意欲作多く審査白熱 越中アートフェスタ17日開幕(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 意欲作多く審査白熱 越中アートフェスタ17日開幕(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000002-hokuriku-l16
 美術公募展「美の祭典 越中アートフェスタ2018」の審査が15日、県民会館で行われ、平面と立体の2部門に寄せられた440点から入賞・入選作を選んだ。今回で13回目を迎え、自由な創作活動に光を当てる公募展として定着したため、審査員からは「新しい技法や題材に挑戦し、若々しさや勢いが伝わってくる作品が多い」との声が上がった。17日に開幕し、審査結果は同日の本紙で紹介する。
 アートフェスタは細かなジャンル分けやサイズ規定を取り払い、新たな才能を発掘する総合美術展。県内の作家や大学教授、美術館長ら23人が審査員を務めた。
 平面部門ではアイデアの斬新さや構図、色のバランスに目を配りながら、絵画や書、写真などの応募作364点を見比べた。陶器や木彫、ガラスなど76点が寄せられた立体部門では、さまざまな角度から眺めて、仕上がりや技術の高さをチェックした。同部門で審査員代表を務めた南砺市の彫刻家、長谷川総一郎さんは「実験精神にあふれた意欲作がそろい、審査は難しかった」と語った。
 会期は21日まで。開場時間は午前9時~午後6時。初日は午前10時10分から。入場無料。県と県芸術文化協会、県美術連合会主催、県文化振興財団と北日本新聞社共催。

“意欲作多く審査白熱 越中アートフェスタ17日開幕(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

大賞に徳田さん、学校初  2、4位も徳之島勢   鹿児島県高校美術展(南海日日新聞)

情報元 : 大賞に徳田さん、学校初  2、4位も徳之島勢   鹿児島県高校美術展(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00010003-nankainn-l46
 第69回鹿児島県高校美術展(県高校文化連盟主催)の最終審査がこのほどあり、徳之島高校3年の徳田聖花さんの作品「fragile」が最高賞の高校美術展大賞を受賞した。また、同校からは2年の赤ざき(※)祐斗さんの作品「夢幻抱影」が2位に相当する同展準大賞、3年の福詩衣菜さんの作品「創造のすみか」が4位にあたる高校美術連盟大賞に輝いた。同校生徒の高校美術展大賞受賞は初めて。
 県内53校から洋画、日本画、彫刻など10部門に709点の応募があり、入賞214点、入選251点を選出した。
 徳田さんらはいずれも50号(縦116センチ、横91センチ)の画材に約3カ月間かけて洋画を制作した。徳田さんは18歳の今しかない美しさや時間のはかなさを、同級生の女生徒をモデルに表現。赤ざき(※)さんは人生に失敗して落ち込む男性と周囲を取り囲む植物や廃材などで人生のはかなさを表し、福さんは新しいことを創造する人が頭の中で思い浮かべる日常や空想のイメージを描写した。
 高校生活最後のコンクールとなった徳田さんは「高校3年間の集大成のような作品で大賞を受賞できてうれしい」と喜び、福さんは「時間のない中で制作に励み、去年の優秀賞よりいい成績を残せてよかった」と述べた。
 同校美術部の部長を務める赤ざき(※)さんは「昨年からの1年間で技術を磨き、経験を積んだことが作品に生かせた。来年は今回の結果以上が出せるよう頑張りたい」と話した。
 同部の平野良光顧問(38)は「特別賞を受賞した3人は目標を持って、互いに切磋琢磨しながら作品制作に取り掛かっていた。離島勢を代表していい結果が出せた」と3人をねぎらった。
※文中、赤ざきさんの氏名「さき」は崎の大が立のさき

“大賞に徳田さん、学校初  2、4位も徳之島勢   鹿児島県高校美術展(南海日日新聞)” の続きを読む

明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)

情報元 : 明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000567-san-l08
 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、巨人から2位指名を受けた明秀日立高(茨城県日立市神峰(かみね)町)の増田陸内野手(18)が12日、入団の仮契約を同市内のホテルで結んだ。増田は「一日でも早くレギュラーの座をつかみたい」とプロの世界での奮闘を誓った。契約金は6千万円で、年俸は600万円(金額は推定)。
 注目の背番号は、自身と同じ遊撃手で球界を代表する実力を持つ巨人の坂本勇人内野手が入団時に付けた「61」に決まった。坂本について「いつか超えたい目標の選手」と語る増田は記者会見で「希望通りの番号なのでうれしい」と語り、同席した長谷川国利スカウト部長は「坂本を超える選手に育ってもらいたい」と期待を込めた。
 大阪市出身の増田は、 高校時代の坂本を指導した同校の金沢成奉(せいほう)監督(52)から「『坂本2世』にしてみせる」と勧誘を受けて入学を決意。積極的なプレースタイルでチームを引っ張り、3年時には主将として選抜大会に初出場。「1番・遊撃」を担い、ベスト16進出の原動力となった。
 仮契約にあたって、青木高広スカウトは「魅力はアグレッシブさ。攻守ともにスケールの大きさを感じる」と評価。「技術も体力も伸びしろはまだまだある」と成長に期待を寄せていた。
 増田は「いつか巨人のキャプテンを務めるような選手になりたい」と闘志を燃やしていた。(丸山将)

“明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)” の続きを読む

国重要文化財の寺、11年22億円かけ解体修理 福井の大安禅寺(福井新聞ONLINE)

情報元 : 国重要文化財の寺、11年22億円かけ解体修理 福井の大安禅寺(福井新聞ONLINE)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00010001-fukui-l18
 福井県福井市田ノ谷町の大安禅寺が11月から、国重要文化財の木造8棟を対象に初の大規模保存修理事業に取り掛かる。建物は老朽化や福井地震の影響で破損が進んでおり、約11年かけて本堂や庫裏(くり)などを解体修理し、360年前の創建当時の姿を取り戻す。今月1日に文化庁の特殊修理事業に県内で初めて選ばれた。9日に高橋友峰住職(70)が概要を説明し「素晴らしい文化財を後世に伝えるという思い。緊張感を持って進めていきたい」と期待を込めた。
 大安禅寺は1658年、越前松平家の菩提所として第4代福井藩主松平光通が創建。歴代藩主に守られてきたため、福井城とのゆかりが深い宝物も多い。建造物の専門家で、大安禅寺の保存事業の修理委員を務める吉岡泰英さん(68)は「福井における江戸時代の初期の状況が分かる」と説明。良好な保存状態や各建物の意匠が認められ、2008年に重文に指定された。
 これまでにも高橋住職が部分的に修繕してきたが、随所で破損が進行しており、根本的な修理が必要になったという。文化財建造物保存技術協会(東京)が昨年、大規模修理に向けた調査に入り、高度な専門性などを必要とする文化庁の特殊修理事業に選ばれた。
 事業期間は2029年12月までの予定で、総事業費は約22億円の見込み。設計費などを盛り込んだ本年度事業費は1500万円で、国が75%を補助、残りを県、市、大安禅寺で3等分する。
 修理する8棟は本堂、庫裏、開山堂、開基堂、鐘楼、山門、宝庫、塀中門。各建物で柱の沈下や傾き、屋根の雨漏り、床下の腐朽が進んでおり、本堂と庫裏は特に破損の度合いが大きいという。修理は建物の大部分を解体し、柱やはりなどはそのまま活用、傷みが激しい部材は新しい材料を使う。耐震補強や防災設備の整備にも取り組む。
 修理の期間中も拝観は可能で、1996年建築の枯木(こぼく)堂を仮の本堂とする。修理現場の特別公開も行う予定。

“国重要文化財の寺、11年22億円かけ解体修理 福井の大安禅寺(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

自転車全国一の小学校に感謝状 県警本部長が贈呈(静岡放送(SBS))

情報元 : 自転車全国一の小学校に感謝状 県警本部長が贈呈(静岡放送(SBS))静岡放送(SBS)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010001-sbsv-l22
 小学生が自転車の運転技術などを競い合う「子供自転車全国大会」で優勝した浜松市の小学校が8月27日、県警の本部長などに成果を報告しました。
 県警本部を訪れたのは「交通安全子供自転車全国大会」で団体優勝を果たした浜松市立平山小学校の自転車部の子どもたちです。平山小学校は8月8日、東京で開かれた全国大会に出場し、高い運転技術と交通ルールの知識で全国47校の頂点に立ちました。
 県警の小嶋典明本部長は、交通安全教育に熱心に取り組んだとして児童に感謝状を手渡し、「交通安全リーダーとして活躍してほしい」と激励しました。
 平山小では今後も児童の交通安全意識を高めていきたいとしています。

“自転車全国一の小学校に感謝状 県警本部長が贈呈(静岡放送(SBS))” の続きを読む

【ビジネス最前線】丸山工芸社(栃木・佐野) 生人形 手作り質感再脚光(産経新聞)

情報元 : 【ビジネス最前線】丸山工芸社(栃木・佐野) 生人形 手作り質感再脚光(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000057-san-l09
 平成最後の夏は記録的な猛暑。気分も涼しくと、お化け屋敷も注目された。技術の進歩でさまざまな仕掛けが可能になっているが、白い肌に恨めしそうな目、生々しい表情をした人形で驚かせる昔ながらのお化け屋敷も見直されている。
 お化け屋敷に欠かせない「生(いき)人形」の製作を中心に各地のお化け屋敷の設営などを手がけている全国でも数少ない会社が佐野市の丸山工芸社。同社3代目の柳誠社長の手がける「佐野の生人形」は栃木県の伝統工芸品に指定されている。
 ◆ものづくりの神髄
 生人形は、江戸時代後期から明治時代にかけて製作された人形。極めて精緻に実際に生きている人間のように見える表情や体の動きが再現されており、細部を精密に作り込む日本人のものづくりの神髄が示されていた。各地の興行で大いに人気を呼んだが、その後、需要はなくなり、廃れていった。
 ただ、お化け屋敷では、昔ながらの手作り人形の生々しい表情が怖さを演出してきた。作り方はだるまの型抜きと同じ。土台の上に和紙を貼って形を整える。「どうやって見た瞬間に驚かせるか。顎を引いてにらみつけるような目線で怖く見せる。目は重要」と柳社長。肌の質感もていねいに再現。表面のでこぼこを直すため桐の粉、白色の顔料である胡粉(ごふん)など材料も吟味し、一体一体手作りする。
 同社は人形製作だけでなく、お化け屋敷のプロデュース、設営も手がける。昭和のレトロ感が漂う演出は中高年や高齢者には懐かしさを感じさせ、若者には斬新な印象を与える。
 毎年、宇都宮市のオリオン通りにある「オリオンACぷらざ」や地元の道の駅、ショッピングモールでのお化け屋敷も人気。県外施設からの依頼、発注も多く、電車の中をお化け一色にする銚子電鉄(千葉県銚子市)の「お化け屋敷電車」(26日まで)のユニークな取り組みも今年で4年目を迎えた。
 ◆浅草花やしきから
 同社は大正11(1922)年、柳社長の父、梅吉さんが「丸山娯楽園」として創業。日本最古の遊園地、浅草花やしき(東京都台東区)で手がけて以来、全国の遊園地やデパート、夏のイベントで多くのお化け屋敷に携わってきた。
 その後、遊園地は減少。高い技術を必要とするが、需要の伸びない人形作りは後継者にとって事業を継承する環境が厳しく、同業者は次々と廃業した。父、兄に続く3代目として柳社長が同社を継ぎ、法人化したが、ハイテクの流れに人形で驚かせる手法が古くさいとされた時期もあった。だが、手作りの質感や本物を求められる時代となり、再び脚光を浴びている。4代目となる次男、亮太さん(37)にいろいろな技術を教えており、後継者育成にも余念がない。
                   ◇
 ◆会社概要 本社=佐野市田沼町727、(電)0283・62・0279▽創業=大正11年▽設立=昭和59年▽資本金=1000万円▽従業員=6人▽事業内容=人形製作、お化け屋敷の企画、設計、設営、遊具・アトラクションの設営、屋外広告の製作など。
                   ◇
 ■目線重視、人に負けないものを
 --生人形製作で大切なのは
 「人間に似せるだけでなく、動き出すような形に作る。化け物よりも(人間の姿の)幽霊は難しい。顎を引いて、目線の高さでにらみつけるような目にする。目は重要。人に負けないものを作るという気持ちでやらないと。(妥協して)『いいや、いいや』では駄目」
 --手作りでの苦労は
 「作り方はだるまの型抜きと同じ。材料は和紙とかで、特別な物はない。昔はご飯粒をつぶしてのりを作った。それがひと苦労。表面のでこぼこを直すのにへら一つで桐の粉とのりで固めるが、桐の粉に小さな虫の卵が入ることもあり、1年たって虫に食われたらがっかり。今は業者が専用のものを用意するので虫がいることはない」
 --お化け屋敷も手がける
 「その比重は大きくなっている。企画書を書いて、人形を作って驚かせる仕掛けも作る。重要なのは驚かせるポイント。また、表から見える場所に1場面作る。基本的に入り口と出口だけで、中は分からないが、お客さんを引きつける要素がないと。現場(施設側)は入場料を払わないお客さんに見えちゃうのはもったいないと言うが、足を止めてもらう工夫も必要だ」
                   ◇
【プロフィル】やなぎ・まこと
 岡山県の人形師や歌舞伎の舞台背景を製作する会社などで修業。実家に戻り、昭和59年に丸山工芸社を法人化。73歳。

“【ビジネス最前線】丸山工芸社(栃木・佐野) 生人形 手作り質感再脚光(産経新聞)” の続きを読む

世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)

情報元 : 世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000029-san-l26
 京都市上京区の同志社大学今出川キャンパスで26日、国内外の大学生らが地球環境問題について話し合う「世界学生環境サミット2018」が始まった。学生らは今月30日まで、災害対策や文化と自然との共生などをテーマに、市内各地での実地調査を行いながら議論を進める。最終日に議論をまとめた意見書を国連や環境省に提出する方針という。 (小川恵理子)
 同サミットは平成20年、同志社大の学生有志らの発案で始まり、日本や欧米を会場に開催し、今年で10回目。20年7月開催の北海道・洞爺湖サミット(主要国首脳会議)では、地球温暖化防止に向けた新技術の研究構想などをまとめた意見書を提出した。
 26日の開催初日は、同志社大で開会式が行われ、イギリスやインド、中国など世界14カ国16大学から集まった学生約100人が参加。同志社大生命医科学部4年の釣巻(つりまき)洋子さん(22)が「参加者の皆さんが母国へ成果を持ち帰り、次の世代へ引き継いでほしい」と開会宣言を行った。
 また、元国連大使の吉川元偉(もとひで)さんが基調講演。国連が進めてきた地球温暖化対策を紹介し、「自分には何ができるかを考えてほしい」と学生らを激励した。

“世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)” の続きを読む

最新機器 一堂に いわてスマート農業祭開幕 95の企業・団体出展(岩手日日新聞社)

情報元 : 最新機器 一堂に いわてスマート農業祭開幕 95の企業・団体出展(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00010000-iwanichi-l03
 ICT(情報通信技術)やロボット技術を活用した最新の農業機器を一堂に集めた「いわてスマート農業祭NEO(県主催)」は24日、滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)で始まった。出展者数は昨年の66を大幅に上回る95の企業・団体で、スマート農業技術関係のイベントでは国内最大規模。農薬散布用などの各種ドローン(小型無人飛行機)や自動運転のコンバイン、データ連携のトラクターなどが展示され、農業者らの関心を集めている。
 県がスマート農業技術の普及を目的に昨年度初めて開催した。今回は林業分野へも出展範囲を広げ、農機メーカーやIT関連企業、大学などが各ブースを出展。
 会場では、農薬散布用などの各種ドローンをはじめ、自動運転のコンバインや田植え機、GPS(全地球測位システム)ガイダンス付大型トラクターなどが展示されている。
 農薬散布のドローンでは、専用のスマートフォンを使って、離陸や農薬散布、着陸の全ての操作が完全自動で、手動による散布よりも作業効率は最大で80倍も短縮される。また、特殊なカメラを装着した固定翼のドローンは、広域圃場(ほじょう)を撮影し、生育状況をデータ化することで農作物の管理が可能となる。1回の飛行時間は約1時間で、220ヘクタールの撮影が可能としている。
 このほか、クラウド型営農システムに対応し自動運転が可能なコンバインでは、さらに食味と収量のセンサーを搭載しており、収穫と同時にコメや麦の食味と収量がデータで確認できる。
 県農業普及技術課の菊池政洋総括課長は「農業者やメーカーの情報交換の場として開催している。農業者には作業効率の改善や収穫量の増加が期待できる最新技術を提供する場にもなっている。自らの経営に合ったスマート農業技術を学び、導入につなげてもらいたい」と普及に期待する。
 最終日の25日は午前9時~午後3時。

“最新機器 一堂に いわてスマート農業祭開幕 95の企業・団体出展(岩手日日新聞社)” の続きを読む

風の又三郎くっきり 田んぼアート 石鳥谷【花巻】(岩手日日新聞社)

情報元 : 風の又三郎くっきり 田んぼアート 石鳥谷【花巻】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00010001-iwanichi-l03
 花巻市石鳥谷町八幡の水田で、地域住民が制作した田んぼアートが見頃になっている。宮沢賢治の作品「風の又三郎」をデザインした絵柄がくっきりと浮かび上がり、住民や見物客らを楽しませている。
 八幡まちづくり協議会(藤澤信悦会長)が交流人口の拡大による地域活性化へ毎年実施。9回目の今回は6月に住民らが田植えを行った。
 マントを身に着け風のように飛んでくる「三郎」の姿を表現。「風がどっどどどどうと吹く」の文字を盛り込んだ。絵柄部分に古代米、背景部分にはひとめぼれを用いた。県立産業技術短期大学校の学生が遠近法で図面化した。
 一望できる西側の石鳥谷生涯学習会館駐車場には、水田に現れた巨大な絵画を眺めたり写真に収めたりする見物客の姿が見られる。
 藤澤会長は「期待以上の出来。賢治の作品に共通する『共存』の思い、賢治の心を絵から感じてもらいたい。駐車場からは遠くに賢治が愛した早池峰山も見え、イーハトーブを味わってもらえると思う」と話している。10月6日には稲刈り体験を行う予定。

“風の又三郎くっきり 田んぼアート 石鳥谷【花巻】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

プログラミング「コーダー道場」 続々開設、静岡県内でも(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : プログラミング「コーダー道場」 続々開設、静岡県内でも(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000031-at_s-l22
 「コーダー道場」と呼ばれるプログラミングの子ども向けクラブが静岡県内でも開設されている。発祥はアイルランド。無料で参加でき、子どもが自主的に楽しみ、学び合う。指導を受ける「教室」ではない。人工知能(AI)技術の進展が見込まれる上、小学校でのプログラミング教育必修化を控え、保護者の関心も高い。
 「普段は独学。仲間がいるのも楽しい」。11日、静岡市葵区で開かれた第2回コーダー道場静岡。小学生から高校生までの親子10組に交じり単独参加した中学2年の男子生徒(13)は、ネコが世界を巡って贈り物を配る自作ゲームとそのプログラムを発表し「すごいね」と驚かれた。
 プログラミングに初挑戦し「また来たい」と話すのは小学6年の男子児童(11)。母親(35)は「下の子は小学校で必修化。ロボットが働く時代に生きる。パソコンに触れるきっかけにと思った」と話す。
 主催したのは葵区の不動産業、納本真志さん(47)。プログラミングを得意とする中学3年の長男(14)も助言役「メンター」として参加。7月に初回を開いた。初心者向けにプログラミング言語「スクラッチ」を指南した後は約1時間、子どもたちはゲームなど作りたいモノをつくり、最後に発表する。
 一般社団法人コーダー道場ジャパン(東京)によると、2011年、武術経験者のアイルランドの若者が「学び、練習し、スキルを認め合う道場のような環境を」と創設。7~17歳が対象で、参加者を「ニンジャ」と呼ぶ。世界92カ国に広がり、国内は12年に5カ所で始まった。18年8月時点で150カ所に増えた。
 県東部は5月に「コーダー道場三島/沼津」をシステム開発「J&K」の長屋順子代表が開設。沼津高専生から70代まで11人がメンターに名を連ねる。初回15組、第2回18組の各募集はいずれも15分で満員となる盛況ぶり。県西部は「コーダー道場浜松」が県内トップで16年に始まった。
 納本さんは「仲間をつくって世界を広げてほしい。学校になじめない子も同じ興味を持つ仲間となら楽しめるはず。AI技術が進展する社会に主体的に参画し、活躍できる人になってくれれば」と話す。

“プログラミング「コーダー道場」 続々開設、静岡県内でも(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む