippo-l35
 2月25日の閉店が明らかとなった山口県宇部市新天町2丁目のスーパー、レッドキャベツ新天町店。閉店まであと1カ月となったが、午前中から徒歩や自転車で訪れる買い物客は多く、地域住民の生活を支えていることがうかがえた。存在が大きいだけに、地域では衝撃が走り不安も広がっている。
 同店も会員の宇部新天町名店街では、核店舗の撤退に落胆の声。小売店関係者は「閉店後に人の流れが悪くなるのは目に見えており、店としては死活問題」と嘆く。「節分祭、新川市まつりなどのイベント時には人は集まるが、その時だけ。行政や商工会議所には対策を頑張ってもらいたい」と切に願っていた。
 別の小売店主は「丸信が閉店した時もそうだったが、商店街を歩く人は確実に減る。今回はより影響が大きいだろう」と淡々と語った。
 新天町2丁目の東隣、錦町にある宇部錦郵便局の西谷辰良局長は「この地域は高齢者が多く、レッドキャベツの閉店が分かってから、来局する地域の方からは本当にどこに買い物に行けばいいのかという不安の声ばかり聞く」と語る。
 久保田后子市長は「事業者からの今後の方針などをうかがった上で、商工会議所、地元商店街などと連携して、今後の対応を検討する」との談話を出した。宇部井筒屋跡地の問題を含め、中心市街地の活性化に向けて課題は山積している。

“宇部井筒屋、レッドキャベツ、中心街に不安広がる 宇部市(宇部日報)” の続きを読む

店員に刃物突き付け…コンビニで現金奪おうとした疑い 31歳男逮捕 別の強盗事件にも関与か(東海テレビ)

情報元 : 店員に刃物突き付け…コンビニで現金奪おうとした疑い 31歳男逮捕 別の強盗事件にも関与か(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00020466-tokaiv-l23
 14日、名古屋市中区のコンビニにカッターナイフを持って押し入り現金を奪おうとしたとして31歳の無職の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、住所不定・無職の阿部優希容疑者(31)で、14日未明、名古屋市中区正木三丁目のコンビニで男性店員(20)にカッターナイフを突き付け脅し、現金を奪おうとした疑いが持たれています。
 警察によりますと、16日未明に現場付近を警戒していた警察官が、防犯カメラに映った犯人に似た男を見つけ事情を聞いたところ、その場で容疑を認めたため緊急逮捕しました。
 阿部容疑者は12月28日、中区栄一丁目のコンビニで現金16万円あまりが奪われた強盗事件についても関与をほのめかす供述をしているということで警察が詳しく調べています。
※男の画像・動画は愛知県警提供

“店員に刃物突き付け…コンビニで現金奪おうとした疑い 31歳男逮捕 別の強盗事件にも関与か(東海テレビ)” の続きを読む

71歳女性宅に侵入し鈍器で殴った63歳無職の男を強盗致傷容疑で逮捕 北海道函館市(北海道ニュースUHB)

情報元 : 71歳女性宅に侵入し鈍器で殴った63歳無職の男を強盗致傷容疑で逮捕 北海道函館市(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000001-hokkaibunv-hok
 2018年12月、北海道函館市の71歳の女性のアパート部屋に侵入して金を要求し、女性の頭を殴りケガをさせたとして、63歳の男が逮捕されました。
 強盗致傷の疑いで逮捕されたのは北海道函館市の無職松村啓三容疑者(63)です。
 松村容疑者は2018年12月16日、函館市港町のアパート1階の71歳の女性の部屋に侵入し、女性に「金を出せ」と脅しました。その上松村容疑者は鈍器で女性の頭を複数回殴りケガをさせ、その場から逃走した疑いがもたれています。
警察は付近の目撃情報を手掛かりに松村容疑者を特定し、逮捕しました。
調べに対し松村容疑者は容疑を認めていて、警察は引き続き、動機などを詳しく調べる方針です。

“71歳女性宅に侵入し鈍器で殴った63歳無職の男を強盗致傷容疑で逮捕 北海道函館市(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

電車に揺られ、おでんや日本酒 能勢電、1月催し(神戸新聞NEXT)

情報元 : 電車に揺られ、おでんや日本酒 能勢電、1月催し(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000007-kobenext-l28
 電車に揺られながら、温かいおでんや日本酒などを楽しめる「のせでんおでん電車」が来年1月29~31日の3日間、能勢電鉄で運行される。
 同社が2012年から毎年1回続けている。運行は1日1回で、午後7時12分に兵庫県川西市の川西能勢口駅を出発。妙見口駅で約30分停車後、平野駅まで戻って再び妙見口駅へ。午後9時半ごろに川西能勢口駅に戻る。
 車内には、おでん(6品)や能勢牛を使った牛めし弁当、いのしし汁などを用意。飲み物は日本酒や缶ビール、ソフトドリンクがある。飲み物とおつまみは持ち込みができる。
 定員は各回72人で同社ホームページから申し込む。来年1月7日午前10時に締め切る。応募多数の場合は抽選。参加料5千円。キャンセル料は、当選メール到着後は千円、参加料支払い後から乗車日の2営業日前までは2千円、以降は全額。同社鉄道営業課TEL072・792・7716

“電車に揺られ、おでんや日本酒 能勢電、1月催し(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00010002-teletama-l11
県内の多くの小・中学生は22日から冬休みに入りました。川越市内の高校では理科の楽しさを知ってもらおうという科学教室が開かれました。
この科学教室は川越市内の4つの高校が協力して開いたもので地元の小・中学生が参加しました。会場となった県立川越高校は、教室ごとに様々な実験や工作を体験することができます。参加した小・中学生は電子顕微鏡でミクロの世界をのぞいたり、ドライアイスや液体窒素を使った実験に取り組んだりして「サイエンス」の楽しさ・奥深さを感じ取っているようでした。

“小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む

貨物船と接触、2人乗り漁船転覆 友ヶ島沖(読売テレビ)

情報元 : 貨物船と接触、2人乗り漁船転覆 友ヶ島沖(読売テレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000034-ytv-l30
 21日朝、大阪湾で、大型貨物船と親子2人乗りの漁船が接触し、漁船が転覆、親子は海に投げ出された。
 午前8時40分ごろ、和歌山市の友ヶ島の北、約6キロの大阪湾で、「漁船が転覆したように見える」と、近くの漁船に乗っていた男性から、海上保安庁に通報があった。
 神戸海上保安部によると、全長約12メートルの漁船の底引き網が、全長約300メートルの大型貨物船に引っかかり、そのまま転覆。漁船に乗っていた親子2人が、海に投げ出されたという。
 息子は、近くの漁船に救助され、命に別条はなく、父親はヘリコプターで救助されたが、心肺停止の状態。海上保安庁が、事故の原因を調べている。

“貨物船と接触、2人乗り漁船転覆 友ヶ島沖(読売テレビ)” の続きを読む

板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)

情報元 : 板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00096041-gifuweb-l21
 岐阜県が関市板取の板取川支流に整備を進めていた小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成し5日、運転を開始した。
 農業用水として利用する同川支流の岩本谷川で24メートルの落差を利用して水車を回し、発電する。最大出力は52キロワットで、年間発電量は一般家庭約120世帯の使用電力量に相当する43・1万キロワット時を想定する。総事業費は3億900万円。
 関市が管理運営主体で、地元自治会が実際の管理を担う。発電した電気は電力会社に売る。農業用水を活用する小水力発電所としては県内11施設目で、同市では初。売電による収入は最大で年間約1400万円になる見込みで、施設の管理費や市内の土地改良施設の維持管理費に充てる。
 通電式があり、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元関係者らが出席。尾関市長は「東日本大震災以来、自然エネルギーの必要性を実感していた。市も管理に力を尽くしたい」と述べた。続いて出席者がボタンを押し、通電を開始した。

“板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)” の続きを読む