五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)

情報元 : 五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000003-nagasaki-l42
 長崎県五島市の冬の一大イベント「第25回五島椿まつり」(実行委主催)が16日、市内で開幕した。3月3日までの期間中、市内各地で体験講座やバスツアー、盆栽展、マラソン大会など、ツバキにちなんだ多彩な催しがある。初日は東浜町2丁目の五島港公園でオープニングセレモニーがあり、多くの市民でにぎわった。
 市内のツバキは自生と植栽を合わせて約440万本。実から取れるつばき油は、料理や美容などに適した特産品として人気が高い。市内では昨年、ツバキ由来成分の研究や化粧品開発などに取り組む新会社が発足。来年2月には国際ツバキ会議と全国椿サミットの同時開催も控えるなど、ツバキを地域振興に生かす機運が高まっている。
 セレモニー会場では、地元グルメが集まる「五島うんまかもん市場」、餅まきやライブなどのステージイベントがあった。恒例となっているツバキの苗100本の無料配布は人気が高く、長い行列ができた。
 期間中のイベント案内は市のホームページなどで紹介している。問い合わせは実行委(電0959・72・2963)。

“五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)” の続きを読む

明け方にかけて荒れた天気に注意…降雪は?(MROテレビ)

情報元 : 明け方にかけて荒れた天気に注意…降雪は?(MROテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00010001-mrov-l17
29日の石川県内は、冬型の気圧配置の影響でところによって雪の降る天気となっていて、未明から朝方にかけて冷え込みも強まりました。
北陸地方の上空には寒気が流れ込んでいます。きょうの最低気温は白山河内で氷点下1・5度を観測したほか、輪島市三井で氷点下1・2度、七尾で氷点下0・8度など5つの地点で0度を下回る寒さとなりました。
冬型の気圧配置は次第に緩み、県内は次第に高気圧に覆われてきますが、引き続き寒気の影響を受ける見込みです。
日中の最高気温は、金沢と輪島でいずれも6度が予想されていて、ほぼ平年並みとなりそうです。
また、30日の朝は放射冷却の影響を受け、各地で29日より冷え込みが厳しくなる見込みです。

“明け方にかけて荒れた天気に注意…降雪は?(MROテレビ)” の続きを読む

鳥取県南部町 とっとり花回廊の紅梅が満開(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県南部町 とっとり花回廊の紅梅が満開(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010001-chukaiv-l31
鳥取県南部町のとっとり花回廊では、紅梅が満開を迎え、一足早い春を告げています。
とっとり花回廊の紅梅は、去年12月10日に開花しました。園内の東館裏には約30本の梅の木があり、2本の紅梅が、満開を迎えています。開花の時期は例年とほぼ同じですが、今年は気温が高めに推移しているため、例年よりも1カ月以上早く見ごろを迎えたといいます。
鳥取地方気象台は16日に梅の開花を発表しました。これは去年よりも1カ月半ほど早く、園内でも白梅が徐々に花を咲かせていました。
とっとり花回廊の梅の花は、紅梅を皮切りに順次見ごろを迎え、2月以降も楽しむことができるといいます。

“鳥取県南部町 とっとり花回廊の紅梅が満開(中海テレビ放送)” の続きを読む

「イベント告知済み」鎌倉生涯学習センター休館に市民当惑(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「イベント告知済み」鎌倉生涯学習センター休館に市民当惑(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00032131-kana-l14
 鎌倉生涯学習センター(鎌倉市小町1丁目)の28日からの休館に関する市民説明会が20日夜、鎌倉婦人子供会館(同)で開かれた。耐震不足で急きょ決まった休館に、市民約20人からは戸惑いの声が上がった。
 市は冒頭、休館に至る経緯を説明。2009年度に委託業者が行った耐震診断の結果、同センターの構造耐震指標(Is値)は震度6級で倒壊する危険性が低いとする国の基準(0・6)を下回る0・53だった。だが別の委託業者が今年に行った診断では、速報値で倒壊、崩壊の危険性が高い0・3未満だった。市は「09年度のデータは誤りで過大評価」と指摘し、「(最初の)業者に責任を問えるか検討しており、顧問弁護士と相談し、適切に対応したい」と理解を求めた。
 これに対し、市民からは「全市的に対応し、市役所開放などの代替策を考えてほしい」「イベント用のチラシを5千枚刷った。変更とおわびをどう周知すれば」など、注文や戸惑いの声が出た。市は「庁内で検討を進めている。市の広報で詳細に知らせるなどしていく」と答えた。
 市によると、同センターの利用予約は来年6月までで2663件入っている。

“「イベント告知済み」鎌倉生涯学習センター休館に市民当惑(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)

情報元 : 板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00096041-gifuweb-l21
 岐阜県が関市板取の板取川支流に整備を進めていた小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成し5日、運転を開始した。
 農業用水として利用する同川支流の岩本谷川で24メートルの落差を利用して水車を回し、発電する。最大出力は52キロワットで、年間発電量は一般家庭約120世帯の使用電力量に相当する43・1万キロワット時を想定する。総事業費は3億900万円。
 関市が管理運営主体で、地元自治会が実際の管理を担う。発電した電気は電力会社に売る。農業用水を活用する小水力発電所としては県内11施設目で、同市では初。売電による収入は最大で年間約1400万円になる見込みで、施設の管理費や市内の土地改良施設の維持管理費に充てる。
 通電式があり、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元関係者らが出席。尾関市長は「東日本大震災以来、自然エネルギーの必要性を実感していた。市も管理に力を尽くしたい」と述べた。続いて出席者がボタンを押し、通電を開始した。

“板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)” の続きを読む

「乳がん検診を」麻倉未稀さん、元プリプリ富田さん訴え(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「乳がん検診を」麻倉未稀さん、元プリプリ富田さん訴え(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00027761-kana-l14
◆9月に藤沢で啓発イベント
 日本女性の11人に1人が罹患(りかん)するとされる乳がんの検診を呼び掛けようと、神奈川県藤沢市在住の歌手麻倉未稀さんや、ロックバンド「プリンセスプリンセス」元メンバーでドラマーの富田京子さんが「ピンクリボンふじさわ実行委員会」を立ち上げた。9月に市内で開く啓発イベントなどを通じて、早期発見、早期治療の重要性を訴えていくという。
 乳がんは女性のがんで最も多く、国立がん研究センターの推計では、年に約9万人が診断される。一方、検診受診率(40歳以上)は低く、2016年度の藤沢市は24・7%と、県平均の31・1%、全国平均の29・7%を下回っている。
 麻倉さんは昨年4月、テレビ番組の企画で健康診断をした際にしこりが見つかり、再検査で乳がんが発覚。0から4まで分類される病期はステージ2に進行していたという。
 同6月に手術し、麻倉さんは「前回の受診から10年ほど検診を受けていなかった。今回、思わぬ形でがんを発見できて検診の大切さを感じた」と話す。
 自らが罹患して初めて、がんについて種類や治療法が異なることを詳しく知った。「一人でも多くの人に乳がんのことを知ってもらいたい」と市や音楽仲間に協力を呼び掛け、自らが実行委員長として啓発イベントを企画した。
 副委員長に就任した富田さんは、NPO法人「乳房健康研究会」が認定する啓発ボランティア「ピンクリボンアドバイザー」の資格を持つ。13年からは毎年、市保健医療財団のイベントに参加し、検診の重要性を伝えている。
 昨年のイベントでは、乳がんを経験した女性から、治療を受けながら仕事を続けたことや、子どもが敏感に病気を察知していたことなどが語られた。
 富田さんは「私自身、中高生の子どもがいる。もし乳がんに罹患して、例えば1カ月入院することになったらと考えると、家を空けることの難しさを感じる」と話す。
 今回企画した啓発イベント「LOVE ONE’S FOR」(9月29、30日・藤沢市民会館周辺)は、湘南記念病院乳がんセンター長の講演やシンポジウム、コンサートを開催するほか、乳がんや検診に関する相談会も実施する。
 実行委は、イベント開催だけでなく、継続して活動していくという。麻倉さんは「乳がんは怖くない病気で、早く発見できれば治るということを伝えていきたい」と話している。

“「乳がん検診を」麻倉未稀さん、元プリプリ富田さん訴え(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む